Hatena::ブログ(Diary)

Fly me to the Juno! このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-05-27

JUnitの実行結果をGrowlに通知するEclipse Plugin(2)

id:yamkazu氏とid:nobeans氏からの要望に答え、OKとFailureとErrorでNotificationを切り替えるようにしました。

http://kompiro.org/download/junit.extensions.eclipse.quick.mac.growl_0.2.0.201005272351.jar

にあげました。取り急ぎ。

2010-05-26

JUnitの実行結果をGrowlに通知するEclipse Plugin

作りました。

f:id:kompiro:20100526224514p:image

Quick JUnitシリーズになるかどうかは相談したいところなのですが、パッケージ等はそうなったらいいなと思ってそうつけました。

http://kompiro.org/download/junit.extensions.eclipse.quick.mac.growl_0.1.0.201005252224.jar

に置いておいたので、興味があればダウンロードして頂いて、dropinsフォルダにでも置いてみてください。

重要:動作が確認された環境

5/26 23:45追記

このバージョンはMac OSX 10.6でビルドしているネイティブライブラリが入っています。それ以外の環境では動きません。ごめんなしあ><

5/27 0:14追記

導入したらEclipseが立ち上がらない、と言う話もあったので、いったん公開を停止します。

5/27 1:06追記

32bit版のEclipseであれば動作します!

5/27 1:11追記

Eclipseが64bit版では動作しない事を確認しました。id:yamkazu氏とid:nobeans氏ありがとうございました!

2010-05-25

Growl Java api

cocoa-javaがdeprecatedなので、どこかに行ってしまったGrowl Java APIですが、snow leopardで利用するための記憶メモ。欠けている所はそのときそのとき修正しよう。

必要なもの

  1. このサイトからgrowl-java-0.1.tar.gzをダウンロード
  2. makeするためにXcode toolsからgcc4.2.pkg、DeveloperTools.pkg等をインストール(その辺りの流儀を分かっていない)
  3. gcc4.2のバイナリへのシンボリックリンクが貼れていないので張り直し(/usr/bin/g++ -> /usr/bin/g++-4.2)

やったこと

  1. Makefile内のヘッダーのインクルードパスを下記に変更
/Developer/SDKs/MacOSX10.5.sdk/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/A/Headers/

その他メモ

出来上がるlibgrowl.jnilibはライブラリのパスに追加し下記のように指定すればロードできる

System.loadLibrary("growl")