Hatena::ブログ(Diary)

コンちゃんの模型日誌

ページビュー
3247620

2018-02-20

魚梁瀬のシェイ(35)走りました!

  このパソコンのプラウザが古くて、動画は確認出来ませんが、動画にしました。

D

  果たして見れるでしょうか?遅過ぎますが、こんなもんでしょう。

  ジョギングは27分39秒。脚が重かったです。

  これで週末のナローの集まりに持っていけます。

  トーマさんのシェイに啓発されて、独自にベべルギヤを作ろうと画策してM氏のご協力でギヤが出来ましたが、そのギヤが果たして機能するかという問題は気にしてました。何人かの方は上手くいったようですが、売れた数程ではありません。ここは胴元がきちんと範を示さなくてはならないと言うプレッシャーがありました。そういう意味で安心しました。まもなくベベルギヤの追加が頒布出来ます。この走りを求めて、多くの皆さんが挑戦される事を期待します。

2018-02-19

魚梁瀬のシェイ(34)集電ブラシは片方だけ

  ま、集電ブラシが出来れば完成なのですが、前回も苦労したので慎重に作りました。もっとも、他にも作業があり、月曜日はスーパー忙しい日なので、結局前台車で力つきました。クリアランスが僅かなので、ショートには注意しました。

f:id:konno_sendai:20180220012425j:image

  幸い4軸集電なので、多分大丈夫でしょう。明日試走になりそうです。

  ジョギングはフルコースを走り、26分37秒。ではまた、明日!

2018-02-18

魚梁瀬のシェイ(33)集電ブラシは?

  ボルスターの受けは薄板の円板を貼りました。これでフラつきは無くなりました。

f:id:konno_sendai:20180219011553j:image

  問題は集電ブラシ。ボルスターの横梁にはスペースがわずかしかありません。ピンぼけですみません。これは台枠をボルスターに固定する部分が下に来ているからですね。もちろん内側フレームがあるからの処置で問題ありません。前回はこの隙間にプリント基板の切れ端をビス留めしましたが、ううん難しい!

f:id:konno_sendai:20180219011927j:image

  色々な事を考えましたが、結局ボルスターにL型金具をハンダ付けして、そこに集電気ブラシを取り付ければ良かろうということになりました。

f:id:konno_sendai:20180219012049j:image

  ある意味では模型作りは「解」を探し求める作業であり、良い「解」が見つかると解感、いえ快感になるわけです。このブラシの取り付け法ならさして苦労は無いし、魚梁瀬のシェいも完結が見えて来ました。

  今日は別に二つのプロジェクトを進め、4回死神になりました。特にサウンドの問題では進捗があり嬉しいです。シエイなんて、もう作るだけです。

  ジョギングは24分で参考記録、途中凍っていて引き返しました。転倒骨折だけは絶対避けたいです。

2018-02-17

魚梁瀬のシェイ(32)お!快調!

  モーターを交換しました。快調ですし、思った程遅過ぎません。

f:id:konno_sendai:20180218011806j:image

  ところが、上体が揺れます。何デヤ!と考え、納得しました。ボルスターの「受け」がお粗末だったのです。元々の受けを埋めて偏芯させましたので、ある方向は不安定になります。しかもボルスターセンターがズレていますので、揺れるのですね。薄板で補強しなくてはなりません。

f:id:konno_sendai:20180218012258j:image

  え?土曜日なのに工作はこれだけ?そうなんです。既にバレバレですが、別なプロジェクトに時間を割いてます。今日はその一区切りを付けました。

  夜に外を見れば吹雪です。走れないな。明日は日中に近所の神社でトレーニングします。アクセス数はチェックしていませんが、多くの皆様がルーチンにチェックしていただいているようで、心配してません。

2018-02-16

魚梁瀬のシェイ(31)モーター交換

  26:1は早過ぎたのと、ピニオンが先端なので、プラのギヤヘッドの軸が振れると噛み合わせが狂うという問題がありました。そこで、136:1に交換、ピニオンは12枚をシャフトに直に入れてみました。

f:id:konno_sendai:20180216170540j:image

  モーターのお尻からギヤまでの長さは変わらないので、同じ取り付け方法で大丈夫でしょう。やはりシェイは静々と動きを楽しみながら走らせるのが良いと思います。バルブギヤもロッドも付けたのですから。

  12枚ピニオンは当方のオリジナルなので、余り参考にはならないかも知れませんが、今後このクラスのギヤの供給にある程度力を入れる予定です。

  これから同業者の会合です。明日は動力装置を改良します。