Hatena::ブログ(Diary)

konisimple log RSSフィード

はてなブログに移転しました!

2010年10月13日

顔認識できるウェブAPI,detectface();を使ってみた

完成品がこれです→

顔認識できるウェブAPI,detectface();を使ってみる - konisimple


顔認識っていうと、その実現にはとても面倒な作業が要るんですが、今回それを超お手軽にできてしまうウェブAPIを発見したので使ってみました。

detectFace(); - 顔認識Webサービス


なんとこれ、REST引数で顔認識したいURL渡すと顔認識の結果の座標がxmlで返ってくるという超お手軽API

登録すら不要です。


でどうせなら顔認識した画像に点を打ちたかったので、HTML5canvas使ってみました!一回使ってみたかったんですよねw

さらに画像探してURLコピペするのも面倒なのでPicasaから簡単に検索して画像のURLも入れられるようにしてみました。なんという親切設計。

前回のコードの流用ですが。


でこれが意外とレスポンスも速くてちゃんとした結果、返してくれるんですよ。

うまくいくとこんな感じで50個の特徴点と目の座標と顔のおおよその位置を矩形で返してくれます。下のはそれをプロットしたものです。

f:id:konisimple:20101014011016p:image

複数でもいけます。

f:id:konisimple:20101014011014p:image

上の数字はAPIから返ってきた「自信度」です。高いほど自信ありらしいです。

こーゆーの作るのってなんて楽しいだろう!

2010年10月09日

Picasaの画像検索apiを使ってみた!

Picasa画像検索(Ajax版) - konisimple

erockrは今flickrからの画像のみだけど、picasaからの画像も追加を検討するのに、APIからどのくらい画像が取れるのかテストするために作った。

Picasaも単なる画像を積極的に保存する場所なので単なる画像検索よりクオリティが高い。

すぐ出来た。JSONPAPIだとjQueryで処理が完結するから楽や。

結論としてはPicasaもかなり大量の画像がヒットする!でもこれは、Picasaのほうが量が多いってことじゃなくて、Googleの方が日本語の処理がうまいせいな気がする。例えばGoogleは"uetoaya"で検索してもちゃんと"上戸彩"の画像を表示してくれるけど、flickrはそんなことない(と思う)。

2010年10月04日

早稲田大学の学籍番号のチェックディジットを求めるページに計算式を掲載するようにしました

早稲田大学の学籍番号のチェックディジット計算機 - konisimpleですが、途中式も表示するようにしてみました。

それから一応人科の2010年度生の学籍番号何件かで試してみたところ大丈夫だったのですが、もし違ってたら教えてください!

2010年06月20日

PHPのPEAR:HTTP_OAuthを利用して、twitterにoauthでログインしてみるテスト

twitterにoauthでログインしてみる - konisimple

勉強がてら、PHPのPEAR:HTTP_OAuthを利用して、twitterにoauthでログインしてみるテストのページを作ってみました。


昨日入れたブラウザベースのpear管理アプリがとても便利ですね。

ブラウザ上だけど新たなPEARライブラリ追加が超簡単!

実は一回本当に0からOAuthのコード書こうとしたんですが、signatureがやっかいで挫折しちゃったんですよね。

これからはほいほいライブラリとか使おうと思いましたw

参考

HTTP_OAuthを利用してTwitterのOAuth認証を行う @ php-tips

Yahoo!デベロッパーネットワーク - OAuth - フロー