Hatena::ブログ(Diary)

赤・黒・黄色のひとりごと このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2005-08-12

[]東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜


買ってからしばらくそのままにしていたのだが、先日一気に読破。いやあ、ヤラレました。東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜。泣いた、泣いた・・・天才リリー氏の最高傑作といっても過言ではない、いや、21世紀の日本文学を代表する名作、なんじゃないか。


東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~


kajkenさんのリリーさん評、全面的に同感です。リリー氏の「人に対する優しいまなざし」、この作品ではもちろんその対象は彼の家族が中心になってますが、淡々とした語り口の中にビシビシと痛いほどに感じます。いや、会社の行き帰りの電車の中で読んでたのですが、2年前の自分の体験とリンクしてきて、公衆の面前にもかかわらず涙が溢れてきました(笑)。これから読まれる方は、家の中で読むことをオススメします(笑)。


こちらは映画ではありますが(原作もあるけど)、火垂るの墓ニュー・シネマ・パラダイスと並んで《自分的泣かずにいられない御三家》だな。


火垂るの墓


ニュー・シネマ・パラダイス


【追記】ニュー・シネマ・パラダイスは、「完全オリジナル版」ではなく、「劇場公開版」の方が個人的には好きです。

kajkenkajken 2005/08/15 14:06 ついに読みましたか!「ここまで泣かすか」って感じですよね。しかもこの本、100万部いくんじゃないかってぐらい、売れ行きも良いみたいですよ。
あと、僕もNCPは「劇場公開版の方が好き」派です。

kon-konkon-kon 2005/08/15 18:17 さっそく嫁さんに勧めたところ、嫁さんも号泣。この作品を読んで泣かない人を見てみたいものです。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kon-kon/20050812/p1