Hatena::ブログ(Diary)

コンちゃんの模型日誌

ページビュー
2623118

2016-12-10

カツミのCタンク完成

  集電ブラシをベリリウム線に交換し。モータはミネベアのSE15,ロッドは太くてガタガタ、第3動輪の伝動でも上手く走ります。スーパーキャパシタまでいれました。

f:id:konno_sendai:20161211010232j:image

  良く走ります.スローが効きます。ですからロッドの不細工さ等気になりません.上廻りをのせて完成です。

f:id:konno_sendai:20161211010349j:image

このモデルでは一応完結とします。ライト点灯等残りますがスロー、スムーズな走りは絶品です.ディテールより走りと言いますが正にその通りと思います。

  今日は21分55秒。寒かったですね。明日こそコッペルを仕上げるぞ!

2016-12-09

カツミのCタンク

  を作っているIさんから、珊瑚のギヤボックスにしたいので、アイドラギヤ打ち換えのご要望です、問題はギヤボックスの嵌るカラーで、結局旋盤で挽いて作りました。この方式では、ギヤボックスはカラーを押さえるので、カラ−内の車軸はフリーという事ですね.位相合わせも済み。コロガリテストもクリアしたので所沢に明日帰ります。心配なのはギヤボックスで、フレーム内に納まるかな?

f:id:konno_sendai:20161210012250j:image

  これでコッペルへということでしたが、当方にも同形機があります。作ったろじゃないの!ということでこちらに暴走しました。

f:id:konno_sendai:20161210012555j:image

  モータにミネベアを奢る良く走ります。リパワりんぐにはもってこいでしょう  

  ところでこのモータ、2000ケ売れました。つまり残りは半分ですよ、お求めはお早くね、

  ジョギングは丁度23ふん。

2016-12-08

洋白材のこと

  同人誌の編集が終わったらお送りしますね、とお約束していた多くの事が大体解決しました。その中に洋白材の問題も有りました。調べてみると洋白線は「さかつう」でしか揃わないようです(それも数量限定)。KSではφ0.4しかないとか(IMON情報)。φ2以上になると殆ど絶望的みたいです。

  φ0.7,0.8,0.9,1.0,1.2は常時お友達に供給出来る体制になっています。問題はその価格で、可成り高価になってます。

  ちなみに出入りの材料屋で在庫を補充したのですが、

   φ2.0:\2000/1m

   φ3.0:\2150/1m

φ4.0:\2400/1m

でした。タイヤ用のφ30とかになると10cmで数千円という驚くべき価格です。板も高いですし、板を切り抜いてロッドを作ったりする人も少ないみたいです。模型店でも徐々に取り扱いを止めており、特に関西では殆ど入手困難と聞きました(なぜか燐青銅板は入手が容易)。来年のスワップでは洋白材の少量頒布も予定していますが、その切り出し作業もなかなか大変ですね。そうそう2週間ちょいで大宮ですね。K兄からいろいろ依頼が来てました。

  あ、それから少し工作室の整理もしました。

  昨日、ナロー蒸機の下回りキットは無いなどとほざいていしまいましたが、アルモデルのBタンクの下回りのみが発売されていますね。これでS氏がガーラットを製作中みたいで楽しみです。

  鬼が笑うかも知れませんが、やはりドコービルを何とかしたい。ある解決策として

  下回りを簡略化したHOeのモデル

  下回りを作り込んだ6.5mmのモデル

の2種類のバージョンでどうかと思っています。今作っているコッペルはそのための準備みたいなものです。

  コッペルの集電ブラシを少し始めましたが、画像にする程では有りません。明日、試走出来ればと思います。

  ゆっくり走って丁度23分でした。様々な懸案に見通しが立ち、少し安楽な気分です。では、これから作ります!

2016-12-07

フェルトバーンの下回り

  3度にわたって再生産されたフェルトバーンのBタンクキットは、エガーの再生産とアル/トーマの一連の蒸機キットの発売でその歴史的な役割を終え、製造元の当社にもわずかに1セットを残すのみとなりました。しかし、下回りのエッチング板は4倍生産したのでまだ大量に余っていますし。シリンダや特性のクロスヘッドもあります。

f:id:konno_sendai:20161208013622j:image

  ボックス輪芯は品切れですが、コッペルのスポークなら大量にあります。

f:id:konno_sendai:20161208013653j:image

  シリンダブロックなんて、再生産したままですよ。

f:id:konno_sendai:20161208014138j:image

  確かにナローの動力は増えましたが、クロスヘッドやシリンダブロックが揃っていますか?やはりDL用ではないでしょうか?とすると小さい蒸機の下回り動力として、フェルトバーンの下回りはまだ存在意義が有るのかも知れません。2年前に100セット作って完売し、もう止めようと思いましたが、引き合いが有りまして又作る事になりました。問題はモータでアルモデルのモータ取り付け寸法が変わったので、その事を断らなくてはなりません。この動力のアイデアはトーマさんでした。今でもこのアイデアを提供してくれたトーマさんには恩義を感じています。トミックスの台車ももはや入手出来ないので、この方式はまもなく廃れるでしょう。でも材料の有る限り供給するのがアマチュアモデラーの心意気、ええ、スワップに向けて再生産しますよ。

f:id:konno_sendai:20161208014204j:image

小さなアクリル小箱がポイントです。出来れば100セットくらい作りたいです。

  今日は雨で走れませんでした。従って調子悪いです/

エッチング板と部品ボックス、それにモータで\3000は高いかな〜〜/

2016-12-06

ベリリウム線

  到着しました。さっそく熱処理を試してみます。325度で15~30分ということでしたので、20分過熱しました。幸いニッパで切れない程硬化せず、程よい固さです。曲げる事も出来ます。熱処理前に比べてカットしたときの感触は可成り違います。

f:id:konno_sendai:20161206173422j:image

  M氏より提供された熱処理済みベリリウム銅線はφ0.15とφ0.3だったので、φ0.1とφ0.2を商品化することにしました。また板も購入しました。これはシャーをかけてから熱処理します。

  というわけで、これから忘年会です。ご注文でお待たせしている方も多々有り、もう少しだけ御猶予下さいね。