Hatena::ブログ(Diary)

今昔こんにゃく

2016-09-19

5月以降の息子の成長、三峯神社、築地場内「やまはら」、日本ダービー&POGドラフト、下野谷遺跡、東博で中宮寺半跏思惟像、新宿「礼華」、USJ、映画「君の名は」

5月以降のこの間、息子の成長ぶりが目をみはるほどだった。とにかく、部活が忙しい上に、部活内の人間関係でいろいろと大変なことがあり、もうやめればいいのではと思うほどだったが、がんばってきた。勉強のほうは1学期の期末テストは得意の国語、英語も落ち込み、苦手な理科、社会がさらに悪く、最悪の状態で、本人もくやしさから泣くほどだった。学校、部活とも厳しい状況で1学期を終えた。

夏休みはほぼ毎日部活で、学校分、塾ともに大変な宿題の量。学校もほんとに子どものことを考えて宿題を出しているのだろうか。

一方で、5月の末から週間計画を日曜日の朝に僕と一緒に立てるようにし、バランスがとれるように努力してきた。夏休みに和歌山の実家に帰郷したお盆前後が、息子にとって一番苦しかったときだと思う。それでも地道に努力し、部活も投げ出さず続けてきた。すると、2学期に入ってから部活内の人間関係にもよい変化が出はじめ、勉強では9月3日に受けた塾の全国統一模試で英語がなんと満点!、国語と数学偏差値が52とはじめて50を超えて、約4000人中上位1000人内に入る結果となった。何とか、部活もこのまま軌道に乗って、勉強もこつこつと努力し続けていってくれればと思う。そして何より、元気に日々を過ごしてほしい。

以下、簡単にこの間のことを記す。

5月3日(火・憲法記念日

 午前中、一念発起して自分の部屋のクローゼットを整理。引っ越してから10年、着ないワイシャツなどがたくさん残ったままになるなど、大変なことになっていた。整理してみたらわずか2時間で済んで半分以上捨てるものだった。すっきりしたクローゼットを見て満足。午後、今年3月に亡くなった義祖母の墓参りに、家族で行く。義母・妹とお寺で合流。しっかりお墓も掃除してたくさんの線香とともにお参り。

5月4日(水・みどりの日)〜5日(木・子どもの日)

 完全休日。ひたすらペーパーオーナーゲームのドラフト馬の検討。

5月6日(金)

 年休。秩父三峯神社に一人旅。西武線秩父線を乗り継ぎ三峰口へ。そこからバスで50分ほど山道を行き、お昼過ぎに到着。神域の厳かさに満ちている、そんな感覚のする場所。お参りしてから、境内にある宿、三峯神社興雲閣の温泉に。帰りは西武秩父駅までバス。また、行ってみたい場所である。

f:id:konjyaku:20160506145000j:image

f:id:konjyaku:20160506135407j:image

5月14日(土)

午前中、緊急出版が決まった改正法モノの単行本の原稿が執筆者の先生から届く。原稿チェックし、先生とやりとり。お昼前に急いで13時からの研修に向かう。4月から毎月1回年度末まで予定の社労士会の実務修習講座の5月分。

5月27日(金)

お世話になっているM弁護士からお招きを受けて、会社のWさん、Tさん、Kさんとともに、築地場内の「やまはら」で食事をいただく。豪華な刺し身の盛り合わせにはじまり、うまい魚料理がもりだくさん。ご馳走さまでした。

5月29日(日)

日本ダービー。恒例のPOGドラフトの日でもある。いつものように、Sくん、N、Kくんと東京競馬場。今年のダービーマカヒキ勝利。Sくんのサトノダヤイヤモンドが2着、Kくんのディーマジェスティが3着、4着エアスピネルはSくんの、5着リオンディーズはNのPOG持ち馬と、2着から5着までPOG仲間の馬が占めた。僕のは残念ながらダービーに出られず、来年はぜひ出したい。ドラフトの結果はNが管理してくれているこちらで。僕の今年の1位はトゥザクラウン、獲りたくても獲れなかった馬はもちろんいるものの、まずまず満足いくドラフトの結果だった。

6月4日(土)

息子の中学校初めての運動会。それほど足が速いわけではないのにリレー選手に選ばれてしまい心配していたが、心配するほど他チームとの差は迫っておらず、だいぶん遅れてバトンをもらい、後ろともだいぶん離れている中で一人で走った感じ。そんなことで心配するなんてバカな親なのだろうが。

6月5日(日)

かみさんがハングル語検定5級受験(見事合格)。僕は夕方まで仕事。夕方からPOGコメントを書く。

6月11日(土)

午後、6月の実務修習講座。

7月2日(土)

通っていたギター教室で知り合った、プロを目指す中学校3年生のAさんの単独ライブを見に行く。初めてお金をとって行うもの。ギター教室の発表会でも使っている近くのカフェで。40人くらい集まり、歌も貫録十分。以前見かけた音楽事務所の方も見に来ていた。コピーの歌はうまいのは分かっていたが、オリジナルが以前よりも格段によくなっていて、むしろオリジナルのほうが圧倒的によかった。

7月3日(日)

家から車で20分くらいのところにある下野谷遺跡を家族で見に行く。学校で息子が知って関心をもっていたため。とても暑い日。公園内にあるのだが、今やほとんど遺跡らしい遺跡はなく、残念。そこで、発掘品などを展示している郷土資料室に移動。そこで、教育委員会の人なのだろうか、専門の人に丁寧な説明をしてもらいながら展示品を見て回る。縄文のころから戦後までの遺跡の変遷が分かり、なかなか面白かった。

7月10日(日)

東京国立博物館古代ギリシア展、ほほえみの御仏展、近くにある東京芸大の「観音の里の祈りとくらし展供櫃咾鏝弌長浜のホトケたち−」に行く。ほほえみの御仏展の中宮寺半跏思惟像が圧倒的な存在感。お寺でみたときは静かな印象だったが、今回は迫力を感じた。その後、歩いて千駄木日暮里まで散策。なかなかよろし。

7月14日(木)

夜、7月の実務修習講座。

7月15日(金)

吉田拓郎の2年ぶりの首都圏ライブ、「ぴあ」いち早く予約の抽選が当たり。このために、学生時以来20数年ぶりにぴあ会員になってよかった。10月19日の東京国際フォーラム

7月16日(土)

夜、家族のボーナス食事会。義母・義妹も一緒に。今回は新宿上海料理店の「礼華」。おいしく、もてなしもよく、とてもいい時間を過ごすことができた。

このころ、ポケモンGO配信。会社のWさん、Kさん、KSさんなどと一緒に休憩時間に楽しむ。

8月2日(火)

夜、会社のバーベキュー会。原宿の「粋場(IKI-BA)」。

8月4日(木)

夜、8月の実務修習講座。

8月6日(土)

産休中の会社の後輩のGさん、第2子を出産。定例の外来。

8月11日(木・山の日)〜16日(火)

夏休み。和歌山の実家に帰郷。弟も僕らに合わせて帰ってきてくれる。13日はUSJに、かみさんと息子と3人で行く。炎天下で人が多いことも覚悟していたが、それにしても暑く、人が多かった。エクスプレスパスを買っていたので、それでも乗り物は比較的スムーズに乗れる。一番のお目当てはハリーポッターゾーン。ホグワーツの建物、町並みが再現され雰囲気は出ている。乗り物は3Dを見ながらまるで本当に魔法の杖で空を飛んでいくようだった。おすすめだけど、車酔いをする人は揺れるのでそれは覚悟の上で。恒例の庭でのバーベキュー、隣のKちゃん、Jちゃんも顔をみせてくれる。

15日夜は、中学の陸上部の仲間と和歌山駅近くの「ひろとし」。いつものようにワイワイと話す、また年末に。ポケモンGOはこのお盆休みにレベル17で卒業。

8月20日(土)

夕方から、22日に迫った義父の誕生日のお祝いを、いつもの田無木曽路」で。特養に入っている義父にとって、家族と一緒に食事をすること自体まれ。喜んでくれていたので、よかった。

9月3日(土)

息子、塾の全国統一模試で好成績。

9月4日(日)

仕事。

9月8日(木)

朝、通勤の目黒駅の改札を出てから会社に向かう途中、強い雨が突然降り出したために、近くのマンションの軒先まで走る。そのときだろう、名刺入れを落としてしまう。落とした直後にコンビニで買い物をするときに気付き、途中の道を探したり、駅や交番に届けられていないか確認。中には定期券付きのパスモとスイカ、それに競馬馬券専用口座のキャッシュカードJRAに登録していて5000円ほど入っていた)と、自分の名刺。どうしたものかと思いながらも遅れて出社したことろ拾ってくれた人から会社に電話。名刺を見て電話してくれたらしい。夜、その方の都合のいい時間に取りにお邪魔するとして、21時ころ拾ってくださった方の勤務先の駅に行くがちょうど入れ違い、目黒駅にいるとのこと、また戻り、目黒駅でいただく。お礼を受け取らず、「ただ渡したかっただけすから」とのこと。中身も無事で、大変いい人に拾ってもらえてありがたかった。

9月10日(土)

夜、NHKの「SONGS」に吉田拓郎登場。ライブに向けてまた気持ちが高まる。

9月14日(水)

夜、9月の実務修習講座。

9月18日(日)

最近台風続きで、秋雨前線も刺激され、雨続き。これからもしばらくは天気の悪い日が続きそうな中、この日は少し晴れ間。映画「君の名は」を見に行く。美しい映像が評判だが、物語も美しく、音楽もよかった。


この間、読んだ本では「あかんやつら」(春日太一)、「おかしな男」(小林信彦DVDでは「3時10分、決断のとき」が印象に残った。

おかしな男 渥美清 (ちくま文庫)

おかしな男 渥美清 (ちくま文庫)

3時10分、決断のとき [DVD]

3時10分、決断のとき [DVD]

2016-05-01

ギター教室卒業、息子中学校入学、部活はサッカー部に、皐月賞、iPhone SEで格安SIMに、土曜参観と部活説明会

4月2日(土)

2014年10月から月2回通って来たギター教室を初級編修了を機に卒業。まだ基本的なコードでしか曲を弾けないものの、ギターを楽しく弾きながら歌うことはできるようになった。先生に感謝。これからは自分で好きに弾いて歌いながら、教室の発表会には参加させてもらってそこで弾くことに備えてがんばる、というふうにできればと考えている。夕方から、息子の卒業祝いにかみさんとプレゼントしたipod touchの設定をしてやる。

4月7日(木)

雨。息子の中学校入学式。僕は中学以降の入学式は出席しないと、なぜか昭和の父親のように思い込んでいて出席せず。かみさんに任す。雨の中の慣れないまだダブダブの大きめの制服で大変だったらしい。息子は1年C組。クラスは30数人程度。うち、7人が同じ小学校の出身。担任は保健体育担当のI先生。

4月10日(日)

自宅を建ててもらった建築会社の10年点検。わずか20分程度で終了。担当者が頼りない感じだったが、まあ家自体何事もないのでよしとする。

4月14日(木)

夜、社労士会の実務修習講座に参加。任意参加だが、安価で分かりやすく大変有意義な研修だった。毎月違うテーマで開催される。今年度は可能な限り受けていこう。

4月16日(土)

定例の外来。息子仮入部中のサッカー部の練習試合でいきなり出場。嬉しさのあまり、帰宅前の僕にメール。

4月17日(日)

皐月賞競馬の会のいつもの仲間で中山競馬場に集合。天気は午前から強風と雨で台風並みだった。新木場から武蔵野線が強風のため運休月島まで戻り大江戸線東西線経由でようやく中山競馬場のある船橋法典駅に。そんな天気も午後になってからは晴れ間も見えるようになり、悪くなりかけていた馬場も強風で乾きが早かったのか、良馬場で本番。POG仲間のKのディーマジェスティ皐月賞レコードで完勝。KくんはPOG持ち馬でのクラシック初制覇。西船橋で飲んで帰る。

4月20日ころ

息子、仮入部していたサッカー部に正式入部。体育会系の部活に入ってもらいたかったが、タイプ的に難しいかなと思っていたので意外な感も嬉しい。この部活が始まってから生活が一変。火・日曜以外は休みなく、週末も練習試合。そのため日曜の休みがなくなることも。塾は中学になってから火・木曜の19時20分から21時20分まで、火曜は部活が休みだからまだいいが、木曜日は19時前に帰宅後、わずかな時間でお腹に何かを入れて塾に。平日も部活をしながら塾の宿題、学校の宿題をやるのは大変。まだなかなかバランスをとれなくて苦労しているようだが、部活が大変ながらも楽しいようで、明るく元気にやっている。

4月22日(金)

4月2日に注文しておいたiPhone SEが前日21日にようやく到着。そこで、22日の夜、予定していた格安SIMに移行するべく、会社帰りに池袋ビックカメラに行き、OCNモバイルワンを即日開通させる。格安SIMでも、今のところつながりに問題は感じない。

4月23日(土)

大学の友人のMがアメリカから一時帰国している間に集まろうということで、W、Nとともに。Mはいつものように娘のRちゃんと。高田馬場の「博多道場 高田馬場」で。18時過ぎから22時半くらいまで。奥の座敷でのんびり。僕はRちゃんと遊びながら、楽しむ。いつまでに一緒についてきてくれるかな。

4月30日(土)

午前中、息子の土曜参観。1時間目数学、2時間目保健体育、3時間目英語までみる。保健体育の先生が担任の先生。口元にひげをはやしたジャージの似合うこわもてのおにいさん的な先生。その指導ぶりはラジオ体操からしっかりと声を出させてうるさくさせるくらいで、子どもたち、特に女の子には嫌だろうが、僕は嫌いではない。息子は小学校の間はずっと女性の先生だった。僕は体育会の先生が嫌いじゃなく、むしろ今の息子にはありがたいと思っていたのでちょうどよかった。

僕が帰った後、以前、1年生の全生徒(および親も任意参加可)から集めていた「学年通信」のタイトルが、「帆船」(風を受けて進む船のようにみんなで力を合わせて進むという意味)に決まったとの発表。このタイトルは、息子とかみさんが一緒になって考えたのもの。なかなか誇らしいことで僕も一緒に喜ぶ。

午後、いったん昼ご飯を家で食べた後、また学校に。今度は「部活説明会」。父親で来てるのは、僕を含めあと数人。残り100人以上はいたと思うがお母さんだけ。他のお父さんは部活のことは気にならないのかな。

最近読んだマンガ

テラフォーマーズ16・17巻

キングダム42巻

・BLUE GIANT8巻ーーなど。

義祖母が亡くなる、ボイストレーニングの会に参加、息子小学校卒業、箱根湯本に家族旅行

3月5日(土)

かねてから入院していてはっきりといろいろなことの認識もできなくなっていた義祖母が亡くなる。公には100歳だが、出生児の届けを出すのが遅くなっていたため、実際は101歳。僕にとっては「花小金井のおばあちゃん」。かみさんの母方のおばあちゃん。かみさんが福島から東京看護学校に入るために上京できたのも、東京におばあちゃんがいてくれたからで、厳しい看護学校時代、特に最初はかみさんは毎週末のように花小金井のおばあちゃんのところに泊まりに行き、愚痴などを聞いてもらって世話になったとのこと。僕と結婚後、僕もおばあちゃんの家をよく訪れることとなったが、とにかく僕のことを気に入ってくれて、大歓迎してくれた。行くたびに、ハグしてくれる義祖母なんて、あまりいないんじゃないかな。僕も、どこか気持ち的に通じるというか、気が合うというと偉そうなのだけれど、なんというか似ている感じがして信頼感を覚えていた。そのおばあちゃんが、数年前から入院し、寝たきりでほとんど認識ができない状況になっていた。あの快活なおばあちゃんがすっかり見る影をなくしてしまっていた。これで寿命を全うしたかと思うと、さびしいけれどもまあよかったのかなと思う。

3月6日(日)

義祖母が亡くなっていてバタバタとしているところで、息子がインフルエンザ感染

3月7日(月)〜11日(金)

息子学校を休む。義祖母の通夜、告別式はかみさんのみ出席、僕は息子を看病。11日夕方、会社で東日本大震災の当日の行動を振り返る会があり、参加。当時の体験を話し合い、今後に生かすべきことを考える。11日はかみさんの誕生日でもあったが、お祝いはまたの機会に。

3月13日(日)

久々に池袋ジュンク堂に行き、池袋西武下の山野楽器をのぞいてくる。夕方、義父の見舞い。

3月14日(月)

弟の41歳の誕生日。

3月15日(火)

18回目の結婚記念日。ガーデンストロベリーの鉢を買って帰る。

3月18日(金)

母の68歳の誕生日。

3月19日(土)

ギター教室の先生が、知り合いの人に頼んで開催してくれた「ボイストレーニングの会」に参加。腹式呼吸も本格的にやろうとなるとなかなかできない。笑えるくらいまったくできない。でも楽しく学ぶ。夕方からはギターの発表会に。「木綿のハンカチーフ「手紙」を演奏する。夜、参加した先生、生徒たちと、近くの「いちぞう」で打ち上げ。

3月20日(日)

午前中、息子の机を、1階から2階に移動。今までかみさんと息子が寝ていた2階の一番広い部屋が、これからは息子の部屋となる。机をそのままでは運べないので分解し、かみさんと一緒に運ぶ。分解しても重くて苦労したが何とか無事終了。代わりに2階のその部屋からかみさんの鏡台を1階に移動。いまだ寝るのは、息子はかみさんと一緒だが、一人で寝ることになるのも近いだろう。

3月22日(火)

会社のK部長の送別会。目黒香港園」で。K部長は鉄道旅行好きなので、第二の人生は旅三昧か。

3月25日(金)

息子、小学校卒業式。風が強く寒い日。あの入学式から6年。一緒にいる子どもたちも皆大きくなった。息子からあらかじめ「親を泣かせる場面があるよ」と言われていた、ある場面。僕も好きな曲「旅立ちの日」を子どもたちが歌いながら、間奏中に、親への感謝のメッセージ。周りのお母さん方には結構泣いている人もいた。僕は天井を見上げてぐっと涙を我慢。元気で、いい子に育ってます(親バカ…)。先生方、周囲の人々に感謝です。

3月26日(土)〜3月27日(日)

息子の卒業旅行で、箱根湯本に家族旅行。新宿からロマンスカーで湯本に入り、まず昼飯に。自然薯蕎麦で有名な「はつ花」に。混雑で20分ほど待って入る。自然薯を使っていることもあろうがやや蕎麦がパサパサしていたが、まずまず美味しかった。宿泊する「ホテルマイユクール祥月」に荷物を預け、湯本のお土産街をぶらぶら。「籠屋清次郎」の揚げ蒲鉾を食べる。その後、強羅に行き、強羅公園散策、園内にあるクラフトハウスをのぞく。夕方、ホテルに戻る。夕飯はピアノの生演奏を聴きながら和洋食のコース料理をいただく。どれも手が込んでいて美味しい上に、見た目にも楽しいいい料理だった。大浴場の温泉も、サービスもよかったし、満足できる宿だった。次の日は朝から芦ノ湖方面にバスで移動。芦ノ湖近くの関所を見た後、海賊船で桃源台に。桃源台からローウウェイで姥子駅までひと駅移動。大涌谷立ち入り規制のため、姥子駅から早雲山駅まで代行バスで移動。早雲山駅からで強羅に戻り、強羅からは前日同様ケーブルカーで湯本に戻る。夕方4時過ぎのロマンスカーで家路につく。楽しい旅行だった。箱根湯本は近くて温泉もいいから、気に入った。

3月30日(水)

かみさん、夜コンサートに。義母が来てくれる。

息子の個人発表会・市のドッチボール大会、息子12歳の誕生日、弟上京

2月7日(日)

家族で久々にランチ。近くの洋食屋花瑠音」で煮込みハンバーグを美味しくいただく。

2月11日(木)

異類婚姻譚』を読む。

異類婚姻譚

異類婚姻譚

2月13日(土)

午前中は息子の学校行事の「個人発表会」を見に行く。小学6年生一人ひとりがA0程度(?)の大きさの紙に、自由研究の結果を取りまとめ、それを他の児童、親の前で発表する会。体育館の壁に各自の発表を取りまとめた紙をはり出し、一人当たり5分の持ち時間で、プレゼンする。1回15人程度が一斉に発表し、そのほかの児童、親が聴衆となる。息子は、「古代生物と現代生物の共通点」がテーマ。一生懸命、どこか偉そうに(?)プレゼンしていた。ただ、中身が古代生物の解説にとどまっていて、肝心の現代生物との共通点は何かが提示されていなかった(笑)。

午後は、市の小学校のドッチボール大会。児童の有志メンバーが参加。去年は惨敗してくやしい思いをした息子たち。今年は勝負に徹して平等主義を廃し、1軍、2軍に分けて参加。「見に来ないで」と言われていたが、かみさんと内緒で見学に。場所は、近くの市のスポーツセンター。息子は一応1軍ながらも、おまけみたいな感じ(笑)。でも、控えめながらもがんばっていた。見事、予選を勝ち抜き、決勝まで。決勝は負けてしまったが、見事準優勝。去年の鬱憤を晴らせた爽快な感じが子どもたちにあふれていた。一方、2軍には本来1軍に入る力の持ち主のTくんが、あえて2軍も勝たせる、みたいな感じで意気をみせて行ったこともあって、予選を見事勝ち抜き、3位に。皆よくがんばりました。

2月14日(日)

最近は週末に仕事をしなくて済んでいたが、久々にがっちり仕事。単行本化の予定もされている記事の原稿を校閲。かみさんから、ギターの絵がデザインされた箱に入ったチョコレートを、バレンタインデーでいただく。

2月18日(木)

1月から編集部に配属となったKさんの歓迎会を目黒ふれんち食堂 ぴん」で。編集部の歓迎会ながら、予定が合わず参加できない人もちらほら。この辺りが残念なところ。

2月20日(土)

息子の12歳の誕生日。僕が定例の外来のため、誕生日会は翌日に。

2月21日(日)

午後2時間ほど仕事。その後、近くの特養に入っている義父のところに行き、義母・妹とも合流。息子の誕生日を義父に祝ってもらい、その後、僕たちの家で誕生会。近所で評判の持ち帰り寿司屋「魚幸」の寿司を皆でいただく。

2月25日(木)

夜、社労士会の倫理研修に出席。

2月27日(土)〜28日(日)

愛知にいる弟上京。息子の誕生日祝いに来てくれる。中学校入学が近いということで、最新の文房具類をプレゼントしてくれる。息子も喜んでいた。夕ご飯は弟が好きなすき焼きで歓迎。日曜日の昼まで一緒にいる。その後弟は千葉の友だちに会い行き、夕方には熱海に入り、そこで一泊してから帰ったとのこと。弟が帰った後、確定申告、4月からの電力自由化を控え、東京ガスに申し込み。

2016-03-06

1月はやくざ映画などをみて過ごす、恒例の「鍋お年玉大会」「競馬の会」、かみさんとウォーキング

1月1日(元旦)

昨年同様弟が朝方帰郷。正月を家族全員で迎える。穏やかに晴れる。父母、かみさん、息子と実家近くの神社初詣

1月4日(月)

帰京。朝早めの飛行機で、羽田にお昼頃着。昼ご飯を「南国酒家」で食べて帰宅。中村文則『銃』を読み終える。淡々に描きつつ、真に迫る文体。この作家には注目しておこう。

銃 (河出文庫)

銃 (河出文庫)

1月5日(火)

仕事始め。夕方、会社の新年会。

1月7日(木)

44歳の誕生日。Sさん、Iさんがランチをご馳走してくれる。実家の母、京都のJちゃん、和歌山の陸上部の仲間からお祝いのメッセージをもらう。同僚のSさんは、僕が好きなお菓子・お茶をプレゼントしてくれる。幸せなことである。

1月9日(土)

午前中、ギターの練習、午後ギター教室

1月10日(日)

ブログを書く。義父のところに行く。夕ご飯は、義母も一緒に、近くのくら寿司で。

1月11日(月・成人の日

年間スケジュールを立てる。これが我が家の“一年の計”となる。昨年の収入・支出を整理して、それを基に、予算を立て、その中で家族の行事の予定などを立てる。夜、鏡割り。かみさんの発案で去年から始まった「鍋お年玉大会」を実行。きんちゃく餅の中の具で、お年玉がもらえる催し。「えび」は大吉2000円、「蒲鉾」は吉「1000円」、「コーン」は中吉500円、「ソーセージ」が末吉300円、「さつまいも」が凶100円、「しょうが」が大凶50円。結果、今年は、僕が大吉大凶をひき2050円で一番多く獲得、次がかみさんの蒲鉾さつまいもで1100円、息子はコーンとソーセージで800円となった。

1月12日(火)

久々に、Hさんとランチ。「cafe terrasse mimosa カフェテラス ミモザ」。

1月14日(木)

アマゾンビデオで、「やくざ戦争 日本の首領」をみる。鶴田浩二の渋さ、千葉真一の迫力ある演技が特筆もの。

やくざ戦争 日本の首領

やくざ戦争 日本の首領

1月15日(金)

夜、昨年同様、弁護士のE先生の新年会にお招きいただく。ホテルニューオータニ ガーデンタワーの「THE BAR」にて。新たに事務所に入られたN先生をご紹介いただく。恒例のお楽しみ抽選会では今年も当たりをいただき、銀座三越で扱う「あまおう」をいただく。

1月16日(土)

東京での初詣田無神社で、家内安全のお払いをいただき、お札をもらう。日下部五郎氏『健さんと文太』読了。文太が気になり始める。「日本の首領 野望編」をみる。

1月17日(日)

これから、毎週日曜の朝8時から、かみさんとウォーキングをすることとした。20分ほど歩いてからようやく体が温まってきて1時間歩き終えるころには体がほかほかになり、気分もすっきり。体調管理によいだけでなく、平日はなかなかかみさんとはゆっくり話もできないので、その意味でも貴重。午後から「競馬の会」。いつものメンバーのSくん、N、Kくんと、後楽園ウインズで。その後は、これもいつものように、さくら水産で飲み食い。あっという間に5〜6時経つ。「日本の首領 完結編」をみる。

1月18日(月)

朝起きたら、雪が積もっていた。長靴を履いて出勤、途中池袋駅コインロッカーに長靴をあずけ靴にはきかえ、役所に立ち寄り、その後出社。

1月20日(水)

アマゾンビデオで「仁義の墓場」をみる。なんといっても、文太のかっこよさ。

仁義の墓場 [DVD]

仁義の墓場 [DVD]

1月22日(金)

会社創業者の墓参で午後から鎌倉霊園に。

1月23日(土)

息子の土曜参観。「美しい日本語の話し方」として、劇団の方の話を聞く。母音をきれいに発音することがポイントとのこと。素晴らしい授業で、終了後には子どもたちだけではなく、聞いていた親からの拍手も大きかった。

1月24日(日)

午前中ギター教室、午後美容院。ギター教室では、ブルーハーツの「情熱の薔薇」を弾き、ストロークで、シンコペーションを習う。

1月25日(月)

アマゾンビデオで「続・兵隊やくざ」をみる。

続 兵隊やくざ [DVD]

続 兵隊やくざ [DVD]

1月26日(火)

アマゾンビデオで「制覇」をみる。

制覇 [DVD]

制覇 [DVD]

1月27日(水)

年休。

1月29日(金)

弁護士のY先生にお招きいただき、Wさんと一緒に、銀座六雁」で食事をいただく。どの料理も凝っていて美味しく、店の雰囲気は明るく開放的で素敵だった。とっておきのお店として、覚えておこう。先生から、旧ソ連の映画「不思議惑星キン・ザ・ザ」が面白いと教えてもらう。要チェックである。

1月30日(土)

アマゾンビデオで「麻雀放浪記」「新・兵隊やくざ」をみる。中公新書の唐澤太輔『南方熊楠』読了。

麻雀放浪記  ブルーレイ [Blu-ray]

麻雀放浪記 ブルーレイ [Blu-ray]

新・兵隊やくざ

新・兵隊やくざ

2016-01-10

Kさん入社、叔母危篤も持ち直す、007とスター・ウォーズ、陸上部の忘年会

12月1日(火)

Kさん入社、編集部に配属。12月いっぱいは他部署を回って研修。

12月4日(金)

会社の忘年会目黒雅叙園」。結婚式場だと思っていたが、披露宴の行う会場で宴もできる場所。雅叙園といえば豪華なイメージだが、入ってみると、和中混合の趣味があまり品よくは感じなかった。

12月6日(日)

午前中ユナイテッドシネマとしまえんに「007 スペンサー」を見に行く。IMAX3Dで見る。迫力満点、満足。実家から、急な電話で叔母が入院、かなり具合が悪いと聞く。帰宅後しばらくしてから危篤の連絡。もう間に合わない、と思い、あきらめる。月曜朝一番で最低限の仕事を整えてから帰郷しようと考えていたが、その後、何とか叔母の容体が持ち直す。

12月11日(金)

年休をとって、帰郷。叔母を病院に見舞う。日曜日の危篤の報が嘘のようにかなり回復。翌週には、緊急時に入院した今の和歌山医大から別の病院に移ることになりそうとのこと。その後、実家に。樋口毅宏の『ドルフィン・ソングを救え!』を読む。広告宣伝ほどの面白さは僕には感じられず。樋口氏の雑司ヶ谷シリーズのほうが圧倒的に面白かったなあ。

ドルフィン・ソングを救え!

ドルフィン・ソングを救え!

12月12日(土)

母と叔母の見舞い。

12月13日(日)

帰京。

12月19日(土)

今年最後のギター教室。16ビートのストロークの練習。

12月22日(火)

夜、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」をユナイテッドシネマとしまえんに見に行く。エピソード4とストーリーが近いのは故意にそうしているのだと思うけどどうだろう。つまり東洋的な循環の思想。ルーク3部作後のレイ3部作の始まり。主人後のレイ役のデイジーリドリーがとても魅力的。新たな物語がまた(循環)始まった。ちなみに、4DX3Dで見たが、4DXは僕には合わず。今後はIMAXにしよう。

12月24日(木)

夕方、竹橋で新しい本の打ち合わせ後、直帰。ケンタッキーフライドチキンを買って帰り、クリスマス

12月25日(金)

息子、6年生2学期の終業式。2学期も1学期に続き皆勤賞。5年生1学期からの皆勤賞が続く。

12月26日(土)

定例の外来。

12月27日(日)

年賀状を書く。有馬記念を、勝ったゴールドアクターを軸に買うも外すというヘボ。久々に悔やまれるハズレ。

12月29日(火)

仕事納め

12月30日(水)

家族で帰郷。夜、中学時代の陸上部の仲間と忘年会。T、Tの男女キャプテンに、男はTさん、G、Y、女はH、Y、Mに、新婚のM。集まればまったく自然に話が止まらず盛り上がる。LINEのグループを男女統合したのも作る。

日下部五郎氏、競馬の会、Sさん退職、「天然温泉花鳥風月」、息子小学校最後の学芸会

11月3日(火・祝日の日)

「新・仁義なき戦い」をみる。布袋さんの「新・仁義なき戦いのテーマ(BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY )」がカッコいい。映画はもっと生々しくてもよかったかなと思う、カッコよすぎてキャラがかぶる。金子信雄千葉真一藤岡琢也など昔のは脇を固める俳優も個性が豊かだった。

11月7日(土)

東映プロデューサーである日下部五郎氏の『シネマの極道』を読む。どうも僕はやくざ映画をはじめとする昔の邦画が無性に好きなようである。日下部氏は早稲田大学を経て1957年東映入社プロデューサーとして関わった映画は130本以上。「日本侠客伝」「仁義なき戦い」「緋牡丹博徒」「極道の妻たち」を手掛け、「楢山節考」でカンヌ国際映画祭パルムドール受賞した方。深作、五社監督、盟友中島貞夫脚本家笠原和夫、そして俳優の高倉健さん、菅原文太松方弘樹などなどがいた邦画の現場を、率直な語り口で描く。巻末の「日下部五郎プロデュース全作品」の案内が嬉しい。レンタルやアマゾンビデオで気になる作品を見ていこうと思う。

11月8日(日)

午後ギター教室。曲は五番街のマリー。弦の交換の仕方をその場で実施にならう。先生推薦のエリクサーの弦を買って持っていき、一緒に1弦だけ教えてもらいながら交換、残りは時間の関係で先生に替えてもらう。しっかりメモをとっておいた。

11月14日(土)

東京競馬場競馬の会。いつものSくん、N、Kくんと。京都のデイリー杯でSくんの持ち馬エアスピネルが圧勝。馬券東京3連複万馬券を一つとり、京都はデイリー杯を馬連1点買いでしっかりととり、久々に1万円以上の勝ちで終わる。レース後、いつものように府中まで歩き、楽しく飲み、食べ、しゃべる。

11月15日(日)

超高速!参勤交代」をアマゾンビデオでみる。気楽に見られてなかなか面白かった。

超高速! 参勤交代 [DVD]

超高速! 参勤交代 [DVD]

11月17日(火)

夜、社内のボーリング大会。調子がよく、170を超えるスコアを初めて記録。ボーリング自体数年ぶりだし、それ以前も数年おきにしていた程度。スコアは110〜130くらいだった。

11月18日(水)

母が白内障の手術(25日にもう片方も行う)。

11月20日(金)

夜、Sさんの送別会。Sさんは一つ上の先輩で、Sさんから引き継いだ昔の仕事のことなどを話す。

11月23日(月・勤労感謝の日

家族で狭山の「天然温泉花鳥風月」に行く。以前、「サイボク 牧場の湯」だったところ。作りは以前と同じで、温泉の泉質はよく、出店も楽しく、レストランでは自慢のゴールデンポークの美味い料理が食べられる。車で10時すぎに着くと、もう客がいっぱい。先にレストランを予約しておいて、温泉につかり、買い物をし、レストランで食べ、14時過ぎには帰路に着く。上田秀人の『梟の系譜』を読む。

梟の系譜 宇喜多四代 (講談社文庫)

梟の系譜 宇喜多四代 (講談社文庫)

11月26日(木)

夜、理事長とM氏の会ということで、目黒の「モルソー」に招いていただく。とうもろこしのムース・生雲丹添えから若狭熟成肉ロースト・ビーフ、デザートまで、さまざまな美味しい料理をいただく。

11月27日(土)

息子、小学校最後の学芸会「象列車が走る」。息子は象使いの役。あらかじめセリフが少ないといって文句を言っていたが、一人声を張り上げる場面のあったし、少ないとは思わなかった。ただ、話自体が暗い話なので、感動させるほどのレベルで演じるのは難しいし、ちょっ子どもたちにとっては不完全燃焼だったかもしれない。

11月29日(日)

午前中車検。午後かみさんがコンサートに出掛け、夜は息子と二人で過ごす。

11月30日(月)

夜、渋谷のある会の会合で、会社商品のプレゼン。その後、M氏とMさんと3人で軽く打ち上げ、渋谷昭和24年から続く名門バー「」。

2015-11-03

下北沢に行く、息子の赤城の移動教室、第2回のギター発表会、「東京バンドワゴン」と「ブルージャイアント」に感動

10月4日(日)

 年末年始に和歌山に帰郷する航空券を予約。今回は12月30日から1月4日まで。息子、10時から13時まで定例の塾の模試4教科。国語、算数、理科、社会。社会は日本史。最近は日本史に興味を持ってきたとのこと。詳しい本がほしいということなので、本屋で見繕うこととする。

 僕は高校時代、日本史のH先生に教えてもらい、日本史が大変面白くなり、当時、親に日本の歴史百科事典のセットを買ってもらった。それを読んで知識を深め、また恩師のJ先生から本を読む喜びを教えてもらい、本を日々読むようになった。最初に読んだのがやはり歴史小説日本史ではないが、司馬遼太郎の『項羽と劉邦』(新潮文庫)の上下巻。続けて吉川英治の『三国志』(講談社文庫)全確か8巻。むさぼるように読んだ。授業で歴史を学びながら、百科事典や小説で深く知り、楽しんだ。

 息子に選んだのはまだ小学生ということもあり、西東社の『超ビジュアル!日本の歴史大事典』。見た目はカラーのマンガがベースだが、中身は意外にしっかりとしかも濃い。興味をそそる歴史の脇道の逸話なども盛りだくさんで、楽しめると思い選んだ。西東社の本は、僕が4月に入院したときに世界史の本を読んだが、これも編集がうまくしっかりしていた。

超ビジュアル!日本の歴史大事典

超ビジュアル!日本の歴史大事典

 日にちは忘れてしまったがこの頃、アマゾンのプライムビデオで、『ヒトラー最期の12日間〜』をみる。以前にみたものだったが、軽い気持ちでみていたら、結局2時間半一気に。それにしてもアマゾンプライムビデオはいい。もともと、素早い配達が魅力でプライム会員になりそれなりに満足していたが、今回プライムビデオがみられるようになって、さらに満足度が高まった。スマホタブレットのほかに、「Fire TV Stick」を使えばテレビでも映画やドラマが無料でみられる。

Fire TV Stick(2015年発売モデル)

Fire TV Stick(2015年発売モデル)

 

 また、もう一つ、「dマガジン」というサービスも利用し始めた。30日間無料お試しがそろそろ終わるが、契約を継続しようと思う。月500円弱で、いろいろな雑誌の主な記事ほとんどが読めるサービス。通勤の帰りによく利用している。

10月10日(土)

 先日、かみさんが郡山の実家に行っていたときに息子と行ったラーメン屋の「せい家」に、今度はかみさんも一緒に三人で行く。

10月11日(日)

 ギター教室。先生が新居に移りそこでの初めて。「五番街のマリー」、後は月末に近付いた発表会の曲決めに向け、数曲試す。

10月12日(月・体育の日

 久しぶりに、朝から一人で町に出掛ける。20年以上ぶりの下北沢と、高田馬場下北沢はその昔、イッセー尾形のひとり芝居をスズナリに観に来た以来。町の記憶ももはやだいぶん薄らいでいたが、スズナリの周辺は変わっていなかった。駅前は再開発の途中のため、ごちゃごちゃしていた。カレーのフェスティバルをしていたようで、さまざまなカレー屋をめぐる若い人たちの姿が目立った。下北沢は、劇団とカレーと、喫茶店・古書の町。そんな感じがした。午後は高田馬場の僕が住んでいたアパートの周辺をめぐり芳林堂書店で本を買う。僕が住んでいたアパートは今もあり、今も人が住んでいた。もう築50年は経っているんじゃないかな。リフレッシュして帰宅。

10月14日(水)〜16日(金)

 息子が、学校の「移動教室」で群馬赤城に泊まりがけで行く。修学旅行みたいなものだ。生まれてこの方、泊まり掛けでは僕ら両親と離れたことはなく、今回が初めて。前々からとても楽しみにしていて、期待どおり楽しかったようで、帰ってきたときはひと回り精神的に成長したような頼もしさも感じられた。行きのバスでは、生徒が一人ひとり歌をうたうということで、息子はマッチの「ギンギラギンにさりげなく」のCDを持って行き、盛り上がったようだ。本人は盛り上がったとは特に言ってはいなかったが、友だちのお母さんがその息子から聞いたと言ってうちのかみさんに話してくれた。皆が自分の曲の歌詞を書いたのを集めた冊子を事前に見せてもらったが、西野カナやら、セカオワやら、ミスチルやら、いろいろだった。

 10月14日の夜は、うちの会社の新旧トップ入れ替わりのごくろうさま・お祝い会を「白金アートグレイスクラブ」で。帰りはいつものように同じ池袋線のIさんといろいろ話ながら帰る。

10月24日(土)

 午前中息子の土曜参観。今回は2時間目の理科のみみる。3時間目以降は防災訓練その他で、そこはかみさんにお願いした。理科は「支点、力点、作用点」について学ぶ。僕も授業を聞きながら、どこが支点で、どこが力点などと考え、頭の中で答えていたがすべて正解。まだ、何とか覚えていたようだ。午後は息子が4月から通うことになる近くの中学校の部活見学会に。パソコン部、理科部、吹奏楽部などを見学。僕は自分が中学の頃入っていた陸上部の練習も少し眺める。息子は体育会系は入らなそうで少し残念だが、ともあれ好きなことならよし。

10月25日(日)

 午後ギター教室。31日の発表会まで1週間を切る。発表曲は今回は吉田拓郎の「たどり着いたらいつも雨降り」とブルーハーツの「青空」の2曲に決定。リハーサルをして、先生に修正点を指摘してもらい、後は家で仕上げることとする。

10月30日(金)

 年休。発表会前日でギターの練習をしたり、本を読んだりして過ごす。

10月31日(土)

 2回目のギターの発表会。詳細はこちら。予定どおり吉田拓郎の「たどり着いたらいつも雨降り」とブルーハーツの「青空」を弾く。今回の参加者は12名。高校生のHくん、僕の父と同じ年の74歳のKさん、自称フォーク担当(!?)のGさん、中学2年生のユニットの女の子の二人組は、前回の発表会も一緒でした。このほか今回初めてお会いした、25歳のHさん、33歳のEさん、40歳のIさん、トラックの運転手のFさん。それに、娘さんの文化祭を見終えてから参加のYさん、セミプロのSさん。また、今回は中学生の二人を見に、音楽事務所の方まで来る。懇親会はKさん、先生に、Iさん、Eさんと僕で、ひばりヶ丘海んちゅ」。

11月1日(日)

 かみさんが午後から幕張メッセにコンサートを見に出掛ける。息子が風邪で咳がひどい。夕飯は外食と思っていたが、息子の咳がひどかったので、スーパーで鮨、総菜、蕎麦などを買ってきて食べる。

○この間読んだ本、見た映画

 本では『東京バンドワゴン』シリーズを夢中で読んだ。文庫で出ている8巻まで一気に読んだ。読んで人の有り様を学び、感動し、楽しんだ。また、マンガも久々の大当たりは「ブルージャイアント」。サックス奏者の若者が世界的なジャズマンになる物語だが、これまで6巻出ている。これも一気に読んだ。歴史小説の『破天の剣』は島津家久の話。これも面白かった。

 映画は、数年前に見たジョンウェインの西部劇「大いなる男たち」を再度。アマゾンプライムビデオで「裏切りのサーカス」は難解だった。その他、松田優作DVDマガジンでは8〜10巻まで「探偵物語」シリーズを見る。

スタンド・バイ・ミー  東京バンドワゴン(3) (集英社文庫)

スタンド・バイ・ミー 東京バンドワゴン(3) (集英社文庫)

BLUE GIANT 6 (ビッグコミックススペシャル)

BLUE GIANT 6 (ビッグコミックススペシャル)

BLUE GIANT 5 (ビッグコミックススペシャル)

BLUE GIANT 5 (ビッグコミックススペシャル)

BLUE GIANT 4 (ビッグコミックススペシャル)

BLUE GIANT 4 (ビッグコミックススペシャル)

BLUE GIANT(3) (ビッグコミックス)

BLUE GIANT(3) (ビッグコミックス)

BLUE GIANT(2) (ビッグコミックス)

BLUE GIANT(2) (ビッグコミックス)

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)

破天の剣 (時代小説文庫)

破天の剣 (時代小説文庫)

Connection: close