Hatena::ブログ(Diary)

小森マクロビオティック料理教室Blog

2018-07-12 手当てを学ぶ

f:id:komori-mbcs:20180712122524j:imagef:id:komori-mbcs:20180712115042j:image

風邪をひいた時、体調不良、疲れた時

そんな時に気軽に使える玄米クリームをお伝えします

重病人用は教科書にある通り

可能な限り手間暇かけて作ります

ほらね、思いのほか簡単でしょ

この方法は是則千沙子さんに習ったやり方です

子育て時代からずーっと使い続けてきました

消化吸収に優れているので重宝です

どうぞ気軽に使って試してみて下さいね

私が教室を始めた発端もこの玄米クリームです

生後7か月の孫娘の離乳食に取り入れるアドバイスをしたところ

重症のアトピー性皮膚炎が1カ月足らずで治癒したこと

今では懐かしく思い出されます

風邪の時ようやく熱が下がり、子どもが喜んで食べていた葛練り

梅味で作りましたよ

時雨味噌は子どもからお年寄りまで

どなたにもおすすめ出来る常備菜

病後にもどうぞ。

2018-07-11 梅の土用干し

komori-mbcs2018-07-11

f:id:komori-mbcs:20180711055448j:imagef:id:komori-mbcs:20180711050900j:image

私は早起きなの

東の空が白んできましたよ

お台所の窓を開けると

あれまあ、細い三日月さんが

きっとよい天気ね

紫蘇でうっすらと染まった青梅

いよいよ出番です

梅雨明け十日というように

安定した晴天が続くころに天日干し

いわゆる梅の土用干しです

ちなみに今年の土用入りは二十日

三日三晩と言うけれど

おひさまに十分に当てて干し上げればOK

紫蘇も日に当てるといい

ついでに梅酢もね

紫蘇は、入れないといけないですか?」

入れなくてもよいですよ

「味が違いますか?」

味はさほど変わりませんが赤くはなりません

土用干しはして下さいね

ほんのりとピンク色に発色しますよ

おひさまの力は偉大ですね。

2018-07-10 夏のプルコースを作ろう

f:id:komori-mbcs:20180710122510j:imagef:id:komori-mbcs:20180710122503j:imagef:id:komori-mbcs:20180710122455j:imagef:id:komori-mbcs:20180710121241j:imagef:id:komori-mbcs:20180710121235j:imagef:id:komori-mbcs:20180710121220j:image

「レシピの表紙は書かれたのですか?」

えへへ、そう、お絵かきなの

さて、開放的な夏ですもの

マクロビも楽しみましょう

胡椒やハーブ香り

冷たいスープやスイーツ

器や盛り付けなども

おおいに楽しみましょうね

今日は私は助手に徹し

皆さんが主役

普段お料理をなさっている方々ですので

ことのほか手際がいい

あっという間に出来ちゃいましたよ

「なんだかシェフの料理みたい。」

そう、ひとりひとりがシェフになって出来た料理ですね

「こんなパスタははじめて!」

「サラダは上品な味。」

「このスープ、さっそくやってみよう。」

「ええ、水で煮てミキサーにかける、簡単なのにおいしい。」

「ライスコロッケは残りご飯でも出来ますか?」

ええ、温めてね、そうして熱いうちにつきつぶして下さいね

スイーツのソースはベリーなどでもいい

オリジナルのプディングを楽しんでね

次回は、リクエストをいただいていた

塩レモンを使ったお料理を予定しています

「出来たら、ガレットもやって下さい。」

2018-07-08 ダンディーケーキ

f:id:komori-mbcs:20180708190842j:image

いつもは早春の頃に焼くのだけれど

今日になっちゃった

甘夏や八朔で作ったマーマレードがたっぷり

それにカレンズもたっぷり

久々帰省した娘とテーブルを囲む

お土産のコーヒーを入れてくれる

「うん、おいしい。」

甘酸っぱいケーキがコクのあるコーヒーとよくあう

これできっぱり春とサヨナラ

梅雨も明け、夏へまっしぐら!

2018-07-07 マイポーチ

f:id:komori-mbcs:20180708193507j:imagef:id:komori-mbcs:20180708193433j:image

寒い時期、2月だったかしら

家族みんなで糸島に牡蠣狩りへ遊んだ帰り道

雑貨店にて可愛い端切れ布を見つけたの

多種の柄の中から

「私、これが好き!」

「私はこっちがいい!」

「じゃあ、ポーチにでも仕立てようか?」

と“TSUBAKI”の主である娘

そうして出来たオリジナルポーチです

やっぱりこれが好き、ほんとうにこれ、好き!!