komasafarina’s ☆ Somethin’ Celebration Is Goin’ On RSSフィード

Monday, March 14, 2005 Thank You for 100 days, 100th day, Today ! /100日記念特別企

komasafarina2005-03-14

Alice's Restaurant

Words & Music by Arlo Guthrie.

(1967年発表)



(原題直訳 「アリスのレストラン」)

From Arlo Guthrie album, "Alice's Restaurant"

名作アルバム度 ☆

「アリスのレストラン」 (アーロ・ガスリー)




歌詞は、次のURLから

http://www.arlo.net/lyrics/alices.shtml




名曲度 ☆☆




邦題 「アリスのレストラン」 (アーロ・ガスリー)








This song is called Alice's Restaurant,

この歌は「アリスのレストラン」っていうんだ。

And it's about Alice, and therestaurant,

なので、アリスと、そしてレストランについての歌であるわけなんだが、

But Alice's Restaurant is not the name of the restaurant,

しかし、「アリスのレストラン」はレストランの名前じゃないんだ

That's just the name of the song,

それはこの歌の題名ってことだけであってね

And that's why I called the song Alice's restaurant.

んで、おれはこの歌を「アリスのレストラン」と呼んでるんだ。




You can get anything you want at Alice's Restaurant

アリスのレストランなら欲しいものは何でも食えるぞ

You can get anything you want at Alice's Restaurant

アリスのレストランなら食いたいものに何でもありつける

Walk right in it's around the back

行ってごらんよ、裏の方にあるんだ

Just a half a mile from the railroad track

線路から半マイルってとこだな

You can get anything you want at Alice's Restaurant

アリスのレストランなら欲しいものに何でもありつける。




Now it all started two Thanksgivings ago, was on

さてと、

ことのはじまりは感謝祭2回分ほどまえのことからなんだが、

Two years ago on Thanksgiving,

2年前の感謝祭の日に

When my friend and I went up to visit Alice at the restaurant,

おれとダチとでレストランにアリスを訪ねて行った

But Alice doesn't live in the restaurant,

といって、アリスはレストランに住んでるわけじゃあない

She lives in the church nearby the restaurant,

彼女が住んでるのはレストランのそばにある教会なんだ。

In the bell-tower, with her husband Ray and Fasha the dog.

そこの鐘楼に旦那のレイと犬のファーシャといるんだが、

And livin' in the bell tower like that,

鐘楼で暮らすってのがどんなもんかっていうとだな、

They got a lot of room downstairs where the pews used to be in.

下にどでかいスペースがあるわけさ、もとは信徒席があったって場所なんだが

Havin' all that room, seein' as how they took out all the pews,

あいつら、せっせとその信徒席を取っ払って、

そのスペースをそっくり手に入れたってわけ。

They decided that they didn't have to take out their garbage for a long time.

それでゴミの始末なんてするこたねえって勝手に決めて、

ずっと出さなかったんだ。




We got up there, we found all the garbage in there,

おれらが行ってみると、そこはゴミだらけだったね。

And we decided

で、おれらは決めたんだ

It'd be a friendly gesture for us to take the garbage down to the city dump.

おれらとしては親切心から出たことなんだがが、

そのゴミを市のゴミ捨て場に持っていってやることにしたんだ

So we took the half a ton of garbage, put it in the back of a red VW microbus,

そんでおれらは半トンはあるだろうゴミを赤いフォルクスワーゲンのマイクロバスの後ろにのっけて、

Took shovels and rakes and implements of destruction

シャベルやらレーキやらいろんな解体器具なんかを持って、

And headed on toward the city dump.

ほんで、市のゴミ処理場に向かったんだ。



Well we got there

んで、そこに着いたらよお

And there was a big sign and a chain across

どでかい表示があって鎖がかかってやーんの

Across the dump saying, "Closed on Thanksgiving."

処理場のとこにこうあるわけ、「感謝祭当日は休業」だと

And we had never heard of a dump closed on Thanksgiving before,

で、おれらにしてみりゃ、

ゴミ処理場が感謝祭に閉まってるなんて、

まえもって全然聞いてたわけじゃないからよ

And with tears in our eyes

んで泣きべそかいてよ

We drove off into the sunset

Looking for another place to put the garbage.

どっかほかのゴミ捨てる場所を探して、

夕陽に向かって車を出したおれたちなのでありましたとさ。





We didn't find one.

見つからねえんだよ。

Until we came to a side road,

側道に出て、

And off the side of the side road

それから、またその側道の脇道に入ったらばよお

There was another fifteen foot cliff

あったんだな、15フィートほどの崖がよ

And at the bottom of the cliff there was another pile of garbage.

んで、その崖の底んとこにどっかのゴミの山があったんですねえ。

And we decided that one big pile is better than two little piles,

で、おれらは考えたわけ、

1個のでっかいののほうが2個のちっこい山よりゃマシだろうってな、

And rather than bring that one up

んで、わざわざその山を乗っけてくるよりは、

ってんで、

We decided to throw our's down.

こっちのゴミをそこに投げ捨てることにした。




That's what we did,

おれたちがしたのは、そういうこと

And drove back to the church, had a thanksgiving dinner

そんで教会に戻って、感謝祭のディナーをいただいたってわけ。

That couldn't be beat,

申し分なしでしたね

Went to sleep and didn't get up until the next morning,

朝までぐっすり眠りましたよ。

When we got a phone call from officer Obie.

電話がかかってきたんだ、オビーって警官から

He said,

そいつが言うのよ、

"Kid, we found your name on an envelope at the bottom of a half a ton of garbage,

「小僧、おまえの名前が書いてある封筒が半トンのゴミの底から出て来たもんだからね、

And just wanted to know if you had any information about it."

それで、その件について、おまえが何か知ってることがあるんじゃないかと、

ちょっとそれを知りたいもんでな」

And I said,

で、おれは言ったの

"Yes, sir, Officer Obie,

「はい、わかりました、オビー巡査

I cannot tell a lie, I put that envelope under that garbage."

正直に言います、ぼくがあのゴミの中にその封筒を置きました」




After speaking to Obie for about fourty-five minutes on the telephone

45分ぐらい電話でそのオビーと話した末に

We finally arrived at the truth of the matter

やっとのことでわれわれはことの真実に到達したんだ。

And said that we had to go down and pick up the garbage,

んで、言われたのは、

おれたちがあのゴミを拾い上げに行かなきゃいけないということ、

And also had to go down and speak to him at the police officer's station.

それと、警察署に行って、そいつとお話しなくちゃなんねえってことでした。

So we got in the red VW microbus

それでおれたちは赤のワーゲンのマイクロバスで行きましたよ、

With the shovels and rakes and implements of destruction

シャベルやらレイキやらいろんな解体器具を持って、

And headed on toward the police officer's station.

ほんでそのおまわりの警察署に向かいましたですよ。




Now friends,

さてと、みなさん、

There was only one or two things that Obie coulda done at the police station,

オビーが警察署でできることといったら、

ひとつかふたつぐらいのことしかないわけですよ。

And the first was he could have given us a medal

まず、ひとつめは、おれたちに表彰状なんかくれちゃうこと

For being so brave and honest on the telephone,

堂々と正直に電話で話したってことでね。

Which wasn't very likely, and we didn't expect it,

それはひじょうにありうることで、

おれたちが予想してたのはそれだった。

And the other thing was he could have bawled us out

あと、もうひとつは、ヤツにどやしつけられて、

And told us never to be see driving garbage around the vicinity again,

二度とゴミ積んでそこらを走るなと言われること、

Which is what we expected,

それはおれたちも予想してた。

But when we got to the police officer's station

とっころが、おれたちが警察署に着くと、

There was a third possibility that we hadn't even counted upon,

そこには、おれたちが考えもしなかった第3の可能性があったんですねえ。

And we was both immediately arrested.

んで、おれたちふたりとも、即、逮捕されたってわけ。

Handcuffed.

手錠かけられて。

And I said

だから、言ったのよ、

"Obie, I don't think I can pick up the garbage with these handcuffs on."

「オビー、手錠してたら、おれ、ゴミの片付けできねっすよ」って。

He said,

ヤツは言いましたね、

"Shut up, kid. Get in the back of the patrol car."

「だまれ、小僧、パトカーのうしろに乗んな」だとよ。




And that's what we did,

んで、おれたちはそうしたわけですよ。

Sat in the back of the patrol car

パトカーの後部にすわって、

And drove to the quote Scene of the Crime unquote.

それで、連れてかれたわけですよ、

カッコ開く、犯行現場、カッコ閉じる、とやらのところへ。

I want tell you about the town of Stockbridge, Massachusets,

みなさんにこのストックブリッジって町のことを話しておきたいですね、

マサチューセッツ州にあるんですけど、

Where this happened here,

そこでこれが起こったわけですね。

They got three stop signs, two police officers, and one police car,

連中が持ってるのは、

立入禁止の標識3個に警官2人とパトカー1台きりなんですよ。

But when we got to the Scene of the Crime

ところが、おれらが犯行現場に着くと

There was five police officers and three police cars,

そこには5人の警官とパトカーが3台も来てたんすよ

Being the biggest crime of the last fifty years,

ここ50年間で最大の犯罪になってるわけです。

And everybody wanted to get in the newspaper story about it.

だもんだから、誰もかれもがこのことについて新聞に載った話に夢中になった。

And they was using up all kinds of cop equipment

That they had hanging around the police officer's station.

ほんで、あいつらときたら、

警察署に寝かしてあったありとあらゆる捜査用具を投入しまくりやがってよお。

They was taking plaster tire tracks, foot prints, dog smelling prints,

タイヤの跡から足跡から犬が嗅いだ鼻の跡まで石膏で取るわ、

And they took twenty seven eight-by-ten colour glossy photographs

8×10のサイズのカラーの美麗フォト27枚に

With circles and arrows and a paragraph on the back

Of each one explaining what each one was to be used as evidence against us.

丸印だの矢印だのつけて、裏面には、いちいち、それがどういうふうに

おれたちに対する証拠になるのかって能書たれた文章くっつけてよ。

Took pictures of the approach, the getaway,

The northwest corner the southwest corner

進入路から出入口から北西区画から南西区画まで写真に撮って、

And that's not to mention the aerial photography.

しかも、ご丁寧にも航空写真まで撮りやがったんだぜ。




After the ordeal, we went back to the jail.

そういう仕打ちの後で、

おれたちが連れ戻されたのは留置場だった。

Obie said he was going to put us in the cell.

オビーが言うには、

おれたちを独房に入れるってんだ

Said,

言ったぜ、

"Kid, I'm going to put you in the cell, I want your wallet and your belt."

「小僧、おまえを独房に入れてやるからな、おまえの財布とベルトをよこしな」

だとよ。

And I said,

だから、おれも言ってやったよ。

"Obie, I can understand you wanting my wallet

「オビー、あんたがおれの財布をよこせっていうのは、おれもわかるよ、

So I don't have any money to spend in the cell,

独房の中じゃカネの使い途なんかまるでねえわけだからな。

But what do you want my belt for?"

だけど、なんでベルトがいるわけ?」

And he said,

したら、ヤツが言ったぜえ

"Kid, we don't want any hangings."

「首吊られるとこっちが困るのさ、小僧」

I Said,

おれも言ったよ

"Obie, did you think I was going to hang myself for littering ? "

「オビー、あんた、おれがゴミ捨てたぐらいで首吊って死ぬと思ってんのかい?」

Obie said he was making sure, and friends Obie was,

オビーが言うのは、念のためにってことだったが、

オビーの知ってるヤツでいたんだそうだ

Cause he took out the toilet seat

便座もあいつが取っ払ってたんで、

So I couldn't hit myself over the head and drown,

そいつで頭かち割って便器で溺れ死ぬこともできやしないってわけ。

And he took out the toilet paper so I couldn't bend the bars roll out

しかも、トイレットペーパーまで持ってきやがったんで、

鉄格子にそいつを巻きつけて転がすこともできやしねえ

The - roll the toilet paper out the window,

つまりだ、窓からトイレットペーパー垂らして、

Slide down the roll and have an escape.

それをつたって滑り降りてズラかろうってわけさ、

Obie was making sure,

オビーの念の入れようは確かなもんだった。

And it was about four or five hours later

んで、あれは4、5時間ぐらいしてからだったかなあ

That Alice

例のアリスが、

(remember Alice? It's a song about Alice),

(覚えてる? アリスだよ、この歌はアリスの歌だからね)

Alice came by and with a few nasty words to Obie on the side,

アリスがやって来て、それでオビーにいくつかいらない悪態ついて

Bailed us out of jail,

おれらに保釈金積んで牢屋から出してくれたんだ。

And we went back to the church,

それで、おれらは教会に戻って、

Had a another thanksgiving dinner that couldn't be beat,

また感謝祭のディナーをいただいたってわけだけど、

たまんなかったねえ、

And didn't get up until the next morning,

んで、翌朝まで起きることなくぐっすりして、

When we all had to go to court.

おれたちみんなで裁判所へ行ったんだ。




We walked in, sat down,

おれら、入っていって着席した。

Obie came in with the twenty seven eight-by-ten colour glossy pictures

オビーが来たよ、手に27枚の丸だの矢印だのがついた8×10のサイズのカラーの美麗写真に

With circles and arrows and a paragraph on the back of each one, sat down.

いちいち裏面に能書つけたのを手にして、着席したよ。

Man came in said,

野郎が来て言ったぜ、

"All rise."

「全員、起立ッ」

We all stood up,

おれたちはみんなして立ち上がったよ。

And Obie stood up with the twenty seven eight-by-ten colour glossy pictures,

そしたらオビーのヤツも27枚の8×10のサイズのカラーの美麗写真を持って立ち上がった。

And the judge walked in sat down with a seeing eye dog,

すると判事が入ってきて、

番犬みたいな睨みつけるような目をしてすわったよ。

And he sat down, we sat down.

で、ヤツがすわったんで、おれたちもすわった。

Obie looked at the seeing eye dog,

その番犬を眺めてたオビーが

And then at the twenty seven eight-by-ten colour glossy pictures

With circles and arrows and a paragraph on the back of each one,

今度は、

27枚の丸だの矢印だのがついた8×10判の美麗写真に、

いちいち裏面に能書きひっつけたのに目をやると

And looked at the seeing eye dog.

また番犬を見て、

And then at twenty seven eight-by-ten colour glossy pictures

With circles and arrows and a paragraph on the back of each one

次にまた27枚の丸だの矢印だのがついた8×10判の美麗写真に、

いちいち裏面に能書たれたやつに目をやって

And began to cry,

それで、喚きはじめたんだ。

'cause Obie came to the realization

オビーは理解したんだろうな、

That it was a typical case of American blind justice,

これこそアメリカの盲目的正義の典型的な事例だと

And there wasn't nothing he could do about it,

そして、ヤツにできることなどそこには何もないんだってことをよ。

And the judge wasn't going to look at

判事のヤツは目もくれなかったね、

The twenty seven eight-by-ten colour glossy pictures

With the circles and arrows and a paragraph on the back

Of each one explaining what each one was to be used as evidence against us.

その27枚の丸だの矢印だのがついた8×10判の美麗写真に、

いちいちそれがどういうふうにおれたちに対する証拠になるのかって能書たれた文章くっつけたものなど。

And we was fined $50 and had to pick up the garbage in the snow,

それでおれたちは50ドルの罰金を課せられて、

雪の中で例のゴミの片付けをしなきゃならないことになったとさ。ってわけ。

But thats not what I came to tell you about.

だけど、これが、

おれがきみらに話そうとしてたことじゃないんだ。




Came to talk about the draft.

徴兵の話をする番だな。




They got a building down New York City,

ニューヨーク・シティにビルがあるんだ

It's called Whitehall Street,

ホワイトホール・ストリートってとこなんだが

Where you walk in,

そこに入っていくと、

You get injected, inspected, detected, infected, neglected and selected.

注射されて、検査されて、検出されて、感染させられて、無視されて 選抜される。

I went down to get my physical examination one day,

ある日、おれは身体検査を受けに出向いて行った。

And I walked in, I sat down, got good and drunk the night before,

それで、入っていって席に着いた。

前の晩にたらふく食ってしこたま酒も飲んでた。

So I looked and felt my best when I went in that morning.

だもんだから、その朝、

おれは傍目にも絶好調って感じで、すっかりできがって入っていった。

`Cause I wanted to look like the all-American kid from New York City,

なにせ、

おれはいかにもニューヨークっ子のよきアメリカの若者ってふうに見せたかったんだ。

Man I wanted, I wanted to feel like the all-,

いや、ホントにそうなんだ、おれは、よきって感じの

I wanted to be the all American kid from New York,

ニューヨーク出身のよきアメリカの若者をやりたかったんだ。

And I walked in, sat down,

それで、おれは入っていて席にすわった。

I was hung down, brung down, hung up, and all kinds o' mean nasty ugly things.

裸にされ、傷つけられ、かきまわされ、そして、

ありとあらゆる昔ながらの卑劣な汚らわしい醜悪なことをされた。

And I waked in and sat down and they gave me a piece of paper, said,

そして、おれは入っていって、席にすわり、一枚の紙を渡されて、

こう言われた、

"Kid, see the phsychiatrist, room 604."

「坊主、分析医のところに行きな、604号室だ」




And I went up there, I said,

で、おれはそこ行って、言ったんだ、

"Shrink, I want to kill. I mean, I wanna, Iwanna kill.

「先生、おれ、殺したいんです、

つまりですね、おれ、人を殺ししたいんすよ。

Kill. I wanna, I wanna see, I wanna see blood and gore

殺してえなあ。おれは見たいんすよ、血が見たいんです、流血を

And guts and veins in my teeth.

はらわたや血管を噛み締めたいんすよ。

Eat dead burnt bodies. I mean kill, Kill, KILL, KILL."

死体を焙ってかっ喰らうんです。

だから、殺す、殺す、殺すッ、殺すッ」

And I started jumpin' up and down yelling,

それから、おれは飛び跳ねてだして、叫んでやった

"KILL, KILL,"

「殺れッ、殺っちまえッ」

And he started jumpin up and down with me

すると向こうもおれと一緒になって飛び跳ねだして、

And we was both jumping up and down yelling,

だもんだから、おれたちはふたりして飛び跳ねまわって、

叫びまくった

"KILL, KILL."

「殺れッ、殺っちめえーッ」

And the sargent came over, pinned a medal on me,

すると軍曹がやって来て、おれに勲章をつけてくれると、

Sent me down the hall, said,

おれを廊下に出して、こう言った、

"You're our boy."

「おまえはおれたちの仲間だ」




Didn't feel too good about it.

あんまりいい感じはしなかったぜ。




Proceeded on down the hall

廊下を行って、

Gettin more injections, inspections, detections, neglections

さらにまたいくつも注射をされて、検査をされ、検出され、放置されて、

And all kinds of stuff that they was doin' to me at the thing there,

そこでヤツらがすることになっているありとあらゆることを、おれはされた。

And I was there for two hours, three hours, four hours,

それで、おれがそこにいたのは、

2時間がたち、3時間がたち、4時間が過ぎて

I was there for a long time

ずうっと長い時間、そこにいて、

Going through all kinds of mean nasty ugly things

ありとあらゆる薄汚い汚らわしい醜悪な目に遭わされていった

And I was just having a tough time there,

だから、とにかく、おれはそこでひどい目に遭ってたってわけだ。

And they was inspecting, injecting every single part of me,

そして、

あいつらにおれの体のありとあらゆる部位をことごとく調べ上げられ、

注射を打たれまくった。

And they was leaving no part untouched.

だから、ヤツらが触らなかった箇所なんかまーるで残ってなかったぜ。

Proceeded through, and when I finally came to the see the last man,

さらに進路を進んで、やっとのことでおれは最後のヤツのとこまで来た。

I walked in, walked in sat down after a whole big thing there,

おれは入っていったよ、

歩いてってすわってやったよ、

さんざんな目に遭わされた果てのことだったしな

And I walked up and said,

それで前に出て、言ってやった、

"What do you want?"

「どんな御用でございましょうか?」

He said,

そいつは言ったよ、

"Kid, we only got one question. Have you ever been arrested?"

「坊主、われわれとしては、ひとつだけ訊いておきたいことがあるんだ。

きみは、これまでに逮捕されたことがあるかね?」




And I proceeded to tell him the story of the Alice's Restaurant Massacre,

だもんだから、おれは話してやったよ、

アリスのレストランの大虐殺の物語をな、

With full orchestration and five part harmony and stuff like that

フルオーケストラに五声の大合唱やら何やらつきでな、

And all the phenome...

それにあらゆる効果を入れて、

And he stopped me right there and said,

そしたら、野郎がおれを遮って、こう言ったんだ

"Kid, did you ever go to court?"

「おい、坊主、おめえ、裁判所まで行ったのか?」




And I proceeded to tell him the story

だから、おれは続けて話してやったよ、

Of the twenty seven eight-by-ten colour glossy pictures

With the circles and arrows and the paragraph onthe back of each one,

あの27枚の丸だの矢印だのがついた8×10判の、

裏にいちいち能書が書かれたカラーの美麗写真の話をな

And he stopped me right there and said,

するってえと、ヤッコさん、

即座におれの話を遮って、言いやがったよ

"Kid, I want you to go and sit down on that bench

「おい、坊主、

おめえ、あっちへ行って、あのベンチのとこにすわってろや、

That says Group W .... NOW kid!!"

グループWって書いてあんだろ・・・

ほら、ガキ、さっさと行けッ!!





And I, I walked over to the, to the bench there,

んで、おれはわざわざ、そのベンチのとこまで歩いてったんだ

And there is, Group W's

つまり、そこがグループWってわけ、

Where they put you if you may not be moral enough to join the army

After committing your special crime,

特定の犯罪を犯したりして、

軍に入るのにふさわしい精神の持ち主じゃないかもしれない人間を集めたとこなんだ。

And there was all kinds of mean nasty ugly looking people on the bench there.

だから、

ありとあらゆる卑劣な薄汚い醜いツラした連中がそのベンチのとこにすわってるんだ。

Mother rapers. Father stabbers. Father rapers!

オフクロを姦っちゃたヤツとか、オヤジを刺し殺しちゃったヤツとか、

オヤジを姦っちゃたのとかがな!

Father rapers sitting right there on the bench next to me!

オヤジを姦っちゃたヤツらがベンチのおれのすぐとなりにすわってたんだぜ!

And they was mean and nasty and ugly and horrible crime-type guys

しかも、連中ときたら、

卑劣で汚らわしくて醜くくって恐っそろしい犯罪者タイプって連中で

Sitting on the bench next to me.

それがおれのすぐ脇のベンチにすわってるんだからな。

And the meanest, ugliest, nastiest one,

それで、いちばん卑劣そうで醜悪で陰険なのがいて、

the meanes father raper of them all, was coming over to me

オヤジを姦っちゃたようなのの中でもいちばんひっでえのが、

わざわざおれんとこに来たわけよ、

And he was mean 'n' ugly 'n' nasty 'n' horrible and all kind of things

しかも、そいつときた日には、

薄汚くて醜悪で陰険で恐っそろしくって、さらにまた何のかんので

And he sat down next to me and said,

んで、そいつがおれのとなりにすわって言うんだよ、

"Kid, whad'ya get?"

「おい、ガキ、おめえ何年くらった?」

I said,

おれは言ったよ、

"I didn't get nothing, I had to pay $50 and pick up the garbage."

「おれは全然食らわなかったんだ、50ドル払ってゴミの片付けさせられただーけ」

He said,

ヤツが言ったよ、

"What were you arrested for, kid?"

「おめい、何やってパクられたんだ、ガキ?」

And I said,

だから、言ったよ、

"Littering."

「ゴミ捨て」

And they all moved away from me on the bench there,

そうしたら、ベンチの連中、みんなして、おれから引いちゃってな。

And the hairy eyeball and all kinds of mean nasty things,

それも何かどうしようもなく気持ち悪いものでも見るような目をしてよ。

Till I said,

"And creating a nuisance."

「んで無法状態を作り出したんだ」って、おれが言ったんで、

And they all came back, shook my hand,

あいつら、みんな戻って来て、おれと握手して、

And we had a great time on the bench,

ほんで、おれたちベンチで楽しくやったってわけ。

Talkin about crime, mother stabbing, father raping,

犯罪の話したり、オフクロ刺し殺す話や、オヤジを姦っちゃう話なんかしてな。

All kinds of groovy things that we was talking about on the bench.

ありとあらゆるゴキゲンなお話をみんなでそのベンチんところでしてたんだ。

And everything was fine, we was smoking cigarettes and all kinds of things,

万事快調ってなもんで、おれたちタバコ喫ったり、いろんなことをしてたんだ。

Until the Sargeant came over, had some paper in his hand,

そこに軍曹のヤツがやって来たんだ、手に何か紙を持ってよ、

Held it up and said.

そいつを掲げて言いやがったんだ。




"Kids, this-piece-of-paper's-got-47-words-37-sentences-58-words-

「おい、ガキども、この紙にだな、47語の37のセンテンスと58語で、

We-wanna-know-details-of-the-crime-time-of-the-crime-

犯罪とその犯罪を犯したときのことでおれたちが知っておきたいことや、

And-any-other-kind-of-thing-you-gotta-say-pertaining-to-and-about-the-crime-I-want-to-know-

あと、その他もろもろの、おまえらが言っとかんといかん、

犯罪やそれにまつわる、おれが知っておきたいことが書いてある、

Arresting-officer's-name-and-any-other-kind-of-thing-you-gotta-say",

逮捕した警官の氏名だとか、

その他にもいろいろとおまえらが言っとかなきゃいかんことどもだ」

And talked for forty-five minutes and nobody understood a word that he said,

で、45分にわたって喋くりまくってたんだけど、

誰ひとりとしてヤツの言ったことを理解してたのはいなかったね。

But we had fun filling out the forms and playing with the pencils on the bench there,

でも、おれたちは面白く空欄を埋めてったよ、ベンチの上でエンピツ滑らせながらな。

And I filled out the massacre with the four part harmony,

それで、おれはあの大虐殺のことを四声合唱で(誇張して)記入してやった。

And wrote it down there, just like it was,

んで、それをそのまんま書きつけていって、

And everything was fine and I put down the pencil,

んで万事うまくいって、おれはエンペツを置くと、

And I turned over the piece of paper,

その紙切れを引っくり返したんだ、

And there, there on the other side, in the middle of the other side,

そしたら、そこに、その裏側んとこに、その裏側のその真ん中あたりに

Away from everything else on the other side,

ぽつんと書いてあったんだ、裏面のところにだ、

In parentheses, capital letters, quotated,

カッコにくくって、大文字で書いてあったんだ、

read the following words:

こんな言葉でな、



("KID, HAVE YOU REHABILITATED YOURSELF?")

(「で、おまえは更正したのかね?」)



I went over to the sargent, said,

おれは軍曹のところに行って、言ってやったよ、

"Sargeant, you got a lot a damn gall to ask me if I've rehabilitated myself,

「軍曹、あんたら、おれが自分で更正したかってこのおれに訊くなんて、

随分と厚かましいもんだねえ

I mean, I mean, I mean that just, I'm sittin' here on the bench,

要するにだ、要するに、おれは、要するに、あのベンチにすわってるわけだぜ

I mean I'm sittin here on the Group W bench

つまり、グループWのベンチにおれはすわってるんだぜ

'cause you want to know if I'm moral enough join the army,

なぜかってえと、おれが精神的に十分かどうかってことを

あんたらが知りたいからだろ、

おれが軍に入隊して、

Burn women, kids, houses and villages after bein' a litterbug."

女子供を焼き殺したり、さんざんっぱらメチャクチャにした挙句に

家や村を焼き払えるかどうかってことを知りたいからだろ」

He looked at me and said,

ヤツはおれを見て、言ったよ、

"Kid, we don't like your kind,

「小僧、おれたちはな、

おめえみたいなタイプは好かねえんだ。

And we're gonna send you fingerprints off to Washington."

だから、おまえの指紋をワシントンにまわしといてやるぜ」




And friends, somewhere in Washington enshrined in some little folder,

Is a study in black and white of my fingerprints.

だから、お友達のみなさん、ワシントンのどこかに、

小さな何かのホルダーに入ったのがいかめしく飾ってあったら、

それはおいらのモノクロの指紋データですからね。

And the only reason I'm singing you this song now is

それと、おれがいまこの歌をみなさんに歌っている唯一の理由は、

Cause you may know somebody in a similar situation,

みなさんが似たような立場にいる人を誰か知ってるかもしれないからなんだ。

Or you may be in a similar situation,

それともみなさんが同じような立場にいるかもしれないわけだしね。

And if your in a situation like that

で、もし、そういう状況にあるんだとしたら、

There's only one thing you can do

みなさんにできることがひとつだけあるんだ。

And that's walk into the shrink wherever you are,

んで、それはっつうと、みなさんがどこにいようと、

精神科の医者んとこにいって、

Just walk in say

ただ、入っていって、言うのさ、

"Shrink, you can get anything you want, at Alice's restaurant.".

「先生、あんた、アリスのレストランなら何でも食いたいものにありつけるぜ」ってね 、

And walk out.

それで出て来りゃいい。

You know, if one person, just one person does it

わかるかな、もしも、ひとりの人間が、

たったひとりの人間がそれをやったら、

They may think he's really sick

連中はそいつのことを本当に病気だろうと考えると思う。

And they won't take him.

それでヤツらはそいつのことを採ろうとしないだろう。

And if two people, two people do it, in harmony,

それから、もし、ふたりの人間が、

ふたりの人間がそれをしたら、

うまくハモってやったとしたら、

They may think they're both faggots

あいつらは、そいつらふたりのことをホモだと思って、

And they won't take either of them.

それで、ヤツらはそいつらをどっちも採ろうとしないだろう。

And three people do it, three, can you imagine,

それで3人の人間がそれをしたら、

3人だぜ、想像できるかなあ、

Three people walking in singin a bar of Alice's Restaurant

3人の人間がアリスのレストランの一節を歌いながら入っていって、

And walking out.

それで出て来る。

They may think it's an organization.

あいつら、これはひとつ組織だろうと考えるだろう。

And can you, can you imagine fifty people a day??

だから、どうだろう、1日に50人の人間がってことを想像できるかなあ?

I said fifty people a day walking in singin a bar of Alice's Restaurant

つまり、1日に50人の人間がアリスのレストランの一節を歌いながら入っていって、

And walking out.

それで出て来るんだ。

And friends they may thinks it's a movement.

諸君、そうしたら、連中は、

これはひとつの運動だと思うだろう。




And that's what it is,

だから、つまり、そういうことなんだ。

The Alice's Restaurant Anti-Massacre Movement,

このアリスのレストランってゆうのは、虐殺に反対する運動なんだ

And all you got to do to join is sing it

それで、あなたがたが参加するためになすべきことは、

ただ、これを歌うってことだけ、

The next time it come's around on the guitar.

今度は、ギターに合わせていってみましょう



With feeling.

心を込めて


So we'll wait for it to come around on the guitar,

そう、うまくギターに合ってくるまで待ってみましょう。

Here and sing it when it does.

さあ、いきますよ、歌いましょう、

Here it comes.

はい、いまです、




You can get anything you want at Alice's Restaurant

アリスのレストランなら欲しいものは何でも食えるぞ

You can get anything you want at Alice's Restaurant

アリスのレストランなら食いたいものに何でもありつける

Walk right in it's around the back

行ってごらんよ、裏の方にあるんだ

Just a half a mile from the railroad track

線路から半マイルってとこだな

You can get anything you want at Alice's Restaurant

アリスのレストランなら欲しいものに何でもありつける。




That was horrible.

いまのはひどかったね。

If you want to end war and stuff you got to sing loud.

もし、みんなで戦争だの何だのを終わらせたかったら、

みんなもっとでっかい声で歌わないとな。

I've been singing this song now for twenty five minutes.

おれなんか、この歌をこれで25分は歌ってんだからな。

I could sing it for another twenty five minutes.

もう25分は歌えるだろうな。

I'm not proud... or tired.

自慢じゃないけどな・・・てか疲れてきたかな。




So we'll wait till it comes around again,

ということで、もう一度、

みんなで合ってくるまで待ってみようか、

And this time with four part harmony and feeling.

今度は四部の合唱で気持ちを込めてね。

We're just waitin' for it to come around is what we're doing.

いま、ぼくらがみんなでしてるのは、

うまく合ってくるまで待ってるって、そういうことだからね。



All right now.

よーし、いまだ。



You can get anything you want at Alice's Restaurant

アリスのレストランなら欲しいものは何でも食えるぞ

You can get anything you want at Alice's Restaurant

アリスのレストランなら食いたいものに何でもありつける

Walk right in it's around the back

行ってごらんよ、裏の方にあるんだ

Just a half a mile from the railroad track

線路から半マイルってとこだな

You can get anything you want at Alice's Restaurant

アリスのレストランなら欲しいものに何でもありつける。


Da da da da da da da dum

ダァダァダァダダダン

At Alice's Restaurant

アリスのレストラン




Translated into japanese tonight by komasafarina.訳詞





鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚鶚







どうでした?

ひとりでやれば狂える人

ふたりでやればホモのカップル

3人でやれば何かの組織

50人でやれば何かの運動・・・・

というわけで

おなか、いっぱい?

腹にもたれて食傷気味?

お疲れさま、開店100日目の店主からの大盤振る舞いです。

調理も大変でしたが、お召し上がりになるのもさぞやたいへんだったことでしょう。

これに懲りず、今後もよりいっそうのお引き立てをお願いします。


っていうことで、

この歌は、

ロックにまだ力があった時代の歌だ。

音楽をやる人間に社会や世界についての意識があって、

それがミュージシャンの暮らしや身体や思考を介して、

音楽という力となって、電波やレコード盤という円盤に乗って、

世界経済という流通路を介して惑星規模の広がりを見せていたのだろう。

マサチューセッツの小さな町のどうでもいいようなケチなゴミの不法投棄事件が、

歌になって全米に伝わり、

さらにそれがアーサー・ペンの監督で映画化されて、全世界へと広まった。

ttp://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD547/

歌っているのは、大恐慌時代のアメリカの民衆の歌を歌い作って名をなしたウディ・ガスリーのジュニアのアーロ・ガスリー。

アメリカの徴兵検査の逮捕歴の有無をめぐる一項から、

徴兵逃れを運動として展開しようという。

そういう、この「アリスのレストラン」1曲で一躍脚光を浴びたが、

この歌のとおり、彼はこのゴミの不法投棄事件の実際の犯人のひとりで、

歌に登場するストックブリッジの警察官オビーさんも実在の実名の人物で、

彼もまた有名人となり、すでに物故しているが、いまでも彼の言い分を載せたホームページがありますよん。


ttp://www.arlo.net/obie.shtml





「アリスのレストラン」

ttp://www.fortunecity.com/tinpan/parton/2/alice.html

ijiijiijiiji 2005/03/15 01:05 100日目おめでとうございます。私は食い残しの多い客ですが…。ところで、このまえコメントいただいた空海の本、まさに欲しかった本だったので買ってきました。これからじっくり読みたいと思います。もし今度人力で答えていただくことがあったら、この分もあわせてお礼します。

komasafarinakomasafarina 2005/03/18 05:44 ありがとうございます。オープンからご贔屓いただいています。「空海コレクション2」(ちくま学芸文庫)のBGMには、
http://d.hatena.ne.jp/komasafarina/20050107
がよろしいかと思います。というか彼らもマジでかなり迫っています