根性練太郎_Attack into Unkown World

2018_04_27_Fri

Avengers Infinity War アベンジャーズ インフィニティウォー 観てきたよ

f:id:konjoren-taro:20180505120106j:image



AoUより良かったなあ。

すごかった。


  • 続編が1年後にある途中のフェーズ
  • 10年かけて伏線を張った後のサノスの登場
  • 善悪でなく、信念の違い

という点で、これは結構名作なのでは…。

D

2018_04_14_Sat

パシフィックリムアップライジング観てきたよ

本当は公開初日に観たかったけど、休みの日になっちゃった。

朝、元上司と皇居を2周走り、その後替えのランニングシャツに着替え、急いで新宿へ。

f:id:konjoren-taro:20180429120213j:image


ポップコーン、溶かしバター入れてもらうんだけどもう少し下まで混ざらないかなあ…。


第一作はギレルモ監督の熱というか想いというのが強く、色んな描写もある程度は目をつぶれたのだが、今回はなんつーかもう少し…。

楽しかったけどね。

逆にマニアックな描写が減っていたなあ。

技とかさ、起動させるときの引っ張り方とかさ。

個々のストーリーとかさ。


難しい中で第三部へつなげていく、その過程だなとも思ったのだが、色々雑だったぞ!


D

2018_03_01_Thu

ブラックパンサー観てきたよ

午前中は会社で事業者の打ち合わせ。

昼から移動して、現場での見学会。


専門学校の校舎を賃貸に再生した現場。

野良犬のケンチク彷徨記: 「(仮称)富士見2丁目ビルリファイニング工事」完成見学会


天気も良かったし、白い外壁が映えるよね。


その後再開発コーディネーター協会へ行き、面接。

やれたのか委員会みたいな感じの面接だった。

前に3人いてさ。


面接が終わって、再び見学会現場へ。

現地の人と色々話をして新宿へ。






D


ナメてたよ。

すごかった。



何が良かったってアフリカの桃源郷的なイメージや民族音楽的なリズムを大事にしつつ「近未来」「科学」「夜」「星空」みたいな都会的な喧騒を織り交ぜて最高にオシャレな映画を観ている気持ちにどっぷり浸れるところだった。


ちょっと疲れ吹っ飛ぶよね。


映画館出たらブラックパンサーいたんだけど、



f:id:konjoren-taro:20180317101230j:image



華奢だよ!!

2018_02_26_Mon

体系化がひとつの結論を向かえた(発言しない人はいないのと同じ、というようなやつ)

みんなの良い意見を集めても魅力的な企画にはならない。優れた企画は、たいてい誰かの個人作品である。

14個の身も蓋もない仕事の法則 - 分裂勘違い君劇場より

体系化とか、みんなでやる、とか後輩にもわかりやすいように、みたいなことばっかり考えていて、それは今も同じだし、公募手続きに向かってコンソーシアムを組んでいく過程でもそればっかり強く思っていたのに、結局こんな結論になってきた。

なんなんだろうね。




当事者意識がぶつかったとき、良い相乗効果と良い結果が生まれることがわかった。

それ以外は、「ただ会議に出ている人」なわけで、じゃあそれをつぶしていかないといけないってことなんだよね。

で、これは誰の仕事なの?どういう人が得意なの?

そう思って本屋に行ったけど、「会議をうまく進めるには」みたいなファシリテーターの話ばっかり。

そうじゃないんだよな。

当事者意識を持っても、持ってない人を置き去りにしちゃいけないわけで、そういう引っ張り方ができるかどうかが知りたいんだよね。



今は「自分がもし引き継ぎをしなければならないとき(極論、死んだとき)に次の人が迷わないようにすること」が目標になっている。


こういうのを、大組織じゃできないとか、起業したらできるようになったとか言う人もいるけどそれも違うと思う。

名刺2枚出す人とかなんなの。

今までのやり方に敬意を払わない人とかなんなの。

「今までのやり方はもう通用しない」とかこれからの時代のやり方を語る人とかなんなの。

会社の看板には、その会社の歴史分のほこりとか重荷とかが詰まってるわけで、結局その「重たい看板」をぶんぶん振り回して戦っていかないといけないんだよなーと、もうここまできちゃったらそう思うわけです。



よくわかんないが、とにかく気分の悪い時間帯を過ごしている。

2018_02_03_Sat

今の時点での考えのまとめ

個人営業と法人営業という分け方がある

どっちが難しいとか、どっちが花形だとか言われるけど、そういうのはナンセンスで、それぞれ比較にならない特性がある。

1対1での営業と、1対多数の営業と、多数対多数の営業がある

関わる人数が多くなればなるほど複雑になっていく。

当社の場合は1対1が多いのだが、多数対多数っていうのがやばい。

連合軍が何故強いのか

頭数が揃って、それぞれの戦力の総和だからだと思っていた。

全く違った。

それぞれの戦力を活かすも殺すも、先導者次第である。

対話というプロセスと、意思決定というプロセスは違う

まとめていくには対話が必要。

しかし、方針を出す為には意思決定が必要。

法人の場合だとこちらも相手方も意思決定が複雑になる。

時間、スピード感、担当者のポジションによる。

なるべく意思決定に近い人間を引っ張り出すのが鉄則だと感じている。

担当者同士の調整が必要な場合

準備とか、作業とか。

これも意思決定できるかどうかを気をつけてメンバーを選ばなければならない。

様々なフェーズの共通点

相手にやらせる、ということ。

これは作業を完遂させることではなく、決めさせる、ということ。

だから、対話が始まり、意思決定のフェーズまで行って、初めて交渉が成立する。


今悩んでいたこと

  1. 社内での調整→俺の影響力がないから
  2. 大勢の会議での意思決定→めんどくさい企業が入っているかどうか。これぞ企業の相性。
  3. 作業に落とし込んだとき、戻りがないか→全体で決めるタイミングで、違う話題を決めていた可能性がある。

気づいたこと

プロセスと必要なことを洗い出したら、工数が確認できるかもしれない。

時間がないのは、時間を考えていなかったからだ。

2018_01_29_Mon

出生届出したった

「しゅっしょう」届けなのね。

手書きで申請するときに娘の名前を書いて、書面として印字されて出てきて、「おお、おお」と感慨深い声を出してしまった。

そういうもんなんだなあ。


ちなみに新宿区役所、1階の住民票とか戸籍とかの関係のところって半分は外国人なのね・・・さすが歌舞伎町


同時に児童手当制度や医療費助成制度なども申請し、住民票も取得して1時間くらいでおしまい。

隣にHUBがあったのでとりあえずビールで祝杯挙げたよ。


今実感しているのは、「こんなにおむつ消費しまくるのか・・・」ということ。

やばいよね。

2018_01_25_Thu

結婚記念日

丸三年立ちました。

先週家族が増えて、感慨深い結婚記念日となった。



こんな寒い日だからこそ銭湯行ったよ。

低周波風呂で足攣った。

痛い。

2018_01_17_Wed

1/17(水)、娘が生まれたこと

少し後になってから書いているが、1/17(水)に娘ができた。

前日から陣痛は既に始まっており、当日朝7時半に駆けつけた際には痛みがどんどん増している真っ最中。

ずっと腰をさすっていたが、本当に辛そうだった。

お昼に痛みはピークになり、もうやばいとのこと。

そこから助産師さんを呼んで、お産の準備。

そこからは30分ほどで無事出産。


午前中は3分おきくらいに来る痛みで辛そうな妻を介助し、そのままお産に入ってから猛スピードだったので、気付けば殆ど無心で出産を迎えた。

感傷的になったり不安になったりする時間は1ミリもなく、とにかく、その時間に出てきた。

母子ともに健康で、妻も本当によく頑張ってくれて、子宮口が全開したと助産師さんから告げられたとき急いで義母に連絡をとり、その時点で泣いてしまっていた。

あの喧騒というか、分娩室に5人も6人もつめてみんなでお産をしているあの時間はもう遠くで聞こえる音楽みたいにイメージだけが残ってしまっていて、なんかその時の写真を振り返ると少し緊張する。

ちょっとしばらく見れない。



妻の友人が安産祈願にと書をしたためてくれて、それが良かったんだと思う。

言葉の力、人の応援の力、祈る力てすごいなと思った。


f:id:konjoren-taro:20180124150402j:image

f:id:konjoren-taro:20180124150359j:image

こんなの書いてくれる友人、なかなかいないよね・・・。



というわけで家族が増えました。

心配してくださったり駆けつけてくださったりした方には、個別に御礼に参ります。

2018_01_14_Sun

銭湯と俺


f:id:konjoren-taro:20180114213410j:image

f:id:konjoren-taro:20180114213402j:image

行きつけの銭湯が今日で閉店を迎えた


年に100回以上通っている銭湯「松の湯」が今日で閉店となった。

年末に突然張り紙が張ってあり、内容を読んだら1月14日で閉店するとのこと。

びっくりして番頭のご主人に訊いたところ、


「老朽化が激しく、いつ何があるか分からず、維持もできなくなってきたので店をたたんで解体する」


とのこと。

東京には銭湯が数多くあるが、老朽化に伴いどんどん閉店していく。

個人的には、仕事から疲れて帰ってきて体も頭もリセットする場として非常に大事な場所だった。

誰か知り合いができたというわけでもないが、行けば顔見知りの人ばかりで、ほっとする小一時間だった。

近所にはこの山吹町松の湯以外にもいくつか銭湯がある。

山吹町松の湯

中里町金成湯

鶴巻町鶴巻湯

改代町竹の湯

西早稲田松の湯

神楽坂第三玉の湯


これだけあるが、山吹町松の湯は家から一番近く、結婚して引っ越してから一番お世話になった。

残念でならない。


銭湯が閉店すると、おそらくは更地になってしばらく駐車場になるか、そのうちマンションにでもなるのだろう。

自分の会社の仕事にもなるかもしれないが、本当は銭湯を残して街の空気感を維持していくのも自分たちの仕事ではないか、或いは、それはただのノスタルジーでしかないのではないか、などと色々考え込んでしまう。

とにかく寂しい出来事であった。


明日は神楽坂の銭湯にとりあえず行こうかなあ。

2018_01_11_Thu

妻が入院したのでいよいよだなあと感じる。


昨日連絡があり、定期診察行ったら血圧が高いのでもう入院して準備しましょうとのこと。

そのまま入院だった。

たまたま一昨日入院の荷物の準備をしていたのだが、準備をするとそういうことになるのかな。

こちらは終日出張をしており、「まだ来なくていいよ」と言われつつ物理的に距離が離れたところにいるとそわそわするもんだなと実感した。

というか、週初めに里帰りされてその後久々の一人暮らしを味わったが、これが寂しいのなんの。

そんなもんなんだね。



実際出産は週明けになるらしいのだが、今日は会社を切り上げてお見舞いに行こうと思っている。

2018_01_08_Mon

里帰りの準備をする

今日の夜から妻は里帰り。

といっても都内だし、車で30分くらいの距離なのでいわゆる世間一般の里帰りとは随分意味が違うとは思っている。

この機会に色々なものを捨て、ほとんど引越しのような感覚で妻は準備をしており、「もうここに戻ってくることはない(引っ越すからね)」と感傷的になってたりするので温度差を埋められずごめんなさい。


予定日が19日なので、いよいよ現実味を帯びてきている。

早まったことを考えると、とりあえず俺がいなくても妻の母親が一緒にいることだけは一安心。

あとは11日が終日出張なので、そこは避けて欲しいが・・・。


なんとも落ち着かない日々が始まる。

俺の三年ぶりの一人暮らしも。


とりあえず、昨年12/23から始めた禁酒はまだ続いている。

2018_01_07_Sun

出産を控えて、家の中を片付けている。

妻が里帰りをする予定で、そのまま引っ越すかも知れない(というかたぶん引っ越すよね)、という話になり、年末年始から家の中を片付け始めている。

捨てるものばっかり。



共働きって実際、


家事がだいぶ疎かになることがわかった。

というかその時はそう感じていないんだけど、妻が産休に入り、家にいる時間が増え、また今回のように片付けをすると、よっぽど何もしていないんだなあって思った。

増えるゴミ、2ヶ月以上使わないもの、着ない服、もらったままのもの、ホコリ、その他色々。


その場で使うかどうか迷ってとっとくものって、結局使わないよね。

いらない本をブックオフに売って、いつもの何倍もゴミを出して、スッキリしてきた。

データの断捨離も待っている。


ちなみに予定日を約2週間後に控えた妻は検診の結果、

「生まれる気配ゼロ」と言われて帰ってきた。



今日は夫婦で一風堂行ったよ。

f:id:konjoren-taro:20180107143140j:image

f:id:konjoren-taro:20180107143118j:image

2017_12_30_Sat

今年あったこと

2017年に気づいたこと、やったことをメモ。

中華料理が大好きになった


もともとは嫌いじゃなかったけどあまり積極的に行かなかったんだよね。

昼ご飯で会社の人が中華食べに行くのとか理解できなかった。

満腹で午後寝ちゃうし。


けど会社帰りに一人で定食食べて帰ることなんかがあって、強烈に美味いことが判明。

会社から歩いて帰るときとか、歌舞伎町の奥の中華料理屋で一人で食って帰っている。

家の近くの中華料理屋もめちゃめちゃうまい。

チャーハンとかじゃなく、炒め物とか肉野菜とか、そういうやつ。


フルマラソンは2本走った。

通算何本走ったか忘れた。

今度数えてみよう。


距離富山マラソン大田原マラソン
5km25:2325:24
10KM24:2524:12
15km24:5124:31
20km25:3024:32
25km25:0324:35
30km25:0124:20
35km25:0023:44
40km24:4523:46
42.195km10:2710:29
前半1:45:451:43:58
後半1:44:401:41:35
グロス3:30:253:25:33
ネット3:29:593:25:06


ウルトラマラソンも走った。

2014年 柴又

2016年 野辺山

2017年 野辺山(2)


というわけで3本目のフルマラソン、2本目の野辺山ウルトラマラソンでした。

きつかったなあ…。



距離2016年通過順位2016年ラップ2017年通過順位2017年ラップ
10km16181:12:4618671:10:37
20km16031:20:2614671:17:21
30km15141:14:1914431:15:30
40km14621:15:0611041:05:34
50km14321:15:009241:04:37
60km13611:35:316701:16:12
70km13081:35:315331:18:13
80km12681:52:044671:38:53
90km11571:02:094111:00:46
Finish9741:19:403991:26:19
タイム97413:42:3239912:34:21

記事はこちら

2017-05-30 - 根性練太郎_Attack into Unkown World


参考文献はこちら

過去23回で一番過酷だったらしい2017年野辺山ウルトラマラソン | ウルトラランナーへの道 ブログ

2017 Nobeyama 100k Ultramarathon – SaiyanFit Blog

野辺山ウルトラマラソン DNF : お日様サンサン



銭湯はたくさん入った

数えてない。



→(追記)数えてみました

回数
1月13
2月10
3月10
4月9
5月9
6月10
7月11
8月13
9月7
10月13
11月8
12月11
合計124

124回でした。



仕事でテロを起こしまくった

結果は出さない、文句は言う、色々最初だけかじる、という社員だったようです。

猛省。



2018年は1月から公私ともに忙しくなりそう

特に仕事の方は今から憂鬱になっている。


VISITS OBに社会人登録を依頼され、自分のキャリアをまとめてみた

最近は就職活動でもSNSがあるのね。

こんなのばっかで、学生はよくまともな選択ができるなと感心する。

一方、死ぬほど頑張った気でいた14年間も、文章にするとペラペラだったので焦る。


2018年は雑にならないように頑張る。

2017_12_29_Fri

今年観た映画

今年も厨二病でした。

楽しかったなあ。

ちなみに1回映画館を間違え、1回寝坊して見逃しました。

来年はお金の無駄遣いしないようにね。

f:id:konjoren-taro:20171230002843j:image

D

マーベルの今までの作品とは少し異なって魔法使ってくるのが新鮮だった。

映像が綺麗だったので、是非3Dで観るべき作品。


f:id:konjoren-taro:20171230011051j:image

D

期待通りごちゃごちゃやりたい放題だった。

ドラゴンボールの実写化はマイケルベイかDCコミックに任せるべきだよなあ。

一つ注文をつけるとしたら、マイケルベイが自由すぎてクソ長かったので、とても疲労したということです。

本当に疲れました。



f:id:konjoren-taro:20171230002838j:image

D

なんつーか、共学の高校生ってこんな感じなのかなって甘酸っぱい感じ。

って俺男子校だから妄想にも限界がある。

男子校で共学に憧れて、しかも俺だけ特殊能力があって、って最高の厨二妄想ですね。



f:id:konjoren-taro:20171230002833j:image

D

個人的にはこれが今年一番面白かったかもしれない。

DCは戦闘シーンがほとんどドラゴンボールなのでハマる。

あとガルガドットが美人過ぎて、それだけでも金払って二時間映画館で観る価値あると思うよマジで。



f:id:konjoren-taro:20171230002828j:image

D

アベンジャーズへ続く王道かと思いきや、コミカルな仕上がりで遊んじゃってる感じ。


f:id:konjoren-taro:20171230002821j:image

D

クソ長かった。

直前にHuluブレードランナー2019を観てから臨んだが、個人的には映画は頭を空っぽにして観るもの(今の自分にとって)だったので、難しすぎやでこれ。

けど、ロボットが人間の感覚を超えていくってのはもう現実的なテーマなんだろうなあ。

あと今のハリソンフォードはこういう役ばっかなのか。


f:id:konjoren-taro:20171230002813j:image

D

アベンジャーズと変わらない予定調和な流れが、逆に心地いいよね。

ガルガドットが美人過ぎて死にたくなる


f:id:konjoren-taro:20171230002807j:image

D

おおとりはこちら。

3部作の中の2作目、というポジションを監督が芯から理解しているような感じだった。

そもそもオリジナルの原作者の手から離れ、ディズニーの資本も入り、ファンも「スターウォーズらしさ」を求めてしまっているから、これは本当に難しいもんだと思う。

でも、そんな中でスターウォーズファンが期待している楽しさ、感動を与えてくれているわけで、もう満足です。

あのアジア人は理解できないけど。

2017_12_18_Mon

当たり前のこと


その人にとっての本当の強み、他の人にはなかなか真似のできない強みというのは、それが本当の強みであればあるほど、本人にとっては「できて当たり前、知ってて当たり前」であることが多いのです。だから、それを「あなたの強みってここですよね」と言われると「はあ、それは私にとっては当たり前なんですけど」と思ってしまう。


 一方で、周囲の人たちにはできるのに自分にはできないことに意識を向けてしまい、いわば「ない物ねだり」をしてしまう。


 しかし、ではその「ない物」を一生懸命に努力して獲得したとしてどうなるかというと、せいぜい「人並み」にしかならないわけです。しかし、これでは厳しい。なぜかというと、「人並み」のものには誰もお金を払わないからです。経済価値が生まれないんですね。


 人がお金を払うのは、いつも「ユニークなもの」です。そして、自分を他者と差別化するポイントは常に、本人が当たり前と思っていることの中にこそ潜んでいるものなのです。


2017_11_29_Wed

負荷記録(今日の織田)

Namban 5K time trial

ビブラムを3年ぶりに購入してのTTだった。

脚いてえ...



f:id:konjoren-taro:20171129181145j:image

すごい派手なオレンジ色にしたよ。





日付・ラップ1000m2000m3000m4000m5000mトータル
2017/04/264:004:003:593:523:5019:41
2017/05/313:573:503:493:503:4319:09
2017/06/283:493:523:503:533:4019:06
2017/11/294:123:593:553:473:3819:33

出だしは完全に走り方を忘れていたよ...



日付・ラップ2017/04/262017/05/312017/06/282017/11/29
1000m4:003:473:494:12
2000m4:003:503:523:59
3000m3:593:493:503:55
4000m3:523:503:533:47
5000m3:503:433:403:38
トータル19:4119:0919:0619:33


こっちの方が見やすいかな。




スタートはビブラムが足に馴染まないのと大田原のあと丸々走らなかったのとで体の動きがちぐはぐで、ストライドも伸びずしんどかったけど、2000m過ぎから体があったまってきてビブラムも足馴染みが良くなってきた。

ラスト2000mは今年のTTの中で一番ラップが良かったので、コンディションが上向きではある。

あとは飲み会ばっかりなのをなんとかしたい。

2017_11_23_Thu

大田原マラソン2017走ってきたよ

大田原マラソン雨/晴
距離ラップ
5km25:24
10KM24:12
15km24:31
20km24:32
25km24:35
30km24:20
35km23:44
40km23:46
42.195km10:29
中間1:43:58
グロス3:25:33
ネット3:25:06

案外しっかり走れた、というのが正直な感想。

30kmまでサブ3.5hのペーサーについていったが、これが死ぬほど大集団。

本当に走りづらかった。

そこからは我慢できなくなって前に出て、そのまま逃げ切った。

正直、30km過ぎから5kmあたり24分切れるとは思っていなかったので驚き。

ラスト2kmもスピードを落とすことなくフィニッシュできた。

富山の後ハーフを1本走っただけだったのでスタートまではキロ5分が精一杯かなと思っていたのだが、これは嬉しい誤算。

満足である。



富山と比べてみると、


距離富山マラソン大田原マラソン
5km25:2325:24
10KM24:2524:12
15km24:5124:31
20km25:3024:32
25km25:0324:35
30km25:0124:20
35km25:0023:44
40km24:4523:46
42.195km10:2710:29
前半1:45:451:43:58
後半1:44:401:41:35
グロス3:30:253:25:33
ネット3:29:593:25:06


あ、ラストは富山の方が速かったのね・・・。

今回は車で行って、餃子で始まり餃子で終わるレースでした。

楽しかったな〜

2017_10_30_Mon

富山マラソン2017走ってきたよ

台風が間近に迫ってきている中、完走してきました。

タイムはネットで3:29:59(!)


久しぶりに最後まで止まらずに走りきれた。

小さな成果だけど、こういうの大事だよなあ。

ということで満足。



f:id:konjoren-taro:20171030210651p:image



平均ピッチ:186spm

平均ストライド:109cm

平均心拍:163bpm


落ち着いてリラックスして走れたのが良かった。

焦らないで体の声を聞けたのは、マラソン経験値が増えてきたことなのかなあと感じた。


次は大田原

いきなり前半戦の山場である。

2017_09_17_Sun

最近読んだ本「プラチナタウン」「和僑」

プラチナタウン (祥伝社文庫)

プラチナタウン (祥伝社文庫)


和僑 (祥伝社文庫)

和僑 (祥伝社文庫)



最近まともに本を読んでいなかったのだが、この2冊には衝撃を受けた。

久しぶりに内容がわかりやすく、読みやすく、一気に消化した。


もっと早く読んでいれば、今の仕事で直面している様々な課題に違う角度からアプローチできたかもしれない。

(仕事論ではなく、今業務として取り扱ってる仕事ね)


なんでもっとこう全体の流れを把握しながらできなかったんだろうって。

いや、今の部署に来た時点で視野を思いっきり拡げさせられたのだが、それでもまだ足りなかった。

事業として取り組むには少し大きすぎる課題を、目先の課題解決の手法しか持ち合わせずに取り組もうとしていた。

知識も足りない。

また、技術も足りない。


事業化する為にあらゆる手法を検証しなければならないというのは言えば簡単だが、どうやってやるのかが思いつかない。

こういうのってみんなどうやって身につけるんだろうか。


話は戻ってこの2冊である。

地方創成なんてのは綺麗事で、本来は大きな流れとしてこの人口減少が加速し出している国内でどのような流れが必要なのか、包括的に考える必要がある。

極めて特殊な専門性はいらない。

大局を見極められるかどうかだ。

主人公のバックグラウンドが幸運にも作用した物語だが、そういう背景の人がやるべき仕事なのかもしれない。


次は同じ楡周平の介護退職、読んでみる。

2017_06_28_Wed

負荷記録(今日の織田)

Wed. Namban 5K Time Trial


結果は3:49-3:52-3:50-3:53-3:40で19:06だった。

前回が19:09で、この1カ月はあまり練習できてない自覚があったのでとりあえず前回を上回れてホッとしている。

2月の東京マラソンの応援でモチベーションが戻ったが、今後しばらくレースもない中モチベーションを維持するにはこの毎月月末のTTなのだろうと再認識。

大事だよね、月次で区切って納期意識を持つって。


日付・ラップ1000m2000m3000m4000m5000トータル
2017/04/264:004:003:593:523:5019:41
2017/05/313:573:503:493:503:4319:09
2017/06/283:493:523:503:533:4019:06





納期意識といえば、「〆切本」という書籍を購入。

納期に悩み戦い、自分のグズさを憂う昔の偉大な文豪たちが、そのクズっぷりをさらけ出す死ぬほど身につまされる本である。

これは名著。

読んだ方がいいけど、読んだ方がいい人はグズだから読まないんだよね...


いや、初っ端から面白いから読んで見てよ。


〆切本

〆切本

2017_06_21_Wed

負荷記録(今日の織田)

Wed. Namban Night Track Workout

1000m*3-800m*3-400m


Result:

ラップ1000m1000m1000m800m800m800m400m
400m1:261:241:251:231:231:251:11
800m1:281:251:271:241:271:27
1000m444344
トータル3:383:323:362:472:502:521:11


日曜日の疲れたからか、ネガティブスプリットとはいかず、全体的に苦しかった。

練習前にはアイハラさんやアダチさんもいて、それぞれ違う練習に向かって一緒にアップした。

嬉しいなあ。



野辺山から少し体重も増えてきたので、筋トレと距離走をどこかでやらないと...

今週末は走れないので、週明け皇居でも行こうかな。

2017_06_18_Sun

負荷記録_アディダスのランニングイベントに出てきたよ

南蛮連合の仲間のお誘いがあり、出てきました。

1500mのタイムトライアル

しんどかったけど、5分切れた。

おそらく最後に5分切って走ったのが大学1年生のときなので、それ以来の4分台。

16年ぶりだった(汗)



4月に走った1500mのタイムトライアルと比較すると、


通過距離4月ラップ5月ラップ
400m7979
800m8380
1200m8480
1500m6358
トータル5:094:57

前回スパイクだったことを考えるとずいぶん頑張ったなあという感じ。

ちなみに直後にあった1000mは死にまして、



通過距離ラップ
400m81
800m83
1000m41
トータル3:25



うーむ。

それにしてもようやく体がスピードに対応できるようになってきて嬉しい限りである。



f:id:konjoren-taro:20170618114405j:image

2017_06_14_Wed

負荷記録(今日の織田)

Wed. Namban Night Track Workout: 1200m-1000m-1000m-800m-800m-800m-400m

4:26-3:36-3:33-2:47-2:48-2:50-1:12


りえさんもゆういちさん(アルツ)もシモノもいたので楽しかったなー

そのあと野辺山で一緒に殉職したアダチ先輩にも会った。

嬉しいよね、大学のときの部活の知り合いに何年たっても同じ環境で会えるって。


体の方は先週に比べると少し重かったが、割と重いという感覚ながら動いたし、いいペースで押していけた。

ラストはあれでも72秒かかってんのね。

結構頑張ったんだけどなあ。



アフターは魚民で。

このビル、昼間打ち合わせしていた不動産会社の持ち物で、応接に竣工写真がかざってあってびっくり。

「僕今日これからここ行くんですよ」

なんて。

公私混同。

まあいいや。



ゆういちさんに勧められて心拍計が付いているウォッチを買おうか迷っている次第。

どうしようかなあ。

とりあえずゆういちさんにMio fuseを借りて使っている。



スリープトラッカーが付いているのも良い。

寝ているときはこんな感じ。



f:id:konjoren-taro:20170615203656p:image



UIに近未来感が漂っているが、ただ「寝が浅い」というだけである。

まあ、深酒したからね...

2017_06_07_Wed

負荷記録(今日の織田)

Wed. Namban Night Track Workout: 1000m*6

3:49

3:48

3:45

3:42

3:37

3:19(SB)

先週の5kがアベレージ3:50/Kだったので、それより速いペースを若干余裕を持って走ることを目標にした。

結果的には4本目まであまり力まず走れて、最後は3:19。

スピードなかなか出ないものの野辺山以降の調子はキープできている気がする。


Aグループは露出度高いランナーが多くて、初めて便乗したけど、確かに上半身ウェアない方が走りやすい...

ずっと減らない脇腹の肉も、人に見られて恥ずかしくて減ってくかも。


けどそのあとは飲みすぎた...

減らね...

2017_06_04_Sun

結婚式行ってきたよ

後輩のシンスケくんとヨウコさんの結婚式でした。

新郎とは東京支店時代に一緒に仕事をした仲で、家も近所で、よく銭湯にも一緒に行って、僕の結婚式にも来てくれて、とても付き合いの深い後輩でした。

新婦は今の職場でフロアが一緒。



新郎がシェフで登場したり...

f:id:konjoren-taro:20170604150801j:image



髪の毛が無さすぎたり...

f:id:konjoren-taro:20170604152144j:image



レックとお揃いの蝶ネクタイだったり...

f:id:konjoren-taro:20170608213533j:image



それはそれは楽しい結婚式でした。

f:id:konjoren-taro:20170604213506j:image







おめでとう!

末永くお幸せに!!

2017_05_31_Wed

負荷記録(今日の織田)

Wed. Namban 5K Time Trial

3:57-3:50-3:49-3:50-3:43/19:09

前回が19:41とかだったので、それよりは確実にコンディションが良いことはわかっていたが、野辺山の疲れがどの程度残っているかわからなかったので最初は抑えめで入った。

Derekが20分のペーサーをしてくれていて途中までついていき、その後Tadhgが前に出たのでついていき、さらに終盤はAlex Eijiを追っかけてったらいいタイムが出た。

けどきつかったなあ。

体の芯はまだ野辺山の疲れを引きずっている感じ。

もう少し体重落として19分切りたいなあ。

f:id:konjoren-taro:20170601183830p:image

2017_05_30_Tue

第23回 星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン (野辺山ウルトラマラソン) 走ってきたよ

今年はヤバかった...

f:id:konjoren-taro:20170531002455p:image

f:id:konjoren-taro:20170531002451j:image

f:id:konjoren-taro:20170531002448j:image

去年の初めての野辺山

第22回星の郷八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン出てきたよ - 根性練太郎_Attack into Unkown World

13:42:32 野辺山ウルトラマラソン 2016/5/22

f:id:konjoren-taro:20161231155526p:image

オレンジ:完走者最遅   青:完走者最速   緑:完走者平均   ピンク:自己記録


距離経過時間通過順位ラップ
10km1:12:4616181:12:46
20km2:33:1216031:20:26
30km3:47:3115141:14:19
40km5:02:3714621:15:06
50km6:17:3714321:15:00
60km7:53:0813611:35:31
70km9:28:3913081:35:31
80km11:20:4312681:52:04
90km12:22:5211571:02:09
Finish13:42:329741:19:40


また出ることになるとは...

というわけでようやく筋肉痛も内臓の疲労も回復した(と思われる)ので、回顧録。

来年、ちゃんとこれ読み直してから出場しろよ...


レースの準備

主なものは相変わらず山手線一周

今年はこれに加え「餃子ラン」「ビアマイル」を実施。

ビアマイルは関係ないと思いきや、炭酸に打ち勝つ練習なのである。

ウルトラマラソンはとにかく内臓が強いにこしたことはない。

ちゃんと水分を取って、食べたいと思ったら食べ、まだ飲み込んでいなくても走り出さなければならないのだ。


前日の動き

朝一番で妻の実家に車を取りに行く。

去年は夜に現地に向かったが、やはり前日から入った方が余裕があるだろうとの判断で前日入りを決める。

昼過ぎに自宅を出発、ボロボロのシューズを買い換え(前日に買い換えるなよ)、味の素スタジアムへ。

今年はゆりさんと一緒に行くことにまったのだが、ゆりさん土曜日に企業対抗駅伝出てからだってさ...


味の素スタジアムでゆりさんを拾い、17時までの前日受付へ。

昨年夜入って夜に帰ったから気づかなかったのだが、八ヶ岳が絶景である。

マジで綺麗だった。

写真は撮るのを忘れた。


ゼッケンの受け取りやらなんやらを終え、甲府へ戻りビジネスホテルへ。

温泉があるからと選んだが、もう少しマシなとこ選べばよかったか...けど前日ゆっくりするわけでもないからいいか...

18時頃夕食を摂り、20時頃には寝た。

同じフロアの他の部屋がうるさすぎて眠れなかった...


スタートまで

2時起床、3時出発、4時駐車場到着。

今年はウェーブスタートで5時と5時20分に分けられており、僕は5時20分。

ゆりさんは5時。

ゆりさんと歩いてたらBadassキャプテンハリソンと会い、一緒に気合を入れた。


ゆりさんを見送り、体育館で少し暖をとる。

朝はやっぱ気温低いんだよね。

けど日中気温が上がるのは明白だから何も着込めない。


体育館で今年も大学時代の先輩のアダチさんと会い、スタートラインでようやくユキさんとも会えた。

今年は一人じゃない。

f:id:konjoren-taro:20170531003237j:image

スタート


去年結局ギリギリだったのを反省し、今年は気持ち速めに入った。

キロ6分15秒くらい。

途中早めにトイレに入ろうとしたら前の人がかなり長期戦で、そこだけで5分くらいロス...

ああすっげえ後ろになってしまった...

なんて思いながら走り出そうとしたら、目の前にライトセイバーを持ったジェダイが...


f:id:konjoren-taro:20170530220846j:image



「お疲れっす!去年沿道から声かけてた孫悟空っす!」


なんという奇跡...!!!!!

ていうかジェダイ...


実は、去年完走できた要因として沿道から孫悟空がいろんなとこで応援してくれたのだ。


f:id:konjoren-taro:20170530221023j:image


名前を聞いてなかったので、御礼を言いたくても言えずにいた。

今年また沿道で会えないかなあ、なんて思っていたら、なんという奇跡。


去年の御礼を改めて伝え、お話しながら走り出す。

本当に嬉しかった。

聞けば有名な浦安ランニングクラブのメンバーで、今年で野辺山4回目、チームも10名以上で出ているとのこと。

今年は70代の方の伴走をしていた。

すごいなあ。


少し一緒に走ってから、元気をもらい別れる。

こっからは去年のタイムとの戦いだ。

そう言い聞かせ、大きなアンテナ望遠鏡を見ながら山道へ向かう。



May the FORCE be with you...




42kmポイントまで

ユキさんは先に行ってしまった。

最初に来る最高地点までは去年とあまりペースが変わらなかった。

うーんいかんなあ。

そう思いながらエイドを数カ所越えるとユキさんがトイレから出てきた。

1週間前に風邪をひいたそうで、なんだか顔色も思わしくない。

42kmでリタイヤするかも、とのこと。

こればっかりは仕方がない。


ただ、ユキさんと一緒に最高地点から下り始めたのがよかった。

去年ここでセーブしてたからぐんぐん抜かれたのだが、今回はここがポイントだった。

通過順位は10kmポイントで1867位だったが40kmポイントで1104位。

下りはスピードを殺さずにある程度加速した方が結果的に疲れないことを知った。


42kmポイント


延々と下る。

陽はどんどん高くなる。

そうだ、この光景だ。

去年ここでなんか視界が明るくなって昇天してく気持ちになったんだよな..


けど今年は違った。

まず意識がはっきりしている。

42kmもあっという間。


42kmポイントでは、ゆりさんが待っててくれた。

元々ゆりさんはコムラッズの練習の為に71kmまで行っちゃおうかって言ってたのだが、


「ごめん71kmまで行けないや〜。入賞しちゃって」


ふらっと出場してそれかよ...


ユキさんも合流して、暑い中ドロップバッグから凍らしたお茶のペットボトルをくれた。

「僕はリタイヤです、これ持って頑張って!」


なんとありがたい...

けど二人が42kmで終わってスッキリしている空気感の中、リスタートするのが本当に辛かった。

この暑さの中いつまでもここにいるわけにもいかず...


というわけでそこから再びひとり旅。


71kmポイントまで

42kmまでを第1部とし、次71kmまでを第2部、79kmの馬越峠を越えたら87kmポイントまでを第3部、残りを第4部とした。

71kmまで行ければ、その後すぐ87kmまで行ける。

そしたらあと13km。

もう終わりである。


そういうつもりで71kmポイントに向かう。

42kmのあとは、だらだらとまだ下り、50kmポイントがある。

そこらへんまで余裕があれば、そこから5kmの往復、民家の多い渓谷の通りをまた山道へ戻るまでの退屈なコースだ。

それを耐えればいい。



下りを重力にまかせて気持ちよく走れたのがよかった。

登りは少しでも足が前に出て入ればOK

そういう割り切り方が必要だった。

50km地点で蕎麦を食べ、水を頭から浴びて再スタート。

調子は悪くない。

脚もまだ動く。


去年、55kmからの往復が気が遠くなる想いだったが、今年は余裕があった。

村役場まで集中して走る。

集中、と書いてて思ったが集中力があったのかもしれない。


往復して65km、エイドをいくつか越えれば71kmポイントへ着く。

暑さで水分がどんどん飛んでいく。

結構危ないよね...

ここまで気持ちが切れなかったから、気付けば71km。


馬越峠まで

71kmポイントも水を飲み、コーラを飲み、おにぎりを食べる。

そしてすぐに出発。

ここらへんからスポーツ羊羹も出てきており、それがパワーになった。

やはり去年一度走っているのは大きい。

再びその場に着くまで思い出せなかったが、「ああ、ここだったここだった」と記憶が蘇る。

とんでもない登り坂も、仕方ないと割り切れる。

前述の集中力と似たような感じだが「気持ちが乱れない」ってのも大きかった。

まだ行ける、まだ行けると。



そしたら雨降ってきた。




結果的に少し体温も下がり、ようやく馬越峠へ。

今年は制限は大丈夫。



結果的に去年みたいに急いで降りる必要はなかったのだが、去年より遅いのは困る。

ということで再びぶっ込むのであった。

脚はまだ大丈夫。

下る筋肉は残っている。

心肺は問題ない。

エネルギー切れもない。

屈伸をし、開脚をし、股関節を伸ばし、コーラのゲップを出し、深呼吸してからリスタート。


87kmポイントまで

今年もたぶんキロ4分くらいで下れたと思うんだよね...

85kmまで一気に下り、平地になってから2kmはちょっと辛かったけどそのままストライドを意識して駆け抜ける。

このコースの中一番心拍が上がった。

けど大丈夫。

87km地点でちょうど16時。

11時間だ。

あと13kmをキロ10分で行っても、つまり最悪は歩いても制限時間で行ける。


うどんを食べ、おにぎりを食べ、コーラを飲んでリスタート。



ゴールまで


90kmへ向かう途中、ユキさんが沿道で待っててくれた。

そして2本目の凍ったペットボトルをくれた。

これ本当に助かった。

少し山下りのダメージで体が悲鳴をあげていたとこだったから、ユキさんと話し、気持ちを整理できた。

その後数カ所先回りしてくれて、ずっと応援してくれていた。

本当にありがたい...


95kmを過ぎ、ユキさんから「もうあとフラットですよねー?」って言われ、いやそうじゃなかったはず、去年最後にりえさんに裏切られたんだって思い出し、再び気持ちが引き締まる。

エグい登り坂が待っていて、その後ゴールから遠くへ引き離されるんだった...


結果的にそういうことも思い出しながら走れたので、最後まで折れることなく走り切れた。


f:id:konjoren-taro:20170531003352j:image

写真はユキさんが撮ってくれたもの。

フィニッシュタイムは12:34:21。


いやはや、本当に嬉しかった。

初めてのウルトラが柴又100kで、13:40。

2回目が去年の野辺山で、13:40。

一気に1時間更新できて一安心。

死ぬほど暑かったけど、なんとかやり切れたよ...



分析

去年と比較してみる。


距離2016年通過順位2016年ラップ2017年通過順位2017年ラップ
10km16181:12:4618671:10:37
20km16031:20:2614671:17:21
30km15141:14:1914431:15:30
40km14621:15:0611041:05:34
50km14321:15:009241:04:37
60km13611:35:316701:16:12
70km13081:35:315331:18:13
80km12681:52:044671:38:53
90km11571:02:094111:00:46
Finish9741:19:403991:26:19
タイム97413:42:3239912:34:21


なんと、最後の10km、去年の方が速かった。

しかも結構大差...


ここ、今年もちゃんと走れた気がしたんだけどなあ。




来年どうすっかなー


f:id:konjoren-taro:20170531002644j:image




参考文献


過去23回で一番過酷だったらしい2017年野辺山ウルトラマラソン | ウルトラランナーへの道 ブログ


2017 Nobeyama 100k Ultramarathon – SaiyanFit Blog

野辺山ウルトラマラソン DNF : お日様サンサン

2017_05_29_Mon

最長老さまはいるのか

2017年、牡牛座の人々の元に巡ってくるものは、

とても「役に立つ」のです。

ただ、心底貴方の役に立つものが、

貴方の手の中にどーんともたらされたとき、

貴方はそれを「めんどうだな」と

棚に上げたくなるかもしれません。

その面倒くささを乗り越えて、

手渡されたややこしそうなものを紐解き、

汗をかきながらとっくみあいを始めてみたなら

すぐにそれが、とてもおもしろく、

貴方の創造性を十全に活かせる素晴らしく自由なフィールドである

ということが解るはずです。

中には、きれいにラッピングされたギフトを開けて見たら

それが期待していた完成品のドレスではなく、

布地と裁縫道具だったことがわかり、

全て放り出したくなる

というような体験をする人もいるかもしれません。

そこを一歩踏み出して、

布と型紙を重ね合わせ始めたとき、

ワクワクした気持ちがあなたの胸にわき上がると同時に、

同じようにワクワクした目をしながら貴方の手元を覗き込む、

幾人かの人々の顔が見えてくるはずです。

石井ゆかりさんの 筋トレ より




色々投げ出したい気持ちをこらえ、言い訳を絶対しないよう言葉を選び、あの時なんでとっさに対処できなかったんだろうって思い出し悔しい気持ちに苛まれている。

悔しいなあ。



キッカケだけ与えてくれるのであればそれはありがたいことで、自分自身もキッカケを与えられる存在になりたいと思うのだが、得てしてキッカケどころか面倒なことや誤解や異なる価値観などを同時にぶつけられ、そうじゃないのにって思いながら結局時間をかけて次のフェーズに移行していく。

この繰り返し。



最長老さまなんて、存在しないんだよなあ。


f:id:konjoren-taro:20170529072509j:image

2017_05_27_Sat

アル中ハイマー

一週間前の野辺山のレポートを書こうと思ったが、辛すぎて脳が思い出したくないようで、もう少し時間がかかりそう。

ようやく足の裏の皮も乾燥して、筋肉痛も和らいできたよ...

来年どうするねん...

2017_05_06_Sat

餃子ランは突然に

「りえさんも相模原住んでるんですか?」

「ユキさんも相模原ですか?近いですね」

餃子萬金の近くなんです」

「えっ萬金!?羨ましい!」

「何スカその萬金て」

焼き餃子がうまいお店ですよ、オダサガの名物です」

「オダサガ...ああ小田急相模原のことか...」

「今度是非みんなで行きましょう」

「ええ是非是非!」




...「走って行きましょう!」


ふえええ...

というわけで朝新宿駅に集合し、一同はひたすら西へ。

まず甲州街道を西へ向かい、桜上水あたりから水道道路を南下し、成城あたりから世田谷通りに入りひたすらくだる。

今日は朝から暑かった。

途中いつものヤマソンよりも多い頻度でコンビニに寄り、給水をする。

今回はイベントとしてはおもしろいものの、餃子屋死ぬほど繁盛しているそうで走力に幅があると餃子に辿り着けない人も出てくるかもしれないと思いごく内輪で集まった。

それでもこの暑さで列は長くなる。

世田谷通りをくだると生田のあたりから歩道が狭くなり、アップダウンが始まり、それはそれはめんどくさいコースに変貌した。



餃子のためにここまでする必要はあるのか...



自問自答を繰り返しながら一同は黙々と走る。

鶴川街道を左折し、今度は心臓破りの登り坂を何度か越え、町田へ。

境川沿いを走った後「オダサガ」に入り餃子の萬金にてゴール。




f:id:konjoren-taro:20170506134321j:image

f:id:konjoren-taro:20170506174807p:image

f:id:konjoren-taro:20170506140301j:image



いやー餃子マジうまかった。

42kmきつかったけど完全に記憶から消去されてしまった。

人間の脳構造は怖い...


焼き餃子、40個」

と頼み、4人で速攻で食べ終わってしまった。

まだいけたな...


ちょうど食べ終わった頃に近所の銭湯「日栄浴場」が開き、銭湯で汗と塩まみれの身体を丸洗いし、小田急線で帰ってきました。



餃子ラン最高...

人間、ご褒美がないと頑張れないのである。

2017_04_29_Sat

ミサイルは突然に

今朝皇居で朝練する為に6時台の東西線に乗ったところ、アナウンスで


北朝鮮から発射されたミサイルの影響で」


って結構痺れるアナウンスだったよね・・・。

え?なんか予行演習?みたいな感じで混乱した。

朝起きてからニュースを見ていなかったので、知らなかった。

エヴァンゲリオンの第1話のように、慣れていくのだろうか。

けっこう不気味でしたよ・・・。


その後はいつもどおり皇居で2周。