Hatena::ブログ(Diary)

コンちゃんの模型日誌

ページビュー
2509200

2016-09-30

ミネベアSE15H

  到着しました。ガレージに段ボール8ケです。

f:id:konno_sendai:20160930161817j:image

  中身はこれ。

f:id:konno_sendai:20160930161857j:image

  スペックはこちら。

http://www.eminebea.com/jp/product/rotary/brushmotor/dc/se15h.shtml

  低速でトルクが強く、4ケのネオジム磁石と6極の電機子を持つこの画期的なモーターは模型仲間のN氏からその存在を教わり、一時期形落ち品が販売されていましたがすぐに品切れになりました(誰かがまとめ買いしたみたい)。その責任もあり、コンが胴元なってナローガレージさんと協同でメーカー発注をかけました。尚、一般小売部門はナローガレージさんにお願いしてあり、当方では模型仲間(これまでメールでお付き合いした方)以外のご注文は受けられませんのでご注意下さい。こちらです。

http://narrow.d.dooo.jp/index.html

2016-09-29

何デヤ!を乗り越えて・・・

  前照灯のLEDですが、皆さんはチップをどのように固定されていますか?コンは少量のエポキシをリード線根部に塗布して固定しますが、大抵傾いたりズッコケたりします。そこでルール違反ですが、UV硬化型接着剤を使ってみる事にしました。これが今日のキモです。そしてネガティブな意味で新発見がありました。商売柄工業用ではなく歯科用のUV硬化型接着剤を使いました。紫外線10秒で固まる速攻型です。

f:id:konno_sendai:20160929200137j:image

  プライマーを施して、接着剤を塗りブルーショットで固めます。スッキリ出来ました。ところが何と点灯しないのです。「何デヤ!」が出ました。慎重にやったつもりが断線でしょうか?どうにもこうにも点灯せず、せっかく固定したLEDを引きはがし、やり直しです。やはり点灯しません。「何デヤ!何デヤ!」と連発になります。この時、「ハッ」と思った事がありました。つまりブルーショットでLEDを照射した時にLEDが異常に輝いたのです。もしかして、LEDは強力な紫外線で劣化してしまうのかも知れません。3回目は従前の方法でエポキシです。何て事無く点灯します。超強力UVLEDを劣化させるという考えは一般的なんでしょうか?それとも新しい知見なのでしょうか?識者の方教えてください。

  2回の何デヤを乗り越えて、点灯しました。少しボイラが上向きだけれど、このまま組んじゃいます。黒染めしたパイピングを嵌めて、窓ガラス、前照灯のガラスを入れ、屋根をのせておしまい!

f:id:konno_sendai:20160930092101j:image

  今日は秋になり、風も爽やか。模型はへくりましたがジョギングは快調に21分40秒。同人誌も大体目処がつきました。明日も野暮用がありますが、話題もありますのでお楽しみに!

2016-09-28

今日も

  上廻りを組みますビスピタリピタリで気持ちよく組めました、炭水部分のフレアは大失敗でした。たしかにこれでは石炭がこぼれますね。

f:id:konno_sendai:20160929010818j:image

  ボイラにいろいろ取り付けます。ハンドレールはφ0.45の超弾性ワイヤーにします。

f:id:konno_sendai:20160929093940j:image

  このような組み立て手順にしたくて、やっかいな構造にしましたが、その分組むのは楽です。従台車の動力化は今回は断念しました。Dfさんから1ケモーターで凸電のような構造がベターではとアドバイスがあり、成る程度と納得しています。

  同人誌の編集もあと一歩、見通しが立ちました。

  今夜は蒸し暑く、ジャージーで走ると大汗でした。23分12秒。

組み立て進める

  床板にキャブを固定、配線は上手く納まります。前部台車の支点をランニングボードの中央に置いたので、ボイラはその上に乗せるだけ。言い換えれば、ボイラ無しでも走ります、従前のメイソンはボイラに台車の支点があり、下回りだけで走らせられない問題がありました、こんかいは吟味してボイラを最後に取り付けても構わない方式です、やってみ無いとわからないかも

f:id:konno_sendai:20160929010818j:image

れませんボイラもルシアンアイアンを気に留めて極彩色にしています、見に来てくださいよ.・・・・・・・

  肝腎のボイラは組み立て中。問題は前照灯のLEDですね。

2016-09-27

何デヤ!

  実際に配線してみた所、ピクリとも動きません。「何デヤ!」と調べてみたら、何とパックからのフィーダー線が断線してました。気を取り直して、サイドスイッチオン!無事走りましたが、今度はバックでショートです。「何デヤ!」と熱くなります。もしアウトサイドフレームが一部絶縁車輪のタイヤにあたっているとなると、コトです。1時間程検討して原因が判りました。何故前進でショートせず、バックでショートするのか?おわかりですか?ちなみに、絶縁車輪はプレート部分がPOMのタイヤ絶縁です。

f:id:konno_sendai:20160928010208j:image

  無事修正しまして、曲線通過テストです。280Rはこんな感じでラクラクです。フォーニィはボギー化が走行には有利と言う仮説が証明されました。こちらでは「何デヤ!」は出ませんでした。

f:id:konno_sendai:20160928010352j:image

f:id:konno_sendai:20160928010410j:image

  ちなみに「何デヤ!」は、我が尊敬する西宮のH御大の口癖です。

  あとは上廻りを組み付けて、LEDを点灯させれば完成です。

  ミネベアのSE15Hがまもなく入荷という連絡が入りました。強力でスローの効く超高性能モーターでI○O○のコアレスと同等の性能です。このモーターを模型界に普及させたくてバカな発注をしました。是非ご注文をよろしくお願いします。

  今日は多少お疲れで、ジョギングは流しました。23分15秒。このタイムだと殆ど息切れしません。皇居一周も出来ます。

2016-09-26

試走

  組み立てて仮配線してみました。走ります。これで一安心。ややこしい構造にしたのは、下回りだけで試走させたかったからです。

f:id:konno_sendai:20160927010402j:image

  あとは前照灯のLED組み込みと前台車の振りの調整くらいです。何しろドーム類を取り付けないとボイラーにウェイトが入れられず、ウェイトが入らないとパイピングが出来ないと言う厄介な構造です。ナローでは長い機関車ですね。もともとタンクロコとテンダーロコの中間みたいな構造ですので。

  いろいろ仕事もしました。同人誌も進めました。ジョギングは19分30秒。少しまじめに走りました。ジムへは行けませんでした。ブヨブヨの身体が恥ずかしくて、若い女性に見られたく無かったのです(え?そんな色気あるの?)。もっともコンのご母堂も行ってますので、明日こそ勇気を持って入会じゃ!