Hatena::ブログ(Diary)

今昔こんにゃく

2016-05-01

ギター教室卒業、息子中学校入学、部活はサッカー部に、皐月賞、iPhone SEで格安SIMに、土曜参観と部活説明会

4月2日(土)

2014年10月から月2回通って来たギター教室を初級編修了を機に卒業。まだ基本的なコードでしか曲を弾けないものの、ギターを楽しく弾きながら歌うことはできるようになった。先生に感謝。これからは自分で好きに弾いて歌いながら、教室の発表会には参加させてもらってそこで弾くことに備えてがんばる、というふうにできればと考えている。夕方から、息子の卒業祝いにかみさんとプレゼントしたipod touchの設定をしてやる。

4月7日(木)

雨。息子の中学校入学式。僕は中学以降の入学式は出席しないと、なぜか昭和の父親のように思い込んでいて出席せず。かみさんに任す。雨の中の慣れないまだダブダブの大きめの制服で大変だったらしい。息子は1年C組。クラスは30数人程度。うち、7人が同じ小学校の出身。担任は保健体育担当のI先生。

4月10日(日)

自宅を建ててもらった建築会社の10年点検。わずか20分程度で終了。担当者が頼りない感じだったが、まあ家自体何事もないのでよしとする。

4月14日(木)

夜、社労士会の実務修習講座に参加。任意参加だが、安価で分かりやすく大変有意義な研修だった。毎月違うテーマで開催される。今年度は可能な限り受けていこう。

4月16日(土)

定例の外来。息子仮入部中のサッカー部の練習試合でいきなり出場。嬉しさのあまり、帰宅前の僕にメール。

4月17日(日)

皐月賞競馬の会のいつもの仲間で中山競馬場に集合。天気は午前から強風と雨で台風並みだった。新木場から武蔵野線が強風のため運休月島まで戻り大江戸線東西線経由でようやく中山競馬場のある船橋法典駅に。そんな天気も午後になってからは晴れ間も見えるようになり、悪くなりかけていた馬場も強風で乾きが早かったのか、良馬場で本番。POG仲間のKのディーマジェスティ皐月賞レコードで完勝。KくんはPOG持ち馬でのクラシック初制覇。西船橋で飲んで帰る。

4月20日ころ

息子、仮入部していたサッカー部に正式入部。体育会系の部活に入ってもらいたかったが、タイプ的に難しいかなと思っていたので意外な感も嬉しい。この部活が始まってから生活が一変。火・日曜以外は休みなく、週末も練習試合。そのため日曜の休みがなくなることも。塾は中学になってから火・木曜の19時20分から21時20分まで、火曜は部活が休みだからまだいいが、木曜日は19時前に帰宅後、わずかな時間でお腹に何かを入れて塾に。平日も部活をしながら塾の宿題、学校の宿題をやるのは大変。まだなかなかバランスをとれなくて苦労しているようだが、部活が大変ながらも楽しいようで、明るく元気にやっている。

4月22日(金)

4月2日に注文しておいたiPhone SEが前日21日にようやく到着。そこで、22日の夜、予定していた格安SIMに移行するべく、会社帰りに池袋ビックカメラに行き、OCNモバイルワンを即日開通させる。格安SIMでも、今のところつながりに問題は感じない。

4月23日(土)

大学の友人のMがアメリカから一時帰国している間に集まろうということで、W、Nとともに。Mはいつものように娘のRちゃんと。高田馬場の「博多道場 高田馬場」で。18時過ぎから22時半くらいまで。奥の座敷でのんびり。僕はRちゃんと遊びながら、楽しむ。いつまでに一緒についてきてくれるかな。

4月30日(土)

午前中、息子の土曜参観。1時間目数学、2時間目保健体育、3時間目英語までみる。保健体育の先生が担任の先生。口元にひげをはやしたジャージの似合うこわもてのおにいさん的な先生。その指導ぶりはラジオ体操からしっかりと声を出させてうるさくさせるくらいで、子どもたち、特に女の子には嫌だろうが、僕は嫌いではない。息子は小学校の間はずっと女性の先生だった。僕は体育会の先生が嫌いじゃなく、むしろ今の息子にはありがたいと思っていたのでちょうどよかった。

僕が帰った後、以前、1年生の全生徒(および親も任意参加可)から集めていた「学年通信」のタイトルが、「帆船」(風を受けて進む船のようにみんなで力を合わせて進むという意味)に決まったとの発表。このタイトルは、息子とかみさんが一緒になって考えたのもの。なかなか誇らしいことで僕も一緒に喜ぶ。

午後、いったん昼ご飯を家で食べた後、また学校に。今度は「部活説明会」。父親で来てるのは、僕を含めあと数人。残り100人以上はいたと思うがお母さんだけ。他のお父さんは部活のことは気にならないのかな。

最近読んだマンガ

テラフォーマーズ16・17巻

キングダム42巻

・BLUE GIANT8巻ーーなど。

義祖母が亡くなる、ボイストレーニングの会に参加、息子小学校卒業、箱根湯本に家族旅行

3月5日(土)

かねてから入院していてはっきりといろいろなことの認識もできなくなっていた義祖母が亡くなる。公には100歳だが、出生児の届けを出すのが遅くなっていたため、実際は101歳。僕にとっては「花小金井のおばあちゃん」。かみさんの母方のおばあちゃん。かみさんが福島から東京看護学校に入るために上京できたのも、東京におばあちゃんがいてくれたからで、厳しい看護学校時代、特に最初はかみさんは毎週末のように花小金井のおばあちゃんのところに泊まりに行き、愚痴などを聞いてもらって世話になったとのこと。僕と結婚後、僕もおばあちゃんの家をよく訪れることとなったが、とにかく僕のことを気に入ってくれて、大歓迎してくれた。行くたびに、ハグしてくれる義祖母なんて、あまりいないんじゃないかな。僕も、どこか気持ち的に通じるというか、気が合うというと偉そうなのだけれど、なんというか似ている感じがして信頼感を覚えていた。そのおばあちゃんが、数年前から入院し、寝たきりでほとんど認識ができない状況になっていた。あの快活なおばあちゃんがすっかり見る影をなくしてしまっていた。これで寿命を全うしたかと思うと、さびしいけれどもまあよかったのかなと思う。

3月6日(日)

義祖母が亡くなっていてバタバタとしているところで、息子がインフルエンザ感染

3月7日(月)〜11日(金)

息子学校を休む。義祖母の通夜、告別式はかみさんのみ出席、僕は息子を看病。11日夕方、会社で東日本大震災の当日の行動を振り返る会があり、参加。当時の体験を話し合い、今後に生かすべきことを考える。11日はかみさんの誕生日でもあったが、お祝いはまたの機会に。

3月13日(日)

久々に池袋ジュンク堂に行き、池袋西武下の山野楽器をのぞいてくる。夕方、義父の見舞い。

3月14日(月)

弟の41歳の誕生日。

3月15日(火)

18回目の結婚記念日。ガーデンストロベリーの鉢を買って帰る。

3月18日(金)

母の68歳の誕生日。

3月19日(土)

ギター教室の先生が、知り合いの人に頼んで開催してくれた「ボイストレーニングの会」に参加。腹式呼吸も本格的にやろうとなるとなかなかできない。笑えるくらいまったくできない。でも楽しく学ぶ。夕方からはギターの発表会に。「木綿のハンカチーフ「手紙」を演奏する。夜、参加した先生、生徒たちと、近くの「いちぞう」で打ち上げ。

3月20日(日)

午前中、息子の机を、1階から2階に移動。今までかみさんと息子が寝ていた2階の一番広い部屋が、これからは息子の部屋となる。机をそのままでは運べないので分解し、かみさんと一緒に運ぶ。分解しても重くて苦労したが何とか無事終了。代わりに2階のその部屋からかみさんの鏡台を1階に移動。いまだ寝るのは、息子はかみさんと一緒だが、一人で寝ることになるのも近いだろう。

3月22日(火)

会社のK部長の送別会。目黒香港園」で。K部長は鉄道旅行好きなので、第二の人生は旅三昧か。

3月25日(金)

息子、小学校卒業式。風が強く寒い日。あの入学式から6年。一緒にいる子どもたちも皆大きくなった。息子からあらかじめ「親を泣かせる場面があるよ」と言われていた、ある場面。僕も好きな曲「旅立ちの日」を子どもたちが歌いながら、間奏中に、親への感謝のメッセージ。周りのお母さん方には結構泣いている人もいた。僕は天井を見上げてぐっと涙を我慢。元気で、いい子に育ってます(親バカ…)。先生方、周囲の人々に感謝です。

3月26日(土)〜3月27日(日)

息子の卒業旅行で、箱根湯本に家族旅行。新宿からロマンスカーで湯本に入り、まず昼飯に。自然薯蕎麦で有名な「はつ花」に。混雑で20分ほど待って入る。自然薯を使っていることもあろうがやや蕎麦がパサパサしていたが、まずまず美味しかった。宿泊する「ホテルマイユクール祥月」に荷物を預け、湯本のお土産街をぶらぶら。「籠屋清次郎」の揚げ蒲鉾を食べる。その後、強羅に行き、強羅公園散策、園内にあるクラフトハウスをのぞく。夕方、ホテルに戻る。夕飯はピアノの生演奏を聴きながら和洋食のコース料理をいただく。どれも手が込んでいて美味しい上に、見た目にも楽しいいい料理だった。大浴場の温泉も、サービスもよかったし、満足できる宿だった。次の日は朝から芦ノ湖方面にバスで移動。芦ノ湖近くの関所を見た後、海賊船で桃源台に。桃源台からローウウェイで姥子駅までひと駅移動。大涌谷立ち入り規制のため、姥子駅から早雲山駅まで代行バスで移動。早雲山駅からで強羅に戻り、強羅からは前日同様ケーブルカーで湯本に戻る。夕方4時過ぎのロマンスカーで家路につく。楽しい旅行だった。箱根湯本は近くて温泉もいいから、気に入った。

3月30日(水)

かみさん、夜コンサートに。義母が来てくれる。

息子の個人発表会・市のドッチボール大会、息子12歳の誕生日、弟上京

2月7日(日)

家族で久々にランチ。近くの洋食屋花瑠音」で煮込みハンバーグを美味しくいただく。

2月11日(木)

異類婚姻譚』を読む。

異類婚姻譚

異類婚姻譚

2月13日(土)

午前中は息子の学校行事の「個人発表会」を見に行く。小学6年生一人ひとりがA0程度(?)の大きさの紙に、自由研究の結果を取りまとめ、それを他の児童、親の前で発表する会。体育館の壁に各自の発表を取りまとめた紙をはり出し、一人当たり5分の持ち時間で、プレゼンする。1回15人程度が一斉に発表し、そのほかの児童、親が聴衆となる。息子は、「古代生物と現代生物の共通点」がテーマ。一生懸命、どこか偉そうに(?)プレゼンしていた。ただ、中身が古代生物の解説にとどまっていて、肝心の現代生物との共通点は何かが提示されていなかった(笑)。

午後は、市の小学校のドッチボール大会。児童の有志メンバーが参加。去年は惨敗してくやしい思いをした息子たち。今年は勝負に徹して平等主義を廃し、1軍、2軍に分けて参加。「見に来ないで」と言われていたが、かみさんと内緒で見学に。場所は、近くの市のスポーツセンター。息子は一応1軍ながらも、おまけみたいな感じ(笑)。でも、控えめながらもがんばっていた。見事、予選を勝ち抜き、決勝まで。決勝は負けてしまったが、見事準優勝。去年の鬱憤を晴らせた爽快な感じが子どもたちにあふれていた。一方、2軍には本来1軍に入る力の持ち主のTくんが、あえて2軍も勝たせる、みたいな感じで意気をみせて行ったこともあって、予選を見事勝ち抜き、3位に。皆よくがんばりました。

2月14日(日)

最近は週末に仕事をしなくて済んでいたが、久々にがっちり仕事。単行本化の予定もされている記事の原稿を校閲。かみさんから、ギターの絵がデザインされた箱に入ったチョコレートを、バレンタインデーでいただく。

2月18日(木)

1月から編集部に配属となったKさんの歓迎会を目黒ふれんち食堂 ぴん」で。編集部の歓迎会ながら、予定が合わず参加できない人もちらほら。この辺りが残念なところ。

2月20日(土)

息子の12歳の誕生日。僕が定例の外来のため、誕生日会は翌日に。

2月21日(日)

午後2時間ほど仕事。その後、近くの特養に入っている義父のところに行き、義母・妹とも合流。息子の誕生日を義父に祝ってもらい、その後、僕たちの家で誕生会。近所で評判の持ち帰り寿司屋「魚幸」の寿司を皆でいただく。

2月25日(木)

夜、社労士会の倫理研修に出席。

2月27日(土)〜28日(日)

愛知にいる弟上京。息子の誕生日祝いに来てくれる。中学校入学が近いということで、最新の文房具類をプレゼントしてくれる。息子も喜んでいた。夕ご飯は弟が好きなすき焼きで歓迎。日曜日の昼まで一緒にいる。その後弟は千葉の友だちに会い行き、夕方には熱海に入り、そこで一泊してから帰ったとのこと。弟が帰った後、確定申告、4月からの電力自由化を控え、東京ガスに申し込み。

Connection: close