Hatena::ブログ(Diary)

恍惚都市

 | 

2006-04-02

[]#32 金谷治訳注『論語』(岩波文庫

論語 (岩波文庫 青202-1)

論語 (岩波文庫 青202-1)

孔子の「曰」を「のたまわく」と読むことを知った。高校の授業では一律「いわく」だった。注や訳の時代による差異や、現代語訳がわかりやすく書かれており、活字も大きく読みやすかった。ほぼすべての文章を既視感のようなものとともに読んだ気がする。

 | 
恍惚都市 菰川 @makikawa