Hatena::ブログ(Diary)

恍惚都市

 

2017-03-21

円城塔オブ・ザ・ベースボール

読者の知らないことを、知っていてもおかしくないという面持ちで書くことが特に問題視されない場が、この多重的な引用によって実現されているのかどうかはわからない。(読書の共感を得るためのものではなく、読者の目を開かせるためのものであるような、そのような文章である。)たくさん引用を求めることによる効果があり、影響があるような印象を受けた。

この作品を通して何を伝えたかったのか? 作者の思いは? それは、「作者の死」とかでいろいろあったはずのことであり、意味のあること・意味のないこと・対社会の戦いによって、私の中ではある程度「作者」の重要性も再確認できたところではあった。そもそも、「作者の死」のためには、「作者」の存在が、「死ぬ」ことについてのインパクトがなければならないが、それだけのインパクトを抱えるよりも先に「作者の死」を知っても、ただそれはかっこいいというだけで、その意図するところをシリアスに受け取れていないのではないか? という不安を、当時の自分は抱くことができなかった。いまは、まず作家に立ち返ってからでも遅くないのではないか、そのように考えるし、すべて無益かもしれない。

2017-03-20

[]『3月のライオン 第1シリーズ』

[]『映画 3月のライオン 前編』

[]立川志らく春風亭一之輔二人会@JR九州ホール

  • 子ほめ らくまん
  • 花見の仇討ち 一之輔
  • 仲入り
  • 百年目 志らく

2017-03-04

『Oxford Bookworms Library Starter Level: Robin Hood

速読16冊目。かなり間が空いてしまった。

言語を勉強するモチベーションが何であるかがはっきりとしない限り、持続は難しい。気合いを入れればなんとかなるといった根性論によってすべてが片付くわけではないのと同じだ。

外的要因はあるか。TOEICのある点数以上を持つ職員の割合を何割以上にするという会社の目標と、国際系の採用において860点が求められる現状という二点で、いずれも、私が達成するように望むための動機がない。私は国際系部署への異動を希望していないし、会社の目標を果たすために今私が勉強をしなければならないわけではないと、正しく理解してしまっている。

ここまで書いて、もう一つ要因があったことに触れる手はずが整った。私の会ったことのない、ある人が、TOEICで高得点を取ったという言葉。もともとはそれが発端だった。しかし、不特定多数ではなく、誰かたった一人との能力の比較、競争にモチベーションを頼りきっているという冴えない現実は、進めていくうちにとても空虚である、その姿を明らかにした。言語を学ぶことへの内からの欲求が、足りない。

私は、海外旅行に行き、英語話者と仲良くなりたい、電車内での英語による会話を聞き取りたい、海外小説を原著で読みたいといった考えを持ったことがない、とは言わない。しかし、優先順位としてはかなり低い。本当のところ、見返りは計り知れない。自分の人生をガラリと変えてくれる素晴らしさが、言語にはある。それは明らかだ。しかしそれを理解しようとしていない。めんどくささから、理解しなくてよい方法を探っている自分がいる。

この文章を書いているのは、言語を学ぶことへの内なる欲望をもう少し大きくしたいが、その気持ちを持てない現状を改善したいから。そうに違いない。

このことに関係がありそうな話として、最近「私は、ここにあるすべてを知ることができない」という言葉が、自分自身の言動の反省の中で、浮かび上がってきたことについて触れる。当たり前のことだが、いま、そこにあることを知りたくても、それらをすべて理解することは一生叶わないことへの、本質的な理解がこれまで出来ていなかったのではないか? と言わざるを得ない言動を、ようやく自分自身で眺め検討することができるようになってきた。一つの成長の証として、喜ばしいこととして、素朴に受け止めている。

2017-02-27

縞野やえ,MB『服を着るならこんなふうに』1-4巻

読了。勇気付け動機付けの1つとして、MB氏の文章は中立性が高いと考えている。

窓ハルカ『漫画として現れるであろうあらゆる恋のためのプロレゴメナ

読んだ。

2017-02-25

飛浩隆『グラン・ヴァカンス』

Kindleで買って、いくつかの中断を経て、ようやく読み切った。物語世界も物語内容も圧倒される。語りも。実在しない何かについて、ここまで語られることがあるのか。先日、ゲンロンカフェで著作よりも先に本人の姿を見るという比較的珍しい出会い、それがきっかけで現在手に入るKindleのほんを入手したというのもある。その名前と作品名はもともと知っていて、だからこそゲンロンカフェでの会にも参加してみようかという気になったのだけど。

 
恍惚都市 菰川 @makikawa