Hatena::ブログ(Diary)

コンちゃんの模型日誌

ページビュー
2837088

2017-04-29

桑折は収穫無し、で・・・

  お天気も良く桑折に出かけてきました。半田鉱山の跡は本当に何も無く、全く鉄分はありませんでした。鉱山跡記念公園なんて悲惨なものでした。さすがにコロニアル形式の伊達役所はすばらしかったですが、今回は画像は割愛。

  勢いでナットを作ってしまいましたが、模型の先輩からエコーと イモンからM1ナットが発売されてることを知りました。お恥ずかしい・・。

f:id:konno_sendai:20170430005207j:image

  エコーは平角3ミリなので、手持ちのボックスレンチが使えますが、IMONは2.5なのでレンチがありません。森井さんに教わった方法で検討すると、M3のキャップネジの平角(で良いのかな?)が2.5なので、ボックスレンチを作りました。IMONから出ているのかも知れません。

f:id:konno_sendai:20170430010843j:image

  これで組み立てた上回りを取り付けてみました。縦に二カ所ですとビクともしません。

f:id:konno_sendai:20170430010941j:image

  というわけで、この試作ではこの方式でやってみます。

f:id:konno_sendai:20170430011042j:image

  そうなると、屋根の部分を取り外し式にするしかありません。それは明日の課題です。

  この他に、あるとんでもない2作品が届きましたが、これについては後ほど。

  ジョギングはゆっくりです。22分27秒。明日から走行距離を伸ばします。

2017-04-28

ブログネタが無いので本業のお話

  町内会総会ですので工作を休みます。

  職業はバレバレですのであえて書きませんが、本業にも模型の技術が生きていると言うお話です。

  中年のご夫人、巻爪で悩んでいて、一度爪を切られて酷い目にあってからは放置して、どうにもならなくなりました。大病院ではどこでも治療は出来ない、爪をとるしか無い等と言われ、最後に当院に辿り着きました。

f:id:konno_sendai:20170428143151j:image

  正面から見ると綺麗に円筒になってます。ボイラ丸め機を使ったみたい(笑)。

f:id:konno_sendai:20170428143244j:image

  飛び出した部分はカットしましたが、断面は丸ですね。

f:id:konno_sendai:20170428143326j:image

  タミヤのニッパーが爪切りには最高です。

f:id:konno_sendai:20170428143409p:image

  このリューターで爪の厚みを半分まで削ります。以前はドレメルを使っていましたが、響くようで歯科用に切り替えました。

f:id:konno_sendai:20170428143446p:image

  ANEXノピンバイスで両脇に孔をあけてφ0.5の形状記憶ワイヤーを嵌め込み、紫外線硬化型接着剤で固定します。

f:id:konno_sendai:20170428143641p:image

  治療直後。

f:id:konno_sendai:20170428144052j:image

  丸みはすっかり改善されています。

f:id:konno_sendai:20170428144127j:image

  「ハイ出来ましたよ!どうですか?」

  「まあ!!・・・・・・・・」

  そのお方の顔に驚きと喜びと、そしてうっすらと涙を見た時、ああこの商売で良かった、自分は恵まれている、とつくづく思いました。模型作りの趣味がなければ出来ない治療でした。大病院の最新の医療器械もコンの爪の技術の前には無力です。仙台では爪治療の第1人者としてその地位を確立出来ました。あとは弟子を育てなくてはなりません。時々見学者はおりますよ。でも儲からないから・・・・。

  U太君、待ってますよ、おいでませ!

  追伸です。明日の鉄道模型市で銀座軽便さんに角形モーターやφ7コアレスモーターを販売してもらう事にしました。ベリリウム銅線も各種ありますし、数は少ないけれどローラー運転台も卸しました。お時間ある方は鉄道模型市へ!

2017-04-27

進め〜〜!

  ナットで締める方式は今回だけで、やはり床板の下からのビス留めが本線ですね。しかし、市販のM1ナットは異常に高価でナットクできませんので、作りました。平径を1.7とすれば、φ2を例の方法で六角にすれば良い筈。

f:id:konno_sendai:20170428011457j:image

  2ケで良いのですが、紛失したときの保険で3ケ作りました。

f:id:konno_sendai:20170428011603j:image

  平径1.7のレンチにきっちり納まりました。ある意味ではビス留めより簡単です。

f:id:konno_sendai:20170428011707j:image

  確かM1.4のキャップネジの六角の平径が1.3ですから1.7はM2のキャップネジで良いのかな?森井さんのキャップネジ→レンチというアイデアは素晴らしいし、皆さん覚えておいて損は無いと思います。

  サイドタンクの上縁のパーツを作ります。リベットは省略しますが、左側には炭庫があるので、このような造作になるのかな?もちろん石炭取り出し口も作りました。

f:id:konno_sendai:20170428085527j:image

  明日は町内会の年次総会なのでまたまた工作を休みます。ある話題を盛り込みます。

  問題は大学の教授で、退官した後チェロに凝ってます。とうとう指名がきました。「お前ピアノ弾けるだろ。サンサーンスのSYNGNEの伴奏をやれ!」とうことで特訓が始まってます。

  ジョギングは21分29秒、身体が重いな。

2017-04-26

床板

  やはり上廻りと下回りの連結で悩みます。もう上廻りの概略が出来ても良い頃なのですが、クヨクヨと悩んでいます。例えば、この写真のように、下回の床板固定ビスと集電ブラシ固定ビスがありますので、ビスを1ミリ伸ばして、ナット固定という手もあります。もちろん屋根が外れるという前提ですがね。

f:id:konno_sendai:20170427015557j:image

  この場合縦に二カ所固定となるので、かなりしっかりした固定となり、前方は軽く引っ掛けただけでもinstabilityは余りでないのではないかと考えました。つまり、ナットで二カ所固定するわけです。問題はm1ナット。高いですよね。アドラーズネストがacceptableかな?キットにした場合レンチを添付しなければならないし、ええい、面倒くさい!どなたか安いM1ナット知りませんか?

  今日はまず色々ありまして、いずれご紹介出来ると思うのですが、そういうことで僅かな工作でタイムアップです。明日は時間があるので少し頑張れます。明後日は町内会の総会で、気のおけない連中と酒席となります。あすなろではないのですが、明日は可成り進めるつもりです。

2017-04-25

半田銀山

  会合がありまたまたお休み.大丈夫かな?

  4月中旬の新聞に半田銀山の記事が載っていました。残念ながらあまり史跡が残っていないので、鉄道関係では知られていないようです。日本三大鉱山の一つでお隣の福島県桑折町にありました。

http://www.town.koori.fukushima.jp/site/kankou/handa-ginzan.html

  一次枯渇しましたが、五代友厚が復興させ1976年に閉山となったようです。果たしてどんな車両が働いていたのか?皆目分かりませんが、「半田銀山史跡公園」が残っているという事なので、連休に出かけてみるつもりです。軌道跡は残っているようです。鉱車や機関車については皆目分かりません。もしかして人力だったのかも知れませんが、1976年まで人力という事は無いでしょう。また桑折町には旧伊達郡役所という近代建築も残っています。半田銀山に関して、ご存知の方、史料がありましたら教えてください。コンは林鉄はもはや手が出せないので、鉱山モノを少しやってみたいのです。

  それにしても半田銀山の車両をハンダ付けで作るなんておもしろい洒落ですね。

  ジョギングは出来ませんが、今日は仙台駅まで徒歩で40分程歩くつもりです。ではまた!