komasafarina’s ☆ Somethin’ Celebration Is Goin’ On RSSフィード

Saturday, January 29, 2005 Speak in Secret Alphabet

komasafarina2005-01-29

Soul Kitchen

Words & Music by Jim Morrison.

(1967年発表)



(原題直訳 「魂の調理場」)



From The Doors album, "The Doors"

名作アルバム度 ☆☆☆☆☆

「ハートに火をつけて」 (ドアーズ)


歌詞は、次のURLから

http://www.davemcnally.com/Lyrics/TheDoors/Doors/



名曲度 ☆☆☆




邦題 「ソウル・キッチン」






Well, the clock says it's time to close now

そうか、時計を見るともうぼちぼち閉店の時間だ

I guess I'd better go now

もう出なくちゃいけないのはわかってるんだけど

I'd really like to stay here all night

夜通しずっとここにいたい気分だ、本当に

The cars crawl past all stuffed with eyes

クルマがゆっくりと通り過ぎてゆく

どのクルマにもたくさんの目が詰め込まれている



Street lights share their hollow glow

街灯がそろって作り出す虚ろな輝き

Your brain seems bruised with numb surprise

きみの脳髄は気だるい驚きに脳挫傷を負っているようだ

Still one place to go

まだ行かなきゃいけないところが一箇所ある

Still one place to go

まだ行かなきゃいけないところが一箇所ある




Let me sleep all night in your soul kitchen

きみのソウル・キッチンでぼくを夜通し眠らせてくれ

Warm my mind near your gentle stove

きみの暖かいストーブのそばでぼくの心を温めてくれ

Turn me out and I'll wander baby

ぼくを送り出しくれたら、ぼくはさまよい歩くだろう

Stumblin' in the neon groves

ネオンの街をよろよろと




Well, your fingers weave quick minarets

Speak in secret alphabets

うーむ、きみの指が動いて

秘密のアルファベットで喋りかけてくる光の塔を

素早く作り出す

I light another cigarette

ぼくはまたタバコに火をつける

Learn to forget, learn to forget

忘れることを学ぶんだ、忘れることを学ぶんだ

Learn to forget, learn to forget

忘れることを覚えるんだ、忘れることを覚えるんだ





Translated into Japanese tonight by komasafarina.訳詞

Break On Through (To The Other Side)

Words & Music by Jim Morrison.

(1967年発表)


(原題直訳 「突破していく(向こう側へと)」



From The Doors album, "The Doors".

名作アルバム度 ☆☆☆☆☆

「ハートに火をつけて」 (ドアーズ)



歌詞は、次のURLから

http://www.davemcnally.com/Lyrics/TheDoors/Doors/


名曲度 ☆☆☆



邦題 「ブレーク・オン・スルー」 (ドアーズ)






You know the day destroys the night

昼が夜を破壊し

Night divides the day

夜が昼を分かつ

Tried to run

走ろうとした

Tried to hide

隠れようとした

Break on through to the other side

突き破っていくんだ、向こう側へと

Break on through to the other side

突破するんだ、向こう側に

Break on through to the other side, yeah

突破していけ、向こう側へ、そうさ




We chased our pleasures here

ぼくらはここで自分たちの喜びを追い回していた

Dug our treasures there

ぼくらの財宝を掘り起こした

But can you still recall

でも、きみは思い出せるかい

The time we cried

ぼくらが泣き喚いたあのときを

Break on through to the other side

向こう側へと突破しろ

Break on through to the other side

突き破っていくんだ、向こう側へと




Yeah!

そうだよ!

C'mon, yeah

さあ、来るんだ




Everybody loves my baby

みんながおれのあいつに惚れている

Everybody loves my baby

誰もがおれのあいつを愛している

She get

そうだ彼女は

She get

そう彼女は

She get

そうだ彼女は

She get high

ハイになるんだ




I found an island in your arms

ぼくはきみの腕の中に島をみつけた

Country in your eyes

きみの瞳の中に田園をみつけた

Arms that chain us

ぼくらを繋ぎとめる腕

Eyes that lie

嘘をつく瞳

Break on through to the other side

突き破れ、向こう側へと

Break on through to the other side

突破するんだ、向こう側へ

Break on through, oww!

突き破るんだ、さあ!

Oh, yeah!

そう、そうだよ!




Made the scene

しでかすんだ

Week to week

毎週、毎週

Day to day

来る日も来る日も

Hour to hour

しょっちゅう、いつも

The gate is straight

まっすぐ行けば、門がある

Deep and wide

深くて広いぞ

Break on through to the other side

突き破っていけ、向こう側へと

Break on through to the other side

突破しろ、向こう側へと

Break on through

突き破れ

Break on through

突き破るんだ

Break on through

突破しろ

Break on through

突き破っていけ

Yeah, yeah, yeah, yeah

そう、そうだ、そうだよ

Yeah, yeah, yeah, yeah, yeah

よーし、よーし、そう、そうだ、よーし




Translated into Japanese tonight by komasafarina.訳詞

Alabama Song - (Whisky Bar)

Words by Bertolt Brecht.

Music by Kurt Weil.

(1967年発表)*1



(原題直訳 「アラバマの歌 (ウィスキー酒場)」)



From The Doors album, "The Doors"

名作アルバム度 ☆☆☆☆☆

「ハートに火をつけて」 (ドアーズ)



And you can listen to Marianne Faithful album, "Sings Kurt Weil - The Seven Deadly Sins".

名作アルバム度 ☆☆☆☆

「シングス・クルト・ワイル」 (マリアンヌ・フェイスフル)*2




歌詞は、次のURLから

http://www.davemcnally.com/Lyrics/TheDoors/Doors/




名曲度 ☆☆☆



邦題 「アラバマ・ソング」 (ドアーズ)





Well, show me the way

さあ、道を教えてくれ

To the next whiskey bar

次のウィスキーバーまでの道を

Oh, don't ask why

おゝ、理由は訊かないでくれ

Oh, don't ask why

あゝ、訳は訊かないでくれ




Show me the way

案内してくれ

To the next whiskey bar

次の店まで

Oh, don't ask why

理由は訊かないでくれ

Oh, don't ask why

訳は訊かないでくれ




For if we don't find

The next whiskey bar

もし次のウィスキーバーが

見つからなかったら

I tell you we must die

言っておくが、、

ぼくらは死ぬことになる

I tell you we must die

いいかい、

ぼくらは死ななきゃならない

I tell you, I tell you

いいか、言っておくぞ

I tell you we must die

おれたちは死ぬことになるんだ

いいな




The moon of Alabama

アラバマの月よ、

We now must say goodbye

ぼくらは、いま、

さようならを言わなきゃならない

We've lost our good old mama

ぼくらは優しい年老いたママを

亡くしたとこなんだ

And must have whiskey, oh, you now why

だからウィスキーを飲まなきゃならない

おっと、アンタに理由がバレてしまったなあ




Well, show me the way

さてと、おれに道を教えてくれ

To the next little girl

次の可愛い女のとこまでの

Oh, don't ask why

おゝ、理由は訊くなよ

Oh, don't ask why

あゝ、訳は訊かんでくれ




Show me the way

案内してくれ

To the next little girl

次の可愛い女のとこまで

Oh, don't ask why

あゝ、理由は訊くなよ

Oh, don't ask why

おゝ、訳は訊かないでくれ




For if we don't find

The next little girl

だって、もし次の可愛い女が

見つからなかったら

I tell you we must die

言っておくが、

ぼくらは死ななきゃならなくなる

I tell you we must die

いいかい、ぼくらは死ななきゃならない

I tell you, I tell you

いいか、言っておくぞ、

I tell you we must die

ぼくらは死ぬことになるんだ

いいな




The moon of Alabama

アラバマの月よ、

We now must say goodbye

ぼくらは、いま、

さようならを言わなきゃならない

We've lost our good old mama

ぼくらは優しい年老いたママを

亡くしたとこなんだ

And must have whiskey, oh, you know why

だからウィスキーを飲まなきゃならない

おっと、アンタに理由がバレてしまったなあ





Translated into Japanese tonight by komasafarina.訳詞

*1:原曲は、1930年にドイツ語で初演されたクルト・ワイルとベルトルト・ブレヒトのオペレッタ「象牙の都の興亡」の中の一曲。原曲には、さらに「ちょっとした次のドルを稼げるところに案内してくれ」ではじまるスタンザがあるが、ドアーズはその部分は割愛している。

*2:マリアンヌ・フェイスフルは1989年に(ニューヨーク、シカゴ、ベルリンで)クルト・ワイルのミュージカル「七つの大罪」の舞台に出演、さらに1991年にはダブリンでブレヒト作、ワイル音楽の「三文オペラ」の舞台に立っている。