Hatena::ブログ(Diary)

コンちゃんの模型日誌

ページビュー
3338880

2012-07-06

Shark-fin shaped equalizer(2)

  試作は完成しました。このメカニズムは、片方のボギーボルスタが傾いた時、その傾きをもう一方のボギーボルスタに逆の方向に伝える事で、シーソー運動をさせ、結果的に左右に振れることを抑制するというものです。この写真では前後のボルスタベッドは互いに反対側に傾いていますね。

f:id:konno_sendai:20120707003608j:image

  指で一方のボルスタを傾けると、反対側は別の方向に傾きます。

f:id:konno_sendai:20120707003617j:image

  余り上手く表現出来ませんが、キャンセラと言いますがネガティブフィードバックが自動的にかかることで、車体の振れを抑制しています。これは、基本的な動作としてはロンビックイコライザと同じです。ただ、動きの伝達方法をリンクではなく、特殊な形状の板材にしただけで、作動の固定点を結ぶとロンビックと同じ菱形になります。台車を付けてみました。そのままでは、このように傾きます。

f:id:konno_sendai:20120707004853j:image

  指で台車を傾ければ、もう一方の台車は反対方向に傾きます。

f:id:konno_sendai:20120707004854j:image

  線路に乗せれば、全くグラグラしません。特にポイント通過時の安定性がこのメカニズムの素晴らしいところで、齢90才を超えた方がこのメカニズムを考えられた事に、感激を覚えます。またI氏は、この考えを自分の手柄とせず、私のような若輩に伝授し、広く公開するよう奨めてくれました。大変有難い事であり、氏に感謝の気持ちを込めて今日のブログを書きました。作品に応用する為には、ちょっとだけ改良の余地があり、明日はその辺をお話しします。素晴らしいメカであり、発案者のI氏の栄誉は語り継いでいただきたいと思います。

クラーケンクラーケン 2012/07/07 03:42 最近の実物の電車は空気バネでこの作用をさせていますね、機構は全く違って、台枠からの距離を測って常に水平になるように左右の圧力を調整しています。
ただ、余り応答性が良いのも乗り心地が悪くなるので、オリフィス(絞り)で急激な動きを抑制し、
差圧弁と言う弁で、左右の圧力差がある程度の値になると左右の圧力差を均等化するようになっています。カント上で止まった場合などに活躍します。
これらは空気バネになって初めて実現した事で、金属バネの頃とは全く変わりましたね。

まーくんまーくん 2012/07/07 05:52 左右にフリー、そしてその傾き加減を適度に抑制。つまりスタビライザーということでしょうか

DD 2012/07/07 09:12 おお、できましたね。
表題のスタビライザはあまり感心しません。あくまでもイコライザです。ロンビック・イコライザの力の伝達をよりコンパクトにした形です。
伊藤剛氏から、紹介くださる時は名前を出して戴いて結構ですと連絡を受けています。

私の作品は相変わらず行方不明で写真を出せませんが、ホイールベースの大きな車体には極めて有効です。
私のは、89ft(27メートル)もありますので、S字カーブの続くカント上での振舞いが大きく改善されました。
通常方式のロンビック・イコライザでは、途中の力の伝達経路が長くなり、その納まりがあまり感心できない状態になります。
その点、このねじり伝達は、極めてコンパクトにまとまります。

konno_sendaikonno_sendai 2012/07/07 09:50 クラーケンさま、実物ではそうなっているのですね。台枠が傾くと、自動的に圧力が変わって傾きを補正する機構が備わっているという事だと思います。でも、このメカも面白いですよ。
まーくん、自分もスタビライザみたいなものかなと思っていましたが、やはりイコライザの範疇にはいるようです。
Dさん、ようやく出来ました。効果は素晴らしく、久しぶりで模型をやっていてワクワクしました。今回は試作で、厚板を使いましたが、本番はもう少し薄いものでコンパクトに作ってみます。工作は極めて簡単でストレスがありませんでした。Dさんの行方不明の客車を見てみたいです。

ム 2012/07/07 10:39 16番(に限らないのですが)のトレーラー車は、ある程度車体に重さを持たせ、ボルスターのスプリングの硬さを柔らかめにしてレールとの追従を良くしたりするのですが、その方法では確かにグラグラと車体が揺れてしまいますね。
私も試してみようかな?(現在風邪でダウン中なのでもうちょっとしてからですが)

初瀬春日初瀬春日 2012/07/07 10:54 教えて下さい。
1. 両端の支点は、カプラー台みたいなブロックに差し込んである
線材だけですか?
ボルスターの真下に支えは設けてありませんか?

2. 中央の連結部は単純に相互に回転するよう接続しただけですか?

大変面白い機構だと思いますが、トレーラーなので重量が少し気になります。
自分のロコはみんな非力なので。
自分でやるとなったらパイプや線材で構成して軽量化を計ろうかと考えました。

sktskt 2012/07/07 11:43 なるほど、参考になります。が、なぜこのような板構造を採用したのかがよくわかりません。棒材のアームでボルスタを結ぶ2軸軸受け用ロンビックと同じ構造で良いのでは?アームの形状を工夫すればこの板構造と同じように床板の中央付近に可動部をまとめることも出来そうですし。

konno_sendaikonno_sendai 2012/07/07 17:58 ムさん、是非お試しください。
初瀬さん、明日のブログで画像付きでお答えします。ボルスタの真下は何もありません。
sktさん、なぜこのような構造を採用したかは、Dさんのコメントと、作ってみればわかるともいます。リンクを利用した場合より工作が楽で、コンパクトにまとまり、またシルエットも悪くないのです。是非試作してみて下さい。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/konno_sendai/20120706/1341590506