Hatena::ブログ(Diary)

コンちゃんの模型日誌

ページビュー
3061738

2012-07-07

Shark-fin shaped equalizer(3)

  実践に入る前に手直しをしました。前回の設計では菱形が歪んでいます。フカひれを少し改良して、正しい菱形になるようにし、また軽量化を図りました。フカひれ部分はt0.6で十分です。

f:id:konno_sendai:20120707183409j:image

  床板には回転軸の受けの取り付けビスのみとなります。

f:id:konno_sendai:20120707180119j:image

  軸受けは差し込んであるだけです。ですから、このピン孔の位置がボルスタの高さを規程します。

f:id:konno_sendai:20120707180120j:image

  中央はいわゆるカプリングです。外径1.5内径1.0のパイプを短くカットして嵌めるだけです。

f:id:konno_sendai:20120707180121j:image

  今回使用したKDの台車はボルスタの左右に突起があり、傾きを規制する作用がありました。この方式を採用する場合は、ボルスタの傾きを極力抑制する機構が必要かも知れません。段付きビスにスプリングでは、このメカは活きてきませんので。

  今日は、またまた集まりがあり続きは明日です。このメカは非常に面白く、また作ってみないとその価値や意味が分かりづらいので、興味のある方は是非試作される事をお奨めします。工作は、コツさえ押さえれば極めて楽で、誰でも一晩で作れると思います。

DD 2012/07/07 20:11 このイコライザを完璧に作動させるコツは、極力ガタを減らすことです。
ガタの発生場所は、?ボルスタの支え部分、?フカヒレの先端支持部分、?センタのオスメス部分です。
?はまず問題ないのですが、?のひれの先端は丸くして、サイド受けの丸みに合わせるか、軸を飛び出せて軸受で押さえるかです。
?はできればボールジョイント風にすると良いのです。丸棒と円筒ではコジてしまうことがあります。
それとご解説にもあるように、台車とボルスタは回転だけを許し、傾かないようにすることです。
もうひとつ、台車がイコライズしていないと、またできればスプリングが利いていないと、動きが悲惨です。

DD 2012/07/07 21:05 文字化けして?になってしまいました。数字の1,2,3に丸を付けたものです。
環境依存文字で再現されませんでした。前後から想像して下さい。申し訳ありません。

鹿ヶ谷鹿ヶ谷 2012/07/08 09:23 このイコライザーは実際の動きを見ないとメリットがよく理解できないと思います。私も実物の動きを見るまではよくわかりませんでした。動画をUPしてはどうですか?
車体が傾くことなく台車が逆位相で動いて線路のよじれを吸収する。手で揺さぶってみて、一般の車両と安定性の比較をする。なんてのがいいと思いますが。

森井義博森井義博 2012/07/08 12:13 このイコライザは私も是非作ってみたいと思います。
ただ、中央の部分が上下するようなので、回転と上下動をうまく行える関節構造が必要なのではないかと思います。
今の形状ですと、床下に納めるた場合、床下機器の取付に困りそうなので、何とかしないといけないかなと思っています。

DD 2012/07/08 21:18 この作例では部品の面積が大きいのですが、面積を極限まで減らすことは可能です。堅い材料を使って、捩じりに耐えるようにすると良いのです。
その作例を用意したのですが見つからないので、早急にもう一台作ってお見せします。

konno_sendaikonno_sendai 2012/07/09 00:43 Dさん、まさにおっしゃるとおりです。ただ、作り易さはこちらが勝っているようです。作例を楽しみにしております。
森井さん、Dさんのおっしゃる通り、かなりコンパクトに出来ます。例えば、φ3くらいの棒材にフカひれをつけても大丈夫です。φ2でもいけるかもしれません。そうなると、気動車のドライブシャフトみたいにも見えますね。
鹿ヶ谷さん、ご一緒しましたので、実物を見て手に取ってみると、その価値が良くわかりますよね。動画も勉強していますのでもう少しお待ちください。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/konno_sendai/20120707/1341652328