Hatena::ブログ(Diary)

コンちゃんの模型日誌

ページビュー
2827811

2016-06-27

置きハンダ

  コンの勘違いが元で、お騒がせしましてすみません。Dさんのハンダ付けの基本は「置きハンダ付け」であり、ハンダの小片をフラックスを塗ったワークに置き、鏝で加熱すると言う技法でした。その際、飽和塩化亜鉛溶液をフラックスに使用すれば、フラックスの沸点はハンダの融点を上回るのでフラックスが撥ねずにハンダ付け出来ると言うのが主旨でした。思えば、米国ではバーナーや炭素棒等によるハンダ付けが主流で、ハンダ鏝は配線くらいしか使わないという話を聞きました。するとハンダ鏝にハンダを載せてフラックスを塗ったワークに押し付ける技法は日本独特のものであり、「ハンダ付け文化の違い」ということかもしれません。

  さて、飽和塩化亜鉛の溶液は放置していたら徐々に白濁は取れました。ちなみに瓶を含めた重量は85gでした。同じ瓶の重さは50gですので、内容物の重さは35gです。そして注射器で容量をはかると16ccでした。すなわち飽和塩化亜鉛溶液は比重が2ちょいあることになります。でも100ccの水に400g近く融けるのだからおかしいんじゃない?という議論もありますが。溶質、溶媒の問題で100ccの水に400gの溶質を溶かし込めば、全体の容量は200ccを越えると思います。ざっくり、飽和塩化亜鉛溶液の比重は2ちょいと推察しました。

f:id:konno_sendai:20160628003814j:image

  幸い手元にはエコーモデルのφ0.5のハンダがありましたので、これをカットして「置きハンダ」をしてみました。フォーニィの炭水部分の仕切りはフレアーにしたので作り直してです。古典機のように仕切り板を自作し、ついでにアングルで補強も表現して、炭水部分にハンダ付けしました。具体的にはワークを例のピンセットで固定し、カットした糸ハンダを接続部に置き、飽和塩化亜鉛を塗って裏から100Wのハンダ鏝を当てました。驚いた事にジュッと言わずに静かにハンダが流れました。

f:id:konno_sendai:20160628013612j:image

これがDさんのいうハンダ付けだったのです。綺麗に流れます。これで、飽和塩化亜鉛フラックスのハンダ付けの要領が少しわかってきました。日本のハンダ付けの歴史の中で、このような事は多分一度も言われた事は無く、多くの模型人は塩化亜鉛を適当に薄めてジュッとやっていたわけで、一つの革命かもしれません。ともかく置きハンダ付けで、鏝で加熱するにせよ、バーナーや炭素棒で加熱するにせよ、飽和塩化亜鉛溶液を使うとフラックスは撥ねる事無くハンダ付け出来るということを本日了解しました。Dさん、ありがとうございます!

廣瀬廣瀬 2016/06/28 02:20 そういうことでしたか!
私も最近は、80%ぐらいの部分を、置きハンダかコテで軽く止めただけ(盛り上がった点付け)、バーナーで加熱という方式で組んでいます。使っている塩化亜鉛は飽和かどうか分からないですが、時々ハンダが塩化亜鉛が突沸した際に飛び跳ねることがありました。恐らく、塩化亜鉛が薄くなっていたのでしょうね。入手したときは、それほどでもなかったのに、飛び跳ねる頻度が最近高いと感じていました。もっとも、バーナー加熱なので一気に、塩化亜鉛の沸点を超えるとダメですものね。これからは、塩化亜鉛に直接炎が当たりにくい様に気をつけて加熱してみます。
置きハンダは「表に出ないようなハンダ付け」を目指している方には向かないかも知れませんね。私は、気にせず、表裏にハンダが回るようにバーナーであぶります(笑)

konno_sendaikonno_sendai 2016/06/28 10:04 廣瀬さん、コメントありがとうございます。塩化亜鉛はお送りしましたので、是非お試しください。バーナーで炙る場合には有効だと思いますよ。

廣瀬廣瀬 2016/06/28 21:34 コテにハンダを乗せてハンダ付けするのは、最近は「仮止め」の時だけです。
置きハンダか、すでに付着しているハンダを伸ばすか、と云うパターンが多いです。
バーナーで炙るときは、糸半田をニッパーで1〜2mmに切ったモノを、多いときは10箇所ぐらいに置いて加熱しています。もちろん、フラックスは先に付けています。100均で売っている、注射器状のシリンジを使っています。付けすぎたら吸い取ります。化粧品売り場に有る、移し替え用のスポイドの高機能版といっう感じのものです。竹籤も併用しています。 みなさんどうしておられるのでしょうか?

konno_sendaikonno_sendai 2016/06/29 01:06 廣瀬さん、自分も最近は出来る所はバーナーで半田を流す事が多いkです。しかし、全部炙るとバラバラに成る場合は部分的に鏝で加熱する事に成ります。この辺の兼ね合いですね。自分はフラックスの塗布はマイクロブラシ(ファイン)です。

廣瀬廣瀬 2016/06/29 01:27 マイクロファインブラシは、良さげですが高価ですね〜
訂正です、「仮止め」の時だけです、は言い過ぎでした。パイピングや、小物は半田ゴテです。
大物で、コテでハンダを持っていくのは、盛り上げる時ぐらいかもしれません。
バーナーでやると、大きなコテを持ち出さなくて良く、腱鞘炎にやさしいので使い始めたらすっかりクセになってしまいました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/konno_sendai/20160627/1467045247