Hatena::ブログ(Diary)

kondouraな時間salvage

2013-05-15

黒石祭り続き

ヤード部分では入れ替え遊びができます。今はベニヤ平原ですが

様子を動画にしてみました。ただ一人遊びなので操作がぎこちないのはゴメンナサイです。

D


f:id:kondoura:20130517152559j:image

f:id:kondoura:20130517152553j:image

f:id:kondoura:20130517152550j:image

2013-05-12

黒石祭り

ブラックストーン車輌の整理ついでに走行テストを・・・・。

先日作ったヤード部分を組み込んで自宅では初めてエンドレスにしてみました。

走らせると案の定アチコチでガツンガツン。黒石の車輌では、カプラーピンやエアホースが路面より下まで

たれさがっている車輌がけっこうあるんです。

(客車などはほぼ100%)


f:id:kondoura:20130512155612j:image

f:id:kondoura:20130512172924j:image

客車1両以外、全て黒石車。

問題なく走るって幸せです。

(脱線とか集電不良とか不動とかスローがきかないとか・・・)



f:id:kondoura:20130514162324j:image

f:id:kondoura:20130514162322j:image

f:id:kondoura:20130523190522j:image

汚れた編成につやつや機関車はご愛嬌てなことで・・・


モジュールでいつも注意しているのは両端部分の表現、舞台袖ですね。

走行車両を待っていると舞台袖カーブから現れるです。いかにもその向こうが存在するかの錯覚です。

下電や12mmでは家屋の間から現れるなどにしてます。

軽便モジュールで一度作ったトンネル・・の失敗は二度とおこさないようにしつつ・・・。教訓です。


f:id:kondoura:20130523203916j:image

f:id:kondoura:20130514162321j:image

f:id:kondoura:20130523190744j:image

f:id:kondoura:20130523191018j:image

唯一のブラス車輌は機関車次位の合造車、No212。

PSC製ですが、黒石客車より腰高。台車もよろしくなかったので交換したり

ボルスター台削ったりして揃えました。色が微妙に明るいグリーンでしたので

汚して揃えて、なんとか違和感なくして編成にしてます。

レタリングが揃ってないのですが気にしない気にしないで(塗装やりなおしなんて気持ち的に無理・・・)


ちらっとですが動画も。アングルも同じ、おざなりに撮っているので傾いてますが・・・・

D

2013-04-27

ちょいやりすぎ

続きでブラックストーンボックスカーで遊んでみました。有蓋車ですね。

縦はめ板タイプです。日本では冷蔵車に似たようなのがあったようです(見た記憶無いので・・・)。

工作は同じでガリガリ→ペタペタ→シュッシュッですが、腹八分目以下と心がけつつでした。

f:id:kondoura:20130427174949j:image



未加工品(メーカーウエザード)との並びです。

台車は抜いてしまってます。

f:id:kondoura:20130427205933j:image



どうせなので、保有車輌の台車だけ一気に汚してしまいました。

ストックカー、ボックスカーハイサイドゴンドラ、フラットカー分です。

いさみやプライマーを筆塗り(路面は避けて)してからエアブラシです。

乾いた後、路面を磨き出し中。

f:id:kondoura:20130427174951j:image



屋根上をちょっとやりすぎ・・・で、

使った塗料のフラットベースがきつかったかな・・・です。

f:id:kondoura:20130427174952j:image

なんとなくコツが解ってきたかも・・・・・

2013-04-26 やりすぎ

やりすぎ

ストックカー。牛さん羊さんなどを運ぶ家畜車ですね。

季節により家畜の大移動があるそうで、ピークには長〜い編成に数台の機関車がピストン輸送するそうです。

ブラックストーンでも出てまして、ダブルデッキ(羊さん)10台所有しております。(走らせて遊ぶのにはこれくらいが丁度よいです)

f:id:kondoura:20130426123548j:image



目の前にころがってたコレをちょっといじくってしまいました。

ハンドツール(ドリメル)でガリガリ・・・、アクリル塗料でペタペタ・・・・、最後にシュッ、シュッ・・・。

(ちなみに削るはcjmさんから教えていただきました!)

夜、なんとなく無意識に遊んでましたが。。。。。

明けて朝見てみますと・・・・まっちろ!、ボロボロ!!

未施工製品と並びが↓

f:id:kondoura:20130426123549j:image



いけません、いつものやり過ぎクセが発症してしまいました・・・・。

これでは休車、もしくは引退した放置車状態です。

引き戸が傾いているのは未だ固定してないので後々修正。

f:id:kondoura:20130426123552j:image

f:id:kondoura:20130426123551j:image

f:id:kondoura:20130426123550j:image




しかも____、はじめに加工した反対面はもっと酷い・・・・

f:id:kondoura:20130426123553j:image



実物の現役時画像はこちらで見れます。

http://cdm15330.contentdm.oclc.org/cdm/singleitem/collection/p15330coll22/id/47347/rec/11

普通にキレイです。

今回はお試し〜な加工であった・・・でオチにしちゃいます〜!

(細かい部品の色差しもしてませんですし・・・)

まあ、同じナンバー車が3台も有りますので、これだけ判別出来なければ並んでも気付かないでしょ〜!

チャンチャン。

2013-03-26

黒石接合会

先週の土曜日に有志による接合会をおこないました。

今回作ったヤードなどの確認でもあり、僕自身はまったく記録の余裕無しでしたがcjmさんがつぶやいてくれた

画像をこちらにお借りしてみました。

解説もそのまんまでペタペタと貼ってまいります!





f:id:kondoura:20130326091320j:image

モジュール設営中のようす


f:id:kondoura:20130326091319j:image

設営概ね終了の図。手前にはアナログ用の運転場も用意。


f:id:kondoura:20130326091318j:image

M村さんの交換駅モジュールを通過するK-27+ストックカーの編成。


f:id:kondoura:20130326091317j:image

川沿いを激走?するグリーン・ボイラー仕様のK-27・#463(Blackstone)


f:id:kondoura:20130326091316j:image

同じく川沿いをゆく5番グース


f:id:kondoura:20130326091315j:image

ゲストのM代さんが持ち込まれたK-37。サウンドデコーダ搭載済。汚しがすばらしい。


f:id:kondoura:20130326091822j:image

M村さんの#50先頭の列車。2軸のDLながらサウンド化。


f:id:kondoura:20130326091821j:image

手前はM上さんちの#347、奥はおいら(cjm氏)の未塗K-27+San Juan編成。


f:id:kondoura:20130326092029j:image

K-27、コンデンサ組込と集電対策のブラッシュアップで今回は至極快調に走ってくれました。あとは前ライト配線と塗装…

(後ろのサフェ車はM上さん製作中の12mm京王電車)


f:id:kondoura:20130326092028j:image

穴熊さんの、Silver Vistaを交えた“蜂”編成。


f:id:kondoura:20130326092329j:image

コロラドだけでなくロギング物も乱入。U太さんのWSLCOの3トラックシェイ。この日にあわせてDCC化。


f:id:kondoura:20130326092328j:image

2番グース並び。左はSがさん所蔵のオジサマ製、右は例のスプリングベルト駆動(w)のバルボア。


f:id:kondoura:20130326092327j:image

Sがさんがお持ちのC&S#74。給水ハッチ周りの汚しに目を奪われる。


f:id:kondoura:20130326092326j:image

よったん氏のギヤードロコ軍団。すべて10.5mmです。


f:id:kondoura:20130326092323j:image

U太さんのハイスラー。30ン年前のスクラッチ品!

※追記 82年9月号のトレインに掲載されているのを発見しました(kondoura)。

f:id:kondoura:20130330200335j:image



f:id:kondoura:20130326092819j:image

M下さん作のホッパーセクション。建物の内部も抜かりなく。


f:id:kondoura:20130326092817j:image

今回のゲスト作品の白眉は、なんといってもこのRGSの#455。今を去ること32年前のとれいん誌を飾った作品だが、モディファイとフィニッシュの素晴らしさは今もなお色褪せず。


f:id:kondoura:20130326092816j:image

トリはK-37の雄姿をもういちど。


f:id:kondoura:20130326092814j:image

撤収のようす





課題タップリ確認できましたが、音出て運転楽しかった〜!

遊びにいらしていただきました皆さん、ありがとうございました!

(ほとんどお話できてないかも・・・。ごはんもタバコも補給してない時間でした)

2013-03-18

日曜大工

週末の工作は足作りでした。

木曽モジュールなどでは高さ200mm用の足を使って上下方向に立体感有る情景作りをしてました。

今回作っているリオグランデ系はさらに深く250mm用足(レール面まではプラス80mm)。

それを会議机上で接合するのがいつものパターンでした、

昨年末に3台のモジュール自立用に足を準備しましたので、今回作った運転ボードにも

同じく足を作ることに。

一日がかりで16脚。カンタン軽量のためすべてシナベニア板からの切り出し材利用です。

f:id:kondoura:20130318221047j:image


構造自体は工夫もない単純タイプです。

カットはホームセンターにおまかせなので組み上げだけですが、さすがに数がしんどかったです。

仮組みしてみますと一応使えるみたいです。が、タスキ補強しないとフラフラ。

そのかわり持ち運び対応の軽量コンパクトは計画通りです。

なりゆきとはいえ、運転ボード、レール面が床から1030mmとなるとまるで空中回廊。

小学生には見れない高さ・・・ですが、HOn3は大人のゲージでしょうから良しにしときませう。

2013-02-16

ポイントマシンが・・

すべてのポイントをDCC化完了。

で、とりあえず第一期完成しましたので確認しながら収納することにしました。

確認・・・とは、コントローラーの指示どおりの方向に切り替わっているか(を、まだ見てませんでした)。

マシンへの極性は後回しにしていました。

そうしましたら・・・・、突然1台のマシンが変な動きを・・・・。

アレコレ調査してましたがどうやらモーター自体がおかしい。しかもしまいにはまったく動かなくなってしまいました。

あ〜・・・、マシン取り外して銀座に持っていけば交換してくれるかもですが・・、なんだか面倒なので自分で直そうかな・・・と。

で、フタを開けると・・・↓

f:id:kondoura:20130216214242j:image


軸に巻き込んでます。タコ糸か!

こんなエラー初めてです。そりゃ動かないわけだ。

近くの模型屋さんで同じ形のモーター買えば良いのかな?

余っているマシマモーターを使ってみようかな・・・・。



またハードディスクに眠ってた画像をペタペタと。

以前TMS向けに撮影した画像です。ブログタイトルのと同じシリーズですね。

f:id:kondoura:20130216215336j:image

f:id:kondoura:20130216215331j:image

f:id:kondoura:20130216215327j:image

f:id:kondoura:20130216215322j:image

f:id:kondoura:20130216215317j:image

f:id:kondoura:20130216220036j:image

↑このシーンが見たくて作ったモジュールでした。

この画像の基はこんな感じで撮影してます。

f:id:kondoura:20130216215315j:image



↓軽便祭での記録動画はこちら。

5分40秒ごろに出てきます。

D


追記〜みのるさんの乗ったの、これかにゃ〜

松本駅で多分同じ昭和56(1981)年ですが夏かと。

大糸線の旧国が引退した後で残念でした。

でも荷物車関係は遠くて見えない・・・

f:id:kondoura:20130217172320j:image