Hatena::ブログ(Diary)

コンちゃんの模型日誌

ページビュー
3650863

2012-01-28

コッペルのロッキングレバー

  お友達からメールがあり、コッペルのロッキングレバーの組み立てに失敗したので、スペアパーツを送って欲しいと言う事です。実は、そういうお申し出は沢山あり、4両程組んだコッペルの余剰パーツはすべて放出してしまいました。今回のお申し出に応じるには、エッチング板1枚潰さないといけません。ま、しかしこんな難しいキットに挑戦していただいているのですから、快く承知しました。パーツは4組あるので、後日自分用にすれば良かろうと言う事です。孔をあけたら、ピンを通して、このような位置に置きます。

f:id:konno_sendai:20120129010250j:image

  ここでちょっぴりフラックスを塗り、ハンダ鏝を「チョン」とつけます。こうなります。これで成功です。

f:id:konno_sendai:20120129010251j:image

  無事出来ました。

f:id:konno_sendai:20120129010252j:image

  コッペル30HPは、自分としては会心のキットで、多くのファンに受け入れていただきましたが、その作り難さは反省すべきでした。少しディテールを押さえて、作り易くしたコッペルが人気なのも頷けます。この30HPは難キットとしてきっと後世迄語られるでしょうね(笑)。

平尾平尾 2012/01/29 23:27 関節ピンのハンダ付けですが、私は間に薄い紙を挟んでピンを通してハンダ付けをしています。
バックウッズのキットを組むときに憶えた手法ですが、ハンダの回りを確実に阻止でき、しかも紙を取り去った後、関節に適度の遊びが出来ていい具合です。ぜひお試しください。

konno_sendaikonno_sendai 2012/01/30 01:01 平尾さん、本当ですね!良い方法を教えていただきました。早速試してみます。これで失敗が少なくなれば良いですね!

5satins5satins 2012/01/30 20:03 平尾さん失敗した当の本人です。とても参考になりました。次回は是非この方法にトライしてみたいと思います。

美男(備南鉄道)美男(備南鉄道) 2012/01/30 22:49 アルミホイルを挟めば良いという記事が昔のTMSに載っていたと思います。自分はアルミホイル派です。平尾社長の後から書き込んだら、蛇足でしょうが。原理としては、溶けた半田が毛細管現象のように流れないように、「親半田性」でない物を挟むと言うことでしょうか。やっぱ蛇足でした。

konno_sendaikonno_sendai 2012/02/01 01:03 美男さん、アルミホイルも良いと思います。実は使ってみたのですが、浮き易いです。紙の方がベターかも・・。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/konno_sendai/20120128/1327767036