Hatena::ブログ(Diary)

こみや日記

 | 

2006-09-10

人気blogランキング

[]0054 渋沢栄一の『論語と算盤』を今、考える - livedoor Blog(ブログ)

 
「日本資本主義の先駆者」として有名な渋沢栄一氏の「孫の孫」である、渋澤健さんのブログの一つ。
 
プロフィールには『論語は読めません。算盤も使えません。』とありますが、
  シブサワ・アンド・カンパニー 代表取締役
  (財)渋沢栄一記念財団 理事
  (社)経済同友会 幹事
  文京学院大学院 客員教授
という、堂々たる肩書の持ち主です。
 

でも、「論語が読めない」というのは、ウソ(謙遜)ですね。
このブログは、渋沢栄一の『論語』の解説の解説ですけれど(笑)
 
ただし、堅苦しい“お勉強”ではなく、「渋澤健式“超”意訳」という感じですので、楽しく読めます。

2006年09月19日



雍也第六 25 学問と礼




 道の詩書六芸に載するもの、これ文という。
 ゆえに学者が道を学ぶには、まず広く
 六芸の文を学び多く物を識らざるべからず。



 しかれどもただ博く学び多く識りたるのみにては、
 これを学というべからず。



 おおよそ人はいかに学問が博くても、これを
 統一するに礼を以ってしなければ、いつか
 道に背き、その身を全うし得ざる人となるべし。



 博く文を学んで物を知っておるというだけで
 礼をわきまえぬ人は、政治家にも実業家にも
 随分少なくない。





つまり、他人構わずでインテリだけで
通すと、いずれ自分を自分で追い込む
はめになるかもしれないということですね。


渋澤健さんは、ほかにもブログを持っています。
こちらは、「お仕事日記」的なものです。

渋澤健のナナメな視点
 
 
人気blogランキング参加中です )^o^(

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

 | 
Connection: close