ネタ帳

兵庫県加古川市における小学生女児殺人事件

世田谷一家殺害事件

カテゴリ選択 >>>>  ニュース -  経済&科学 -  DTP関係 -  漫画制作 -  個人的な日記 -  お金 -  提案

2006年7月21日(金)

[]日経新聞社に火炎瓶

昨日、昭和天皇靖国神社へのA級戦犯合祀に不快感を持っていたとスクープで報じた日本経済新聞社ですが、本日2006年7月21日東京にある本社の夜間通用口付近で火炎瓶が割れていたということです。幸い火は付かなかった模様です。

[]昭和天皇A級戦犯靖国神社合祀に不快感を持っていた件について

A級戦犯靖国神社に合祀されて以来、天皇陛下靖国神社に参拝することはありませんでした。これについて、政教分離を定めた憲法や、政治的・社会的な問題から参拝できる状態ではなくなったとする意見がある一方、昭和天皇A級戦犯の合祀に批判的であったとする意見も通説でした。

さて、昭和天皇A級戦犯靖国神社参拝に不快感を持った理由について、報道Wikipediaなどの記事を見るに、次のような理由があったと考えます。▼一つは東京裁判日本政府が受け入れ天皇戦争責任が回避されていたこと。また東京裁判A級戦犯にされた一部の人に負い目を感じていたこと。▼昭和天皇平和主義者だったこと。▼A級戦犯として合祀された松岡洋右外相*1らが嫌いだったこと。

昭和天皇第二次世界大戦時の天皇だったということで、さぞや国粋主義的で強硬な思想の持ち主だとばかり思っていたのですが、辞典等を見てみると、どうやら平和主義的な思想を持ちリベラルな考え方の持ち主であったようです。昭和天皇崩御された際にNHKテレビ放送でしきりに崩御ニュースが流れていたことを覚えているのですが、当時幼稚園児だった自分は天皇陛下が何かを知る由もなく、台風以外に同様の報道体制が取られるのを見たことがなかったので、きっと台風通過並みの何かなんだろうな…と思ったものでした。その後、小学校歴史の授業で第二次世界大戦を始めたときの天皇と習い、中学高校と同様に学んで社会人に。天皇制についてはサブカルチャー的な方面から眺めていました。

天皇は時として右翼の象徴的存在として語られます。それには、天皇が1,000年以上「万世一系」を貫いた日本思想的な柱であるとともに、「君臨すれども統治せず」を原則として途絶えることなく日本の頂点として君臨してきた歴史があり、また幕末から第二次世界大戦にかけて国を動かす拠り所として保守派信仰の対象とされてきた歴史もあります。(今なお、天皇国家体制の中央に据えようと考えている人もいますが、そこまで傾倒するのは個人的に疑問です。)

靖国神社に祀られるということは、その尊重している天皇のために戦死し、天皇に慰霊してもらえるということですから、大変な栄誉であるわけですが、一部のA級戦犯靖国神社に祀ることについて、昭和天皇自身が不快感を持っていたことが明らかになりました。以前から、そのような感情を持っていたとは考えられていましたが、これほど決定的な資料が出てきたのはこれが初めてです。

A級戦犯A級戦犯の遺族の人にとっては寝耳に水だと思いますし、天皇陛下の意志をくんだ上で靖国神社においては対応を検討するべきでしょう。個人の信条や宗教上の問題であると思うので、政治問題化するのは間違っていると思いますが、現在与党自由民主党天皇神道靖国神社への接し方に特別なスタンスを持っている以上、政治問題化は避けられないと思います。

…個人的に一番思ったのは、天皇陛下平和主義者で自由な考え方を持った人だと知り、嬉しい気持ちになりました。

[]A級戦犯にまつわる政府靖国神社の対応について

靖国神社スタンスは以前から一貫しており、東京裁判は無効でA級戦犯などというものは最初から存在しないというものです。(もちろん大東亜戦争第二次世界大戦》は平和のための戦争で、日本は悪くないという考えです。)ですから、A級戦犯の合祀は当然ですし、宗教上の理由から一度祀ってしまったら分けて祀ることはできず、いわゆる『分祀』は不可能であるとする見解を発表しています。宗教上の理由で「分祀」はできないとしても、表向き名前を出さないようにするだけでも社会的な反応はだいぶ違うと思うのですが…、そこら変は、考え方の問題なのでこれ以上は触れません。以前は国の施設だった靖国神社も、現在では一宗教法人であり、国の機関に戻そうとする意見も以前はありましたが現在では現実的ではありません。一部では国の力で「分祀」させようという意見もあるようですが、これも現実的ではないと考えています。天皇陛下が参拝できるように靖国神社環境を変えるか、現在スタンスを固持し社会にアプローチして社会環境を変えるか、靖国神社自身の考え次第だと思います。

一方政治側は混乱しています。現在連立与党を組んでいる自民党公明党です。公明党は支持母体が創価学会ですが、これは仏教の法華教系の新宗教です。基本的には神道とは相容れない存在で、戦没者の慰霊は靖国神社ではなく国立追悼施設を新たに作るべきだと主張しています。一方自民党内には天皇神道を強く支持している人がおり、靖国神社を強く押している財団法人日本遺族会会長である古賀誠衆議院議員副会長尾辻秀久参議院議員自民党議員です。遺族会宗教組織ではないので、国立追悼施設でも問題ないように思うのですが、第二次世界大戦中に天皇陛下が強く讃えられていた影響か、このような声明まで出しています。(新しい追悼施設ができたとしても、それは靖国神社存在を否定する物にはならないと思うのですが…どうなのでしょう。)

声明「国立戦没者追悼施設」の建設反対について

日本遺族会は、靖国神社今日日本において全戦没者を追悼する唯一の施設であり、国民の多数もそう認識していると信じており、将来もそうあるべきだと考える。戦没者遺族の大多数は肉親の死を看取ることなく、遺骨すらも受領していないが、遺族はその御霊が靖国神社にあることを信じて今日まで慰霊追悼を行ってきた。

仮に「無宗教戦没者を追悼する施設」が新たに出来たとしても、こうした戦没者遺族の心情が変わるものではない。

国民が国のために戦没された人々を慰霊追悼することは当然のことであり、また、人間として自然な行為であるが、新たに建設しようとする施設が「内外の人々がわだかまりなく追悼の誠を捧げることのできる施設」を目指すのであれば、少なくとも全国の戦没者遺族はこの建設に反対しており、わだかまりのある施設となり、日本の将来に大きな禍根を残すことは間違いない。

よって、日本遺族会戦没者遺族の心情を逆撫でするとともに、靖国神社存在を形骸化する「無宗教国立戦没者を追悼する施設」の建設を絶対に認めることは出来ない。

財団法人 日本遺族会

会長 古賀 誠

逆に自民党内には、天皇神道に特別な思い入れを持っていない人や、A級戦犯靖国神社への合祀について批判的な立場を取っている人もいます(日本遺族会古賀会長分祀に必ずしも否定的ではない)。報道では山崎拓自民党副総裁や加藤紘一自民党幹事長などが分祀について肯定的な発言をしているということです。

…とまぁ、こんな状況ですが、個人的な意見を。靖国神社は一宗教法人である以上、首相は公式に参拝することはできません。A級戦犯問題に触れるまでもなく、国として追悼するための施設が、やはり必要なのではないでしょうか。それによって靖国神社存在が否定されるとは思いませんし、首相なども私的に参拝されればよいのではないかと思います。A級戦犯の分祀については必要ないと思います。ただ、A級戦犯が合祀されていると天皇陛下が参拝することができないというのであれば、戦没者や遺族の気持ちも考えて分祀も検討すべきではないでしょうか。…最後に。靖国神社参拝を巡って、小泉総理大臣煽りすぎたと思います。日中関係は悪化し、経済界からは靖国神社参拝を止めるよう求める声が公然と上がる一方、中国韓国に屈するのかという意見も出ています。自民党内でも大きな動きが起きており、福田康夫官房長官私的懇談会が新たな追悼施設について提案すれば、靖国神社に変わる施設はあり得ないという声が上がっています。改めて考えると「自民党をぶっ壊す」と言って総理大臣に就任し、皇室典範の改正にも意欲的だった小泉総理のことです。後の政治家靖国神社を参拝しにくくし、A級戦犯分祀させ、新たな追悼施設を作るのが目的だったのではないでしょうか(それは勘ぐりすぎだろう)。

[]富田メモに対するブログでの反応

ぷちナショナリズム天皇抜きの靖国派が増えているな…という印象。ネット右翼ネット保守も増えていますし、こんなものでしょうか。概ね方向性が見えてきたので、まとめてみます。

今回の問題を複雑にしているのは、A級戦犯云々ではなく、首相靖国参拝フォーカスがあっているということです。中国韓国が「A級戦犯が祀られている靖国神社首相が参拝することは軍国主義を美化するものだ」として批判していることが外交問題化していますが、最近保守層東京裁判は無効な裁判でありA級戦犯は、そもそも存在しないというスタンスを取ってきました。仮にA級戦犯の分祀を認めることになれば、東京裁判を認めることになり、ひいては中国韓国の主張をも認めることになりかねません。今回の件で言えば、靖国神社は端的に言って天皇戦没者のための神社でありますから、天皇A級戦犯は祀るべきではないと考えていたなら、戦没者遺族や神社側なども祀らなくてもいいかな…という方向に流れてよさそうなものです。小泉純一郎首相A級戦犯のために靖国神社に参拝するのではないと言っていますし、日本政府東京裁判の結果(A級戦犯などの判決)を受け入れています。しかし、A級戦犯を認めないとする最近保守層スタンスに加えて、一部の保守層では天皇を崇拝しない動きが見られます。つまり、首相靖国神社参拝に中国韓国の意向に反、独自の立場を貫く姿勢が格好いい…というイメージを持っているわけです。

A級戦犯の分祀については、A級戦犯はないとする意見や、靖国神社の「分祀は不可能」という主張を紹介しているブログがある一方、一部のA級戦犯は祀られるべきではないとする意見A級戦犯自体は祀らなくてよいのではないかとする意見がありました。A級戦犯に対し、特別な思い入れがある人は、それほど多くないように見えました。意見がまとまる頃には、靖国神社の判断や、政治的な判断もされることでしょう。

東京裁判極東国際軍事裁判)が問題のある裁判だったことは否定しませんし、中国韓国におもねる必要も無いとは思いますが、まともな議論を避ける風潮は、いかがなものかと。保守思想の高まりが小泉さんと一緒に消えてしまいそう。

[]定期預金の金利普通預金より低い件について

ソニー銀行に口座を持っているのですが、今月初めに申し込んだ定期預金の金利が0.159%なのに対し、普通預金の金利が0.200%となっています。(ちなみに、今定期預金を解約してから申し込み直すと金利が0.254%になります。)…なんか、解約した方が得じゃないですか?どうなんでしょう。

*1:結果的に日米開戦を決定づけた

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/komutai/20060721
Connection: close