Hatena::ブログ(Diary)

コンちゃんの模型日誌

ページビュー
3649652

2018-08-13

東原氏のペショ(5)ギヤボックスの製作、あ!まただ!!

  よく考えると、15枚の左ヘリカルの左右に415のベアリングがデンと鎮座ましましては、ウオームがベアリングと干渉するのは明白でした。そう言う事を予見出来ないのですから、後期高齢に近いのに恥ずかしい限りです。幸い材料が残っていましたので、ベアリングではなくφ2のシャフトということで作り直しました。前後の板はt2快削真鍮版で作り、ハンダで組んで、欠きとるよていでした。で、フライスにセットした時に、汗がテーブルに滴り落ちました。いけね!と拭き取ってCRCを吹いたあと、作業を再開した時に、間違えました!欠き取りの部位を逆にしてしまったのです。ままよと、仕上げて、噛み合わせチェック。にゃんこさまのご心配はともかく、噛み合わせはOKでした。

f:id:konno_sendai:20180814010544j:image

  また蒸し暑くなりました。工作本は暑さの中で歯を食いしばってやってます。それでも粗悪炭を喰わされないようにテンダーの世話は欠かせません(旧いTMSの表現です)。日中は義理ドライブで奉仕しなくてはなりません。

  ジョギングは26分34秒。実は10年使ったこのパソコンが、いろいろ問題があり買い替えなくてはならず、憂鬱です。つまり、セットアップが億劫なのです。

railtruckrailtruck 2018/08/14 07:49 415のベアリングを入れてもギアボックス側板の間隔を少し広げるなどで干渉は回避できると思いますが...

konno_sendaikonno_sendai 2018/08/15 01:28 railtruckさん、なるほどそうですね。ただ、ギヤボックスの押さえ板の幅が広がると、動輪押さえ板の欠き取りが大きくなり過ぎる問題があります。材料は温存していますので、幅を広げてベリングを入れると言う事も一つの解決策として記憶しておきます。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/konno_sendai/20180813/1534176573