Hatena::ブログ(Diary)

Fly me to the Juno! このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-01-20

Eclipse Orionのためし方

Eclipse Orionのためすための手順はたった3つです。(あ、試す前にJavaインストールしておいてくださいね。)

  1. 0.2 M4のサイトからOrionサーバを起動したいプラットフォームのパッケージをダウンロードする。
  2. できるだけパスの短い適当なフォルダに展開する
  3. eclipse何チャラをダブルクリック

・・・これだけです。ソースコードが配布されているなんてもんじゃないです。実際多少ですが動くもんも公開されてました。

動かしてみると、サーバ内のワークスペースにあるファイルを編集できるのですが、色づけやら文法エラー解析やらはできてました。(日本語があると解析がうまくできていないようですが。)

パッケージの展開後のものを見ていたければ分かるように、Orionはサーバ側のテクノロジはEclipseプラットフォームをそのまま使ってます。EquinoxというOSGiコンテナ上にJettyHttpをサーブし、その上にOrionのアプリケーションが乗っかってると言う。e4はJavaScriptファーストクラス言語になりそうなので、だいぶいろいろ出来そうです。

ブラウザ上で動くIDEは正直デスクトップのIDEとはやっぱり利用用途が違う気がするんですが、こういう環境が整ってくるといろいろ妄想が膨らみますね。お試しを。