Hatena::ブログ(Diary)

Fly me to the Juno! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008-02-09

海の向こうではOSGiに風がふいている

DZoneでもOSGiZoneが新たに開設されました。昨年末にOSGiのpresentationがJavaPoli2007というところで行われましたが、それがきっかけで開設されました。http://osgi.dzone.com/

ただいまOSGiZoneのリーダーは暫定でSebastien Arbogastさんがなっていますが、この方はOSGiがオープンソースアプリケーションサーバーに早く搭載されないかなという記事を書かれていてちょっとおぉとか思いました。たしかにTomcat 7にSpring-DMと適当なOSGiフレームワークが乗っかったらライブラリの取り回しとか楽になりそうだなと。Towards a mainstream Open Source OSGi application server? - DZone Java

またJava7にOSGiを組み込むべきというロビー活動があったので、ぼくも参加。ロビー活動と言ってもSun Developper NetworkにRFEとしてvoteしようって言うだけです。

Bug Database


マイコミジャーナルでもno titleとかno title取り上げられています。以前取り上げましたが、no titleが製品としてリリースされたら海外での熱はさらにたかまるでしょう。ほしいなぁ。海外発送はないので、アメリカに行けたら買ってくるんだけれども。

えーっと、OSGiって何ってもうちょっと突っ込んだ話はねーのかよって思われた方。書かせていただいた記事もリンクをさらしておきますね。(Disられましたが。)いじってみると面白いですよ。

[ThinkIT] 第1回:Javaはまだまだこれからだ! (1/3)

[ThinkIT] 第2回:OSGi仕様が実装されたEquinoxを試す! (1/3)

[ThinkIT] 第3回:体験!モジュールの動的な追加と削除 (1/3)

[Think IT] 第4回:Bundleの連携の制御の仕組みを理解しよう! (1/3)

[Think IT] 第5回:Javaはどこへ向かうのか? (1/3)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kompiro/20080209/1202542263
Connection: close