そこがミソ。-ドラマ特撮感想などを思ったままに このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-02-28

今年度のJUNONグランプリの市川知宏くんて、研音なんだ!(今研音のお知らせで知った)

あの子すごい良さげだったのに、研音なんか入ってよかったのか?(おいおい)心配‥‥というか、ヒロたんの後輩なんですな。むううん、いろいろ複雑な心境。

[] 武田航平写真集『CRUISE』

武田航平ファースト写真集 CRUISE

武田航平ファースト写真集 CRUISE

一応どうしようかなあと思いつつ、ちょうど相方がタカシマヤに買い物に行くってんで頼んで買ってきてもらいました。何たる羞恥プレイ!(笑)武田くんのブログ見てもう配布終了 !? と思ったけど、追加分の握手券ゲットです。なので握手会に行きますよ。

表紙からしてセクシー爆発。オレもこっちの方がいいと思ってたよ!>表紙写真

写真集の中身はというと、武しゃんでワイルドバイカー、武しゃんでリゾートってのはよく判ってると思うなぁ!

カッコよくてセクシーコマンドーな武田くん、超イカス!どっちかというとセクシー売りだね、武田くんは。まだ若いはずなのになんでこんなにセクシー?セクシー唇のせい?w

バイクで異国の旅の途中って感じの一連のショットがカッコいい!まさに旅の途中って感じでさり気なくストーリー展開されてる風なのも良し。海とバイクはテイスト違うんだけど、何となくちゃんと収まってる感じ。

キメキメスタジオ撮影の写真もアイドルチックでグー。武田くんは脱ぎっぷりいいし自分の見せ方判ってるよな。写真もキレイだー。これはかなりいい写真集だね。クラクラする〜 (*゚∀゚)=3 ムッハー

それにしても写真集ってことでちゃんとロケに行かしてもらえるっていいなぁ。しっかり企画立ててやってるって感じだよなあ‥‥あ、いかんいかん、ついつい誰かさんのクソつまんねえ2nd写真集のこととか考えちゃったよ、見返すことないけど。羨ましいなあ!(そういう話じゃない)

そういや最近の短髪写真はないんだと思ったら最後の見返しにありました(笑)や、実はさすがにちょっと写真集発表のタイミングと髪を切ったタイミングがアレだったんで、髪切ってたらヤだなぁと思ってたんですが、そんなことはありませんでした。やっぱり作る方がよくわかってらっしゃる。短髪はオマケか(笑)

黒くて短めもまたそれはそれでなんですが、オレ的にはこのくらいの長さで茶髪の武田くんが今んとこベストだと思うんで、この写真集はかなり気に入りました。ちょいとしばらくはこれ眺めてニヤニヤしよう(笑)

[] RESCUE〜特別高度救助隊#6

http://www.tbs.co.jp/rescue2009/

今回は事件現場のスペクタクルよりも葛城さんの乗り越えなきゃいけない何かの話だったからしょうがないか。確かにこういう心理描写メインだとちょっともの足りなく思うよ。

大体田口ってさ、現場に出場してるのに憧れの先輩に告白してみたり、揚げ句バックドラフトって、それ思いっきり基本すら忘れてるじゃん。浮かれすぎだよ。そんなの葛城さんのせいじゃないぞ?それで葛城さんがトラウマっていわれてもなぁ。葛城さんが気の毒。

それはともかく、なんか災害のネタ元がものすごく「め組の大吾」な気がするんですが、次回土砂崩れかー‥‥大吾では土砂崩れと有毒ガス発生がセットだったな。(^_^;) そのうちあきらめないイカダの話とかやりそう。(オレ的一番の感動話)

あとちょっと判りにくいけど、本間本部長がSRに反対してるのって予算とかって話じゃなくて職員が死ぬと責任問題になるからじゃないの?普通に考えて管理職的な心配事ってそういうことじゃないかって気がするけど。

災害で市民が亡くなるのは仕方ないけど、それを助けようとして市の職員である消防隊員が亡くなるのはよろしくないってことで、「命を懸けて命を救う」をモットーにしてる徳永隊長を切って、もっとそこら辺で危険を冒さない人にしろってことじゃないのかなぁ?だったら通常のレスキューでもいいって話だよな?

どうもちゃんと説明してくれないからよく判りません。その辺の駆け引きもちゃんとやればそれなり面白く絡めるんだろうに。まあ市民からしたら予算掛けて新装備を導入してもっと安全に人命救助が出来るんならそれに越したことないと思うだろうけどな。

まあ今回の話はなんか、熱演は判るんだけど有毒ガスに色が付いてないのが残念というか、見て危険度が判らないネタは難しいね〜(^_^;) せめて嘘でもいいからガス検知器かなんかの警報装置がなりっぱなしとか、ドラマ的にはなんかそういうハッタリが欲しい気がする。結局ガスの発生元とか、後始末とかどうなったんだろう?

葛城さんはクールで厳しいキャラ‥‥というかマジメキャラなんだよな。大地たちには厳しい顔を崩さないけど、要救助者に掛ける声は優しい感じって、キャラとしてというか描写として結構難しいキャラなのにさすが要はちゃんと出来てるなあ。現場で助けてもらうんなら葛城か加納さんだよなw

ところで前園が聞きたかった葛城と明日香の話は「かつて付き合ってた」ってことじゃなくて「あの事件」のことだと思うよ!(笑)

次回は散らばった元仲間が!でもって五十嵐さんと不動の話か。詰め込むなあ。

[] 浪花の華〜緒方洪庵事件帳〜#5・6

http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/naniwa/

北前船始末」の前編・後編。うっかり溜めてました。今日は8話の放映なのに7話もまだ見てないよ。

そういや一応窪田くん目当てで見てるオレよりもケータイ数話でリタイヤした相方の方が熱心に見てるから、なんでと聞いたら「陽だまりの樹」が好きだからと言われました。そういや奴の本棚にあったけど読んでないや。読めといわれました。

それにしてもケータイを見てこの緒方章に窪田くんをキャスティングしたこのドラマは、多少窪田くんに合わせたところはあるんだろうけど、もともとのキャラ造形の狙い通りになったってことなのかなぁ。なんか違和感ないよ。(何に対してってわけでもないけど)

緒方洪庵が天然痘の研究をすることになったきっかけの話ってことで、全9話だから掛け足にしても全体の展開としての構成は上手いなぁ。

引きこもり気味の本の虫だった章が、本の中だけでは知りえないような体験をして生き方まで変えていく、その大本は章自身の向学心だったり知識や頭のよさだったりするんだけど、医学というものが人を診るものである以上、人と交わって人を知らないと医者になんてなれないのは、この当時の方がもっと当たり前の志だということだよな。

そのきっかけの話としては天然痘の恐ろしさとそれをなくしたいという気持ち、医学が金になるということ、正しい医療の知識となんのための医学なのかということを章が実感する話としていい話でした。そんな中で左近が章をちゃんと頼りにしてたり認めてたりという描写もあるから、確かに章が成長してるというのも判るしね。あ、天游先生たちもだけど。先生は厳しいけど正しい人だ。そういう師があってこその章‥‥ってことでもあるね。

全編慌てふためいてる印象ばかりの章、つか窪田くんだけど、最後の船着き場での別れのところはすごく良かった。でもこの子も演技は上手いんだか下手なんだか未だ判断つかないなあ(苦笑)ときどきすごくいいんだけど。

2009-02-27

メルフォレス>そういや最近ショウナンノカゼをやたら見ると思ってたけどドロップ関連でしたかー。

いやーオイラが好き嫌いが激しいのは今さらですが、ああいうテイストのバンド大っキライでして‥‥(苦笑)ああドロップねーナルホドー。ちなみにドロップに乗り切れないのは品川が大キライだからw 世間的にメジャーに宣伝されるのは大歓迎ですが。

----

いつの間にかフジでオレの大好きな「ミセスシンデレラ」の再放送が。最近日テレの「HEROES」見てたから気がつかなんだ。ちぇー。

内野聖陽の白い王子様っぷりがオカシすぎ‥‥イヤステキすぎです(笑)まさか十年後あんなことになるとは‥‥

[] 歌のおにいさん#5

http://www.tv-asahi.co.jp/utaoni/

周回遅れでスイマセン。でも今回は面白かった!

このドラマって健太の自分探し程度かと思ってたけど以外とシビアでリアルで奥深いよね。特に矢野家のお話が。

健太とお父さんの関係がものすごく微妙で、現実ではもっとすれ違いとか勘違いとかで判り合えないんだろうけど、そこはそれドラマだから、理想的な感じに判り合えるところと判り合えないところがあって、それぞれに譲れない部分がありつつも、プライドの持ちようとか認め合ったりとかが上手く噛み合ってって、すごく腑に落ちます。健太の何気ないセリフをお父さんがちゃんと覚えてて、それを拾って話の展開の布石にしてるとこなんか、このドラマで一番気を使ってるのは健太とお父さんの関係なんだなぁと思う。

表面的にはお姉ちゃんとうららさんのお見合い話ってことになるんだけど、以外と体育会系(笑)の真鍋さんの言う結婚か仕事かってのもずいぶんリアルな話だし、その根っこが勝ち組負け組の自己認識、親の期待よりも自分がどうであれば幸せなのかって話を、結局親の期待がどうであれ子供の自分が幸せだと思うことが親の幸せであるといいきるこのドラマは正解なんだと思う。誰にとっての正解という話でなく、人にとって健全な意味での正解ってことで。親の期待に応えたいと思う子供の気持ちは気持ちとして、でもやっぱり子供は自分が幸せだと思う人生を生きるべきだと思うし。うららさんのそれは判りやすく話の表になってるけど、矢野家の健太とお父さんのことだって同じことなんだよね。子供の幸せと自分のプライドの両方で、お父さんは借金の話なんか健太に考えて欲しくはないんだから。

子供の幸せをといいながら実は親の勝手な期待に応える必要はないし、自分の人生を自分が納得出来るということが人にとって一番いいことだといいきるのは、健全だと思うよ。

健太のお父さんの「馬鹿息子」を額面通りに受け取って困惑するうららさんの素直さが、健太のお父さんが改めて息子に対するストレートな気持ちを認めることになったんだし、それは健太が工場の借金を心配することを最初突っぱねたことと関係ないとはいえないよな。そういう微妙なところを拾っていくところがすごく上手いし、心に染みるよ。親と子ってそういうもんであって欲しいんだよね。

やっぱりこのドラマって、健太とお父さんの話が中心にある方が分かりやすいし面白いって気がする。

一応氷室王子には戻ってきて欲しいけどさw

高松塚歌劇団はキトラ組の他にはハニワ組があって、カラスの着ぐるみがたいがいなデザインだってこととかマカロンキッズとか斉藤くんの動揺とか、地味に笑いも取れてると思うよ?(笑)オレは好きですこういうの。

でもって次は元カノあかねちゃんの話ですか?

忘れるとこだった、それはともかく黒柳徹子!出るにしたって、なんつーメタな!(笑)まさか健太のお父さんに「小野何とかっていう俳優さんに似てません?」ってくるとは!(笑)イヤそりゃ、健太のお父さんは小野武彦ですが、だからといっていきなりメタ空間を作られても。「彼はいい役者さんですね」とか、どう受け取っていいのか判らんほどオカシかった!(笑)徹子は徹子ってことか!

[] 雑誌のヒロたん

そういやこないだの日記でもう一つ新しい仕事に入ってる‥‥って言ってたけど、3つ掛け持ちなの?5月に解禁って‥‥なんだろう?まさかライダー‥‥だったらいいなぁ〜(妄想)仕事入ってるていっても撮影とは限らんしな。

BESTACTOR5 (OAK MOOK 271)」はまだ手に入りません〜どこにあるのやら。あ、表紙?うーん、もうアマに頼むか?

 

■@ぴあ 3/5

写真がいつもと違うスタイリングなんだけど、妙に細眉に見えて微妙。表情も硬いしなあ。

「ドロップ」と「サッカー」をキーワードにいろいろ内面に突っ込んでるんだけど、インタビュアーとしてはかなり突っ込んだつもりなんだろうけど、どうも出てきたものが微妙なんだよね。

なんというか、仕事でも趣味でも、本当にムチャをやれって言ってるわけじゃないし、特に仕事でのムチャは回りのプロがちゃんと考えてるってのもあるだろうけど、どうもこの人のやり方というか考え方が潔くないというか、このインタビュー見てる限りでは本人は本気でやってるつもりだけど、何事もまず頭で考えて先読みをしてから行動する、頭の中で無理なものは無理と決めつけてる気がするんだよね。変なとこでクレバーというか、自分で可能性を潰してるというか。まあアクションなんかは、ヒロたんって身体能力は高いんだけど華奢だから体自体が付いてかないってのはあるから予防線を張っちゃうってこともあるんだろうけどさ。

と書いてちょっと思い出したけど、つき合い長い友達でいかにもAB型って奴がいるんだけど、「無駄なことはやらない人」なんだよね。(さそり座ABでいろいろのめり込むタイプの人間だから余計にAB型的なクールなとこが目立つんだけど)

もちろん仕事なんかでやらなきゃいけないことはそれとしても、結果から考えてそれだけの見返りがないと思ったときは最初からやらないの。オレはA型だけど、判らない時はまずやってみてそのあとで考えるってタイプだから、そういうのって性格的に損だなあと思うんだけどさ。結果ダメでもやった分何か判ることはあると思うし、それでもダメだったという時の身の処しようというか、そこで何か前に進めると思うんだけどなぁ。でも友人曰く、「明らかにダメと判ってるものをやるのは無駄」なんだそうだ。でも「ダメだ無駄だ」と思うのも本人の想定内でのことだからね。そこがそもそも‥‥って話で。そういう自分の中の壁を越えろよ、思うんだけど。

あと仕事で今まで興味なかったことをやらなきゃいけない時に、まず嘘でもいいから入り込んでその対象を好きになろうとはしないで、客観的な位置に立ちつつ距離を置いてこなしていく‥‥ってとこも同じ傾向かも。入り込まないから本気に見えない、実際本気の度合いが違うんだけど、そういうのってスマートではあるけどもっとがむしゃらでもいいんじゃないかなー。

ヒロたんもそれならそうだって言っちゃえば、見てるファンの方もスッキリするのに。ヒロたんの本気は今は本気に見えないよ。せめてカブトの時くらい入り込んでないとさ。そういうタイプの役者じゃないってんなら、こっちもそれはそれで考えますが。 ‥‥って感じ。

クールなスタンスってんじゃないの、がむしゃらにやんなきゃいけない時期なのにスマートを気取ってるように見えるのがイカンってことで。

オフサイドラインを見誤るのはまずいけど、この場合、そのラインを引くのは自分だよね。役者の仕事ってサッカーと違ってつっこんだトコまでがOKならそこがラインになるってことあるよね。サッカーみたいに周りが決めるラインじゃないよな。

そこら辺で勝手に自分なりのオフサイドラインを作って、そこに引っかからないようにクレバーに立ち回ることは、いつも言ってる「崖っぷち」ってのとは微妙に違うというか‥‥「自分が引いたオフサイドラインの崖っぷち」って意味なら合ってるけど、ヒロたんのそれは傍から見てもっと突っ込めるだろうっていうラインじゃないのかなあ。

モノを作る話にしてもプロデューサー的な話にしても、言ってることがどうも胡散くさく聞こえるってのは、ファン的には正直微妙。まず目の前のことに心から全力投球してみて下さいよ。90分間体力温存とか思わないでさ。その辺がサッカー(ヒロたん)と野球(智やん)の違いなんだろか?総合的に(ルックスが多くを占めてるけど)能力はあるだけにもどかしいよ。

ネットにも上がってた。

 

JUNON 4月号
JUNON (ジュノン) 2009年 04月号 [雑誌]

JUNON (ジュノン) 2009年 04月号 [雑誌]

ああばくさんありがとう!(笑)ヒロたんもタケるんもカワイイなぁ!おんぶカワイイ!じゃれてるのカワイイ!姫抱っこと言うよりは何とか抱え上げてるって感じですよ!「軽っ」っていう割りに!(笑)ポスターもカワイイ〜アイドルみたいだけどw

対談も今までのヒロたんのテンションと違って、ヒロたんとしてはちょっと珍しい感じの受け答えな気がする。素な感じなんだけど、今まで年上とか同い年相手が多かったから、年下ってのは新鮮なのかなあ。でも何気にタケるんの方がポジション的には上というか、ヒロたんはホント他人のことって判んないのね(苦笑)ホントには打ち解けてはないけど、それはそれで屈託なく楽しそうに話せる相手って感じで、ほほ笑ましいです。カワイイなぁ(*´∀`*)

ヒロたんが「もっと前に出ればいいのに」って言うのに「それはそれでいいの。俺は自然にやってることだから」ってやり取りがちょっとツボった(笑)これって、ヒロたんと健の関係だよなぁ。(笑)「食わず嫌い」には是非とも出て欲しいんですが、どうなんでしょ。メイちゃんの番宣で二人で出ればいいよ!で、二人とも鯖味噌なの(笑)

最後のタケるんのコメントに「お前、カッコつけてるんじゃねえよ!(笑)」って言うとこちょっとおバカでカワイイんですが、タケるんの言ってることおかしかないぞ?それに突っ込むヒロたんがおかしいヨ!なんか全体にタケるんに「ヒロくんはしょうがないなぁ(笑)」って思われてる気がする。気のせいじゃない気がするヨ?

ところでヒロたんポロッと言ってるんだけど、いつ海外に行ったの?NYだったらここぞとばかりに言うはずだけど、この取材って、確かいいともに出た時だから1/13のはずなんですけど‥‥一体いつ、何しに?仕事?スゲー気になるんですけど。だって普段あんなに海外海外言ってるのに、行ったことに言及してないって‥‥???どこ行ったの?

メイちゃんの取材記事はスルーで。写真だけ見た。

 

■street jack 4月号
street Jack (ストリートジャック) 2009年 04月号 [雑誌]

street Jack (ストリートジャック) 2009年 04月号 [雑誌]

表紙と見開き記事で成宮と「ドロップ」話。対談の雰囲気が良かったから何となく仕事と言うよりは雑談してる感じなのが良かったかな。成宮が言ってた「誰かのムスコを蹴っちゃった」って、ヒロたんだよね(笑)

まあ何だかんだ言って、ヒロたんってこういうポジションの人が好きだよね、って感じw どっかで言ってた「品川監督の作品に出たんでお笑いの人に認知されて嬉しかった」ってことの延長な気がする。

 

■Ray 4月号
Ray (レイ) 2009年 04月号 [雑誌]

Ray (レイ) 2009年 04月号 [雑誌]

ヒロたんとタケるんの対談見開き2ページ。写真はあれかな、制作発表の時の船上でかな。

これもちょっと雑談みたいな感じで面白いんだけど、恋のライバルになったら‥‥っていう質問で「争わない」というタケるんに対して「勝ちたいです」というヒロたん‥‥(苦笑)それに続く「だよな !? 」もだけど(笑)

ところでヒロたん、友達なら同じ子を好きになったら身を引かないって言ってるけど、確か「smart」(今月は立ち読み)の成宮とのドロップ対談での同じような質問には、友達と同じ子を好きになったって分かった時点で身を引くって言ってたぞ?どっちだよw 勝てる時には引かないって話かよw

そして執事としてのもてなしって、話し相手ってのは違うと思うぞ二人とも!(苦笑)ヒロたんがトンチンカンなこと言ったから(話し相手は執事の仕事じゃねーw)タケるんが引っ張られた感じだけど、タケるんの方はちゃんと質問の意味判ってるなw まあ君ら二人とも執事には向いてないから大丈夫!

 

あと智やんの記事もあり。器用貧乏がコンプレックス‥‥ってのはよくわかるヨ。オレもオレも。

やっぱりカブト以降は俳優一本で行こうと腹くくった‥‥ってのは、仕事っぷりに出てる気がする。だから「待ち」が出来るんだよな。

 

■TVnavi 2/27-

このヒロたんはちょっと美人さんに見える。そういや最近またネックレス変えたよね?tensecondはあまりにみんなしてるからやめたのかしらん?

成宮との「ドロップ」対談だけど、内容的にこれのもっと詳しいのがアメブロのドロップ特設サイトのインタビューかな。写真は違うけど、内容はほぼ同じでアメブロの方が詳しいです。

この二人は何となく本質的には似た者同士って気がしなくもないなぁ。オレ成宮キライなんだけどさ。 *1

[] Q.E.D.〜証明終了#8「罪と罰

http://www.nhk.or.jp/drama8/qed/

黒睦月‥‥!(笑)つか北条くんは院生って年じゃないよね?蒼くんと殆ど変わんないよね?←5歳も違いましたw

喋れば喋るほど自ら墓穴を掘りまくる千田川は浅はかだなあ。まさにシャロウグレイブ、浅墓。イヤまあだいたい黒睦月くんもやってることは浅はかなんですがw

それはともかくとして、結局殺人の真犯人も千田川なの?思わず頭の方見返しちゃったよ。なんか騙された?

千田川が本当に犯人なんだったら、冒頭からの千田川のモノローグ込みのドラマ部分はそもそも彼の嘘か妄想であって、燈馬くんに犯人だと言われて無実を叫んでるのも嘘ってことになるよね。

それがドラマとして成り立つのって、誰かに対して千田川が事の顛末を語ってる状況か、千田川が分裂症かのどっちかです。でもクローゼットの中から殺されたサンタのじーさんの顔を見たのは確かな記憶だし、靴あとが3人分しかないのは確かな証拠だから、千田川が真犯人ってことでQ.E.D.。ただし噂の連続窃盗犯は千田川じゃないってことだよな。

それにしたって、こういうト書きで嘘つくのはミステリの基本としてはありえないでしょ。これはダメだと思うんですけど、いくらこのドラマがミステリじゃないって言ったってさ(苦笑)(ミステリじゃないからいいのですw)

しっかしホントに千田川って頭良いの?良くないよね。学費くらいで人生棒に振っちゃうんだから。頭良いんならもっと割りのいいバイトするとかさー。ローンなんかするなよな。つか大学院辞めればいいのに。勉強はできるけど要領悪くて大学院に残っちゃったって人かなあ。ああバカだバカだ。

そんな黒千田川くんには「貧すれば鈍する」という言葉を捧げたい。

ああそうそう、可奈と燈馬くんはどう見てもカップルです(笑)千田川の呟きがちょっとツボったけど、普通の青春送れて良かったなぁ燈馬くん。あと2話かー。

 

追記。

コメント欄で考えたこと。長いのでこっちに。原作がどうなのかは知らないんだけど‥‥

今回の話は千田川の一人称のモノローグ(妄想)で始まった話で、本来マンガなんかでやる場合は千田川が逮捕されるまでは千田川視点のお話でやるべきなんだろうけど、まあドラマなんだからところどころに千田川のいない三人称の、主人公たちのシーンがあってもいいんだよね。それは別に変じゃないの。

でも最終的にこの話がなんでまとまらないで判りにくいかというと、最後の燈馬くんの証明シーンで千田川の視点が無くなってるからで、燈馬くんが千田川を犯人だと言った時に、千田川のモノローグで「何言ってんだコイツ。そんなバカな、俺が殺すわけないじゃないか‥‥」といいつつ自分が殺したんだということを思い出したシーン(クローゼットから見たおじいさん)を視聴者に見せた上で、「俺が殺した‥‥!」と自分がやったんだということを認識させつつ、実際のセリフではやったこと自体を否定するように「俺は無実だ!殺してない!」と叫ばせる(自分への思い込みのため&他の人へのパフォーマンスとして)‥‥じゃないと、成り立たないと思うんだよね。だって殺したことを事実として認識してるのは千田川本人だけなんだから、彼が殺人を肯定しないと視聴者には誰が殺したかがダイレクトに伝わらないからさ。

で、このパターンなんかで‥‥と思ったら、これって「スカイハイ」(ドラマ版)なんだよね。 *2 そういう意味では上手くやれば面白くなる話だったんだけど、脚本が今一つそこまで持っていけなかった‥‥のが残念かも。この脚本の人、やっぱり詰めが甘いです‥‥( ´∋`)

*1:「今会い」くらいから役者としてはちゃんとやろうとしてる気はするけど、その分昔あったはずのある種投げやりないい加減なとこが無くなってもっとつまんなくなった‥‥と思う。彼と玉木に関してはアレ方面の噂も否定し難いものはあると思うけどw

*2:主人公の思い込みで見てた世界がイズコによって本当のことを知らされ、忘れていたイヤな現実を認識して‥‥ってパターン。

2009-02-26

うう、もう寒くて寒くて血糖値も下がるよ。明日雪ってマジですか?

[] ケータイ捜査官7#42「夢見る遺伝子」

http://ani.tv/k-tai7/http://www.tv-tokyo.co.jp/k-tai7/

なんか騙されてる気がするけど、とりあえずは最終章の始まりだからまあいいか。

どうでもいいこと言っちゃうと、販売数を十分確保してたとしても、今どき0円ケータイでもないのに発売されたからといってあっという間に行き渡るって、ないんじゃないの?みんなでただとも?w

しかも薄くもなくカラフルでもなくスタイリッシュでもない、たぶんワンセグも付いてないのに足らしきものが付いた妙にもっさい携帯。むしろ足付きなら売れる‥‥なんてことはないよね?実際のバディ携帯は売れてないんだから(^_^;)

そういや黄川田って初‥‥じゃなかったか、オレ的つまんなかった三池回に出たんだっけ。でも改めて高野と一緒の画面に収まってると別の作品見てる気分に。これからショッカーをぶっ潰しに行くんですか?ついでに松田と高野が一緒の画面に収まってるとやっぱり別の作品見てる気分(苦笑)オレの占いは当たる!

そして裏切り者は伊達さんかー。ラムダチップがどうこうというより、アンカー会長自らってさー、どうしたいんでしょうね、ネット社会を。間明の考えに乗ってるってこと?規制監視社会に賛成派?宗田元会長の理想には反対なの?

この作品の思うところのネット社会とか人工知能による並列性のネットワーク構築とか、そもそも倫理観に照らさなくても穴がある理屈だから、今回の話だと妙に誤魔化され感があるんだよな。

つかこのドラマとしては、ケイタやセブンの気持ち以外に、社会としてネットの何が正しくて何が間違ってるのかをちゃんと筋立てて描いてこなかったからだと思うけど。ちゃんと描いてなかったからですよ?(大事なことだから2回いいました)

でも一応外堀から的に考えとくと、基本的にケイタとセブンの繋がりをみるに、人と人とがネットワークで繋がることは肯定的なんだよね。その絆を描いてきたはずだから。でも今回の間明のやってるFlanet社のキャッチコピーは「アナタトツナガル。」だから、繋がることはいいことだって言ってるけど、伊達さんがそっちにいるってことは規制・管理された状態で繋がることがいいことであって、匿名社会イクナイってことなんだよね。果たしてジーンが個々のネット利用を監視してるような社会、人々は肯定するんでしょうか?それイコールPBの巨大化による脅威‥‥とは受け取らないような気も。間明のやってることが本当に狙い通りに働くのかってことが、そもそも相当アヤフヤな気がするんですけどねえ。それにジーン同士(つまりPB)は繋がらないようにしてるとか言いながら、セブンは一人はイヤだって思ってるみたいよ?

とりあえずは桐原のいってることが一番正しそうには聞こえるよ。でもあまりケータイ7をあまり深く考えたくはないので、続きはまた来週ってことで。アンダーアンカーの連中は、もうちょっとマジメにPBによって人工知能がネット構築されることの脅威を考えた方がいいと思うよ。

海斗刑事、ジーンを見て「カワイイ♪」ってアンタ‥‥(笑)

[] キイナ-不可能犯罪捜査官-#6

http://www.ntv.co.jp/kiina/

大丈夫、牧野先生はオルフェノクだから3日後に生き返るよ!‥‥と突っ込みを入れた人がどれくらいいたことか(笑)>555

コックリさんとか呪いとか、今でもやっぱり流行ってるんだろか?オレはもちろんやりましたが。オカルトは必ず通る道!もちろんつのだじろうのマンガが流行ってるような時代なので、鵜呑みにはしてませんでしたが。

それはともかく、いきなりまったくの新キャラが犯人だとなった時点でもはや推理モノですらないんだけど(マスクの花子さんはおいといて)、それ以外のことがてんこ盛り過ぎてどうでもいい感じ。いいけどストーカーってのはナチュラルにトンデモな格好をするもんなんだろかね?(苦笑)>赤いコートに赤い帽子

真一郎さんとキイナが別れた理由が、2回分も引っ張った割りに実はそれどころじゃなく、子持ちの結婚歴ありな男だった!ってのはちょっと意表を突かれたよ。キイナはズレてるから問題はそんなことよりも、今でも真一郎さんが好きでいてくれたってことで喜んでるけどさ。桜が突っ込んでくれてヨカッタ。というかそれじゃ、山崎くんとの三角関係にもならねーじゃん。

そしてキイナのあまりに普通の女の子然とした刑事らしからぬところが、実は警官としての正義感というよりは被害者のことを思いやる気持ちだったというところが良かったかな。

毎回キイナの能力とその気持ちが上手く噛み合って事件を解決してるんだけど、その能力を見込まれたこと自体が御手洗管理官の肝いりってことで、上手く普通の女の子(かなり天然だけど)っぽいまま、警察という組織の中でその個性と能力を生かしてる、キイナが普通の人の感覚を持ってるからこそ解決された事件が多いというのは上手く考えられてるなあと。

でもって津田主任がちょっとキイナのことを認めるような発言をしたのが、次回の布石かー。

前回カッコ悪かった山崎くんはちょっと株上がったかなあ(笑)よく考えなくても2枚目キャラだよな?

 

ところでこの番組の前にやってる世界仰天ニュースが今日は超アレルギー特集で、アナフィラキシーショック連発だったんですが、偶然ですか?(笑)

2009-02-25

そういや今トートツに宝塚の帰りに友達と話してたことを思い出しましたが、宝塚でキャーッとなるのって、雄クジャクの羽を見てポワーンとするのとまったく同じなんだよねー。もう羽根が豪華で大きければ大きいほどコーフン。真ん中にいる人の容姿や中身の問題じゃないの。羽根がどんだけ大きくてどれだけキラキラしてるかの問題なの!(笑)

少女漫画で言えば花ですが、そういう記号的なものでもないのだ。(いや記号か?)ホントに遺伝子レベルでテンション上がるよ!マジでクジャクの気持ちが判るぜ?

[] 春なのでカラー

久しぶりにユニクロに行ったらうっかり買い物をしてしまった。カラーパンツとウィンドブレーカー。パンツは1000円安だったので、レギンス買うよりは良いかなと思って。

ウィンドブレーカーは着てみたら思ったよりフィットしてたからこのお値段(3990円)だし、もうちょっと暖かくなってきたら散歩やウォーキングの時にいいかなぁと。細く見えるってスバらしい!(笑)

サイズはあえてSにしてみたけど、身幅自体はMサイズ9号の人ならちょうどいいかもよ。その方がモードな感じ。袖が少し短くなるから今風だし。ユニクロって体で着るような若い子なら気にならないけどアラフォーが着るにはフィット感が微妙‥‥ってアイテムも多いけど、このブルゾンはバランスいいです。色もキレイだし。

パンツはユニクロってサイズ表記2サイズダウンなのね(苦笑)最近微妙に太ってるから足はパツパツなのですが、腰回りはゆったりしすぎ。うーん、紀香パンツといいながらオバチャン仕様?良いのか悪いのか。もうちょっと細目でもいんじゃないかなあ。逆にもっさいよ。入らない人はサイズ上げりゃいいんだよ。

裾の感じは昔出てたスキニースリムよりいいかも?ちょいヒールのパンプスに合わせるにはちょうどいい広がり具合と長さ。(あ、裾直ししなくてですが)

f:id:korohiti:20090225215938p:image f:id:korohiti:20090225185404j:image このグリーンね

[][] メイちゃんの執事#7

http://wwwz.fujitv.co.jp/mei-chan/index.html

気が遠くなったよ、オレちゃん‥‥(@_@)

楽しいドラマって、こういうことじゃないよね?何だか判らないお話の中に何だか判らない意味不明のコメディシーンが入ってた。

変なコントシーンのせいで途中からものすごいウヤムヤになったけど、メイが学園を辞めるのは命を狙われてるからであって、みんながメイのことを思ってるってのは関係ないよね?本当にメイのことを引き止めたいと思ったらメイに直接聞けばいいのに、なんでそんな根本的なことすら判ってないの、このドラマ‥‥って、言うだけ無駄か。そこんとこの勘違いドタバタシーンを入れたかったんだもんな。フランス料理のフルコースが作れるお嬢様たちが今さらうどんごときで「こんなに大変だなんて!」なんて、ありえないっしょ。苦笑。

言ってもしょうがないけどメイが学園を辞めるって話なのに、そもそもメイが学園にいなきゃいけない理由、両親の墓についてにもまったく触れないってのもすごいけど。それこそこっちが聞きたいよ、メイってなんでこの学園にいたかったのさ?

結局そういうとこすっ飛ばしてもいい程度で作ってるドラマなんだよな。

生徒のみなさんがいつの間にかメイにこの学園にいて欲しいと思ってるって、ホントいつの間にそんなことになったんだろ?また何話かすっ飛ばしたかな、オレ。

そして一番このドラマでムカツクのは理人だよ。理人の告白聞いててものすごく不愉快な気分になった。

これ本当にヒロたんが主役のドラマなの?なんで一番役立たずで一番自分勝手なキャラが主役で正義って話になってんの?このドラマで一番マトモに正しいのって、剣人だけじゃん。なんでその剣人を好きにならないの、メイはー?あんなに熱く告白されてるのに!

  

もう今さら執事の役割がどうのとは言わないけど、執事って学園所属じゃないのに、なんでお嬢様とのこととやかく言われなきゃいけないんだろ?学園"内"での執事とお嬢の恋愛"行為"禁止、でしょーが。執事とお嬢がくっつこうがどうしようが、「学園が派遣した、学園に在籍してる間"生徒"の世話をする」ための執事じゃないんだから、知ったこっちゃねーだろよ。

仮にもしこの学園が生徒のお嬢様全員に執事を派遣して世話をしてくれるってんなら、月謝が1億円でも理解出来るよ。宮殿のような寮に住んで毎日最高のフルコースを食べられるんならね。その上で最高のレディの教育を受けさせてもらえるんなら、庶民の憧れ、夢のようなお嬢様のための世界有数の学園でも理解出来る。本来この学園の設定ってそういう風にすべきだと思うぞ?だからこそ憧れなんじゃん。なんでそんなシロウトに思いつくようなことすら思いつかないのさ。バッカじゃないの?

大体、執事の奉仕する主人って「お嬢様」だけじゃないと思うんだけど、そんなこと言ってもしようがないか。

あと思ったんだけどさ、豪華な学園内の描写に冬枯れの木立や庭園はあまりに寂しいと思うんですけど‥‥どうして花咲き乱れる暖かい春クールにしなかったんだろ。あんまりしょぼくて悲しくなるよ。

 

でもって理人の何が不愉快って、あまりにも自分勝手で身勝手な思い込みで行動してるからだよな。

ルチア様が心を病むほどの好意を受けられないからって悩んだ末に執事を辞めるって出てきたくせに、メイに対しては好きだから執事となってお守りしたい、しかも守ってるうちに好きになりましたって、何言ってんのこの人?ってカンジ。ムカつく通り越して人として不愉快。それって単にルチア様は好みじゃないけどメイは好みってだけの話じゃん。執事がそんなでいいのか?仕事なのかそうでないのかハッキリしろよ。つか仕事だと思ってんならどさくさ紛れに後ろから抱きついたりしないよな。そんなSランク執事いねーよ。プゲラ。

執事ってのはお嬢と恋愛しちゃいけないんでしょ?だからルチアの元を去ったってのはともかく、なんでメイには好意で付くのさ。執事を辞めたんなら、むしろルチア様にとっては渡りに舟じゃないのか?(笑)まあルチア様のは単に所有欲みたいだけどさ。

しかも大体理人さん、普通の人として過ごしてるメイがよかった癒された(そういうことだよね)って言ってるけど、メイに執事が付いてる状態ってのは、明らかに誰が見ても普通じゃないよね。その状態を自分で作り出すってことは矛盾してるじゃん。普通がいいならメイと剣人をくっつけて遠くからそのメイを見守れよ。それが正しいと思うぞ?

だからそもそもこのドラマでの執事って、単に便利な彼氏代わりだからこういうことになるんだと思うんだけどさ。そこからして根本的に間違ってるから、それぞれに対する気持ちの展開がワケ判らんと思うのよ。

大体理人の話聞いたらさ、ルチアのことはどう思ってたのって話じゃん。執事としてさ。執事とお嬢は深い絆があるんじゃないのか?なんかさ、ホントに理人ってSランク執事なの?そういう理人のこのドラマ内での立ち位置がキャラとしてものすごく不愉快。

なんかもー、こういうわけの判らない自己矛盾を生み出して平気でそれを役者に押し付けるこのドラマがシンジラレナイ。そのうちヒロたんの心が病みそうだよ。絶彼の仕事が入ってるからそうなのか、むしろこのドラマに全力投球しなくて良かったって話なのか。(全然よくねーよ!)どうなってんの、もう?!!!

言いたかないけど(言ってるけど)研音さんってさー、ヒロたんにこういう役作りの意味がない役ばっか振ってるから、ヒロたんはいつまでたっても演じることの楽しみを見つけられないんだと思うよ?まともな役者ならこんなドラマのこんな役やってらんないよ。ワケ判んないんだもん。表面的なそのシーンごとでしか演じようがないんだもん。真面目にやろうと思ったら心が病んじゃうよ。

 

突っ込んでもしょうがないけど、まったく授業に出てないのにルチアの称号を持ってるルチア様とか、学園内で殺人が行われようとしてるのに何も言わない学園長とか、それも生徒の自治ですか?意味判らない。そういや校医すらいないってどういう学園?多美は一体何年オンブラ寮で監視をしてるの?執事も止めろよ。つか、孤児院が閉鎖して子供放り出して路頭に迷わせるって、どこの国の話?そもそも理人さん、ルチア様がメイの命を狙ってるっての知ってんなら、真っ先にルチアか忍を問い詰めろよー。ホント無能なんだから!

あーもー、不愉快過ぎて腹が立つ。なんでこんなドラマがOKなんだよ!? なんでヒロたんはこんなドラマの主役やらなきゃいけないのーー!?なんかの罰ゲーム?神田を活躍させるくらいなら筋通ってなくても良いからその役を理人に!そうでないこのドラマ、なんかおかしいヨ?

このドラマって、何をどうしたいのさ?不愉快なほどに意味不明!!ホントオレにとって不愉快としか言いようがない!

 

あ、タケるんの自転車コケはスバらしかった!(笑)スバらしいコケっぷりだった!良太郎思い出したよ。唯一和んだ(^_^;)

[] BSアニメ夜話

■第一夜「ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日

http://www.nhk.or.jp/animeyawa/

こないだたまたま電脳コイルの回の再放送を見てやることに気がついたんだけど、ホントアニメ夜話はクソみたいな内容だなあ( ´Д`)マンガ夜話と違って生じゃないんだから、たくさん喋って編集しろよー。つまんねートークをダラダラ流しやがって。

あのメンツっつか、アメザリとキャンは微妙?まあ言ってもしようがないけど、キャンってアタマワルイだろ?アメザリは一応静かなる中条のシーンを上げてくれたからいいけど。でもアルベルトとか、もっと名前上げるキャラいるだろよ。

コイルの時もそうだったけど、氷川の解説コーナーもいらん。つか、どう見たって心無い相づち打ってる加藤夏希をそこに置く意味判らんし、氷川にどうでもいいこと語らせるくらいなら岡田に喋らせろよー(-_-;)なんか氷川竜介の当たり前のことをさも大発見のようにいう語り口調が好きじゃないんだけど、コイルの方がまだマシだったな。なんで呼ぶ?やるなら中途半端に演出論なんか語らんで、今川ベタについて話せよなー。

どっちにしても1時間で語れないとは思ってたけど、キャラにつっこまない時点でなしでしょ。みんな言ってることバラバラすぎ(苦笑)こんなならわざわざ取り上げなくてもよかったのにー。

それにしてもガンダムみたいなリアルロボットと並べるて語ること自体おかしいけど、その文脈で今川監督のやった「Gガンダム」の話にならないのはいかにも不自然なんですけど、何か言ってはいけないことなの?

まあ岡田さんの言う「アニメーター隠し芸大会」は言いえて妙だとは思うけど。

あとは「重さ」を描けるアニメータは希少というのをはっきり言ったのは、啓蒙という点では良かったかな?動かすよりもそっちの方が難しいってのはちゃんといっとかなきゃ。それがGロボの魅力なんだし。確かにGロボのあとに道はなし状態だし、これが現時点での手描きアニメーションの最高峰ってことはゆるがない事実だからなあ。

これをリアルタイムで7年間待ち続けた身としては、軽々しく続編ってのはあれだけど、まあ今さらですね(苦笑)別に続編いりませんし。全7巻で満足。

あ、どうせなら最初の1話で「思ったものと違った」っていう加藤夏希に何がどう違ったのか聞くべきだったんでは?まったく予備知識のないライトオタクがこの何でもありアニメを見た感想を聞きたかったよ。キャンの半ズボン萌え話よりモナー

EDがGロボ仕様なのはちょっと笑った!最後の最後で気が利いてるなあ、NHK

 

なんで今ごろと思ったら、廉価版DVDが出たからなのね。Ginreiシリーズがない‥‥けど、オレあれ好きじゃないからお手ごろで良さそう。久しぶりに見たいなぁと思って探したけどそういやセル版持ってなかった?(よくあること)ってことでこれをポチッとな。

[] 神の雫#7

http://www.ntv.co.jp/shizuku/

ワインを評するポエムはますます抽象的な方向へ‥‥もう誰もついていけません(苦笑)味とか香りを評してどうこうじゃなく、完全にイメージ合戦。それはどうよ?(^_^;)

それをおいても今回の話はよく判んなかったぞ?

大体そもそも、桐生さんがどういう人なのかよく判らないというか説明されてないからだと思うけどさ。単なる秘書なのか違うのか、その辺での神咲豊多香の想いがどうなのかよく判らないだけに、桐生さんが何をどう思ってるのかもイマイチ掴めなかった。

話自体は、ありがちだけど父の痕跡を訪ねあるいて実像に迫る‥‥って展開なんだけど、それもそもそも神咲豊多香の実像ってのが視聴者には説明されてないよね?雫の中では厳格で厳しかったってだけで、彼の思ってる神咲豊多香像がそもそも一般認識とどれくらいかけ離れてたかというと、評論家としての彼を知る人間の殆どが褒めてるってことで推して知るべし、だと思うんだけど。

今回は演出中嶋悟じゃなかったけど(初めてだよな)、ひょっとして今まで面白かったのって中島さんの演出の精度が高かったせい?

ところでみやびはいつも通りにバカ可愛かったんですが、いつの間にか雫の中ではワインオープナーのような存在になってた‥‥って、まさに弥勒菩薩のような存在か?なくてはならない存在か‥‥といい感じで終ったのに、一緒に見てた相方が非常にお下品なこと言って何もかも台無し。オレの口からはさすがに‥‥お下劣さと言葉遊びについては他の追随を許さないなーと感心するよ。さいてー(-_-;)

2009-02-24

そういやベンジャミン・バトンの話をするたびに思い出そうとして思い出せない「フォレスト・ガンプ」。今日もまたWikiさんのお世話になってしまった‥‥何度話題にしても主演トム・ハンクスってことも思い出せないんだから始末に悪いよ。ナゼなんだ?(でも監督がゼメキスだってのは出てくる)見てない相方にタイトルも主演俳優も思い出せない映画を説明することの困難よ(苦笑) *1

[] 銭ゲバ#6

http://www.ntv.co.jp/zenigeba/

風太郎はどうしたいのかって、幸せになりたいだけなんだよな。

風太郎は幸せになりたいだけなのに、幸せってモンがどういうものなのか判らないんだよなー。可哀想なヤツ。( ´∋`)

お母さんに似たホームレスなんてまた判りやすい話ですが、お金を与えたから幸せになれるかどうかなんて自分のことを考えたら判るだろうに。大金持ちになったキミは今幸せかよ。

まあ金の奪い合いで命を落とすって、そんなことになるんじゃないかと思ってたけど、それは結果として健蔵に金を渡して死んでくれというのと同じことだったっていうのが救われないよ。自分だって金のためならなんでもするズラで生きてきたのに、それが本当には判ってなかったってことでは緑さんと同じじゃん。ホームレスのおばさんは欲のない人でも回りの人間がそうだとは限らんでしょうが。自分が一番判ってるだろうに。

与えれば幸せになれるかというと、気持ちや心がけの問題以前に、お金じゃ幸せにはなれないのは、お金が何でも買える現実的に価値のあるものだから‥‥ってことでしょうか。風太郎も緑も本当はお金じゃ買えないものに真の価値があると思ってるから、良くも悪くもお金の力を見くびっちゃうんだよな。それが健蔵の言うところの「お金の使い方が下手だ」ってことかも。

そういう意味では社長として打算でやった慈善事業的なことの方がお金の使い方としては正しいと思うんだけどさ。やってること自体は同じことの延長に見えても、打算で偽善の慈善事業と、善意でホームレスにお金を渡すことの結果はまったく違うよね。それが違うってことが世の中だと思うんだけど。

そういう意味でも風太郎が緑に言った「世間知らず」は、風太郎のことでもあるね。

そしてやっぱりおかしくなった振りをしてただけの緑さん。

茜が風太郎を理解してるってのはまあ勘違いで、「自分にとって」そうあって欲しいってだけなんだけど、だからむしろ風太郎と似てるのは緑だよな。茜はそうなりたくなかった自分なんだから、茜が自分と風太郎は同じといえば言うほど憎しみしか湧かないだろうに。

緑に可哀想と言われれば言われるほど風太郎は傷つくと思うんだけど、どっちのせいってことじゃなく風太郎の歪みを理解してしまったら風太郎を可哀想というのは緑にとっても両刃の剣だよ。

でもって、それでも緑の正しさを美しいと信じていた風太郎が緑の(たぶん)本音を知って、緑が実は自分と同じだったって知った時に抱いたのは絶望感じゃないかと思うんだけど、この時の風太郎が完全に子供の顔をしてるのが何ともねぇ。というか子役の子と同じ顔してる松ケンもスゴいんですが、ここのミムラの演技もすごいよ。ああやっぱりミムラステキ!ミムラカワイイなぁ(なんか違うw)

今回ホームレスの死を知って自分の中の「正しさ」や「善意」にとどめを刺された風太郎がどうなるのか、楽しみです。あ、というか、なんで風太郎は萩野の奥さんを突き落としたりしたんだ?分かりやす過ぎるよ!バカ。タイミング的に伊豆屋の兄ちゃんを使って‥‥ってことでもないよなあ?そんな気がしなくもないけど、刑事さんたちの裏付けは?

相変わらず回りくどい(ねちっこい?)演出が効いてるし、カット割りとか画面構成がカッコいいなぁ。スゲー好み。

[] 佐藤智仁誕生パーティー

今たまたま見つけた。サンスポのは写真多いかな。しっかしなんつー衣装着てるんだ(^_^;)

いろいろ盛りだくさんで楽しかったみたいですねー。っていうか300人もいたんだ !? ギラギラ&ヴォイス効果かなー?去年よりは多いみたいです。

ヒロたんもやるならこういうのやって欲しいよー( ´Д`)

[] 第81回アカデミー賞授賞式

ここ数年、そういやあんまり興味ある作品がなかったんで見てなかった気がするので久しぶりなアカデミーショー。夜の再放送を録画してたから結果も見てなかったよ。「おくりびと」ネタは昼間からがんがんやってたけどな。

ってことで、今回はやたら面白くてしかも司会がヒュー・ジャックマンだった。コメディアンじゃないよ。

オープニングのワンマンショーからかっ飛ばしすぎてて笑える〜。不景気だからオープニングムービーは予算カットでワンマンショーって、オカシすぎ。しかもこの人以外と辛口だし、おかしいんですけどw(これシナリオあるんだろか?)一応シリアス俳優なのに十分笑いとって、最後は「俺はウルヴァリンだー!」って(笑)ノミネートもされてねーってw

ネタ的にまだ日本で公開されてない作品ばっかなんですが、相方があらかた解説してくれるんで助かった>ショービズ大好きっ子

名前は判るけど俳優の顔を覚えられないオレなので、隣で勝手に解説してくれるのはありがたいですよ。

そしてヒース・レジャーが助演男優賞!やったね、よかったー!コミック原作はノミネートされないといいながらダークナイトは何が違うんだってオープニングでジャックマンが歌ってたけど、ヒースに助演男優賞を取らせるためですよ!(断言)

ヒュー・ジャックマンはさっすがミュージカル俳優だけあって、オープニングも、途中のミュージカルショーも素晴らしかった。カッコイー!

全体に弛れなくてサクサク進んで面白かったけど、どうも調べてみたら今回からプロデューサーやら舞台監督やらが変わったらしいね。なんか全体に華やかになって良かった。プレゼンターの演出もよかったし。

それにしても今回のノミネート作品は面白そうなモノばかりなので見てて楽しかったな。公開されるのが楽しみ。どれくらい行けるか判りませんが。

それにしても「ドモアリガト、ミスター・ロボット」で笑いが取れるなんて‥‥(笑)いやSTYXは去年辺りににやたらリピってましたが。

*1:相方は身障者モノがキライだから見てないんだけど、オイラもこの映画は見る必要のないクソバカ映画だと思いますよ?)

2009-02-23

スマスマ見ながら>生キャラメルは花畑よりもノースプレインファームの方が美味しかったです、オレはね。(甘さとトロけ具合がノースの方が上品)

-----

おくりびと」がアカデミー取った!メデタイ!邦画初といっても本木が主演だから見劣りもしないしなあ。あ、広末はどうでもいいですが。

相方が見に行って面白かったらしいから(まあ脚本小山薫堂だし)オススメされてたんだけど当分混みそうね‥‥。

[] 4夜連続血液型ドラマ

http://wwwz.fujitv.co.jp/b_hp/ketsueki-kekkon/index_frame.html

一応見るつもりだったけど開始20分でリタイヤ。クソみたいなドラマだなーと思ったら、栗原P+絶彼脚本家‥‥

こういうアプローチじゃないものを期待してたんだけど、期待するだけ無駄だったか。もっともお手軽な方法選びやがったって感じ。

血液型カンケーないだろよ、この話(苦笑)だったら単純な婚活ドラマにしときゃいいのに‥‥

一応、春菜に言われてもねえ‥‥ってのは言わないことにしとくよ。(オレの優しさ!)

[] ヴォイス〜命なき者の声〜#7

http://www.fujitv.co.jp/voice/index.html

今日のはイイ話だった。ちゃんと面白かった!法医学の話だったしな。(その感想もどうよ)

解剖を拒む遺族というのもよく聞く話なので、こういう話を持って来て法医学の必要性を遺族の気持ちになって見せるというのは、今までのトンデモギリギリの話作りから考えるとそうとうまともだと思うし、それに解剖が苦手な羽井の話も絡めるなんて、脇道なしの舗装道路な一本道だったこれまでの脚本考えるとものすごく当たり前に面白いと思えました。久保秋のお母さんのエピも忘れてなかったしな。いや、皮肉とかじゃなくて、これで普通だと思うってことで。脚本家変わったかと思ったよ(苦笑)

真実というものが誰にとっても正しいとは限らないけど、それでも目を瞑って耳を塞ぐのは愚かだと思う、よ?

それはそれとしてこの亡くなった奥さんが酷いと思うのは、自分がガンで余命いくばくもないと思ってるんなら旦那さんに知らせるべきだと思うんだよね。まあ死ぬのが判ってたってのは、洗濯機を買い替えたってのと、あと犬で決定だと思ったけど、そういう自分の死後の旦那のことを考えてるといいながら、残される旦那の気持ちは考えてないじゃんってことで、すごく自分勝手。(というかなんで旦那は奥さんの体調に気がつかなかったんだ?)

オレが旦那なら、死んでしまうのは仕方ないとしても、どうして知らせてくれなかったのか、悔やまれてならないと思うよ?だってそれなら靴を作ってあげるくらいのこと出来たはずだもん。

大体本人が希望したからといって、病院が家族に知らせないってありなの?治療法の問題とか、まったくの手遅れにしたってそれなりの治療をしようとするのが医者だと思うけど。

まあその辺のことをスッパリと切り捨ててイイ話風にしてるこのドラマの心無さはあるけど、お話が良かったからいいってことにしとくけどさ、旦那というか石橋蓮司に聞いてみたいくらい。そんな奥さん、どう思う?って。オレならものすごく腹が立つよ。

最後の一言とか、石橋蓮司はさすがに今までのゲストの中でも一番よかったなー。泣ける。

あと今回はちょこっとだけなんだけど羽井と亮介っていう組み合わせが珍しいというか(哲平もいたけど)、学生としてものすごく普通の話をしてるあの3人ってのが良かった。羽井のエピはなくても成り立つだけに急遽入れたのかなあって気がしなくもないけど、最初からこういう登場人物の脇エピを入れてくれてれば、本筋が多少トンデモでも印象違ったのになあ。

そういや前回の話で思ったけど、大己のあのコートって目立つの判ってて着てるって感じだったけど、どういうキャラなんだろう(笑)むしろ大己が今一番キャラが掴めませんヨ?

[] 少年メリケンサック

http://www.meriken-movie.jp/

f:id:korohiti:20090223172131j:image

やー面白すぎるオゲレツでおバカな映画でした!(笑)オカシかった!

つかクドカンって自分で監督やるとなんで全部ロードムービーになっちゃうんだ?脚本だけだと"その場所"が重要なお話が多いのにな。

ヤジキタよりは魂の遍歴って程でもない、でも一応仲違いしてた兄弟が判り合う話?パンク魂を取り戻す話?

まあオイラは音楽としてのパンクはさすがに判らないというか好きじゃないけど、パンクは生き様だからといわれたらクソだなぁと言いつつ納得するくらいにはパンクだなぁ。というか、かんながたいがいパンクなんですけど?(笑)

お話もあまりにもアホで結構ゲラ笑いしたけど、みんな笑ってたから問題なし。つか思わず自分ちで見てる気分で画面に突っ込みそうになったよ(笑)

キャラの掛け合いがおかしいというか、特に宮崎あおいのかんなとユースケの社長のやり取りがオカシ過ぎて、他のシーンはそこまででもないはずなのに、初っぱなのあの二人のハイテンションなやり取りでかんなのフリーダムでパンクでデストロイなキャラが刷り込まれたせいで、まったく普通の派遣OLに思えない。カワイイ、カワイイけどかかわり合いになりたくない(笑)というかかんなに対する仕打ちが酷すぎる、酷すぎて爆笑!(笑)オッサンたちとかんなのやり取り楽しすぎ!というかかんなはちゃんと仕事してるよなあ。少年メリケンサックのオッサンたちも、ちゃんとバンドやろうとしてるし。

まあでもそれよりも田辺だよTELYA!(爆笑)キャスト以外の情報は殆ど入れないで見たんだけど、絵面の予想以上に変キャラ。変キャラ過ぎ。もっと見たかったーというか、フルで撮ったはずのPV見たい!「アンドロメダおまえ」サイコー!DVD特典には付くかしら。付くよね。楽しみー♪w

そして智やんが佐藤浩市とそっくりすぎる!笑ったー!そっくりということに笑った。というかおいしいなー智やん、さんざイケメン呼ばわり。いやイケメンだけど!てっきり過去の演奏シーンくらいかと思ってたら思った以上に出てるし、息子だし。リーゼントも似合い過ぎ(笑)そしていいけどなんで浪岡の方が弟なんだ(笑)6つ上だよなw 

ガチャガチャと場所移動してるからってわけでもないけど、ちょっと展開が判りにくくて、おまけにオッサンたちがちゃんと演奏出来るようになった理由のきっかけがあれでいいんだというか、そもそも演奏テクの問題じゃなく気持ちの問題だったの?そこら辺が、自分で奇跡を起こすといいながら起ってなかったじゃん奇跡‥‥って、ちょっと無理やり展開?

まあアキオが、というかアキオはホントにクソ野郎だよな(笑)というかロクな生き方してなさそうなのに、よく25年生きてたなあ。あの若いイケメンがあんなロクでもないオッサンになるってのはちょっと考えたくありません(笑)というか、若い時からクソだったか。

まあ映画自体のオチがあれで良いのかって気はしなくないけど、まあいいかな、笑ったし。普通に考えてありえねーけど、あれはいわゆるクドカンエンドだよな。大体10万サクセスだってねーだろよ(^_^;) そういやドラムの人はさすがに上手いなーと思ったらグル魂のドラムの人か。

パンクはキライだけど、あんないろんなことに思いっきりよすぎな人たちを見るのは楽しいなぁ。かかわり合いにはなりたくないけどさ(笑)

[] 機動戦士ガンダム00 2nd#20「アニュー・リターン」

http://www.gundam00.net/

あああ〜富野モノ(厳密には富野じゃないですが)でサブタイにキャラ名が入ると死ぬってことですね?ああ、アニュー‥‥(´Д⊂ヽ

アニューとロックオンのカップルも好きだったのになあ‥‥って、00は完全ノーマルカップルにしか興味ないや。沙慈とルイスもそうですが。

というか、リボンズ、許すまじ!許すまじ!

ベッドシーンの裸はダメでもイメージシーンはOKって解釈でいいのかな?ちょっと少女漫画チックなのはあれですが、やられた。泣きそうになったよ。(最近涙もろいオレ)

あのラストからEDのあの曲ってのが、最強にズルイなぁ‥‥泣ける‥‥(´Д⊂ヽ オレもあのED落としてきそうになるよ。(いや椿くんがブログでね‥‥)

刹那のやったことが正しいなんて判っちゃいるんだろうけど、ホントにやられると‥‥ってことなだけに、ロックオンもカワイソすぎる。くぅ〜、やっぱりリボンズ許すまじ。世界が平和にならない元凶はあいつじゃねー?変革のための破壊というにも展望が見えないので、まったく肩入れ出来ない。

そういや王留美はどうなったんだろ。早くヴェーダの場所を‥‥ちょっとは役に立てよ。(というか2重スパイかどうかも判らねーし)

2009-02-22

ダメだ、もう眠すぎる‥‥メリケンの感想は明日にしよう。

あ、忘れるとこだった。智やんお誕生日オメデトー!25歳!

[] 散財日記:マルベリーの新作バッグ

f:id:korohiti:20100529234103j:image f:id:korohiti:20100529234101j:image

トートとショルダーの2ウェイ。マルベリーの新作ですよ。なんかマルベリーもここんとこやたら新展開だなあ。

マルベリーのバッグはオーソドックスなタイプも持ってるんだけど、意外と重くて出番がない‥‥。新作は全体に軽め。クシャクシャする感じでカワイイv 色は茶色と白とこれと迷ったけど色物が欲しかったのでこの色に。

あとで、この時期こういうミントカラーの服もよく着ることが多かったんで、被ること多くてちょっとしまったと思うこともありw

トートにもなるけど肩掛できないんで、何となくショルダーで使うこと多いかな。ショルダーも斜め掛けじゃなくて何となく普通に肩掛けなんだけど。

使い勝手は上の部分を折り込むことになるから、ちょっと邪魔くさい?まあでも底が丸くてたっぷり入るので、問題はなし‥‥かな。

[] 仮面ライダーディケイド#5「かみつき王の資格」

東映http://www.toei.co.jp/tv/decade/ テレ朝http://www.tv-asahi.co.jp/decade/

『僕は‥‥、王に‥‥なりたい!』


士くんカッコイー!何者だと問われて「通りすがりの仮面ライダーだ」ってのは、毎回の決めゼリフですか。カッコよすぎる!!それにしても草加は毒っ気抜けすぎ。キャラ忘れちゃった‥‥って解釈でいいのかな?w

 

それよりも、ちょ、待ってくださいよ?よく判んないんだけど、一般ファンガイアがライフエナジーを吸うのは食事代わりで、ワタルがライフエナジーを吸いたくなるのは相手が好きだからってことでいいんですか?でもってファンガイアの掟の人間を襲っちゃいけないってのは、とにかく昔から決まってる、共存の掟ってことなんだよね。なんか微妙にそこはあんまり突っ込んじゃダメなのかなあ。

というかつまりさ、ワタルのお父さんである謎の男・カブトムシファンガイアは10年前まで王だったと。やっぱりカブトムシが王様なのか‥‥ってのはおいとくとして、要するにお母さんのライフエナジーを吸って殺しちゃったわけ?あれ、そこって明かされた?いやだって「過ち」って、それしか考えられないんだけどさ、會川さんだし。オレ、考えすぎ?

自らがファンガイアの掟を破った‥‥にしては10年間行方不明の揚げ句突然現れて王位奪還ってのは解せないけど。処刑を免れて逃げてたってことでしょ。

でもそれなら何もかも否定しようとして王の座を捨てたけど、考えに考えた揚げ句、ワタル戴冠に際し、身をもってワタルに人間を信じることを教えようと戻ってきた‥‥ってのは納得はできるんですが‥‥

 

さて、ウソクサENDのオリジナルキバの世界で努力目標だった人間とファンガイアの共存はこの世界では当然だけど、だから好きになった人間の命が欲しくなるというワタルの苦悩があるわけですね。そのために自ら孤独を選んでいるワタルを救うためのユウスケの「友達」という言葉は更にワタルを苦しめるわけだけど、逆に最後にはワタルを救ってもくれる。それはユウスケの気持ちが真にワタルの求めるもので、だからこそ今回はユウスケが「ヒーローを救うヒーロー」なんだけど、ワタルが怪物になった時に「俺が倒す」という士の言葉も、ある意味救いの言葉ではあるんだよね。例え間違っても、最終的にそれに断罪をして罪を被ってくれるのは士だという。士の揺らぎなさとか強さって、それができることの凄さからくると思うんだけどさ。絶対的に自分が正しいという自信?

自らを悪魔という士だけど、士みたいな「絶対正義」ってある意味悪魔的ではあるのかも。

人間とかファンガイアとか関係なく、「倒すべき相手を倒す」という士の揺らぎなさと、「どうすればその人のためになるのか」ということを考えて行動するユウスケの、やっぱり別の意味での揺らぎなさがちょうどいい感じに世界を救ってるってところですね。

しかしこの話結構判りにくかったと思うけど、普通の人ってついてこれるんだろうか?(何が何だか判らないという一般の電王ファンの人の話も聞きましたがw)まあ話の構造上、仕方ないよな(苦笑)

ああそうだ、そういえばドッガバッシャーガルルの3人ってファンガイアじゃないよなあ?(笑)いつの間にファンガイアに?

そしてやっぱりくすぐったいのか、あれは(笑)キバを向き直させるディケイドがちょっとオカシかった。背中からしか割れないんだなあ。


予告。今回あまり活躍しなかった夏海ちゃんが別の意味で活躍なんだろか?でもって士が弁護士ならユウスケは?

そして見たことのないカードデッキをかざしてる人がいたんですけどー?

[] 侍戦隊シンケンジャー#2「極付粋合体」

http://www.toei.co.jp/tv/shinken/http://www.tv-asahi.co.jp/shinken/


ううーむ、やっぱりどうも靖子たんの作劇には乗れないんですが、靖子たんはスロースターターなので一応まだ様子見。

今回の話って殿のためにというか「戦いの覚悟」を見せる話だと思うんだけど、なんかウヤムヤのうちに殿の言うことが正しくて、みんなで心を一つに外道衆と戦わねばって話になってるけど、まさに最後のナレーションが言うように無理やりですよ。

イエローに対して「お前は強かった」じゃなくて、まず殿が信頼するに足る人物だという描写をしなきゃいけないはずだよねえ?だから殿の言うことが一見非道に見えても、実際みんなを率いることが出来る、命を預けて信頼できるリーダーで、しかも口だけじゃない強さに納得するってことなんじゃないのかなあ。そこんとこを少しでも見せてくれれば納得出来るんだけど、1話よりも納得出来なかったよ。

大体、殿以外は戦いを始めたばかりだし覚悟と言われても実感出来ないと思うんだけど、だからこそその、本来殿を守るはずの侍である他のメンバーに対して、自らが率先して危険に赴き、それを見てみんなが感動‥‥ってことじゃないのか?いや殿も一人でも戦ってたけど、その前にみんなに行けと言ってんの見るとちょっと順番違う気が。

侍の使命だから殿を守るじゃなくて、緑みたいなのもいるんだから視聴者的には「どうして殿をお護りするのか」ということを見せて欲しいんだけど。イエローの話よりそっちが先な気が‥‥

1話目で殿って、他のメンバーを巻き込むのは‥‥みたいなこと言ってたよね。その辺での迷いの吹っ切りがいつの間にかされてるのもちょっと。他の侍たちが戦いに覚悟を見せるのなら、殿は彼らを危険にさらしても戦うという、その上の覚悟を見せるべきでは?殿が「殿」である理由が欲しいんですよ。その辺、どうも今回の殿はちょっと人間味がない感じに見えますよ。うーん、納得出来ない。

あと青のキャラ立てもギャグキャラのつもりかも知れないけど空回ってるというか、相葉は表情固いから、演技はそんなにまずくなくても見てて楽しくないんだよね。あ、一応言っとくと、オレ相葉は好きじゃないですから。えーと、顔が。(顔というか表情が)

あと敵の狙いは、この世に不幸をまき散らして三途の川を溢れさせ、この世を乗っ取るってことでいいの?ちょっと回りくどいなぁ。乗っ取ったらどうなるのよ?まあそれも様子見ってことで。

1話目の感想で、サムライトルーパー的なトンデモ感がないなあって言ったんだけど、実はオレが一番思い出したのは「コンバトラーV」なんですが、あれって1話で使命を持った者たちが各地から終結するところから始まってて、子供心にもドキドキするような「これから何かが起る感」があって、その辺のジワジワ盛り上がるシリアスさがよかったんだけど、どうもこれにはそういうところも感じないのが残念というか。使命は持ちつつもバラバラなみんながまとまるのは戦いに対する使命感や覚悟じゃなくて、「仲間との一体感」じゃないのかなあ‥‥と思ったり。シンケンジャーで言えば「殿への忠義」かな。

あと靖子たんの脚本は戦いのシーンが当たり前すぎて面白くないな。キャラ同士のやり取りは結構面白いというか大人目線で見た面白さはあるけど、最初にがっと掴むわけでもないからなあ。今んとこキャラがイマイチ差別化されてなくてのりきれない感じ。

おでん合体はギャグというかちょい狙いすぎか?そのあとの殿の「俺が余ってるだろう」のほうがツボかも。

まあちょっと狙い所は判らんではないけど、どうも中澤監督の真面目な演出が徒になってっていうか、ハジケ具合がイマイチかなあ。正直微妙。来週に期待です。

音楽は侍ロボのアクションシーンはちょっと派手で良かった。若干田中公平風味ではあるけどねw


予告。次回は緑はいいけど持ち回り早すぎるよ。その前に殿のことをもうちょっと突っ込んで!

[] Q.E.D.〜証明終了#7「エレファント!」

http://www.nhk.or.jp/drama8/qed/

初めてまともに数学的思考で話が進んだよ(笑)というか数式で会話する燈馬くんとジャックってどうなのよ?まさに宇宙人の会話!モルダー、いいとこ突いてるよね!(笑)

話は前半ちょっと間延びしてたと思うけど、相原さんって脚本家は謎解きものが苦手なのかなあ?お話として話の大筋が論理的じゃない気がするよ。細かいところはそこそこ面白いんだけど‥‥恋愛担当?

詰めが曖昧なのも前回と同じ。どうやっても金庫の中のゾウのぬいぐるみの意味が、ジャックの口癖のエレファントの意味と繋がらないんですけど、オレの頭が悪いのか?ちょっと考えて見る。見返してないからちょっとアヤフヤだけど。

ジャックって、「エジソンの母」の加賀見教授と同じように数学的天才なだけのダメ人間かと思ったらどうもそうじゃないっぽいし、そうするとさー、南武社長のいう人生が平行線って意味が最初に思ったのとまた違ってくるんだけどなぁ。

南武社長の宝物がゾウ(エレファント)なのは回りくどく美しくない回答であるってことだから、それはいつまでも夢を追いかけているジャックってことだと思ったんだけど、でも実際のジャックは果たして‥‥っていうか、夢を諦めたんだよね?(というかポアンカレ予想に敗れたというか)あのラストだと成功者に見えるんだけど、でもそれは南武社長的にはエレガントじゃないってことか。そんなムチャな。(^_^;) 

それとも南武社長は自分が成功して、夢を追い続けるゴクツブシ海賊を養うつもりだったのか?そうなれば平行線は交わるってことなの?非ユークリッド幾何学か!(よくわからないまま言ってみる)

ああそうか、ひょっとしてジャックがポアンカレ予想を解ければ、宇宙は曲面だ‥‥ということに掛けて平行線は交わるって言いたかったのかなあ。じゃあ永遠にあの二人は平行線のままか。こ、これでQ.E.D.? まあ双方がそう思ってんならそれも人生。

燈馬くんはそういうところで落とし穴にハマってないから、きっと可奈は幸せになれるよ。

つまり人生、夢に向かってもがき続けてることが「エレファント」でいいってことかなぁ。燈馬くんはエレガント‥‥なハズなのに、今あえてエレファントなことをしてるんだよね?

 

で、今回はミステリ研の3人と可奈が、ジャックがどうやって金庫を運んだのか?について話し合ってるところが面白かった。

なぜ、どうして盗んだかという動機をまず考えようとする可奈に対して、どうやって盗んだのかという方法を考えるクイーンとホームズとモルダー。なぜどうしてを考えるのがミステリーじゃないのかよ(苦笑)ゾウだの何だのいいつつ(ありえないだろ‥‥という突っ込みはモルダーには無用かw)結局ジャックが幸せならいいって(笑)

それぞれの性格があだ名とリンクしてて(当たり前か)面白かった。そういやミステリーにしても、モルダーだけ毛色が違うんだけど問題ないんだろうか?どっちかというと「X-ファイル」はオカルトミステリーだろー(笑)

まあそのキャラが立ってるせいか、最後の「宇宙人だ‥‥」はおかしかった。ジャックは超常的存在か?だよな(笑)AirMacを使う海賊!成功者ですよ!w

 

あと毎回最後に出てたCGって、ポアンカレ予想のモデル図だったのねん。

今回のハカマダもいい袴田だった。昔袴田と我聞がやったテレ朝月8枠のドラマがすごく面白かったんだけど(「青春の影」ってドラマだった)、ずっと少女漫画原作だと思ってたのに今Wiki見たら君塚良一のオリジナルだった。なんかと勘違いしてた?あれいいドラマだったけどなぁ。

2009-02-21

なんかうすら風邪引いたっぽい。夕べすげー寒かったよ、猫タンポでも間に合わないくらい。(うちの猫タンポは気がついたら頭の上にいるよ)

[] RESCUE〜特別高度救助隊#5

http://www.tbs.co.jp/rescue2009/

今回のも1時間長い。ホントに1時間なんだろか?(笑)

そしてまた今回も、最後の手塚に感謝するところまであの婚約者が竹財くんだとは気がつきませんでした。いつものことですが(^_^;) 何となく見覚えはあるなぁとは‥‥まあ最後に見たのが映画の公式サイトで短髪で相当痩せてたときだったってのもありますが。

お話は十分以上に楽しんでるんで、突っ込みどころ含め言うことないです。あまりに真正面からマジメにやり過ぎてて見てて笑いが出るほどだけど、それひっくるめて面白すぎる!

いいけど不動に加藤のマネは無理です!体格的にw(照英カッコイー!)

それにしてもまたもったいないと思うのはさ、なんで手塚があの要救助者の側を離れられないのかというのはちゃんと一言説明欲しかった気が。あれ、たぶん装備の問題なんだよね、酸素ボンベの。でなきゃなんでわざわざあの柵の中に入ってるのか判りません。というか一人じゃ助けられない状況だっていう説明はちゃんとしないと、いかにも大変そうに見せてるだけのコントになるじゃんよ。加藤も不動を助けたはずみでどうなったのかは説明してくれないと。

そういうとこは細かいけど流しちゃいけないとこだと思うんだけどなぁ。せっかくの大掛かりなロケ自体の説得力の問題になると思うんだけど。

あとSRが出るくらいなら通常のレスキューも出てるんじゃないの?SRだけで船内探索することもないと思うけど‥‥と思っちゃうとこでちょっとって感じ。

でもって、この大ネタっぽい客船火災は信じられないことに1話で終了。来週は地下鉄ですよ!ある意味物量作戦。

 

ところでふと思ったけど、もっくん(山本くんね)ってのは要潤タイプの役者じゃなかろうか。

掛け持ちゲストやCMキャラのそういう既視感や、前にやった役のイメージを引きずったりするのって見てる側の問題とはいえ、番組が違ってて違う役をやった時にどれだけ前のイメージを払拭させるかって、やっぱりある程度は役者の力じゃないかと思うのね。今やってる役の説得力というか。

要とか、たぶんもっくんもだろうけど、ギャグキャラもシリアスも出来る振り幅の広さがあって、それゆえ主役や印象的なサブキャラ役が多いのに、見てる間は前の役を連想させないってスゴイなぁと。そう思ってんのオレだけかも知れないけどさ。

や、なんとなく今日は、そういや要ってジャガーさんやったんだよなぁ‥‥って思ってたから。葛城のあの鋭い眼光見てたらとても同一人物だとは思えない。ああそういや今日は要のお誕生日ですね。28歳おめでとう!

[] ラブシャッフル#6

http://www.tbs.co.jp/loveshuffle/

菊リンの昔の恋人が旺次郎に似てる‥‥って、やっぱゲイかよ!(爆笑)

なんか何もかも最後のそれに持ってかれた!

そういや人妻姐さん、「恋人」とは言ってたけど「彼女」とは言ってなかったような‥‥?

菊リンのキャラとこのドラマの雰囲気で「彼氏・彼女」でなく「恋人」という言い方に違和感がないせいってのもあるけど。野島先生スゲーな!(笑)

獣といえば、海里@吉高が獣というか野生児っぽくてカワイかった(*゚∀゚)=3

というか芽衣と愛瑠が仲良いのって、愛瑠がうさタンと似てるからじゃねー?芽衣の気になる人がアイアイってこたないよね?(がぜん現実味を帯びてきましたよ?w)

2009-02-20

今日はヅカ観劇デー。

ついでなので行きたかった銀座の寿司屋のランチ丼を。あなご丼、安くてウマー!

f:id:korohiti:20090220150232j:image これで1260円!(プチデザートもつく)

-----

DoCoMoの堀北バイト編のCMに出てるのが瑛太弟(殉太)の方だってのにしばらく気がつかなかった!声そっくりじゃん。

[] 宝塚歌劇花組公演『太王四神記-チュシンの星のもとに-』

http://kageki.hankyu.co.jp/taiou/

■出演:真飛聖・桜乃彩音・大空祐飛

 作曲・編曲:太田健 作曲・編曲:青木朝子

f:id:korohiti:20090221012609j:image

 

原作ドラマ知らないんですけどね、正月公演の時に妹が「見たい、取れ」っていったくせに自分は仕事でいけなくなったんで別の友達誘って行って来ました。

原作知らないんだけど、そんなに問題なし。何となく判るから!(たぶん)

今回は話が長くて複雑なので二幕もので1時間半+1時間、うち二幕目の最後の15分はレビュー。ないはずはないだろうと思ってたけど、ちゃんとレビューで締めなのはよかった!

 

宙、星、月ときて花組は初めてだったけど、今まで見た中では一番派手でものすごかった。まさにミュージカル、つか歌劇!歌も上手かったけど、とにかく動きつか、アクションもダンスも激しくて演出も派手なので、見てて楽しかった!スゴかった!歌劇活劇?

何といいますか、今までの公演って歌うにしても普通にキリの良いところで歌ってたと思ったんだけど、これはホントにセリフを歌ってた!掛け合いもメロディ付き、間の手セリフもリズムに乗って!(笑)しかも歌多い!劇音楽がまたドラマチックで壮大だけど、それに合わせて歌うもんだから‥‥(笑)

話が複雑なので、昔の出来事はすっぱりばっさりナレーション進行。神の子ファヌンの生まれ変わりタムドクを中心に同じチュシンの星の下に生まれた元親友ヨン・ホゲとか、神話時代から生きてる魔術師朱雀青龍白虎玄武の四神器を持つ者が入り乱れてるんで、ところどころ判らないところもあるけどまあ何となく雰囲気で了解。

同じチュシンの星の下に生まれた親友同士だったタムドクとヨン・ホゲが憎しみ合ったり、女取り合ったり。もともと王になるはずのタムドクは人目を避けて山の中で生まれたんだけど、王にならないといって彼女と駆け落ちしたそこで「僕はもう一度ここで生まれる」って、それって単に○×するってだけじゃ‥‥何て奥ゆかしいおっしゃりよう!(一番受けたw)それなのに一発で命中しちゃう運命の子!w

いや、ヨン・ホゲもカワイソウといえばカワイソウなのは、毒婦な母上に騙されたまんま親友を憎んで‥‥って誰か誤解解いてやれよと。王の印の剣で刺しても死なないとか、宝玉を心臓に埋め込むとか、なんだかまさに神話的ファンタジー盛りだくさんで、展開早過ぎ。ジェットコースター展開。

最後は何だかあれよあれよという間にヨン・ホゲは死んじゃって魔術師が割って入り、昔と同じくヒロインは闇落ち。

結局、昔は奥さん殺して事態を解決したという間違いをした神の子が今回は間違わなかったって話で、四神器を天に返して最後に愛は勝つ!ってな話でした。メデタシメデタシ。というか魔術師生きてるんですけどー?いいのか?いいのか。いいけどクレーン初めて見た!大掛かりすぎ、スゲー!(笑)

そして終った余韻もなくというか、幕が下りて上がってそのままレビュー。

なんかオーソドックスなフレンチカンカンとか男役の少年隊風なキラキラ衣装の群舞とか(たぶんジャニがパクったんだよなw)、しかも「セイッ!セイッ!」っていう掛け声とか、超ハイテンション!ダンススゲー!演出決まりすぎ!

ちゃんと大階段も出てきて役衣装で降りてきて挨拶するキャストに、トップスターはキラキラ衣装に羽根飾り!まさにキター!と叫びたくなるような、つかオレちゃん体温上がりました、あんまり楽しくて。お友達も予想以上に大コーフンで誘った甲斐がありました。やっぱりあのゴージャスのインフレ現象はテンション上がるよなあ。たった15分だけど十分盛り上がって楽しく帰れました。宝塚スゲー!エンタメとして素晴らしい!花組は派手でいいね!うん。

本当に非日常に浸れるのがマズイといえばマズイのですが、これにハマって目がキラキラしちゃう人ってのも気持ちは判るよな。今日も出待ちがたくさんいました。

だってね、ふわーっとしちゃうよ、ふわーっと。

思うにこれって、クジャクの雄の羽根を見て雌がキャーステキー!と思う気持ちに似てるというか、宝塚のフィナーレの「羽根のインフレ」はまさにそういう効用だと思う。だってちょっとついてるだけでもテンション上がるのに、更にどんどん意味不明に大きくなるに従って興奮度が高まるんだもん。何か遺伝子に刷り込まれてるカンジ。あれはマズイよ、マズイ(笑)宝塚のどこに魅力を感じる?といわれたら、「羽根!」と答えそうな勢い。でもそれ以外言いようがない(笑)

帰りにショップによっていろいろ見てたんですが、関連書籍のところにドラマ版のムック本とか池田理代子先生の漫画版とかありましたが、ドラマ版のペ様を見ても何だかトキめかないというか、「地味?」と思えてしまうほどインパクトが強かったヅカ版太王四神記。むしろ池田先生の漫画をそのまま舞台にした感じ?神の子タムドクといえば真飛聖って気がしてきますよ?きっと動くの見ればペ様でもそれなりカッコいいはずなんですが。ヅカ、カッコよすぎる‥‥!

これ、3/22までやっててまだ日程はあるんで、興味がある人はお薦めします。ホント、スゴいよ?もーね、イイ感じに現実逃避出来る!(笑)

[] Q.E.D.〜証明終了#6「賢者の遺産」

http://www.nhk.or.jp/drama8/qed/

猿彦さんが見たことある顔だなあと思いつつ、仁科克基(アイハラリュウ隊員@メビウス)だってことになかなか気がつきませんでした。まあいつものことですが。あのコスプレ(違う)じゃあ中村有志に気がつかなかったのは仕方ないかw ということで、仮面ライダー藤岡弘とウルトラ隊員のコラボレーション。そういや中村有志もなんか特撮出てたような‥‥と思ったらジャスティライザーの伊達パパだったか!そういやそうだ。超星神までトリプルコラボ、どうなってんだNHK!(笑)

タイムスリップネタありってのも結構なボウケンなのですが、まあこのドラマってそういう話ってことだよね(笑)あとあと何かの伏線ってこともないだろうし。

天真爛丸博士は、バックトゥザフューチャーにおけるドクだろうと思うけど、なんで昭和9年にタイムマシンの研究なんかしてるのか、そこだけがこの話の謎のような気がするよ(笑)

この話のトリックというか、遺産探しの件に関しては、推理モノとしても最初に提示する前提条件やそれを見つけ出すための手がかり、しかも子供たちの自作自演含めてもあまりにもお粗末すぎるし、結果、というか事の顛末すらも曖昧ってのはちょっと頂けないなあ。学祭の時の話みたいに証明終了したかったんだろうけど、どっちかにした方がよかったかも?そのどっちつかずさもあるけど、この脚本の人はミステリーには向いてないのでは。演出家もその辺フォローすればいいのに。

結局よく判らなかったんだけど、あの柱時計の中に隠し財産分配に関しての手紙かなんかがあったってことなのかなぁ?それぞれもらったものは子供たちを想う親の愛的なアイテム‥‥でいいんだけど、それと肖像画が示す手がかりと柱時計ってのがまったく意味を成してないのでお話としてはメタクソ。たぶん、ね。何が「賢者」なのかも判りません。

まあこの話って、タイムスリップしてきた可奈に淡い恋心を抱いた塔場総一郎くん@帝大生が、過去の自分と可奈がちゃんと会えるようにドク‥‥違った、天真博士のお屋敷をこの日まで保存して、可奈をタイムスリップさせるためにわざわざバイトとして雇ったって話で、可奈が謎解きに実際役に立ったかどうかはともかく(よく判んないので)、そのお陰で自分がちゃんと大学を続けられ成功者になれたってことより、ずっと可奈を想いつづけたウブな帝大生の初恋物語と思えば大変ロマンチックないいお話でした。

可奈が水原パパ似の霧之塚さんの遠い血縁だってことはまあナルホドって話だけど、塔場くんと燈馬くんは名前が似てるってだけで別段血縁じゃないんだよね?まあこのお話で何があっても驚きませんが。ただ燈馬くんには塔場くんみたいな、ちょっとウブだけどストレートなとこはないよなあ(笑)

ああほんと、蒼くんはもうちょっと滑舌良ければなぁ‥‥!

 

予告、あの海賊モドキが袴田だってことに気付くのに数秒を要しました。いつものことですが。いやもー、ヒゲステキすぎハカマダ!(笑)でもモルダーは判ったよ!つかまた学園探偵団?

2009-02-19

メールに気がつくの遅かったんで、ここで呟きます>某ヤッターM

私も櫻井のガンちゃんに、結構ハマってるかも!とテンション上がり、しかもアイちゃん福田沙紀!とワクワクしたものですが、試写を見に行った相方によると、中身はそうとうオゲヒン三池印だったそうです。‥‥かーなーりー見る気無くしました(-_-;)キャスト目当てで見ますけどね!

[] キイナ-不可能犯罪捜査官-#5

http://www.ntv.co.jp/kiina/

宮下医師はアホなのか?なんでその日のうちに書き込む?そんなの調べるまでもなく、内部の人間のやったことって判るでしょーが。しかも警察なんだから発信元ホストの特定なんて簡単に出来るに決まってるよ!ばかー。

コロンボ的というか、今回はいつも以上に犯人や殺しの動機、その手口がわかりやすい(というか同じトリック「モップガール」でも見たよー)んだけど、話の一番のキモは犯人の宮下医師に自供を迫るキイナの被害者に対する思いだと思うから全然OK。

1話でも被害者の女性に対して「被疑者にはちゃんと親が付けてくれた名前がある」と山崎くんに言ってたキイナが、まさに命を扱うはずの医者に対してそれを言うところに意味があるというか、そういうところは忘れないこのドラマは中身はトンデモだけどドラマとしてはいいドラマだと思う。でも、幽霊話の真相解明とか話の筋立て自体はちょっと弱かったのは残念。もっとトンデモっぽい話希望。

そして真一郎さんがキイナに真実を告げる‥‥というか、ちゃんと話を聞いてもらえることはあるんだろうか?(笑)

というか、キイナが勝手に勘違いして真一郎さんに捨てられたと思ってたのに、別れに対してそれを訂正しないばかりか何も言わずに私物も部屋から引き上げるとか、どんだけ気が弱いんですか?

それって、実は幽霊コワイなビビり山崎くんが署内の女子人気急落‥‥というのと妙に似てる気がするけど気のせいじゃないよなあ?何かしら弱みがある方が男はカワイゲがあるとと思うけどー?(笑)

そんでもって雅課長とキイナが出会ったことは奇跡って、課長、何か過去に遺恨があるみたいだけど、その辺がキイナの能力は何だかんだ言いつつ認めてるけど認められないっていう板挟みなのか?

[][] ヒロたんはパーフェクト執事の夢を見るか?

quonさんとこにコメントしようと思ったんだけど、あまりに長くなったんでチョイ書き足して自分とこに。コメント欄だと直しきかないしw

なのでまあ、あちらの記事前程って話で。あんま人んちで毒まき散らすのもどうかと思うし、そもそもオイラ原作は1巻(と最近の連載ちょこっと)しか読んでないんで、原作を読んでるquonさんと同じ目線では語れないしね。あくまでもドラマの、って話で。

 

このドラマってもうすでに健が正しく活躍してたらいいってもんじゃないだろうけど、それでもたぶんヒロたんがイケパラ程度にでも正しく活躍してたらそれはそれで目を瞑るんじゃないかと思います。それがファンってもんです(苦笑)

現状まったく活躍してないどころか、見せ場すら殆どない状態の主役であるところのヒロたんに、ファンとして何を喜べというのか。それなら出番がなくてもドラマとして面白ければまだ許せるよ?なのになんでヒロたん主役のドラマってこうなの‥‥?というか、イケパラ→絶彼→ROK→メイちゃんと、どんどん酷くなっていってるんですけどー?研音ってヒロたんに恨みでもあるの?

ドラマとして無理やりでも、出番として触れ込み通りの無敵のスーパーS級執事の大活躍!お話なんか知ったこっちゃねー、理人様がカッコよければいいんじゃーい!ってんなら、むしろ文句言わない、言うはずもないですよ。ある意味正しい主演ドラマのありようだよね?(むしろカブト後半はそうでしたがw)

 

ってことでー。

よく考えなくてもこのドラマがつまんないのって、ヒロインのメイちゃんにカワイゲがないってのが一番の元凶のような気がするんですけどねー。

本郷のおじいさんが最終的に(メイにとっての)いい人で、メイが理人のために本郷家の人間に相応しいお嬢様になるのが目標の原作(だよね?)と違って、両親を一緒の墓に入れることが目標のメイに、どんなお嬢様になるモチベーションがあるんだと思いますよ。

それこそルチア様がその約束を果たしてくれるってんならそれでいいじゃんって気になるし。

大体全寮制の学園で、しょっちゅうヘリ飛ばして前の友達のところに戻って飯食ってる時点で、お嬢様になる覚悟なんかないだろ?って気がしますけど。あのシーンにメイが一般人から見たら羨ましがられる境遇であるってこと以外の何の意味もないしー。

だってそんなの考えりゃ判るだろって話だし、つかそれ以上の「本郷家の人間になることのメイの苦しみ」を描いてないんだから、対比としても意味ないでしょーよ。今はお嬢様どうこうというより、単に転校先の女子高で虐められてるってだけの話だよね?

もちろんメイの苦しみの一つには、理人がメイの執事になったらメイの恋心が成就されないっていうのも含むけど、メイって今んとこ別に理人が好きなわけでもないから、ホントに何がやりたいのって感じ。(ドラマ設定の場合。原作は違うからね)

 

ちなみにこの話聞いた時点でどうせ研音なら黒川智花がメイちゃんなら‥‥と思ったんだけど、なぜってそれは智花ちゃんの方が健気でいじらしいキャラをキチンと出来ると思ったから。もちろん見た目の「可愛さ」の問題もあるけどさ。(智花ちゃんはちょうど舞台のスケジュールが入ってたんだよね)

とにかく榮倉が健気でいじらしい、ついつい応援したくなるようなメイちゃんを演じれてれば文句ないんだけど、どこに肩入れしていいのかわからない文句たれで勝ち気なだけの努力も反省もしない女の子って、何が「可愛い」んだ?

 

というより「絶対彼氏」もそうだけど、何の取り柄もないありのままの自分を見いだして無条件に肯定して好きになってくれるイケメンが好きなんだよね、最近の女の子は。社会的ステータスがあればなお良しって感じで。

自分が相手に見合うようなレディになる努力とかしたくないんだよね。ただありのままの自分の良さを、勝手に見つけて好きになってくれる都合のいい相手が欲しいだけで。

だからレディになるための具体的努力をしないメイよりは、一応夢を叶えようという気持ちを持った絶彼のリイコはまだマシかなあって気はしますが。

メイに何の魅力も感じないのはそのせいもあるというか、だいたい努力しようとしない人間が魅力的に見えるわけないもん。メイって今って現状に文句言ってるだけで、変えようとはしてないというか、自分はお金持ちになんかなりたくない「ありのまま」の庶民でいたいんだから、変わる必要も変える必要もないんだもんな。

いやー、庶民のみんなが憧れる状況にぶーたれてるだけで美形兄弟に恋されるって、おいしいよねー。まあ少なくとも剣人はそういうところも好きなんだろうけど、それは単に”幼なじみ”の剣人の趣味が悪いって話だからねー。(それをいっちゃあ‥‥w)

 

しかもこのドラマの場合って、剣人とメイは位置関係がはっきりしてるけど、メイと理人って幼なじみってワケでも顔見知りでもないし、理人がなんでメイを好きなのかも未だに説明されてないし(どうせロクな理由じゃないよ)、このドラマの東雲メイという人間自体が好きになるに足りえるキャラでもないので、まともな人間には何もかもが理解不能としか‥‥そもそもこのドラマの設定なら原作通りに理人と剣人が兄弟である意味もないような。

兄弟であることの意味をちょっと考えると、理人が執事として本郷家の跡取りに付くんなら跡取りになれなかった方は剣人がつくでもいいんじゃね?彼らの生い立ち的にはその方が納得だし、跡取りになれなかった人間は本郷家を離れれば、そのほうがみんな幸せになれないか?もう本郷家なんかルチア様に譲っちまえよ。なんのためにメイって学園にいるの?逆にいうと、おじいさまはルチア様に本郷家は譲りたくないの?

何だかんだ言っても、実際の人間関係では理由なく好きになることはあってもいいけど、ドラマではちゃんと理由は見せて欲しいですけどね。そんなことも判らないこのドラマのスタッフは本当に頭が悪いか、視聴者侮ってるかのどっちかだと。(たぶん後者)

少女漫画展開として多少のことには目を瞑るけど、いろんなことが制作スタッフが確信犯だけに納得いかないというか‥‥みんなで笑ってる絵を見せれば万事解決なことになってるって、あまりにも結果オーライ過ぎですよ。そう言うの誤魔化すっていうんだよ?だったらストーリーなんかいりませんよ。

 

これってなんかー、男の人が考える少女漫画、女の子の夢の世界って感じで(Pは女性じゃなかったのか?)何から何まで間違ってるとしか言いようがないあたり、根本的なところで間違ってるから直しようもないと思うんですけどね。ある種の古い頭の男の人から見たら少女漫画のロジック、物語でなくキャラの気持ちを追って話を見せていくというストーリーが理解出来ないからなんだろうけど、そうだとしたらクリエイターとしても間違ってます。

男から見てのキャバクラ的感覚で執事付きお嬢の通うセレブ学園をやられても困るというか。

フミちゃんP(共テレ所属)って、よほど無能なのかなあ?フジから企画だされた時点で何とかしろよと。それともブログ書くしか仕事として任されてないの?

このドラマ見てこんな執事が欲しーって言える人は相当オメデタイと思うし、そもそもちゃんと執事がいるお嬢様たちがS級執事のイケメン理人にお熱を上げてるってこと自体、執事とお嬢様は信頼関係で結ばれてんじゃないのかって突っ込みたくなるし、だいたい執事って主人に対してそういう役割じゃないでしょ、としか。まあ最後のはこのドラマに於いては最初から間違ってるんで突っ込みどころではないですが。

あれは執事というか彼氏じゃん。性的関係のない彼氏モドキ。つまりアッシーとかメッシーとか貢くん的な使いっぱの手下?オレは彼氏は欲しいけど手下は欲しくないので、そういう感覚はまったく判りません。心無くうわべだけチヤホヤだけしてくれるようなホストクラブとかもね。みんな愛が欲しいんじゃないのかよ?

まあいいけどS級執事の理人がいいってんなら自分とこの執事も格上げすればいいのに。どうせ結婚するわけじゃないんだし、顔なんてイケメンだったら何でもいいじゃんって言いそうになりますよ?(苦笑)

 

なんかもう、今後何をやっても間違ってるとしか予想出来ない理人をやってるヒロたんには同情しか出来ないんですが、これって榮倉押しはともかくヒロたん押しでヒロたんがイイ目を見なきゃいけないはずじゃないのかなあ‥‥(-_-)

弟のために自分のコイゴコロを押し殺すお兄さん(大体執事と主人はそういう関係になっちゃいけないんなら)っておいしいと思ったのになあ。

半分過ぎた6話時点でメイにも剣人にも自分の気持ちを語ってない役どころって、ドラマとしておいしいんでしょうかねえ?この番組に於いてヒロたんって(理人でもないw)、「ヒロインの私」を後ろから抱きしめるためだけの存在なのか?なんだかもーため息も出ません‥‥(-_-;)

万が一、来週からの展開で面白くなったら潔く謝るけど、絶対そんなことにならなさそうってことが悲しすぎるよ。面白いどころかヒロたんの出番も増えなさそう。

[] ケータイ捜査官7#41「セブンの見る夢」

http://ani.tv/k-tai7/http://www.tv-tokyo.co.jp/k-tai7/

真のサブタイトルは「フォンブレイバーセブンは滝本の夢を見るか?」で、エヴァンゲリオンな誰かがセブンをそそのかすお話(笑)

あれ、そもそもセブンって人間になりたかったんだっけ?「バディ」でいたいってのと「人間」になるってのは違うよねえ?なんかインチキされてる気分。

PBのバディシステムって、どうしてそういう「誰かのバディじゃないと機能しない」システムなんだ?それ自体、なんかの実験みたいなんだよね。

だって、人間の感情っていうのは誤解も含めた共感力をもって誰かと繋がりたいと思う気持ちであって、PBっていうのはもともと機械というかシステムなワケだからPB同志が繋がってることは当たり前。だから夢の中で「繋がりましょう」なんて綾波レイみたいに誘いの言葉をかけてくるのはおかしいんだよな。そもそもが繋がってて当然なんだから。

だから、今(バディと)繋がってない、故にお前は孤独だとセブンに暗示をかけるそのこと自体がインチキじゃん?セブンもそんなことにのるなよと思うけど、バディシステムってそこんとこをおバカにしちゃうシステムってこと?それ自体間違ってると思うんですけど‥‥はっ、もしかしてラムダチップのせい?それってなんて良心回路?(おいおいw)

だって間明がずっと仕掛けてきてたことってPB同志を繋いでその先を考えるってことで、そのためにセブンに過度な試練を与えようと(しか思えない)仕掛けてるんだけど、結局そのセブンの感情を「共有する」ことで何かを生み出すことが目的なんだよね?ゼロワンはそこで「バディってなんだ?」って疑問を持っちゃったからダメだったのかな。PBのパーソナリティ自体が組んだ相手の性格によって形成されるものなら、そこ時点でバディシステム間違ってますよ?というか、そういうこと考えるって時点で「人間」の思考パターンなんですけど(苦笑)

ていうかPBって、人間の思考パターンを電脳的に解析するための疑似的システムってワケじゃないよねえ?

なんか本末転倒というか、やっぱ間明ってセブンを騙してんじゃん。騙されるセブンもセブンですよ。というか機械がそういう心を持つことって、何か得になることあるの?機械とかシステムの特性ってそういうことに左右されないことであって、だからこそ「人間」の相棒の意味があるんじゃないのかなあ?ある程度人間の思考パターンを理解することと、「人間になる」ってことは違うよね。人間同士で組むのと同じなら(例えそれがものすごく頭のイイ人間であっても)PBが人間になる意味はないよね?同質のところに進化はないわけで、人間とPBは異質だから進化があると考えると、セブンは人間になんかならなくてもいいよ。

まあでも今回はウサ耳コスプレで不貞腐れるツンデレメイドなゼロワンの忍法ジャミング返しに激萌えしたので(笑)、いろいろいいや。ケイタに「俺がいるだろ」っていわれてΣ| ゚Д゚|なゼロワンが‥‥(笑)手伝ってっていわれてものすごく嬉しそうだったし!ゼロワンは相変わらずはずさないなあ(笑)

ケータイGENEとか、どう見たってガワは今までのPBと同じなんだけど、進化してないのかよ?(笑) *1 つかそれ、アンダーアンカーの開発部に間明と通じてる人間がいるってことじゃね?

[] 神の雫#6

http://www.ntv.co.jp/shizuku/

雫くんが白い頂きを登ったら、豊多香パパじゃなくて白戸家ダンテ兄さんとガチャピンがいるという罠>ソフトバンクCM 「こら雫、会社行け!」「スイマセンお父さん」(違う)使ってんのはiPhone!

それはさておき、可哀想なのは雫より一青さんだと思うけどなーってことで、まあさすがはお兄さんってことか、立ち直りも早いです。雫は打たれ弱いなあ。

一青の養子の話の回想シーン。なんかねーマキの言うように、一青は実の父が豊多香だって知らなくても奇しくもワインの道を選んだってことだけど、実の父だと知ってたら、会った時また違ったろうにね。一青さんカワイソウというか知ってたら知ってたで何か言うことあったろうに。酷いな父。

ワイン事業部のメンツがやたらキャラ立ってと思ったらこういう話だからなのね。会社というか、同好の士みたいな雰囲気ではあるけど、それが一応展開の布石だったのかと。むしろみやびちゃんはじめ、ワイン事業部の人たちのキャラが濃すぎて雫くんが一番影が薄い気がするよ!(笑)いやー、イイ人たちだなあ、ワイン事業部!でも雫が会社やめても困んないでしょ?

そして、雪山を突然一人で登り始める雫くん‥‥って登山の経験あるんですかー?遭難したらどうすんの?行き当たりばったりで足止めくらったら答え合わせに間に合わないよ!イヤ山を登ってどうなるってものでもないと思うけど、登らずにエアワイン&エア登山な一青さんもどうよ?(笑)

でもって一青さんがいきなり失明の危機?それってワインばっか飲み過ぎて栄養失調で鳥目ってことじゃないよねえ?ねーか。

つかまあ、さすが神咲豊多香の血を引くだけあって、一青さんのポエムはお父さんにそっくりですよ!それが今後の伏線というか展開だったとはなーさすがだなー。一青さんは同じ方向で父親越え、雫は違う表現で父親越えですか。

 

視聴率があんま低いんで気になるんだけど、新聞によるとワインは相当売れてるみたいなので(オレも買ってしまった!)メイちゃんなんかと違って、まあ単にこのドラマの視聴者層は録画で見る人たちって気がしなくもないな。だってこれの視聴者層って亀目当てじゃなければ男性会社員でしょーよ?

*1Wiki見に行ったらジーン=PBファイブだった。そういうことですか。

2009-02-18

世界仰天ニュース」の世界一の肥満妊婦の出産に納得いかないー。痩せてれば国が3300万円も負担することないじゃん?なんで痩せようと思わないんだ?謎、むしろ自分勝手さにムカつく。

[] 機動戦士ガンダム00 2nd#18〜19

http://www.gundam00.net/

#18「交錯する想い」

軌道エレベーター倒壊からサラッと4ヶ月経過。

超兵さんは現役に戻っちゃったし、アニューもイノベイターに戻っちゃったよ。いいけどアニューとロックオン、ベッドでTシャツ着てるのは自主規制ってやつですか?(笑)

ちょっとストーリーの方向性がわからなくなったけど、結局アロウズはエレベーター倒壊事件を利用して世界を独裁し、好きなようにやってるってことですね?そしてマネキン大佐が行方不明ってのはスミルノフ大佐亡きあとやはりアロウズの良心?ちょっとホッとしたよ。どさくさ紛れに逃げたのかー?

シーリンとクラウスがちょっとイイ感じなのがほほ笑ましいんだけど、なんかこう世界を救うために戦いに身を投じてながらも人との繋がりを求めてしまうところが、ルイスを助けるために不本意ながらも戦いに身を投じる沙慈と、以外にもそれをちゃんと助けてくれてる刹那との繋がりに投影しちゃうよ。いや、何となく。(だってロックオンをとアニューがくっつくのって当たり前すぎるしさー)人ってそういうもんだよな。

刹那って以外とイイ奴というか、むしろ一時期お隣さんだっただけの沙慈とルイスのことをなんでそこまでって気がするけどさ。刹那としては、あくまで戦わないマリナ姫と同じように戦えない沙慈に、再生のための戦いを促すって役どころなのもまあらしいといえばらしいって気はしなくもないけど。「行動しなければ何も変わらない」んだよな。

そして「会いに行こう、ルイス・ハレヴィに」「ああ‥‥ああ!」ってのはちょっとジーンときました。良かったなぁ沙慈。

最初の頃はハッキリしなくてイラついたけど、以外とマリナの立ち位置って絶妙だなあ。さすがは殆ど参戦してないわりにヒロインか。

そして戦いを前にプロポーズするロックオン。イヤ狙い撃ちじゃないし、気がつかないスメラギさんはちょっと鈍すぎ(^_^;)

そうそう、自分だけで変革したいチャイナっ娘とリジェネは裏切り?チャイナっ娘がリボンズに小バカにされた時はザマミロと思ったけど。さて浅はかな王留美がリボンズの上を行けるのかどうか。「悲しいけどボクはイノベイターなんだな」って思わず心の中で呟く(笑)>それがいいたかっただけか

いろいろ繋ぎの話っぽかったけど、結構重要な回だったなー

 

#19「イノベイターの影」

今一番重要なのは沙慈がルイスを取り戻せるかどうかってことでいいんですか?オレの中ではそうだけど。(リア友がどんなに沙慈を嫌っても!w)

状況の歪みの中心地にいるのがルイスじゃなくて良かった。むしろ父殺しのアンドレイだよなー。イデオンなら因果地平へ飛ばされちゃうところだよ。ルイスが囚われてるのは恨みの気持ちじゃなく、むしろアンドレイの歪みに巻き込まれてる気がすると思うぞ。勘違い&愚かってどうしようもないというか、出てきた時からそういう人だから何ともなあ‥‥ここは是非とも超兵さんに何とかして欲しいところですが、恨みの連鎖は沙慈が止めたか。まあそれはそれで。沙慈、本気で戦う気になったんだなあ。なんかホント思いっきり沙慈に肩入れしてますが、沙慈がルイスと幸せになれればいいよ。って刹那と同じ目線だよ。たぶん刹那もそういう気持ちw

日和見なチャイナっ娘、王留美がおバカサンだったんでちょっと小気味よかった。はじめてネーナGJ!と思ったね。や、早くネーナも逝っちゃって欲しいんですが。でもって、プロポーズしたのにちゃんと生きて帰ってきたロックオンにホッとしたのにその仕打ち。アニュー、催眠かなんかだったの?そういやアレルヤハレルヤに戻ってたしな。

なんかいろいろ、どういう風に落ち着くのかなあ。アニュー、戻ってきて欲しいなぁ。

2009-02-17

いやもうわかった。実写化のあかつきにはマスタング大佐は徳山のアニキに。

[][] メイちゃんの執事#6

http://wwwz.fujitv.co.jp/mei-chan/index.html

そういえばちょっと前、フミちゃんのブログにあえて「お嬢たちの執事がもったいないのでもっと出してくださーいv」的なコメントをしたんですが、華麗にスルーされたようです。言ってはいけないことなのか?(^_^;)

 

えーと、(脇でなく)主演ドラマの撮影中に、(脇でなく)W主演ドラマのSPの撮影を入れられるという、まったくもって酷いスケジューリングをする事務所に文句も言わず、「皆が楽しんでくれるならという思いで必死で頑張ってます!」(by 今週の日記)と言うヒロたんのために今週は真面目に見ようと思ったんですが、開始5分も経たないうちに、このドラマが何をやってるのか判らなくて気分が悪くなりそうでした。くうぅ〜、耐えろオレ!

こんな学園で学んでも何かを乗り越える試練になんかならないと思うんだけど、どうか?>学園長

もう何もかもというか、学園のシステムとかお嬢様と執事の関係がどうのとかがまったく理解不能なのはともかくとしても、ドラマとしてそれ以上に、学園内で酒を飲むのってどうなのよ?確かに執事は年齢的には大人だけど。おまけに明らかに不純異性交友を想起させるような(苦笑)シチュエーション作りといい、このドラマの製作者って、番組作りの姿勢として腐ってない?間違ってるし、何考えてるの?フジテレビに抗議のメールするぞ?>もうお話としての間違いっぷりに突っ込めないので別のことで攻撃

ふと思ったけどこのドラマの視聴率が高いのって、月9も同じだと思うけど今の視聴率システム考えると単純に「リアルタイムで見たいー!」っていう若い子が多いからだと思うんだけど。見てすぐ友達とメールや携帯で感想言い合うんだよな、たぶん。

でもってこのドラマの主人公はメイでも理人でもなく剣人でしょ?主役はタケるんだよね?だって学園を変えてるのは執事見習いの柴田剣人じゃないか。オレ間違ってる?今週理人様何やってたの?ああ姿を見せずにオンボロ寮を見張ってたのか。お疲れさまです。

なんかもうやり甲斐もなさそうな上に役柄的にまったくおいしくないヒロたんに同情‥‥( ´∋`)

今週はまだモブ的な執事の方々でしたが、来週は、来週こそは見どころがあるんでしょうか?でも今7〜8話の撮影中らしいけど、主役のヒロたんは掛け持ち中なんだよなあ‥‥(-_-) ドウナッテンダ、コノドラマ!

そういや今気がついたけど、このドラマって学園の教師って出てきたっけ?なんでいないの?

[] 銭ゲバ#5

http://www.ntv.co.jp/zenigeba/

あーもーねー、風太郎がカワイソすぎて涙出るYO!

風太郎がやってることは許されないことではあるけど、"悪人"じゃないってのがあまりに分かりやすいんですが。愛が裏返りすぎ。

悪辣なお父様が「愛や友情は金じゃ買えない」っていうから風太郎くんも「金で買えないものはいらないよ」とか言ってるけど、"金で買えるような"愛や友情はいらないんだよね。というか、茜が風太郎を思う気持ちとか派遣労働者の良夫くんとかは、お金抜きの愛情や友情(それが真に正しい感情かどうかは別として)なんだけどなぁ。その辺でか、あの健蔵もさすがに息子は可哀想なやつだと思ってるみたいですが。

三國パパが風太郎を亡き妻の墓に連れていき、風太郎行きつけ?の伊豆屋で食事をしてる辺りでもう展開としては判ってたけど、例え生まれながらの「お金持ち」なんだとしても、自分に対していい感情を向けてる人間に対して戻れない道をそれでも進もうとする風太郎が、偽悪的にそれを選んでるわけじゃないってことにどうしようもない風太郎の哀しさがあると思うよ?何かを試したいわけでもないというかさ、行き当たりばったりすぎるズラ‥‥( ´Д`)

ただ健蔵のときと同じく、自分と同じだという良夫に対しては最初は「お前と同じ」だと思われたくないと思ってたんだろうけど、だからといって彼の言う「友情」を信じてなかったかというとそんなこともないんじゃないかって気はする。それが風太郎が偽悪的になれない、本当の気持ちはそうじゃないというか愛だの友情だのいう「美しいもの」を欲してるってことだと思うんだけど。

だって家政婦の春ちゃんに対する態度とか何か裏がある描写でなくすごく人として当たり前の態度だし、それで茜が風太郎の本質を感じてより強く執着することになったり、三國造船を乗っ取るにしてもちゃんと経営者としての勉強はしてるとか謙虚な態度が余計に三國パパから信用されたりとか、風太郎は貧乏だからといって気持ちまで腐れてるわけじゃないんだよな。そういうとこは確かに良夫も同じなんだけど。(対照的なのは1話のトモロヲ)

だから風太郎のやってることって、最初は金のために利用してやろうという打算からでも、なぜかそれが本物の「金で買えない愛情や友情」になっちゃってて、そのことに風太郎も気がついてしまうんだけど見ない振りをしてやり過ごすしか、もう生き方として生きていけないってのが可哀想というか。受け入れてもどうにもならないというか、受け入れ方が判んないんじゃないのかなあ。まあ今さら三國のパパを殺すのをやめたところで、今まで人を殺したことがチャラになるわけじゃないし。

間違ってるのが判っててもやらなければいけないと思い込んでることのその間違いっぷり含めて、自分で金のためなら何でもやる「銭ゲバ」だと思うことでその間違いを正当化しようとしても、他人が金に浅ましい様を見て笑ってみても、風太郎が間違った道を選んでるってことに変わりはないって。風太郎はバカだ。

緑が荻野刑事に聞いたことは事実だけど、風太郎がしたことが問題じゃないってのは、事実を知っても風太郎を支持する茜や良夫が風太郎自身を見てるのに対して、緑は風太郎の内面なんか知ったこっちゃなかったってことだよね。いやまあ殺人は殺人だし、お金目当ての乗っ取りは乗っ取りだけど。

本当に光の当たらないところにいる人間にとっては気持ちの問題として自分にとって救いになるかどうなのかが問題であって、一方通行でも愛情や友情を受け取ってくれてると思えばそれでいいってことかも。このドラマの描写だと風太郎は彼らにとってのヒーローだし光なんだよね。そしてそれは風太郎が方法は間違っててもずっと正しく上を見てるからだと思うけど。でも常に無自覚なまま頂点にいて、むしろお金持ちの余裕で救いを与えてると思ってる緑にはそれは見えないんだよなあー。俺は正しい‥‥ってそれじゃ名護さんw

 

それにしても三國パパが亡くなったからといって風太郎が新社長って、そりゃねーだろよ。他の部下はどうしたんだ?大体、風太郎が就職してそんなに経ってないよねえ。まあその辺は突っ込みどころではあるけどいいや。

そして"しその薬効"はなんですか?w

2009-02-16

なんか肩凝り過ぎてやたら眠いんですけど‥‥

[] ヴォイス〜命なき者の声〜#6

http://www.fujitv.co.jp/voice/index.html

ミュンヒハウゼン症候群(代理ミュンヒハウゼン症候群)って、どっちかというと心の病だよね?法医学関係ないじゃん、と思う。

それはさておいても、今回はちゃんと面白かった気がする、かも。

まあこのドラマっていつもネタありきで結末から話を考えて展開させるから、かなり強引だなあとは思うけどさ。久保秋姉弟とあの患者の相馬兄妹の話って、大己の脳内以外では別に関連性もないよなあ(苦笑)それに大体、仲良い兄妹ならバイトのシフトを合わせるのが普通だと思うけど。合わせられる休みを合わせてない方が変って気がするけどなあ。まあいいけど、心の病の人たちをあんま追いつめるなよ。

あの5人+久保秋弟のやり取りは相変わらず話関係なく楽しかったけどね。毎回これだけが楽しみです。

そういやふと思ったけど、大己って何でもかんでも「どうして?」っていうオトナエジソンくんで、世間の常識でなく自分の常識にとらわれて凝り固まってる人なのに、こういう推理が出来るって方が変な気が‥‥なんかキャラ造形として繋がらねーというか、大己の「どうして」の延長線上にはあの推理ってない気がするんだよな。だって大己の当たり前って当たり前じゃないもん。当たり前の結果になる方がおかしいというか。ま、オレも餃子もんじゃは違うと思うけど。パジャマ着てないのに気がついたってのはスゲーけど、でもその前に午前3時に起きてる中学生につっこめよ。

ゲストが石田卓也と志田未来、それに冨浦智嗣くんって、志田&冨浦は何か思い出したw(>わた教)

そして病院だったせいか、素で吹越を探したよ。吹越は先週のゲストで死んでるし、吹越が医者なのは今週のキイナだってーの(^_^;)

変則EDで屋上の相馬妹と大己の話を延々流すのって、ドラマとしてはあまりに短絡的にセリフ頼みのシチュエーションだよねえ。もうシロウト脚本かって突っ込みたいところだけど、このドラマの対象視聴者層にはこれでいいのかもな。あんまり眠い展開で何話してたか思い出せないんだけどさ。いや何を言いたいシーンなのかは見返さなくても判るんでいいんですが。せっかく志田未来を呼んだんだから、ちゃんと見せなきゃね。

久保秋弟の帰りの新幹線のお弁当は良かった。こういう見せ方は好き。でも弟の料理人きっかけエピとかは好みなんだけど、冨浦くんのなんかわかんない非現実さにいろいろビミョンな気持ちになったのは確か。あの二人って姉弟かな〜?絵面があわねー。

来週は石橋蓮司ですか?ああまた既視感(笑)まあカツラじゃないからいいけど。智やんは東映の現場話でもすればいいよw

[] 侍戦隊シンケンジャー#1「伊達姿五侍」

http://www.toei.co.jp/tv/shinken/http://www.tv-asahi.co.jp/shinken/

f:id:korohiti:20090216061555p:image

『ただし家臣とか忠義とかそんなことで選ぶなよ。覚悟で決めろ』


いやーなんというか、久々に時代劇戦隊な感じ。OPは今回だけなんだろうけど、夏の劇場版みたいな演出ね。

丈瑠が思ったよりシュッとしててカッコいい若殿だったんですが、あの子はツンデレってやつですか?(笑)いやいや、殿はなかなかよろしいです。

それよりも初回から特にキャラが立ってたのは赤と青だったんだけど、むしろアチラコチラの隙間から、腐され外道衆の「主従!(*゚∀゚)=3ムハー、モエス!」とか「下克上!(≧▽≦)イヤーン!」だの歓喜の声が聞こえてきたようですよ?空耳‥‥じゃないよなきっと(笑)イヤまあそれはそれでと思いますけどね。さすがは靖子たんと言うべきか(苦笑)

というかまあ、見終わってそういや靖子たんだっけかと思ったくらいですが、うん、やっぱり微妙に靖子たんのツボはオレのツボと違うのよ。オレ的にはもうちょっと弾けて面白くなってもいいようなネタだと思うんだけど、まあその辺はもうちょっと様子見かなぁ。微妙にいろいろ噛み合ってない感じ?ゴーオンの1話みたいに、見た瞬間ああバカだなあ!とかぶっ飛びすぎ!みたいな感じはなかったってだけなんだけど。

武士じゃなくて侍なのは(ネーミングの都合はのぞいて)生き方の問題じゃなくてそのまんま「主従」だからってことなのね。

突っ込みどころといえば初っぱなのジイの、殿にバッサリやられる長い前口上はああナルホド、水戸黄門。助さんじゃなくて格さんだけど。つか伊吹吾郎こそエコロジストでゴーオンじゃ?(笑)>環境野郎Dチーム

丈瑠の父上が殺されたのって現代だよね?w お父上はツダカンかー。靖子たん繋がり?また出るのかな?

あとは折神が何だかディスクアニマルっぽいというか‥‥(笑)

時代劇とハイテクってすり合わせが難しいと思うんだけど、微妙にリアルな描写は良いのか悪いのか。黒子、イイ感じですが、逆に黒子がいるから嘘のハッタリに出来ないってこともあるよなあ。リアルといってもメタ的にというかお約束を見せるって意味で、全部ひっくるめた「時代劇的なリアル」感なんだけど。

何ていうか、「サムライトルーパー」の装着シーンを見た時みたいな驚きというか、有無を言わせないトンデモ感はないというか。そうそう、シンケンジャーって意外とトンデモ感はないんだよな。たぶんそれなり靖子たん的に筋が通った理屈優先のお話になりそうな感じ?やっぱり思ったよりシリアスな靖子たん印の戦隊かな?オレっちは戦隊は基本ノーテンキ、時々隠し味にシリアスってななものが見たいなあ。

まあその辺ひっくるめてリアルに寄るならそれはそれで。変身アイテムはともかくとして、「モヂカラ」というわりになんでピンクとかブルーとか名前や技が英語なんだと突っ込んどきたい気分ではあるけどさ。

殿は結構好みな感じだから毎回白馬に乗って出陣して欲しいですよ。今の使命感からの居丈高な雰囲気が、仲間たちと主従のままで行くのか、同志になるのか、これから楽しみではあります。

 

そういや外道衆がいる三途の川のビジュアルイメージが何となく見た瞬間、諸星大二郎だと思ったんですが、ちょっと「六福神」 *1 とか思い出しました(笑)だって舟とかあの外道衆のビジュアルとかさー(笑)

あと音楽が「セイザーX」の高木洋さんだったv


予告。ロボもメットオン!(笑)

2009-02-15

物がない人のお家ってのは一体どうして物がないんだろう?うっかりやったキャッチャーの景品とかガシャポンのなんやかんやってどうしてるの?捨ててんの?というかフィギュアが‥‥(出来れば飾りたい) 特撮マニアでオモチャ買ってる人はどうしてるの !?

あと本が多くてどうにもならないんですけど!

f:id:korohiti:20090215032407j:image こうやってちょこちょこ飾ってしまうからイカンのだな‥‥

[][] 仮面ライダーキバ 超全集

仮面ライダーキバ超全集 (てれびくんデラックス 愛蔵版)

仮面ライダーキバ超全集 (てれびくんデラックス 愛蔵版)

結局肩書きは「超全集」ってことに戻ったみたいですね、なんでだろ?w

厚さはカブトと同じく(いやカブトより14ページ多いよ!)ですが、内容は盛りだくさんです。(他のものが大抵2〜3分冊なのはいいっこなしだぜ)

超全集なので「全キャラ全フォーム全ストーリー全モンスターを完全網羅!」らしいです。資料的には困りませんね!いやホントこういうのはさすが見やすいですよ。

オマケは全サDVDのステッカーシール、表紙めくったとこが名護さんとめぐみんの結婚式なのでポスターは教会の前で勢揃いしたモンスターズとライダーズ。帯も無駄なく使ってます(正夫!)担当者の苦労が忍ばれる!(笑)

構成自体は本編があんなんだから今回特に悩んだのかも知れないけど、2008年と1986年とで分けてて前半は2008年のキャラ紹介とストーリー紹介、後半は1986年のキャラ紹介とストーリー紹介です。まあこの辺はサラッと。でもキャラ写真多めなので満足感はそれなりあります、たぶん。

キャストインタビューが読みたければ「キバ公式読本」 *1 を買えばよろしい。

ちなみに聞いた話だと、某児童誌などでは当然発売後1ヶ月のストーリー紹介としてネタバレがされるわけですが、最初の頃は過去編はどうせ判んないだろうと無視してたらしいんですが、途中話がフクザツになる頃から両方の解説をしたところ、意外と保護者の方から子供に説明しやすくなったとご好評だったらしいです。というか意外とお子さんも過去の話はある程度理解出来たみたいですね。

公式読本も買って確認しましたが、超全集ならではというか、スタッフ&キャストのインタビューの代わりに何があるかというと、キバの設定がありますよ。

そのタイトルも「緊急取材!キバ、そしてファンガイアの謎に迫る !! 」これが7ページくらい。

一応ね、キバも表にはまったく出てきてないしむしろウヤムヤにされてたみたいだけど、ちゃんと設定はあったみたいです。キバの鎧の秘密とかモンスター族について(13種族いるらしいよ)、ファンガイアの謎、あと素晴らしき青空の会やマルダムール、紅邸探訪とかね。他のムック本はチェックしてないんですが、さすが超全集でしょうか。これは買う価値ありかもよ。1600円ですが。

最後のページは見開きでイクササイズ大図解!(笑)これはいいです、この本の目玉ですね!(笑)これ見ながらDVDかければイクササイズもマスター必至!(ちなみに歌詞も書いてある)

何だかんだいいますが、載ってる写真にほぼ全部コメントがついてるんで、内容は意外と濃いし読みごたえはありますですよ。それと劇中スチール写真は小学館は他所よりクオリティ高いんでキレイです。買って損なし!

[] 仮面ライダーディケイド#4「第二楽章♪キバの王子」

東映http://www.toei.co.jp/tv/decade/ テレ朝http://www.tv-asahi.co.jp/decade/

『俺と同じさ。あいつにも誰か、助けが必要なんだ』


士がホストな格好というより、ユウスケの親衛隊の詰め襟が「風魔の小次郎」にしか見えません(笑)なんかわからんけどグッジョブ!w

相変わらず士が強気で尊大な態度をとりつつも中身はちょっと違うつか子供っぽい?栄次郎がチョコもらったなんてこと、どうでもエエやんけw(つかいつの間に誰にだ?)

士のそういうブレのない強気さもだけど、ユウスケが思った以上に能天気バカってとこが相当好みな感じになってきた。なぜと言われて『だって俺クウガだし』って!(笑)楽しいなぁディケイド!

それはともかく、ワタルが王位に就くの就かんの、10年も王位が空位ってことはワタルが生まれた頃からか?

状況からしてもオリジナルキバの世界より分かりやすくキバの鎧を継いだ者が王で世界はすでにファンガイアと人間が共存してる世界‥‥はいいけど、これってオリジナルキバの終ったあとと同じだよね。

ファンガイアと人間が共存なんて出来るわけがない、まさに「猛獣と一緒に暮らしたい人間がどこにいる」ってその通りというか身も蓋もないよ會川先生(笑)せっかく井上御大が理想を掲げてキバを終らせてくれたのに!(笑)

それにしても税金と一緒にライフエナジーを収めるのは人間なんだろか?ファンガイアは何の見返りを?でもって人間がファンガイアと暮らすメリットはどこに?

オリジナルキバが嘘くせー偽善の終り方だと思うのは、ファンガイアと人間の共存なんて王とその回りの一部のファンガイアと人間の間での取り決めであって、一般の人間はおろかファンガイアにだって何のメリットがあって、なぜそうしなければいけないのかって話なんであって、だったらファンガイアと人間が共存を受け入れてるこのキバの世界の現状、王が空位で両種族が共存してるってのはどうしてなんだって気がするけど。

理想はともかくとして双方に相当のメリットがないと成り立たないし、だったらファンガイアの本能に従って人間のライフエナジーを吸いたいっていう奴らがいても当然だよね。ってことは掟ってのは今を縛るものでなく過去にあったなんかのせいでそういう取り決めがあったってことだし、それは王の空位と関係あるんだろか。

人間を襲ってたカブトムシファンガイアは紅邸にいた謎のおっさん‥‥ではないと思うけど、音也と真夜の立場が逆になった上でのハーフなのね、ワタルくんは。つかワタルのお父さんだよね?お母さんどうしたの?いいけど女性が人間とファンガイアの共存なんて言うと美しいけど、男が言ったらありえないおバカさんって思えるというか誰のこととは言わないけど音也のことですがw

王になったらどこへでもなんて行けるわけないだろうに、「どこへも行けない」と言うワタルに『いや、行けるさ!本当にそこに行きたければ。俺が必ず連れていく。どこにでも、どこまでも』っていうユウスケの考えなしのノーテンキさに、それでもちょっと和んだよ。

どういうといわれたら"こういう"バカ、なところがいいんだろな、ユウスケは。それを士くんにも言ってやって下さいよ。

中身は似たり寄ったりだけど、とにかく思ったことを恥ずかしげもなくストレートに言うユウスケと、ちょっと屈折して言わない、もしくわかりづらい士くんはいいコンビだと思いますよ。

 

今回は糸やんはともかく、初っぱな夏海ちゃんの『士くん、レッツ変身!』に笑ったけど、金田監督だけあってアクションシーンはカッコいいし、さすが會川先生、フォームチェンジや変形ギミックは使えるだけ使いますね。GJ

そして出た!カイザ!最近村上は村上だったんで(なんじゃそら)、『邪魔なんだよ、俺の思い通りにならないものは全て!』っていうカイザのセリフにそういや草加ってやつがいたなあーと苦笑い(笑)出てくるたびに決めセリフって、まさにライダーバトルというかガンバライドなの?対戦ゲームノリかよ!(笑)


予告。もうキバ終り?一世界3話くらいあってもいいんじゃないかなぁ。ぶー。

ワタルが信じるものってなんだ?謎の男は一体?この世界のワタルも孤独だから、人との絆か、パパンの行方か。

東映公式。やっぱり「超絶」なのは変形ですか。しかし公式自ら「あられもない」とかいうなよなー(^_^;)

そういや井上くんの演技もだいぶ馴染んできたような。ホッとしたよ(笑)

2009-02-14

ことしのF1にKERS(運動エネルギー回収システム)ってのが導入されるとかされないとかいう話を聞いて思わず「サイバーフォーミュラ‥‥」と呟いてしまった。ブーストオン!現実がフィクションに追いついた!

まさにSFの世界‥‥!と思ったけどサイバーフォーミュラのスペルは「Cyber Formula」でござった。

[] RESCUE〜特別高度救助隊#4

http://www.tbs.co.jp/rescue2009/

訓練編終りー。

知らないうちに大規模災害になってる‥‥!いつの間にと言うか、ホントウヤムヤのうちにって感じなんですけど?二酸化炭素消化システムがあるんなら、酸素マスクは置いとこうよ‥‥

で、ありえないだろって意味でのバカでベタな展開だってのは判ってるんだけど、なんか感動したよ。今日のってホントに1時間だった?(笑)

いろいろ突っ込みたいことはなくはないけど、とりあえず大八木教官は足手まといすぎってことだけにしとく。

予告でいかにも不動が何かありそうだったけど、いやなんかはあったけど、さすがにこないだ殉職者が出たばっかでまた誰か‥‥ってことはないだろうと思ったんで、助かってよかった。というか大地、メチャクチャだけど結果オーライか。

不動と大地が地下5階でどうなってるのかってとこは、徳永隊長がエレベーターを降ろしてたんならちょこっとそういう前振り入れてもいいんじゃないかなぁと思ったよ?全部がそうだと何もかも行き当たりばったりに見えるから演出的に損だと思うの。そして徳永隊長は真っ先にエレベーター調べに行くべきだと思うよ。つかだから不動と大地がエレベータ!と気がつくような、そういうカットは入れてちょ>演出さん

まあそういう些細なことはあっても、大地の仲間を見捨てないとか、担架の上でのサムズアップとか、ファイアードラゴンにやって来る不動とか、SR合格発表での教官とのやり取りとか、もう判っててもちょっと泣けた。ベタなのは判ってるけど、何て言うか本気でやってることの説得力というか、終わりよければ全てよしってことで。いやー今日のは感動した。マジ泣けたよ。簡単だなーオレ。

SRに行けたのは結局ガチの不動と、意外にソツなく出来が良かった手塚で、それにブースター的な意味での補助になる大地かー。大地の行き先発表されないから、どうなるんだろうとちょっとドキドキしたよ。それにしても中丸は制服似合うなあ。

来週からの救助編も楽しみになりました。他のメンツは出てこないのかな?まあでも大規模災害時には各支所から集まるはずだから出番はあるかな?

[] 雑誌宣伝のヒロたん

今月前半分。もう細かいのは捨てた。

Gyaoマガジン 3月号
GyaO Magazine (ギャオマガジン) 2009年 03月号 [雑誌]

GyaO Magazine (ギャオマガジン) 2009年 03月号 [雑誌]

「ドロップ」で成宮と、あと「メイちゃん」で榮倉と。ヒロたんプロモーション

ドロップ話は軽いキャスト絡みの撮影裏話トーク。ヒロたん的には男の人に水嶋ヒロを知って欲しいキャンペーンの一環w まーオレはこの手の不良物マンガにはまったく興味ないのですが、ヒロたんがどんなことになってるのかは興味あります。たぶんそれなり出来てるんだろうと思うのでチョイ期待。

ヒロたんは最近こういういかつい表情をあえてやるのがマイブームなんだろか?(苦笑)

で、ページをめくるとクールな執事のヒロたん。

メイちゃんに関してはー、もうとにかくドラマ自体にヒロたんをちゃんと出して下さいとしか‥‥1・2話だけだったなー主役っぽくちゃんと出てたの。

 

■caspa!vol.3
Caspa!3 (JIVEムック 8)

Caspa!3 (JIVEムック 8)

これもドロップ&メイちゃん。ドロップの方が成宮となのでちょっとページ多め。

インタはドロップ関連では、言ってることは同じだけどちょい詳しいかな。インタが欲しいならこれを。成宮との2ショはこれが一番楽しそう。写真の感じは好き好きだと思うけど。

最後のページの背中合わせのやつは、まあ定番の萌え写真だけど、結構いいね。何となく二人絡みのでは一番気持ち入ってる気はするよ。

メイちゃんの方はヒロたんとタケるんのそれぞれのポートレート風ショット。はいいんだけど、インタが短いんだけどなんかキャスパ編集部の浮かれた持ち上げっぷりが不愉快なのでスルー。雑誌でこういう浮かれた調子で書いてるのってキライ。ただのファンかよ(-_-;)

 

■FLIX JAPAN vol.5
FLIX JAPAN (フリックス・ジャパン) 2009年 03月号 [雑誌]

FLIX JAPAN (フリックス・ジャパン) 2009年 03月号 [雑誌]

おお、このヒロたんはカッコいいです!表紙のキャッチコピーは「完璧な容貌と甘美な微笑みで多くのファンを魅了する」ですって!w でもこれくらいだと安心して「カッコイー!」って叫べますヨ。

スタイリングもグッド!黒づくめだけど、最近流行りのダラーっとしたダメージありというか袖と裾がほつれたなニットガウン。ダラッと長いところに黒ジャケレイヤーで、袖と裾がイイ感じに見えてて、これは最近のスタイリングの中ではヒロたんベストルックです!白い背景に黒づくめで無機質クールな雰囲気ってのは、ヒロたんの見せ方として一つの鉄板ですね。(むしろ笑顔が不自然?甘美な微笑みじゃないのかよw)写真はまあまあだけど、これは全体に良いです。

インタの内容もメイちゃんの役作りついてだけど、ちょっと詳しく話してるから、いつもよりは読みごたえはあるかな?

一応理人の役作りはそれなり考えてるって話。役作りは外見から入るってのを踏まえてもいろいろ考えてはいるようですが、こればっかりは現状のドラマをみるに、ちょっとヒロたんの考えの及ばないとこに向かってる気がしなくもなく‥‥まあはっきり言ってドラマが悪いんですが。普通のスタッフが作ったらヒロたんの考える程度でも何とか行けると思えるだけに、どうしてドラマ、あんなことになってんだろ‥‥どこが少女漫画の世界かも判らんよ。

ここでもやっぱり声がいいって言われてますね。えーとでもね、エキストラ参加ですごく近くで見ててもヒロたんのセリフって他の人と比べて殆ど聞こえないレベルだから。マイクがちゃんと拾ってくれてるんですよ。もうちょっとあの声のトーンでボリュームがあればなぁ。囁き声過ぎです。その辺要努力なんじゃないかって気はする。

まあとにかく、ヒロたん頑張れってことで。出番多くして!

 

■VISUALBOY vol.2
VISUALBOY BRUSH Vol.2 (DVD付)

VISUALBOY BRUSH Vol.2 (DVD付)

ヒロたんと成宮で映画「ドロップ」の話。

写真は外で撮ってるせいか、ヒロたんの表情も良いです。成宮もいるからかなー?ヒロたんって一人だとなんか手持ちぶさた感があるんだよな(笑)

成宮は表紙と1ページ目のあの角度だとカワイク見えるなあ。まあ基本的におれ、成宮って中身も外見も興味ないからスルーで。

ヒロたんのスタイリングはキレイめだけどルーズシルエットなシャツとパンツを定番の革靴で着てるけど、微妙に着崩してるのが最近チョイ見ない感じでこのスタイリングは良いです。やっぱヒロたんはシンプルなのが似合うなぁ。

成宮と二人で笑ってるショットがゲキカワイイですよ!

インタはまあどうでもいいドロップ話なのでスルー。聞いたことある話ばっかだから。毎回思うが内容に触れなくっていいんだろか?それともみんなが聞きたいと思う話ってこの手の仲良さげな裏話ってことかなぁ。まあ役作りが形からってんじゃ、それ以上の話は望めそうにないけど。ってことであくまで写真中心。

 

おまけにこれ智やんも載ってました!佐藤智仁さまです!

いつもよりカワイイ‥‥?と思ったら、前髪があるからか。智やん、オレ的にヒゲは全然いいんだけど、どっちかと言うとヘアスタイルが強面じゃない方がいいと思うんで、ヴォイスのオールバックみたいな掻き上げヘアーよりは、前髪ある方がいいなぁ。ヒゲと前髪で!これ、めちゃカッコいいです!

それにしても最近特に目力強くなったなあ。これくらいの目力だとやっぱヒゲがないとバランス取れない感じ?まあヴォイスが終ったら特に役に指定がなければヒゲなしもそろそろ見たいんですけどね。智やんは順調にセクシーさを増しててますなー。よしよし。

[] ラブシャッフル〜#5

http://www.tbs.co.jp/loveshuffle/

ラブシャッフル2周目突入。

このドラマが野島伸司の玉木たんマンセードラマだってのは間違いないけど、ひょっとしてホントに描いてみたいのは芽衣かなぁ?だってなんか他の女性3人に比べると芽衣って一番"謎めいてる"んだもん。男にはわからない理屈で生きる女性が結果として男を振り回すようなものが描いてみたいってこと?

前回の話を見た時に、芽衣ってひょっとして宇佐たんと別れたいのかなあと思ったんだけど、今週見るとどうも違うっぽいような気もするんだよな。

その前に宇佐たんが会社に辞表を出したのはもうおバカとしか言いようないっつか、そもそも芽衣と結婚したいために今の地位を守りたかったはずなのに、婚約解消したら会社クビって言われてるのに、それで会社は辞めるけど芽衣とは元サヤに戻るからって、意味判んないです(笑)ホントに頭の中カボスだよ。中に詰まってんのは果汁ですかー?w

まあ大体芽衣にしたって愛瑠がいうほど世間知らずのお嬢様ってわけでもないとは思うけど、だからと言って堅実でもないと思うんだけどさ。

結婚のために人生をきっちりやらなきゃっていう二流どころの遊びしか能のない男が鎖に繋がれた途端、「キラキラが無くなった」といって見限ろうとするって、今まで感じてた魅力が無くなったのは確かだけど、それを自分が何とかしようとは思わないんだよね。そもそも宇佐たんに、生活と関係ないところでの「キラキラ」を見てたのは芽衣なのに。

その点、どんな仕事を望んでるかとハローワークで聞かれて「夢のある仕事」といっちゃう宇佐たんとレベルは同じっていうか‥‥(苦笑)

というか、芽衣にはどうしたらいいのか判らなかったってことかなあ。

だって自分と一緒になるために地位とお金を与えたのは芽衣なんだけど、それで男がダメになったら?って話だし、かといって結婚するためには芽衣としてはそうせざるを得ない、じゃあ輝きを取り戻すためにはどうすりゃいいのさって、要は煮詰まってたんだよね?

だから芽衣が元サヤを拒否してラブシャ2周目を希望したのって、見込みのない宇佐たんと別れる理由がハッキリしたからってワケじゃなく、男女問わず自分以外の人間といる時は魅力を発揮して「キラキラ」してる宇佐たんが「気になるから」なんじゃないかなぁと思ったり。だって今回女性同士の集会でそれをはっきり知ったんだし。それを知ることが芽衣が宇佐たんの「キラキラ」を取り戻すことにも繋がるんでは?

まあそれ以前に宇佐たん、会社で無能呼ばわりされるくらいなら、仕事について勉強しろよと。それで「キラキラ」すりゃいいじゃん。(たぶん芽衣も最初はそう思ってたんじゃないかなぁ‥‥w)

[] 歌のおにいさん#4

http://www.tv-asahi.co.jp/utaoni/

強引どころか、相当ムチャだった気が。というか、みちるが何者か説明されてないと思うんだけど、オレたち(オレと相方)が見逃してたのかなあ?それにしてもみちるちゃんのキャラも違う気が。真鍋さんもちょっと違わなくない?(真鍋さんのヴァンクリのネックレス、しかも新作の赤、ステキすぎる!欲しい!)

まあ健太が前向きに歌のおにいさんになってきてヨカッタヨカッタ。というか健太はあの不機嫌キャラで定着なのか?それはそれで新しいかも知れないけどさ(苦笑)

GIZELのこともそれなり納得してはいるみたいだけど、それにしても今回のもっていきようはちょっと何がしたいのかは判るけど微妙に結果が意味不明ですよ?あれで伝わったの?しかも健太の犠牲は誰も知らないよ?

それよりGIZELがナットキングコールってのもちょっとムチャすぎ。どんなアレンジでやったんだ?w

うららさんだけじゃテンション持たないから(アレはアレでオカシすぎるけど)氷室王子、早くカンバーック!

2009-02-13

毎朝起きて考えることが「今日はどこをどういう風に片づけようかなあ」だという毎日をそろそろ終らせたい。

毎日着替える時に「埃っぽくなるからジャージでいいか」なのもそろそろカンベン。

そのわりに相方が帰ってきて言うことが「まだ片づいてないの?」ってのも‥‥もう聞き飽きたヨ!(>逆ギレ)

[] 銭ゲバ#4

http://www.ntv.co.jp/zenigeba/

いや白川を殺したにしてもさ、あそこに埋めるこたないと思うけど、埋めたんですね?アホなのか風太郎。埋める時に死体が見えなかったのはTV的配慮で別にフェイクでもなかったってことか。ちょっとだけ、ホントは死体は海にでも捨ててあそこに埋めたのは引っかけかなぁと思ったけど、携帯の電源も切らないんじゃ何のための引っかけかってことで、風太郎がマヌケのアホってことか。

今どき、親の資産を受け継いだだけの金持ちといえどもボンヤリ暮らしてなんかいられないと思うんだけど、その辺は原作通りの70年代的考え方ってことでまあいいとするよ。三國家の人たちは成り上がったわけじゃないからあんなにボンヤリと、持たざるものを蔑んでいられるんだよな。白川くんはどうだか判んないけど。

三國家の金持ちのメンタリティ自体が今的なバブル後の金持ちや成金のそれでなく、右肩上がりの時代のいま金持ちなら将来も金持ち的な安心感だしな。

まあそういうお金持ちに対する評価、「奴らはたまたま金持ちに生まれついただけ」ってのが風太郎と健蔵でまったく同じなんだけど、そう言ってる気持ちはたぶん真逆だよなー。ホント健蔵ムカツク!(笑)あいつこそサイテーな人間のクズだよ。健蔵のクズで最低な物言いを見てるだけで気持ち的に70年代に引き戻されるよ。スゲーな桔平!(笑)

しかもとーちゃん、さすがはサイテーの人間だけあって、カンも働くしやることもソツなく抜け目ないよな(笑)まあこんなところで風太郎が捕まるのもまずいし、貰った金の分は働いたってことか。風太郎にとってはどっちもどっちだけど。大体あそこに埋めることが風太郎のミスだもんな。なんでバレないと思ったんだろ?健蔵の仕業だって気付いた風太郎の形相があまりにも凄まじいのも笑ったけど。マンガだよマンガ。ってか運慶の金剛力士像かよ。松ケンスゲー!(笑)

風太郎くん、親切な伊豆屋の人たちを陥れようと罠を仕掛けてみたりするけど(つか普通外にあったら警察に持っていくって)それも人はお金じゃなく心なんだって信じたいからなんだよなー、と思う。何だかんだ言いながら風太郎は自分が必要とされたいってのは、単に信頼を得るための作戦として一度三國家を辞して、彼らが迎えに来るのを待ってたってとこでも多少意味としては違うけどそういうことだと思うし。風太郎は三國家じゃなくてもいいんだけど、三國家にとって風太郎じゃないとダメ、ってことなんじゃないかな。突き詰めれば緑にとって、だと思うけど。

ここの演出も良かったというか、どうせ風太郎の思惑通りに迎えに来るだろうってのは判ってるんだけど、それを風太郎の焦燥感で見せることで無用に緊張感を高めてて、知らず風太郎の味方をしちゃうんだよなあ。今までは同じ作業を繰り返す毎日だということに特に意味はなかったけど、待つことのその一日一日がものすごく意味あり気に思えるし、あのミスった作業員を助けたのはたまたま風太郎が三國家に戻れることになって気分良かったからだろうけど、本来それが風太郎の性格なんだと思うけどなぁ。心豊かなら金にならないことでもやるでしょーよ。

庭に死体が埋まってるっていわれても困ると思う三國家の人たちだろうけど、ご指名?荻野刑事と菅田刑事は一蓮托生のチームって、チーム・バチスタか(笑)

いいけどあの風太郎が死体を埋めたっていう場所、風太郎が掘って埋めて、健蔵が掘ってまた埋め戻したんだよな?そのわりに固くないか?というか、あんな大きな穴、最近掘ったばかりなら判るだろよ。だからなんで庭に埋めるんだって‥‥( ´∋`)

[] ケータイ捜査官7#40「桐原とサード」

http://ani.tv/k-tai7/http://www.tv-tokyo.co.jp/k-tai7/

なんでメインライターがやると話が独りよがりになってしまうのかと思わざるを得ません。

桐原の過去っつーか、桐原がアンダーアンカーにいる理由、「アカツキ事件」で両親を殺され、警官になったけど警察じゃアカツキ事件以降のネット犯罪を止められないと思ってアンダーアンカーへ。そして独自にアカツキ事件の犯人を捜していた‥‥って、一見いい話に思えるんだけど、オレは不可。

桐原がどういう心の闇を抱えて被害者遺族として犯人を捜していたのかってのはともかく、サードの言うようにそれ(私刑)はやってはいけないことで、元警官であるならなおのことじゃないのかな?なんで犯人を突き止めた桐原をモニターしてるのに警察に通報しないんだ、美作部長。それは組織ぐるみで間違ってます。間明が通報したことは正しいよ。

桐原にはアカツキを逮捕する権限もないんだから、さっさと警察に身柄を渡せよ。警察の管轄だろよ、それはー。まあネットで犯人を晒したいなら勝手にすればというか止めないけどさ。それがネットの正しい使い方なんじゃね?(笑)

なのでこの桐原を肯定するこの脚本に納得出来ません。もっと他の描き方があったと思うぞ。短絡的と言うか簡単すぎるし、桐原が正しい答えを出して行動してない以上、桐原の気持ちとしてもなんの解決にもなってないと思うもん。これじゃ、サードが逆ギレしたからやめましたって話じゃないか?こんな話を何の疑問もなくやるなよ、まっすんも。

しかも間明が意味深なこと言ってるからこれからクライマックスに向けてるんだろうけど、桐原のアカツキ事件とネットの今を変えるってことは、意味として関連性ないような気がするんですけど‥‥

なんかそれっぽければいいっていうこういう展開のさせ方、良くないと思うよ?メインライターに脚本書かせんなよなー。ここんとこ面白かっただけに、この内容はなんか不愉快。

[] Q.E.D.〜証明終了#5

「サスペンス刑事/狙われた美人女優/迫りくるストーカー/断崖にこだまする銃声/可奈と想は全部見ていた」

http://www.nhk.or.jp/drama8/qed/

うっかり溜めてた。もう金曜日じゃねーか。

それにしてもサブタイトル長すぎです(笑)

お話としては意外とといってはなんですがきっちりまとまってて面白かった。今回は脚本家違うんだね。

まとまってはいるけど話の内容はといえばいろいろ突っ込みどころあるんですが、まあいいやと思えちゃうのはこのドラマの味なんだろか。もうだって、こういう子供向けドラマでこういうテイストなんだからなあ(笑)

一番そう思ったのが、冒頭からして新旧人気女優の(しかもドラマの女王的な)いかにも安っぽいドラマのような牽制っぷり。つかこれ自体ドラマだってーのw

2時間サスペンス的にありがちなネタを絡めつつ、事件なのか事件のためのヤラセなのか、どれがドラマの中の劇中の現実なのか、その辺が何もかも曖昧なまま"火サス"テイストで(劇中的に)本当に女優殺人に。この曖昧さがなんだか少年探偵団的なお約束の世界って感じ?や、オレはこういうの結構好きだからOK。

ホントに火サスのジングルを携帯の着メロに使ったりってのはまあ上手いなぁって感じだけど、ちゃんと許可は取ってるんだよね?w あちこちにそれっぽいカットもあったりして、何となくなんちゃって火曜サスペンス劇場にはなってたような。

それにしてもカサス刑事みたいな人を税金で飼ってると思うと何だか微妙な気分になるけど、水原パパが仕事は出来るって言ってたから、まあそれなり普通の仕事はこなせるんだろうなあ‥‥と信じたい。彼は微妙に本気なところがちょっと間違うと痛々しくなるんだろうけど、このドラマではギリギリOKかなぁ。ハッピーエンドなところは火サスじゃなかったね(苦笑)軽いやり取りでの伏線化とその使い方やまとめ方は上手かったな。マネージャーが犯人ってのはともかく彼のやってることは到底サスペンスとは言い難かったけど。普通のドラマなら真っ先に疑われるってw

[] キイナ-不可能犯罪捜査官-#4

http://www.ntv.co.jp/kiina/

うううむ、美和子さんかわいそう‥‥( ´∋`)

どう考えても占い師の星宮麗香が怪しいのは言うまでもないんだけど、そこでなぜ異を唱える尊くん。

当たり前の刑事ドラマなら人気占い師の星野麗香の占いが当たるのは相談者のことを調べてるからだと思うし、殺人についての疑惑も麗香は実は美和子の彼の啓介さんと付き合ってたのに美和子と結婚するのを知って殺そうと思ったから‥‥だとか思っちゃうけど、それはあまりにも2時間サスペンスだしリスクが大きいし、そもそもそこまでやる動機もないんだよなあ。ってことで正解は、実は殺したかったのは啓介の方で、かつて妹を彼の起こした事故で亡くしていたからだと。

今回の話で何が一番虚しいって、関係者つまり啓介の身辺調査をすれば麗香との関係も判るはずだし、そもそも麗香のやってることは逆恨みだってのが判ってて、それでも衝動的に許せないと思って殺してしまったってことだろか。

どっちにしても間違って美和子を殺してしまった以上啓介も殺す他ないと思ったのはもう行きがかり上だよな。自分がやったことの重大さは自分が一番よく判ってるみたいだし。人はカッとすると思いも寄らないことをやるってのは確かに。

そういやよくよく考えると、麗香の占いのトリックと今回の殺人事件のトリックは繋がりあるようでないよね。思い込みによる取り違えに至るキッカケではあるけれど。人の思い込みを利用するってことは一般レベルの発想の思い込みを知るってことで、そういう意味では美和子の家のワイングラスが青と赤ってのは判りやすく、そういう人間が占いを頼るってのもなんかいろいろ皮肉っぽいと言えば皮肉っぽいかなあ。この占い自体が人間心理を利用したトリックだったわけだし。

そして真一郎さんがキイナを振ったわけってのは最終回までに明かされるんだろうか?

ギャワー(笑)予告でまたまた吹越発見!あれ、ありふれた奇跡にも吹越いたよな?え、っていうと吹越さん、歌おに(芸能マネージャー)、ヴォイス(死んだカメラマン)、ありふれた(人形師)、キイナ(幽霊が出る病院の医者)‥‥どんだけ出てるんだよ?

2009-02-12

てってー的に部屋の片づけをしてたら4〜3年前ジムに通ってた時のトレーニングカルテが出てきたんですが、当時より体重が+4kg、筋肉量は変わってないのに体脂肪が+10%って‥‥(((( ;゚Д゚)))

コイツはしばらく捨てられねぇ‥‥

[][] 絶対彼氏SP

マネ日記サンによると、ヒロたんがこないだから同時進行でやってた撮影は「絶対彼氏」のSPらしいです。今んとこ今春ONAIR予定だって。

イヤ、いいんだけどさー‥‥(不満)

オレ、絶彼のヒロたんってそんなに好きじゃなかったんで、なんかこれ聞いてもなんで?としか思えません。

いやSPをやること自体は良いんだけど、「なんで今?」って意味です。どうしてメイちゃんが終ってから撮影に入るようなスケジュールじゃないんだろう?一応研音企画だよね、絶彼って。もこみちや相武のスケジュールの問題?

絶彼自体が結果としてお話的には01の健気さを楽しむものだったんで、むしろW主演なのにおいしくないヒロたんの立ち位置にまったく納得出来ないんだよね。ヒロたんも最初の意気込みはともかく途中で明らかに方向性がよく判んなくなってたし。(結局誰のせいだったんだ?)しかもあの時もイケパラのいつ放映するんだか判らないSPとブッキングしてたでしょーよ。何考えてんのさ研音。

こういうのって両方に名前が出てるからいいって話じゃないんだけど!

両方に実質ちょっとしか出なくて、主演なのに出番もおいしくないんじゃ、絶対良いわけないよ。単にスケジュール的に忙しくって、ただでさえ切り替えが下手なヒロたんに負担かけるだけじゃん。あーもう、こうやって研音に潰されていくんだよ、ヒロたんはよー。もーヤダヤダー!バッカじゃないの、研音。

せっかく主演なんだから「メイちゃん」に全力投球させてやって、そのあとで絶彼SPの撮影に入るようなスケジュールに出来ないもんか?メイちゃん自体が研音企画だから、主演のスケジュールがいじれてラッキーくらいに思ってないだろうなあ?だからといって 出 番 減 ら す な よ 。

メイちゃんに出番が少ないのはこの撮影があるって判ってたからか?ヒロたんも仕事貰えんるなら何でもいいじゃなくて、もうちょっと事務所になんか言おうよ、ねぇ。こんな仕事で喜ぶファンはロクなファンじゃないよ?だって絶対俳優のためにならないもん。(上地はやったけどさー、そもそもヒロたんにそんなキャパないもん。マネしちゃダメ!)

なんかどう見ても何も考えてない事務所に稼げる今のうちに稼いじまえって感じで使われてるとしか思えない。これが絶彼にしてもメイちゃんにしても研音企画のドラマでなければそうは思わないんだけど‥‥

もうとにかく、ヒロたんが無事に両方の撮影がこなせるように祈るばかりです。

別に絶彼もメイちゃんもドラマ自体はもう捨ててるから、どんなメタクソな出来になっても構いません。ヒロたんの出番についてもまったく期待してないし。

ヒロたんは疲れてくるとオーラも減るから(それを演技力でカバー出来ないから)、その辺だけでもなんとか保って、主演不在の(というか主演ってタケるんだよねーってことになりそうな予感)ドラマだったよねってことにならなきゃいいです。頑張れヒロたん、一応応援してるよ〜?(;´Д`)ハラハラ *1

そういやヒロたんだからってワケでもないけど、バレンタイン時期にしても最近やたらアルフォートのCM見かけるし、ダイハツのCMもオンエア回数多いんだけど、まさにもこみちを売り出した時の状況を辿りつつあってコワイよ‥‥(露出とスペックで売り出して、中身ないから飽きられる‥‥ってパターン)

  

これはちょっとオイラの妄想なんですが、カブトの時に石田監督がやたら目をかけてたってのが、当時はほほ笑ましいと思って聞いてたんだけど、今思うとちょっと違うんじゃないかって気がしてきたんだよね。

なんていうか、ヒロたんの場合見た目含めてスペックは高いのに、そのスペックの高さを上手く使えてないのがもどかしかったんじゃないだろうか?もうちょっと何とか、考え方を変えるとか見せ方を考えるとかすればもっと良くなるのに、頑張ってるんだけど空回ってるというか本人があまりにもそこに追っつかないというか、それなのに本人的にはあまりにもその点に無自覚というか自己認識が出来てないのに、むしろ対外的には出来てると思ってるとか、その辺が監督という立場で見てるとホントにもどかしいと思えたから何とかしてあげなきゃって思えて余計に‥‥というか。

そういうのって、結局本人の問題だから他人が助言してもどうにもならないし、作品監督の出来ることといえば何とか気分よく仕事面で盛り上げてあげるしかないんだろうしなあ。そんな親心?(笑)

カブトの映画撮影は智やんの最後?のシーンでクランクアップだったけど、カブトのTVシリーズは天道のラストシーンが番組のラストシーンで、それが番組クランクアップだったってのは、監督のスゴいヒロたん愛だろよw 他にそんなことした平成ライダーないよ?(オダジョーのキューバは別ね。さすがにパリには‥‥(^_^;))

確かにヒロたんって入れ込んでるとそういう気分になるというか、そこら辺の外見と内面のギャップと彼自身が思ってる自己イメージがハチャメチャだってところで、ある意味目が離せないんだよねー。スペックが高いゆえにさ。

[] イケメンガレッジvol.21佐藤智仁

f:id:korohiti:20090212173737j:image http://www.oricon.co.jp/music/special/090210_01.html

オリコンスタイルのサイトのイケメンコーナーです。時間がある時にボチボチとバックナンバーをチェックしてたんですが、最新記事に智やんです!

ここの記事は結構詳しくやってくれるんでありがたいんですよねー(*´∀`*)

智やんは「俳優友達」って言うと必ずヒロたん(と和樹)を上げてて、まあカブトで共演して同じ年で状況もほぼ似たような感じだったから‥‥ってんで仲間意識が強いんだろうけど、ありがたいこってす。だってどう考えても玄人受けしそうな智やんがヒロたんの名前を挙げてくれるんならヒロたんのイメージもちょっとは骨太になるかなぁと‥‥(なんという自虐ネタか!w)

まあ和樹っちも最近は役者に本腰入れてるみたいだしね。(和樹っちにはまったくキョウミがないので軽くスルーしてましたがこれとかさ。まあ美潮さんがいわゆる"イケメン"よりもこういう昔の二枚目タイプが好きなだけじゃって気はするけどw)

話ズレたけど、智やんは最近特に役者意識が強くなってると思うから、ヒロたんにもいい影響与えて欲しいなぁ。(結局そこかよってのは置いといてクダサイ)

「白と黒」は確かに仕事としておいしかったけど、途中明らかに自分でも方向性が判らなくなってたところもあったよね(苦笑)まあそれを乗り越えて最後はちゃんと締められたんで、余計に成長したと思えるんだろうけど。共演が小林くんで主役だから、やっぱこのドラマは仕事としてよかったですよ。

そういや智やんの方は彼ら以外に友達はいないんだろか?最近はそっちの方が気になりますよ?それとも普通に仲良い人はいるけど親友というとヒロたんってことなんだろか?智やんは人当たり良いからわりとあちこちですぐスタッフや共演者と仲良くなるって昔ヒロたんも言ってたけど、その辺の線引きは結構きっちりしてそうな気はするけど。

最近の「ヒゲ」も、まあもともとキレイな顔立ちしてるから似合ってるんだし、ヒゲ無くせばまた相当若く見えると思うから、その辺は今のうちの役の振り幅だと。この年代でこういう小奇麗なヒゲタイプはいないから、しばらくこういうキャラで売っとくってのもありだと思いますよ。オレはヒゲスキーだから全然OK。なんか特に手入れしなくてもあの部分にしか生えないらしいし、かなり良いヒゲだと思うけどな。

そういや最近はファッションも小奇麗になってきたしなあ。チョイ前まで結構トンデモな格好してたから(笑)まあこの人ウッカリすると「野球選手のオシャレ」的なバブリーゴージャスな方向にいきそうだから気をつければいいよ!w

智やんは明らかにアイドル売りはしないで堅実に将来設計考えて仕事選んでると思うし、まったく心配してないんですが、こういうので全体的な佐藤智仁像を見ても、イマイチ方向性は絞れてないというかちょっととっ散らかってる感じはあるんで、まだまだ発展途上という意味ではどういう成長をするのか楽しみでもありますね。

オレはカブトの時からこの人の基本ベースの俺様的なところはそんなに好きじゃない(からヒロたんが好きなの)んだけど、役者としては個人的なパーソナリティーも含めて大変面白い人だと思ってるんで、カブトで出会ったのも何かの縁だと思って出来る限り追っかけたいとは思います。2万円のディナーショーに行くほどではありませんがw(前に当然のように聞かれたんですが、気持ち的にヒロたんだけで手いっぱいですよ>そんなにイケメン俳優ばっか追っかけてられませんw)

[] 歌のおにいさん#3

http://www.tv-asahi.co.jp/utaoni/

健太のドングリコロコロの歌が番組瞬間最高視聴率って、それたぶん”放送事故"(笑)で祭りになっただけだと思うんだけどな(苦笑)もしくは2ちゃんの実況か?(笑)

脚本が強引だってのは重々承知なのですが、(特に健太が抜けたあとの収録どうなってんのとか)、基本的に健太の気持ちと行動を中心に描いてて、それは話の流れとして途切れないからギリギリかなあ。健太の話はありつつ、氷室元王子とうらら姫のバカハイテンションで相当笑えるし。でも今回はそれでもムチャな脚本だとは思うけどね(苦笑)

歌のおにいさんをやりたくないという健太の気持ちが思った以上にかたくなで、まあそこがキモなんだからしょうがないけど逆にいえば丁寧っちゃ丁寧なのか?

どんなに他人にいい助言をされたって本人の心に響かなきゃ意味がないし、そもそもそれを言う人間が健太にとってそんなに重い存在じゃないからってのもあるし。そういう意味では元カノにはっきりいわれてやっとちょっとだけ自分の今を見つめ直したところ‥‥って段階かな。ま、普通ならとっくにクビだって、いくら真鍋さんの肝いりでも(^_^;)

健太の実家の工場が今どんな状態かってのが、今はたぶん健太がそこに興味ないから視聴者にも説明されてないんだろうけど、お父さんとのやり取りが地味だけどどうにもたまらん感じで、なんかこう、上手く歩み寄って欲しいなぁとヤキモキしますよ。さくら姉さん気分!

そして最後、やる気になった健太に彼女さんは感動して泣きすぎ(苦笑)

でも健太が歌のおにいさんになるって決めたのはいいけど、その先に何があるんだろ。どういうラストだとこのドラマ的に上がりなの?

今回ゲストの専務の孫は花房賢人くん(笑)清水優哉くんだってこと以上にエジソンくんだった気がする。だってワガママすぎ!(笑)

氷室王子が降ろされちゃったのに自分が安泰だと判ったうららの変わり身の早さと、笑えない健太に「アニマル浜口のようにッ!」っていうセリフと身振りがおかし過ぎて爆笑!(笑)片瀬那奈、ホントにどうしちゃったの?

あ、木村佳乃はこの番組だと妙に色っぽいなあー。久しぶりに見るからかなあ?(「ブラインドネス」はあんまよくなかったしー)

*1:あ、でも今年のバレンタインは何も送らないことにしました。そんな気分じゃねーよ

2009-02-11

オレたち姉妹の予想。ディケイドの予告に出てたヴァイオリン弾いてるおっさんは音也!(イヤそれは‥‥)

そういや昨日の御殿に古原が出てたけど特撮枠復活したのか?

[] トライアングル#6

http://ktv.jp/triangle/index.html

いきなり話が動いてる気がするけど、オレはもうキャスト以外マトモに見てないので語ることはねえです。えぐっちゃんはカッコいいなぁ!

ただ相方が「俺判った。これってツインピークスだね」って言ってたんで「ああ〜」とは思ったけど、オレツインピークスも(見てたけど)そんなに好きじゃなかったんで何ともいえませんがな。(相方はLD持ってた)

話は動いたけど謎が謎を呼びすぎて全員怪しい感じに。谷原、正当防衛とはいえ人殺しといて「お前なら何とかしてくれるかと思った」って、大人の言うことじゃないですよ(苦笑)でもって谷原こんなとこで退場?そして宅麻伸がいなくなって堺雅人の正体が判り、蔵之介が出てくるのか〜と思ったら次回堺雅人が‥‥

結局こまどり殺したのだぁれ〜?って話なのか???当事者たちからしたら「よくあるどうでもいい事件」じゃないんだけど、郷田が事件を調べ始めたのはなぜなんだ?

[] 炎神戦隊ゴーオンジャー#50(終)「正義ノロード」

http://www.toei.co.jp/tv/goonger/http://www.tv-asahi.co.jp/go-on/

『正義のロードを突き進む、炎神戦隊ゴーオンジャー!』


いやーすがすがしく終りました。大団円

まああんまり真っ当すぎて特に言うこともないんですが、結局仲間をないがしろにして破壊行為をする総裏大臣は悪だってことで、ヨゴ&ケガちゃんに教えてもらったデウス・ハグル・マギアを破壊して、ゆらぎになってた軍平・範人・大翔に美羽の4人は戻ってきてメデタシメデタシ。

メットなしの素面で爆発背負って見栄を切って7人揃ってゴーオン!ってカッコよすぎる!

戦隊最終回でどんなにパワーアップしようと(第3次産業革命って!)ラスボスがなかなか倒せないなんてことあるわけないので安心して見てられるんですが、それでもなんかエンジンオーG12の合体を初めて見るような気持ちにさせられるこの盛り上がり!(笑)なんかもう、ありえないほどの物量作戦というかああこれじゃあヨゴシマクリタイン閣下がどんなに強くても敵わんよなあとしか思えない(笑)

結局11次元統一の独裁政治は仲間の絆に負けたのね。いやーすがすがしい!ヨゴタイン閣下、「アイムソーリー」って、誰に謝ってんだ?謝る相手はいないだろうよ。

勝ち名乗りでCMってそこまででまだ半分。CM開けたら別れのシーンだもんな。見てるこっちがビックリ。素晴らしいレース展開!w

 

後半はたっぷり炎神たちとの別れと後日談。

炎神たちとの別れに大人のオレでもああそんなにあっさり帰っちゃって‥‥と思っていたら!

数ヶ月後の奴らは元通りの生活に戻って‥‥って、刑事に復帰した軍平、左京さんの部下ですか。そしてなんでキタ声の真殿さん!OPテロップを思わず見返しましたよ、美空警部補って!(笑)ピザ配達に来て遊んでる範人はともかくとして(仲良いなw)、早輝の勤めるケーキ屋の井上店長さんはブイブイの人だし、お客のセレブ主婦・清水さんはケガちゃん似だし、大翔とパーティでルネッサーンス!上流階級(貴族かよ!w)は簗田さん‥‥じゃなくて浄土常務なりな。(笑)それだけかと思ったら走輔の相棒はやっぱりドルドルな相棒浪川さんだし!日笠さんの番組ってわりと最終回に裏方大集合多いなあ。

最後は走輔のレースで‥‥と思ったらカートだし!(笑)1年半のブランクって、そりゃ無理だよw

と思ったら、アイツらがやって来た!須塔兄妹の予感って、これじゃないのか?

平和ボケどころか蛮機族の害統領(笑)がいたって!他のワールドを侵略してるって、蛮機族の安住の地はどこだ?彷徨えるガイアークか?イヤなんで走輔たちが呼ばれるんだってのは置いといて『世界が危ねえんだろ、ほっとけっかよ!』って潔すぎる。ちゃんと職場には断ってこいよ。最後はなぜか1話と同じく白い鳩。いいけど走輔のレーシングスーツはどうして赤じゃないの?

 

大人視聴者的にはあの三大臣が戻ってこないかなーと思ってたんですが、潔く死んだ人は死んだまま。よく考えたら死んだ人間(蛮機族でも)は生き返らないんだと子供に教えることの方が真っ当というか、考え方として何て正しいんだゴーオンジャー。それよりもヒューマンワールドにも烈鷹似の青年がいたように、三大臣似のセレブや炎神似の人々がいるってことのほうが夢があるよな。

なのでまったく文句はありません。満足満足。スタッフ&キャストのみなさん1年間ありがとう!

EDも何だかスペシャルバージョン!恒例になってる新旧交代もあったしな。

やっぱり日笠さんの仕事は安心出来るというか、特にゴーオンジャーは初っぱなからこの子供向けに特化したノリとテンションがすごく好みだっただけに、殆ど失速することなく楽しめてよかった!いろんなバランスもよかったし、特に走輔の赤っぷりというかヒーローっぷりはちょっといろいろ目からウロコだったよ。

途中気がついたら髪形が変わってたというか、より赤くなってより盛ってマンガヘアーになってたのも(ジャンプキャラかよ!)、なんだか番組的にというより走輔ならやりそうと思えたのもおかしかったというか‥‥(笑)

アニも徹底的にアニキでカブトの時よりむしろカッコいいし、連も早輝も軍平も範人も美羽も三大臣も、みんなキャラ立ってて愛すべきキャラでよかったなぁ。そういや美羽と走輔はどうなったんだ結局?どうもならなかったのか?(笑)まあそれも子供番組的には潔し。

とにかく1話から今年はイケる!と思った通りの盛り上がりっぷりに本当に1年間楽しませてもらいました。ありがとうございマス。

東映公式の日笠プロデューサーのコメントも、ちょっとホロリというより、ホッと胸をなで下ろしたよ。別にスタッフじゃないけどさ。好きなものが真っ当に面白いって、何て幸せなことなんでしょ。

あと最近「恋のバカンス」を聞くと(CMとか朝ドラどか)どうしても間の手に「ナリ」とか「ゾヨ」とか入れてしまう、おそるべし刷り込み効果‥‥(笑)アイツらがヘンに馴れ合わなかったのも確かにバランスよかったなぁ。

ああ本当にゴーオンジャー面白かったなあ!あとはスカイシアターに行くだけか。


新戦隊。今度は宇都宮Pが初のメインPなんだっけ。どうなるのかそれはそれで楽しみです。様式美かなあ?

そして伊吹吾郎がいるのに何気にビックリ(笑)そういう路線か?

[] 俺、戦場 !?

http://www.toei.co.jp/release/movie/1188134_979.html

「超・電王」更に混迷です!(笑)

「ハロー、ニュー・ジャンクション !! ブラボー!超・電王シリーズ!」(公式ママ)

ときてはノーテンキ過ぎてもう何を信じていいのやら(笑)

しかも

終着駅が見えないまままた電車が走り出してるよーw 何がやりたいんだか関係者も見えてないんじゃないのか?(笑)

片道切符でうっかり電車に乗って、連れてかれたところでネジにされちゃうとか‥‥?(^_^;)

やっぱり毎回毎年「超・電王」」で新ライダーとコラボっていくんだろうか‥‥???

まあとりあえずこのニュース検索結果を。もっと増えるなー?

[] 神の雫#5

http://www.ntv.co.jp/shizuku/

面白すぎる!まだ引っ張るかーというか、気がついたら意外と長さんの彼女話でもってしまってたよ。なんかのマジック?まあこのドラマはちゃんと脇キャラのエピが本筋の役に立つという至極真っ当な展開をするから、話としては安心して見てられるけど。

それにしても田辺の怪演が!(爆笑)

確かにこのドラマの見どころは彼の怪演だから、イロモノドラマといってしまえばそれまでなんだけどさー、あまりに常軌を逸してるからさー(笑)

てっきり答えは二本、雫と一青の両方の分かと思ったら、ちゃんと答えは一本だった。セパージュ(ワインの混合比率)の罠に引っかかったって話ですが、優しかった雫のお母さんが妊娠してた時は強さがあり、強い人だった一青のお母さんが彼を身篭もってた時は優しさがあった‥‥って、それは両方とも同じ比率になるってこと?神咲パパからしたら、両方ともちょうど同じ味ってことですか?そういうことなんだよなあ?‥‥じゃあ普段はどっちが好きだったんだって話だろよ(苦笑)子供からしたら納得いきませんよ。ねぇ。

お父さんの浮気を疑ってた雫くんがいきなりそんなことを言われて逆ギレってのも判るけど、ワインを読み解いたら養父が実は実父だったっていう衝撃の事実を知ってしまった遠峰一青の人生についてもちょっと考えてやれよと。ホントにお父さんは生きてるうちに言ったげてください。

まあでもこのワインにメッセージを託すっての、1話の墓参りで花畑のイメージのワインを供えるパパとか、今回の長さんが元カノに気持ちを伝えるのをやめてワインだけ渡したことで、付き合ってた時の気持ちを良い思い出として大事にしてたっていうのと、ストーリーとしては上手く絡めてなぞらえてあるんだよなあ。

まあそんなとこで、モナリザもモデルになってた時は妊娠してたっていう話もあるくらいだし、お話としては良く出来てました。

でもやっぱり見どころは田辺の怪演(笑)田辺も昔は本当にえーどうよって役者だったんだけど、彼は正しい努力で正しい実力を身に付けたってことなのか。特に漫画原作のドラマとかイロモノ役は、ホントにいい仕事してくれるよ。人間どう転ぶか本当に判らないよな。*1 いやー俳優やっててくれてよかったよ(笑)

予告の雪山はまた一体何事?つか、あれもワインの妄想だったら‥‥と思ったり。(ねーよな?)

「おおおおお〜白き峰の頂に立つその人は、まさに我が父の姿!今しもその影に手が届くと思われたところで私の足は踏みしめる大地を失い、地上に引き戻されようとしている‥‥!!」とか一青口調で謳ってみた(笑)>神の雫ごっこw

*1メンノンモデルの頃はオーストラリアに永住するのが夢だとか、結構アレなこと言ってたんだよなーw

2009-02-10

先々週の土曜日には届いていたのに心の余裕がなくて開けたのは今日‥‥イヤ、スゲー楽しいですよ。ベルトアイテムで変身待機音聞くとやっぱ盛り上がるなあ!

f:id:korohiti:20090210211721j:image ディディディディケイド!ピカー!

もっと技術が進んでホログラフで表示が出来るようになればいいなぁ!

[][] メイちゃんの執事#5

http://wwwz.fujitv.co.jp/mei-chan/index.html

みるくちゃん、IQ1300ってルチ将軍ですか?

ものスゴイながらで見てたからってわけでもないと思うけど、みるくを助けるメイを学園のみんなで助けようって、なんかオカシかねー?なんか見落としたかなー?試験の話抜きでだよね、これって。そこに至るまでなんか理由あったっけ、まあどうでもいいけどさ。

そもそもメイって、学園のみんなが認めるほどなんか頑張ってたっけー?また友情の既成事実かよ。メイが頑張ってたという正しい描写なしにそこに友情があるから助けなきゃって、安易すぎる。学園長の意図は判るけど、それならメイが自分の願いのためだけでなく、確かに学園の生徒のために何か役に立つことをしたとか、もっとメイが人として正しいというところを見せて欲しいんですけど。

それなのに今まで仲間だったみるくちゃんをみんなで守るってんなら判るけど、なんでメイの方なの?

榮倉が下手だからってだけでなく、やっぱり制作側がキャラクターをはっきりと作ってないよね。それでも本来なら自分で東雲メイっていう子がどんな子なのか、それくらいはちゃんと考えてて欲しいんだけどさ。(ま、ヒロたんも理人がどんな執事なのかってことは考えてないと思うけど‥‥キャラ解釈として正しく演じてるのは健だけかー(^_^;))

そしてやっぱり理人はメイのこと守ってないと思うんだけどなぁ。普通に考えて理人と剣人、どっちが好感度UPかってーと剣人な気がするけど、これで理人を選ぶっていうんなら、それは単にメイが理人が好きだからってことなんじゃないかなあ。しかも別に内面が好きなわけじゃないと思うし‥‥

みるくと大門の繋がりはこのドラマにおける執事とお嬢様の正しいあり方だと思うけど、そもそも子供を子供として扱うってまったく当たり前のことだと思うし、そういう人がいなかったっていうみるくの身辺ってどんなだ?まあこの辺はあまりにも展開として低年齢向けすぎて頭クラクラしてくるから突っ込みませんが。これ、小学校低学年向けじゃないよね?ちゃおやりぼん‥‥いや、学年誌マンガレベルかよ。視聴者バカにしすぎてないか?

ところでこの学園ってホントに月謝1億円の学校なんですか?生徒の扱い酷いと思うんですけどー。

なんかヒロたん主役のわりに全然おいしくない気がするんだけど、オレの気のせいかなあ。なんで判りやすく活躍する場がないの?ヒロたんもあんまり魅力的に見えないし、そもそも表情がイマイチ乏しいし、このキャラで(理人のキャラとヒロたんの役作りって意味で)良かったのかなあ‥‥(´・ω・`)ううむ‥‥

 

どうでもいいけどちょうど今マネ日記が来たんだけど、最近マネさんのヒロたんマンセーっぷりがウザイです‥‥いやもうちょっといろんな意味で実のあるとこ見せて欲しいなぁ‥‥(-_-;)←マネさんもだよ。もうちょっと落ち着け。

[][][]「 超・電王」シリーズ?

http://www.tv-asahi.co.jp/decade/news/05.html

昨年10月に公開された「さらば仮面ライダー電王/ファイナル・カウントダウン」で一つの区切りを迎えた「仮面ライダー電王」が、新「超・電王」シリーズ開始の第一弾として、スクリーンに帰ってくる!

モモタロスウラタロスキンタロスリュウタロスのおなじみ4人のイマジンのほか、デネブ、ジークといった人気者も健在。「キバ」で活躍した次狼、力、ラモンのモンスター軍団、さらに「ディケイド」の士、夏海ら主要メンバーも加わってストーリーを盛り上げる。

そして、今回の劇場版のゲストとして、アッキーナとして人気のグラビアアイドル南明奈が登場。デンライナーで時空を駆け巡る壮大な物語のヒロインとして活躍する。

気になる公開は5月1日(金)から。

「平成仮面ライダーシリーズ」10周年を迎えた2009年の初夏は、新しく生まれ変わった「超・電王」で盛り上がろう!

携帯から見る人のためにディケイド公式のNEWSから引用してみましたが、えーっと、意味が判んないんですけどー‥‥(苦笑)

これ、春の映画ってことで本当に毎回「電王+何か」のシリーズってことなのか?電キバみたいなものってこと?つまりディケイドがデンライナーで各ワールドを旅するシリーズなのか?(笑)

夏の映画はバトンタッチ映画だから、それはまた別にやるってことなんだよね?でも5月と8月って厳しいなー。それともまた9月に戻すのか。ディケイドは9月いっぱいまでらしいですが。(つまり10月から新ライダーってこと)

なんかもうどういうつもりでやるのか判んないんだけど、今年でフォーマットを決めて、しばらくそれで回すんだよなー‥‥スタッフの仕切りとかキャストってどうなるんだ、混乱しねーか?

クオリティが落ちない限り新作には賛成ですが、何かちょっと微妙な気持ちに‥‥実写特撮ってそういうアニメ的な制作に耐ええるのかなあ?まあとにかく今年は様子見というか、頑張って欲しいものです。

[] ヴォイス〜命なき者の声〜#5

http://www.fujitv.co.jp/voice/index.html

あれ、えーと、エコノミークラス症候群ネタってこないだもやったよねえ?久保秋のお母さんの話で‥‥ってあれはクラッシュ症候群か。でも公式によると「静脈にできた血栓が肺動脈を閉塞し生じる病症」って、同じような症例じゃん?無理やり過ぎねー?

そしてやっぱり別れたとはいえ元夫が亡くなってもなんの動揺もしない奥さんって‥‥

見てる間中ずっとなんで岡原はデジカメで仕事してないんだろうと思ったけど、最後まで見てもなんでやっぱりデジカメで仕事しないんだろうとしか‥‥。報道やスキャンダルみたいに何よりも即時性が要求される写真って、どう考えてもデジタル化しない方がおかしいよな。そしてあんなところで張り込み写真って、あのシチュエーションならデジタル+三脚レリーズ使えよ。息子さんとのしりとりは携帯の写メでいいんじゃないかなぁ?わざわざフィルムカメラで撮って現像した写真をデジタル化してメール添付する意味が判りません。何もかも無理やり過ぎ。まあ普通は仕事はデジタルで趣味としてフィルムカメラだと思うけどさー。基本だし。

そういうところをわざわざストーリー展開の中心として持ってくること自体、何考えてんだろって気が。

でさ、写真の法則性を見つけたり、課題の問題を見ただけであっという間に「どういう問題なのか」を理解して解いてしまうのは大己の「能力」ではあるけど法医学じゃないでしょ。法医学好きがみんなしてダメ出しをする気持ちは判るよなあ。大己の能力はむしろキイナだよ。大己は卒業したら警視庁捜査一課特別班・通称「ベッパン」に勤めた方がいいと思うよ!w

せっかくの学生を鍛えるための蕪木さんの課題も台無しにしちゃってさー。学生に大切なのは閃きじゃなくて地道な探求なんじゃないかなあ、特に法医学なんて地道な学問ではさ。

そういやとうとう羽井くんも外回り組に。これでマトモに勉強をしてるのは桐畑だけか‥‥(苦笑)いやここは素直に智やんが注目されてるって思うべきか。

いいけど刑事さんの毎回の思い込み説明もどうなのか。警察がそんな思い込みで言ってていいのか?最初にそんなこと聞いたら正しい解剖結果って得られない気がするよ?そういう部分を排除して原因だけを探るのが法医学じゃないのかなー。マトモに見ると気になるところがあり過ぎる‥‥

2009-02-09

妹はレスキューを録り損ねたといって見に来てたんだけど、突っ込みながら見るとおかしいなぁアレ(笑)

やっぱああいうベタな番組は必要だよな。そんなに視聴モチがあるわけじゃないけど。しかし改めて見てももっくんの脱ぎっぷりが潔すぎて‥‥尻見えてるけど、いいんだあれ(笑)

[] ネプリーグSP:メイちゃんの執事

見てる途中で妹が急に来やがったんで、ちゃんと見られなかったよ!2時間見返す余裕がないんでサクッと。

メイちゃんから水嶋ヒロ佐藤健鈴木亮平姜暢雄向井理の5人、一応、学歴で選んだのか?そして向井くんはカツラじゃない方がカッコいいなw

ヒロたん、リーダーとして頑張ってたような気がする、けどやっぱり微妙にリーダーシップがないような気がするのは気のせいかなあ?(笑)

なんかちょこちょこおかしいところはあった気がするけど、かきとりビームの「膨らむ」が書けなかったところ。や、もう勿体ぶろうが何しようがヒロたんが書けないのは判ってるんだけど(^_^;)、それ以上に健の「なんか膨らみそうなやつ!書けば!」って突っ込みがおかしかったですよ!(笑)ヒロたんの「ゴメンねv」はカワイかったけどー!(≧▽≦)(いいけどオレも七尾はキライ。ふかわに同意!)

「紛れる」を書いたのはヒロたんだけどなんで解説が健?健が答えたんでしょー?(笑)

スゲーと思ったのは赤と白の国旗よ。あれよく出たなあ。というかポーランドとチュニジアはスゲエよ。姜スゲェ、まぐれじゃないよ向井くん!あれか、みんなサッカー見てるから何となくでも判るのかな?

まーでも最後の早押し問題の「100の4分の1は?」ってのは、ヒロたん用設問ですか?簡単すぎるというか、他のと違って知識必要としませんよ!w なんかヒロたんに優しい問題だった気がするよ?気のせいじゃないよなー(笑)

まあみなさんに満遍なく見どころがあったんで良かったです。最近のヒロたんのバラエティでの見せ方は何となくキ○タク的なニオイがするんだけど(かきとりビームのもったいの付け方とか)、その芸風はやめて欲しいなぁ。出来れば天然ボケおバカキャラで潔く玉砕な方が好感度は高い気がするけど〜ううむ‥‥(^_^;) ヘンに見え方を計算しない方が‥‥

いやまあ珍しく?イケメンチームが優勝して、よかったよかった。

あとでヒマになったら見返そう。編集面倒くさそうだなあw

それにしても七尾、目障りー!

[] だんだん19週目

なんか面白くなくなってくると何か言いたくなる感じですが。

展開としてスゲー納得いかないのが、なんで親の三角関係をやりたがるのかってこと。

ずっとめぐみのお母さんの嘉子さんが花雪さんの事を気にしてたのは判るけど、一体この状況で忠が家族を捨てて(捨てなくても)花雪さんとどうにかなるって思うかなあ?

それがあって先週あたり、花雪さんに求婚する澤田の存在から花雪さんが忠に気持ちが行くっての、納得出来まへん。20年も経って今さら気持ちだけでも元に戻りたいって、それこそ子供らに対する裏切りなんだけど。それを花雪さん自身がわかって言ってると思えない無神経っぷりがイヤなの。こういうとこ、オレは何となく花雪さんって好きになれなかったんだけど、まさにって感じ。忠だってそんなこと言われても困るよなー。花雪さんってなんか中途半端にぐじぐじしてんだよなー。赤ん坊の二人のうちどっちを選ぶのかって話とか、のぞみがいなくなったときに倒れちゃったりしたのとかさ。人としての筋が通ってないんだもん。こういう人キラーイ。

だいたいそれはいくら何でもドラマのご都合過ぎです。ちょっと心無いなあ。あ、琥珀園の介護の人と八十吉さんが元夫婦だったって設定も余計ですよ。もっと中心人物の気持ちとお話だけで進めて下さいよ。中心ってのはめぐみとのぞみだけど。この二人の成長って、ここんとこやってるようで全然やってません。二人の気持ちの外堀を埋めてる話ってワケでもないし。だから面白くないんだよなー。典型的な展開ありき、話をこなすだけのドラマになってるよ?

[][] HERO VISION vol.31:ブレイド同窓会対談

参加者:椿隆之/森本亮治/天野浩成/北条隆博

HERO VISION (ヒーロヴィジョン)VOL.31 (TVガイドMOOK)

HERO VISION (ヒーロヴィジョン)VOL.31 (TVガイドMOOK)

今さらなんですが、これは絶対書いとかなきゃ!ってネタなので(笑)初見の時の爆笑&脱力っぷりにちょっと寝かしといたけど、椿がブログにいい記事上げてくれたんでちょっとそれも語る。

ブレイドファンとしてこの内容は破壊力あり過ぎますよ!もー笑った!取材は椿がブログに書いてたけど12月上旬頃ね。

初っぱなからお蔵出し写真の威力がスゴ過ぎ‥‥というか、ネコ耳写真なんですけど、これ森本くんはヒロビの表紙 *1 、椿&天やんはキャラブックの表紙 *2 のときね。そりゃ使えんというか‥‥(笑)まあね、天やんですよ。表情に見覚えあったのはキャラブックと同じ表情してるからか。下手にカワイコぶってないのが判ってるというかオイオイって感じw

見た目の印象として当時と明らかに違うのは椿だけど、森本くんはずいぶんスッキリしてるというか可愛いなぁ(笑)たまにしか更新しないブログでこの頭だったの見たことないよ?w 椿とのファーストインプレッションのとこの写真は43〜44話のレモン汁掛け合い‥‥のやつね。何て小芝居を(笑)

でもって本当に破壊力があるのは内容ですよ。

この人たち当時から仲良かったけど、終ってからも意外としょっちゅう会ってるってのは、ことあるごとに主に椿の日記に書かれてたりしたんだけどさー。役者としてのポジションが似てるからなのかなーってのはあるよね。たぶん。

だから4人で集まっても久しぶり的な改まった感じにはならないってのは判るけど、それにしたってもう天野くんにはどうしたもんやら。一番年上なのに!(笑)

一番やられたのは天やん関連というか、爆笑、意味なく爆笑した。椿と仲良いってのはブログでよく天やんとお出かけ&お食事しょっちゅうしてるって言ってるし、家が近所だったってのも(過去インタ関連で)知ってたけど、まさか同じマンションに住んでたとまでは‥‥ひー、どんだけ仲良いんだ、こいつら!(爆笑)今ごろ暴露ですか、ヒロビ!いつごろの話ですか、最近じゃない‥‥よね?(天やん、ものすごく気軽に椿んちに来るみたいだけど)

それはともかくとしても、森本くんが車買って浮かれて天やんちに来たことを「迷惑だった」といい(車で来て飲んだってことは泊ったの?)、ハタチになったからといって北条くんを飲みに誘い椿と二人して2万6000円も驕らせ、対談中、北条くんと森本くんが芝居の話を始めるとそう言うのキライといって暴れ(爆笑!)、撮影中実はプライベートでフットサルして足折ってたって話だの、レンゲルがジャックフォームになるといって北条くんを騙すわ、発言&行動がフリーダム過ぎる!(笑)そういや劇中で死にたかった発言も、当時やっぱどっかで言ってて空気読んでなくて笑ったけどさー。ブレイドキャストの中で一番扱いに困る天然くんは間違いなく天やんですよ、一番年上なのに!(^_^;)

まあ他にも4年も経った今でも他の人の思い出のシーンを覚えてる森本くんとか、どんだけブレイド好きなんだ(笑)

そういや椿あんまり喋ってないよなあ。この対談もっと長く聞きたかったよ?脚注が意外と多いのもあるけど、別に作品紹介はいらないのになあ(^_^;) その半ページで対談入れて下さい〜w

 

お互い同士のファーストインプレッション聞いてると、椿がいかに当時剣崎だったかってのもおかしいんだけどさ。このネタは当時からよく出てましたが、一日24時間剣崎な男だから‥‥(笑)

そういや思い出しついでに、椿が役になりきってたのはつまり、演技が追っつかないんならなりきればいいって言うシンプルな考え方らしく、ブレイドの最後の展開辺り、天王路がラスボスで悪いのはBORADだったってのをプロデューサーから聞かされた時に、素で「僕たちは何のために戦ってきたんですか?」って言ったらしいからねえ(笑)意外と結末のその先まで剣崎になりきって考えてたらしいってのも椿らしいというか。 *3  まあ森本くんが「苦い」っていったあの最終回を「ハッピーエンド」だというくらいだし。

オレは誰がというと椿が一番好きなので椿語りになっちゃいますが、椿が好きなのは剣崎が好きだからで、椿の中に確実に剣崎ってまだいるんだよねー。他のキャストって終ったら普通に役が抜けるんだけど、椿はまだ抜けてないの。

と、日頃からそんなことを言ってたら、こないだの椿のアメンバー記事(2/7分)で本人がそんなこと言っててああやっぱり(笑)と思わされたりしたんですが。さすが椿だよw

つかこういうとこが椿っていい意味でだけど、妙に地に足ついてないというかオカンのように見守ってあげなきゃと思うところなんだけどさ。(事務所辞めてフリーで活動するのも2度目なのであんまり心配もしてませんが、まあいい方に行けばいいねえ)

そういや当時の椿ってそんなにオタク度高くなかったっていうか、当時からライダーが好きだったのは森本・北条で、椿ってそんなにライダーに思い入れなかったと思ったのに最近のオタクっぷりはどうでしょう。ってビフォーアフターのように言ってしまうほど大改造だよ?ライダーはともかく一体いつからガンダム好きに?変だよ椿くーん(^_^;) いやいいけどさ。もっとディケイドカッコいいって言って、出してもらいなよ!(笑)

ブレイド対談でも椿と北条くんは初詣の神様へのお願いとして「仮面ライダーになりたい」って言ってるんで、ぜひ叶えて上げて下さい、神様!(=白倉P)(笑)

でもどうせなら、剣の世界はオリジナルキャストで見たいなぁ。別に剣崎や始を別キャストでやられてもそれはそれで楽しめると思うけど、どうせなら「剣」やったのは會川さんだし、思い入れもなくはないだろうから、彼らのリアル4年後の世界とかやってくれないかなあ。映画でもTV版でもない終り方をした剣の世界とかさ。だって彼らはカードさえあれば変身出来るんだし、本当の仮面ライダーとして放浪してる剣崎とかやってくれてもいいなぁ。(ああ、夢は膨らむよ‥‥>妄想と書いて夢と読む!)

そんな剣崎とか、ちょうどハカランダを出ようとしてる始ちゃんとか描いてくれたら會川さんは神!‥‥でも橘さんは刺客でいいけど(笑)つかちょうど昨日妹とも話してたんだけど、ブレイドの中で刺客になるんならギャレンしかないよなあ(笑)橘さんはポジションとして地獄兄弟と同じだもんなw

お仕事としてはどの作品も気持ち的には同じ扱いだと思うけど、ちょっとそれくらい夢見たいです。(妄想と書いて夢と読‥‥)

椿もディケイドで遡って「仮面ライダー剣」を見る人が増えたって喜んでるし、あのオンドゥル語にも肯定的だしさ。(オンドゥルでいじって欲しいらしい‥‥w)

オレも平成ライダーはリアルタイムでクウガからずっと見てるけど、一番好きでハマったのはやっぱり「剣」なので、何かと不遇というか見てないくせに駄作という輩が多い作品なのでこれを気に評価が上がればいいなぁ!今剣が評価されてるのはオレも嬉しいですよ。つかとりあえずみんな見てくれ!

仮面ライダー剣 (ブレイド)VOL.1 [DVD]

仮面ライダー剣 (ブレイド)VOL.1 [DVD]

劇場版 仮面ライダー剣 MISSING ACE [DVD]

劇場版 仮面ライダー剣 MISSING ACE [DVD]

*1

ヒーローヴィジョン vol.16 (ソノラマMOOK)

ヒーローヴィジョン vol.16 (ソノラマMOOK)

*2

仮面ライダー剣(ブレイド) キャラクターブック

仮面ライダー剣(ブレイド) キャラクターブック

*3:特ニュー2005年3月号のプロデューサー対談。発売は1/18だから、ホントに最終回直前ですね。

2009-02-08

新宿ピカデリーで発券機を使う方、添え付けのボールペンよりもカードの角で押す方が確実だし早いですよ。

[] 20世紀少年-第2章-最後の希望

http://www.20thboys.com/

f:id:korohiti:20090208213700j:image

えーとね、とにかくキャスト目当てじゃなければ退屈な映画でした。なんで見に行くかといわれてももう義務としか(苦笑)

序章でもなくクライマックスでもない真ん中の話だからってことにしても、とにかくあの分量の原作を詰め込んでるからマトモに映画として見ると何が何だか判らない。原作の重要シーンを並べていってるだけでダイジェストでもないんだよね。そういう意味のつまらなさ。お話になってないんだもん。原作を知ってれば何となく記憶にあるシーンを映像として見ているから話があるように思うだけ。トモダチランドのくだりなんかはホントにまったく判らない。まあしょうがないんだけど。(それでなくてもボーナスステージ描写と過去の話の関係って、原作を普通に読んでても意味が判らないんだけどさー)

まあこれをちゃんと真面目に撮る堤監督はエライよ、マジで。

主役のカンナは悪くはないと思うんだけど、何ていうか中の人の年とか関係なく、妙に違和感あるよ。あれ、カンナじゃないなあ。(演技がアレってことおいといても)

良かったのは小池栄子だよなー。彼女はハマりすぎて笑った!古田新太もナイスすぎ!ああそうそう、キャストで笑ったのはニューハーフブリちゃん!誰だろうと思いながら見てても気がつかなかったよ、荒木(いわゆる理央様@ゲキレンジャー!)だとは!(何となくクドカンに似てるなあと思いながら見てたけど)そういや名前があったのはどっかで見てたんだけど、まさかこの役だったとは!爆笑!知ってて見たかった!踊りウマーwww 美脚!パンツ見せんな(笑)

それにしてもマンガだとそれなり納得出来てたような気がするけど、最後、なんで誰もトモダチの自作自演だって突っ込まないのさ?つか突っ込むとかそういう以前に、実写映像で見ると本当に胡散くさいよなー(笑)オカシイだろw(そういう意味で堤監督エライなぁと)トモダチの声が変わったのはなんでだっけ、途中で中身変わったんだっけー?いやだって、別にトモダチの正体なんかどうでもいいと思って原作読んでたから覚えてないよ?

[] 仮面ライダーディケイド#3「超絶」

東映http://www.toei.co.jp/tv/decade/ テレ朝http://www.tv-asahi.co.jp/decade/

『コイツが人の笑顔を守るなら、俺はコイツの笑顔を守る!』


いやースゲェ。會川さんはスゲェなぁ!

ユウスケが士と一緒に旅をするっていう設定くらいは知ってたんで、ああたぶん八代さんは死んじゃうんだろうなあと思ってたんだけど、本当にお亡くなりになってしまったよ。

オレはあんまりクウガに思い入れがないから、セリフなんかは會川さんがクウガのキモの部分を取り入れようとすごく頑張ってるなあ〜とボンヤリ思ったくらいなんですけどね。だって展開とセリフの組み合わせが無理やりなんだもん(^_^;)

だからむしろそういうオリジナルクウガっぽい部分抜きで思うのは、八代さんが『私はあの子を利用した』って言ってたけど、八代さんだってそのユウスケと同じ立場で戦ってたんだから同じだと思うんだよな。誰かの笑顔のために戦ってたんだから。まあ自分を好いてくれる他人を勝手に運命共同体にしていいのかどうかって話ではあるんだけど。(オリジナルクウガの一条さんと五代は何となくその辺男同士の暗黙の了解で共同体になってたような気がするけど)

オリジナルのクウガの雄介はみんなの笑顔を守るために戦ってたんだけど、ユウスケは八代さんのために戦ってた。けど、誰かのためでなく自分のために戦うのは悪いことじゃないと思うんだよ。自分の中の譲れない何かのために戦うことがみんなを救うためなんだったら。だってオレはライダーに於いての「自分のため」ってのは、「自分が信じる何かのため」ってことだと思うんだよね。

ユウスケは八代さんの願いをストレートに受け取って、「八代さんの笑顔のため」から「誰かの笑顔を守ることが八代さんの願い」だと自分の中の戦う意義を見いだした。だから今回の士はそういうユウスケの「戦う理由のため」、グロンギのガミオが戦うことがリントの本性みたいなことを言っても、ユウスケの戦う理由が「誰かのため」だと判ってるから、そのユウスケが戦えるようにすることが彼の存在意義だってことでしょうか。ややこしいけど、ユウスケが八代さんのために戦うのと同じだよな。ヒーローを救うヒーロー?何てメタな(笑)

それがあっての『通りすがりの仮面ライダーだ!覚えておけ!』であって、士が世界を巡る意味、そのそれぞれの世界で「仮面ライダーの戦う理由」を見つけることが彼の存在意義なのかなぁ。その士=ディケイドが存在する意味ができた時にその世界のライダーの力を使えるようになるということ?

次のキバの世界でも主人公ライダーは悩んでるようだし、オリジナルの世界の中でヒーローが悩んでいたこと(あるいは悩まなかったこと)に対して士が答えを出していく、訪れた世界がオリジナルと違っていることが世界が崩壊しているという現状だとすれば、それを本来あるべき世界にしていくってことはそういうことだよね?メタ解釈だけど。

ああ、だから會川さんなわけだ。この構造って「妖奇士」における物語定義の構造と似てるような気がする。この世界は物語ですよっていうのを、登場人物が劇中にいながら俯瞰で見る感じっていうの?士は劇中人物でありながらロードムービー的な異邦人でなく他の世界に対してストーリーテラーであるんだけど、完全にそうなってないのは記憶がないからってことか。そして旅をすることで士自身も自分を知ることになるって、上手いなぁw その先に"悪魔のようなディケイド"がいるのかどうかは別として。

本来の世界通りならヒーローは自分なりの答えを持って「自分のために」戦っていたはずだけど、ディケイドの世界、士が訪れる滅びに向かいつつある世界ではそうじゃない。だから士がそれを正していくことが世界の崩壊を防ぐことになるってことなのか。

だとすると鳴滝はそれを止めようとしているワケだから士にとっての敵であって、おそらくまた別の世界の(視聴者たちが今まで知ってるライダーの世界とも違う理由で戦う)ライダーを呼んで、士の使命、つまり世界の崩壊を防ぐことを阻止するってことなんだろかね。だってユウスケには明らかに嘘をついていたわけだし。

まあライダー狩りをするあの地獄からやって来たお二人さんはなんで鳴滝の言うこと聞いてるのかはともかくとしてだけど(笑)

どうでもいいけどキックホッパーにダブってるのはザビーだけど←かと思ったけど、おっきい画面で確認したらデルタでした、たぶん。パンチは東條くんじゃないよな、似てるけど(笑)さてどういうことざんしょ?

 

まあそれはおいとくとしても、士が得たカードの力でユウスケをゴウラムにしちゃうのはなんか口ポカンΣ( ゚Д゚)なんですが。ガタックエクステンダー再び!(笑)や、バイクで階段下りも相当なもんですが。

まあ素性を聞かれて「通りすがりの仮面ライダー」だの、どこから来たかと問われて「悪い‥‥、忘れた」だの、自分の存在理由に無頓着なゴーイングマイウェイライダーってのも(「俺様」じゃないよな)、それはそれで新しいというか、これが白倉さんの行き着いたところなのか?(笑)士くんはカッコよすぎる!w


予告。

キバの世界でワタルが子供なのはともかく、糸やん!なんでお前いるんだー!(笑)

次回のサブタイトルがキバなので気がついたけど、今回のサブタイもクウガ的だよな。「超絶」って。

ああそうか、「超絶」ってのは「超絶変形」したクウガゴウラムのことなのね(笑)

2009-02-07

そういやズッキーのブログで思い出したけど、「シャカリキ!」のDVDイベントをうっかり忘れてたのは痛恨のミスだったと言っときます。気がついた時には終ってたのよ。

でもね、ちゃんとコレクターズエディションの方買ったのよ。もったいないことしたわー( ´∋`)>写真が撮りたかったわけではないけどさ、トークは聞きたかったなー

[] RESCUE〜特別高度救助隊#3

http://www.tbs.co.jp/rescue2009/

古賀死なないじゃんと思ったらやっぱり死んじゃったよ!えーっ。いやっ、いいけどさー‥‥

そして教官、血吐いてるから!芹沢管理官も、そんなゲロ吐いた程度の対応ってないだろよ。血を吐くってことは内蔵いかれてるんだよ?点滴でどうにかなるものじゃあないと思うんだが‥‥レスキューってすごい!

あ、そういやあっという間に彼ら、オレンジになりました。そんな簡単でいいんだ。で、更なる犠牲って、誰よ?

そういや横浜だけ「レンジャー」な理由の説明ありがとうございました。なんでだろうと思ってたんだよなー。自衛隊のレンジャー部隊からか。ちなみに東京はハイパーレスキューです。個人的にはスーパーレンジャーよりもハイパーレスキューの方が何となく科学的で高度な気がします。レンジャーってほら自然保護官とか歩兵隊的なニュアンスあるじゃん?まあ何となくハイカラな横浜っぽいといえばそういう気はするけど。

[] もやしもん1〜7巻

もやしもん(1) (イブニングKC)

もやしもん(1) (イブニングKC)

もやしもん(2) (イブニングKC) もやしもん(3) (イブニングKC) もやしもん(5) (イブニングKC) もやしもん(6) (イブニングKC) もやしもん(7) (イブニングKC)

相方が急にハマって買ってきた。イブニング連載だから今まで職場とかで見てたろうに。

というかオレはアニメの方をチラチラ見てただけですが、菌たちはいかにも相方が好きそうなカワイイキャラなので、ホントになんで今ごろって感じです。(アニメで声とか動きとかついてるの見てたから絶対好きだと思ってたヨ!)

オレがアニメ見てハマらなかったのは、菌はカワイイんだけど、どうにもこの人の絵柄とキャラ造形や話の展開がダメだからです。キャラがなんか心無いというか底が黒そうなとこがヤなんだよな。話もコメディっぽい単発的なものかと思ったら意外とシリアスだってとこで(ということにフランス編辺りでやっと気がついた)、なんていうかこういう散文的なストーリーはイマイチ乗れないんだよなあ。

主人公の能力について妙にリアルな扱いなのも、ちょっと思ったのと違う?って感じ。そういう能力を持った主人公のドタバタコメディじゃない‥‥ってのはまあ別に良いんですが。

だからといって面白くないかって言うと、ウンチクの分もあるから面白くなくはないという微妙なとこで、あれば読むって感じなのです。ネタとしては菌が(毒キャラなとこが)好きなんですが、ホントこのマンガの特に女性キャラって絶対友達に欲しくないです。無自覚に性格悪いもん。

そういや蛍が女装してるのも謎過ぎ。なんで日吉酒店にいるのかも判らない。あれってどゆこと?ところで「ゆうきけい」って言われると「有紀螢」(@ハーロック)って変換しちゃうんですがw

蛍のこともそうだけど遥さんの結婚の騒動とか7巻の地下道を巡っての及川のなんやかやも、マンガの文脈として全然理解出来ないのです。なんであんなに人気あるのか判らないけど、菌抜きの話やキャラだけだと面白くないよねえ、このマンガ。もしかして人気は菌のみ?謎。(女キャラのレズっ気なとこがってんならそれはそれで。でもあんな性格の悪いトゲトゲしたSキャラばかりでレズってて楽しいと思う作者の嗜好は判りたくないです)

ところで日頃オレちゃん腐女子じゃないから!ってよく主張してますが、常になんか醸してる、うっかりすると腐るってことで石川先生言うところの「発酵女子」はいいんでないかと思った。(それが言いたいだけか)ボクちんのことは発酵女子と書いて「カモジョシ」とでも呼んで下さい。 *1 かもすぞー *~ヽ( ゚д゚)/~* *2

ちなみに寝しなに7巻読み終わったんですが、ゴソゴソと起きて、冷蔵庫のみりんをつい嘗めてしまった。確かにリキュール的な甘さのアルコールでした。(ウチは純米古式製法の本みりん使ってます)

[] トライアングル〜#5

http://ktv.jp/triangle/index.html

もうこのドラマが何を捜査してるのかさっぱり判りません。感想っつか「判らない」ってことだけ書いとく。中身ないことこの上なし。

そして「邪魔するなよ」って言った時点で丸スケは賞状破くと思ってたよ。いやそんな予定調和な(笑)そもそもインターポールから捜査協力でやって来てる捜査官の扱いってあれで正しいの?なんで日本警察の圧力が効くのよ?

あとですねー、原作付きならともかくオリジナルのドラマで、江口が「シンドウ」って名前を連呼するようなことはやめて欲しいんですけど〜(苦笑)第3シリーズまで続いた人気ドラマの江口がやった主役の名前を使うって、どういう神経?(^_^;) ※スイマセン、原作付きドラマです‥‥と突っ込みが入りました。(じゃあしょうがない)申しわけないです(^_^;)

そして蔵之介はいつ出るんですか?

*1:他にいい呼び方ありますかね?

*2:細菌‥‥いや最近は主に特撮をかもしてますが何か?

2009-02-06

特ニューとヒロMとキバ公式読本が欲しいんだけど、今まったくお金ない‥‥アマで頼むべきか?ううむ。

[] 銭ゲバ#3

http://www.ntv.co.jp/zenigeba/

えー、ホントに殺しちゃったの?白川を!(田中圭、また死体かよw)まさかそんな、どう考えても風太郎が関係してたって思われちゃうよ?

それ以前に昼間の公園で会っててそこから殺してトランクに死体を詰め込んで、三國家の敷地に埋める‥‥って目撃者もなく一人でできるとはとても思えません。脚本どうなってんのー?(苦笑)そこまで甘くは見られませんよ?つか一体どうやって?まあホントに殺しててもチョイ目を瞑りますけどね。

そして風太郎がエロいです。茜といる時の風太郎がエロいよ。エロいのが風太郎なのか松ケンなのかは判りませんがw

冒頭の派遣切りがあまりに現状とマッチしすぎてるんだけど、不当解雇を訴える派遣労働者に対して「格差なんて昔からあった、格差なんてなくならない」ってのはまたずいぶん挑戦的ですよ。言ってるのは風太朗だけど、ドラマ的に大丈夫でしょうか。いやまあその通りだと思うんだけど、ちょっと心配。そう思いたくない人が世の中多いからね。

みんなが今まで見ないようにしてきたことを真正面から事実として言いきるって、相当なボウケンですね。

 

感想が遅くなってしまうのは風太郎が判らないからいろいろ考えちゃうからなんですが、風太郎の良心ってどこにあるんだろうと考えててちょっと思った。風太郎って性善説を信じてるんじゃないかなあ。

このドラマで明らかに性善説に見えるのは緑だけで、他の人、三國父とか白川みたいに風太郎を見て当然のように「あれは良くない人間だ」というのは、あの立場の人間なら当たり前だと思うんだよ。人は性悪説で生きてないと生きづらいから。

でも風太郎が「きれいだった」っていうお母さんはたぶん性善説を信じてて「たとえ貧乏でも心は貧しくならないで」といって風太郎を育てたはずだし、だから風太郎は母親のことを「きれいだ」と言ってるんだと思うのよ。容姿のことだけじゃないと思うのね。

緑は環境として性善説を信じて生きててもいいお嬢さんで、だから当然のように他人にもそれを強要してるんだけど(子供の頃は尚更)、子供の頃の風太郎が一番打ちのめされたことって、母親が貧乏のために死んでしまったことじゃなくて、母親に珍しいお菓子を食べさせようという「良いこと」をしようとした結果が「貧乏だからといって物を盗むのは間違ってる」という緑の正論であって、風太郎もそれが正しいことが判ってるから、三國家からの帰り道、母親が貧乏でごめんと謝るところは彼らの生きる指針を穢してしまったという罪悪感を感じてたと思うのね。

だから風太郎にとって緑はそうなりたいという理想像で憧れであり、それが正しいのは判ってるんだけど、そうなれない自分を見せつけられていることでの憎しみがあるんだよな。

でも緑を貶めることが自分を貶めることだってのも薄々判ってはいると思うの。その辺のアンビバレンツな気持ちがますます風太郎を判りにくくしてるような気がするのよ。

風太郎自身は性善説だから、環境によって悪になったとか貧乏なのは社会が悪いんだってことには同調出来ないのは当然で(だから父親をあんなにも嫌うんだと思うけど)、個人の努力とか何が悪いってことじゃなく貧乏はいつだってそこにある、だったら幸せになるためにはそこからいかに抜け出すかってことだけで、その方法自体に良いも悪いもないってことなんだよね。そのために人を殺しても、自作自演で金持ちの三國家に取り入ろうとしても、それは風太郎にとって悪いことじゃなく「仕方のないこと」でしかないのかなと。

だから不当解雇運動の労働者たちにも簡単に「格差なんて昔からあった、無くならない」って言えちゃうんだし、要は自分がどこにいたいかって話で、貧乏は絶対に無くならないと思ってるから、貧乏なのは自分が悪いんでも他人が悪いんでもないと思ってる。だから自分のために状況を変えようという努力をしない、自分が納得出来る環境に入り込んでいくだけって感覚なのかな。そしてそれは風太郎にとって当たり前のことなんだよ。だって人は自分の幸せを追求する権利があるわけだし、そのための方法の良し悪しと心の問題は別の話だし。

風太郎にとって自分が幸福になるために他人を踏み台にしていくことは、良心が咎めないことなんじゃないかなあ。

本当は人の心は環境によらず美しくあるべきだということを信じたいのに、世の中がそうじゃないのはどうしてなのか、自分が貧乏で母親を亡くしてしまったのは何が悪いんだってことをずっと考えつづけて行く話で、じゃあ風太郎自身はどうあるべきなのかって話だよな。それが答えを探しつづけるってことだよな。

でも実際もう人を殺してるから後戻りは出来ないってのは、図らずもやっぱり性善説で生きてるっぽい伊豆食堂の人たちに思い知らされてしまったワケですが。

まあ風太郎自身がそこまで考えてるかというと考えてないからうっかり目先の保身で人を殺しちゃうんだろうけどさ。というか殺したという意識があるのは白川のケースだけだよね、今のところ。萩野弟にしても1話の工場労働者にしてもそんなこと考えてなかったろうし。

あるのは貧乏はイヤだ、世の中お金だという気持ちだけで、他になんか考えてたとは思えない。「流星の絆」的な価値観でいうと「たかがお金なんかのために」なんだけど、「銭ゲバ」は些細なそのお金のために何でもやるという価値観であって、流星の価値観には同調出来るけど銭ゲバには出来ないってのは、人はお金なんかのために人を殺したりはしないと信じたいだけのことで、だからそうじゃない風太郎は判らないんだよな。だって、そこに何が残るんだよっていう虚しさがあるじゃん。そんな虚しさのあるところに幸福なんかあるわけないもん。

でも風太郎が茜の耳を塞いで本当のことを呟くのは、無意識に風太郎の良心が咎めてるのかなあって気がするんだけど、どうかなぁ。

と今回思ったのはこんなとこで。

伊豆食堂の風太郎似の行方不明中のお兄さんの話、意外と引っ張るけどどう絡んでくるんだろうか?

[] 変身、佐藤智仁

f:id:korohiti:20090206202010j:image

智やんのブログに書いてあったんで慌てて買いに行きました。日刊スポーツ、他の新聞よりなかった気がするけど気のせい?(たぶんね)でもあちこち回って最後の一つだったよ?

もともとこの人のカブト以降の身の処しようって予定通りだと思ってたし、カブトがなくてもゴールデンのドラマゲスト→(昼ドラ)→ゴールデンメインキャラで、カブトの1年がなければもうちょっと早くに今くらいにはなってたと思うんで今のポジションはまったく当然だと思うんですが。でもカブトを1年やったのは絶対その方が良かったけどね。カブトやった分、特撮の濃いファンがついてて得したろうし(笑)(得‥‥だよね?ディナーイベントとか出来るんだから)

まあ記事的には今の現状そうだろうと思ったけど、ヒロたんと親友&ライバルってことでクローズアップされてて余計においしいことに。智やんがたくさんヒロたんの話してくれて嬉しいなあ(笑)ヒロたんもたまには智やんの話してよー。キミの一番濃いファンが喜ぶのはそこだよ?(笑)

ヒロたんも言ってたけど*1ごくせん」のモブ役で悔しい思いをしたって話、その「悔しい」がどういう質かにもよるよなー。キャリアとしてはデビュー直後のちょうどいい時にごくせんがあったってだけで、役としてもらえるのがモブでしかないのは当たり前だと思うけど(だってそれすら貰えない人たちがたくさんいるんだから)、彼らの「悔しい、羨ましい」はどうもポジションに対してだけに聞こえるというか、まあごくせんはああいうドラマだからいいんだけど、「自分が目立つポジションにいることが勝ち」だという価値観はちょっと違うと思うんだよな。この二人が仲良かったのって、そいうところでの価値観が同じだったからだと思うけど。

まあ今のヴォイスの智やんの仕事っぷりはちょうどいいと思いますよ。「ギラギラ」は前に出すぎだと思ったけど結果として悪くなかったしね>だって三浦くんより目立つってマズイでしょw

タイプは同じ俺様オンリーワンでも智やんとヒロたんは方向性としてまったく違う方向向いてるのが良いのか悪いのか判りませんが、世間的にはヒロたんが一歩先んじてると見るのは当然だけどヒロたんファンとしてはどう考えても将来的には智やんの方が分がいいと思うなぁ。 *2 ( ´∋`)むーん‥‥

 

そういや忘れてたけど、ザ・テレのこれもメモ的に張っとく。

  • '09年の目標は「脱皮」! 月9のイケメン俳優・佐藤智仁にインタビュー!

 http://blog.television.co.jp/entertainment/entnews/2009/01/20090131_05.html

[] 浪花の華〜緒方洪庵事件帳〜#4

http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/naniwa/

やっぱりこのドラマの話ってエピソードの選び方に毒があるというか、あえて酷い話で持ってくるよな。イジワルだなあ(笑)

構成してるネタが酷い(というか苦い)からって、ストーリーが酷いわけじゃないってのは当たり前だけど、窪田くん主演だし青年緒方洪庵の話だから時間帯的にもうちょいお子様向けかと思ってたけど、意外と大人向けってことか。こういう話を出来るのはやっぱり視聴率関係ないNHKの強みなのかなあ。あんまNHK見ないから知らないけど。

異国で遭難してその異国人としての能力を見込まれ公家に売られた妹を、助けてって手紙を頼りに密航してきた兄は結局無駄足だった‥‥という、兄妹愛は現状に負けたって話ね。だって10年よ?女は常に今を生きる‥‥って言っちゃ身も蓋もないか。お兄さんの10年を返せよー。しかも最後の言葉が「死んだと思って」って、浮かばれねー。何だかんだ言いながらちょっとだけお兄さんに気を使った訳をしてあげる若狭は案外いいやつか。

でもこれの原作者って女性だから、この話が原作通りだとそれは判るかな。女ってそういうもんというか、男でこういう話はあまり聞いたことないもんなーw 女の性(生?)というのはどこにいても強かなものですよ。

それと左近と在天別流の弓月王が兄妹だってことでこの件に入れ込む左近の気持ちと、そういうことを知ってもどうすることも出来ない章の気持ちだけで十分面白かったです。あとずっと「緒方殿」って言ってた左近が初めて「章」って呼んだよ!わお(笑)こういうのは萌えですかねw

あと異国語を本当に一日で訳しちゃった章は明らかに才能があるってこともハッキリしたし。

そしていくら何でも時代劇に栗山千明?‥‥ってのは、在天別流が異国人の血を引いた一族だってことで、そういうことかと(笑)そりゃナイスキャスティングですよ。あと滝川(イギリス人とシナ人のハーフ)が高橋マリ子ってのもあの子ハーフだから納得ね。

あと前回の感想で書いたと思ってて書いてなかったけど、窪田くんってなんで口三角になるのかなぁ(笑)

よくこういう顔「 ( ゚△゚) 」してるよね(笑)

[] だんだん18週目

昼ドラじゃないけど朝ドラは昼ドラカテにしました。

それはともかく、やっぱりめぐみの身の振り方は納得出来ません。

のぞみが舞子をやめたことも石橋が自腹で祇園に通って借金こさえたことも自己責任の範囲ではあるけど、そもそも歌手の夢ってめぐみが言い出しっぺみたいなとこあるのに、そのめぐみが何のリスクも背負ってないなんてドラマとして納得出来ない。今さら解散したことの重大さを自覚しろとは言わないけどさー。めぐみ、無自覚にワガママで恵まれすぎ。

介護福祉士の資格は潰しが利くんだから‥‥というのもあれだけど、やっぱり最後は二人で「いのちの歌」を歌わないと納得出来ませんよ?マネージャーは康太でいいよ。石橋は安心して医者になって下さい。(というかその方が絶対いいって)

あ、お母さんの再婚話が気に入らないのぞみはちょっと子供過ぎると思うけど、忠の許可はいらないと思うぞ、澤田さんも。経営がアヤシイ会社じゃないんだよねー?(ベタにそんなネタもってきたらちょっと怒るかも)

あと石田ひかりの舞が下手すぎて毎回興ざめですよ。

[] グイン・サーガアニメ

http://www.guinsaga.net/

原作は110巻辺りで止まってたんでアニメ化のことはまったく知りませんでしたが、どうも放送枠が決まったのはつい最近らしいです。ええ〜っアニメ化するんだ〜って感じ。

NHK BS2で4月5日毎週日曜23時29分ってのもまた中途半端な時間ですね。というかNHKかよ!

キャラクターはこんなもんかというか、これでいのかどうかもよく判りません(苦笑)まあ動いてみないことにはねえ。というか作画が悪いと悲惨なことになりそうな絵柄なので、がんばって欲しいところです。皇なつきってわりと歴史耽美絵柄だと思ってたけど、全然判らんかったよ?w 良いのか悪いのか。

それよりも脚本が米村さん‥‥(笑)いや笑いって、笑うとこじゃないよな。合ってるんだかどうなんだか‥‥ああ、でも「ガラスの艦隊」だもんな、大丈夫か(笑)まあどうせやるとしても辺境編だけだよなあ。というかあの皆殺しの謀殺、NHKでやるんだーw ドキドキしながら放映開始を待つよ。

 

というか「忘念のザムド」がどっかCSでやってないものかと思って探してて見つけたんですが、ザムドはまだPSの配信だけかー。ちぇ。

あと春のアニメは「バスカッシュ!」を楽しみにしてますよ。PVがスゴかったの。

*1:「HIROMODE」インタビュー。

*2:とにかくもこみちをドラマデビューからずっと見てるから、同じ路線のヒロたんの先行きがとても心配。

2009-02-05

そういややっと仮面ライダーGを見返したので感想追加しましたっす。

[] キイナ-不可能犯罪捜査官-#3

http://www.ntv.co.jp/kiina/

イイ話でした〜って、オレ騙されてるわけじゃないよね?これが月9のヴォイスなら絶対騙されてること間違いなしですが。微妙に話としてそれいいのかなあって思うとことはあったような気がするけど、騙されてるんでなければいいや。ドラマだし。

死んだはずの旦那の圭ちゃんは実は死んでなかった‥‥にしても、よくもまあ日雇いの人と遺体を混同したものだなあ。遺品はともかくとしても血液型や体形合致、歯の治療履歴もなかったってたまたま過ぎる(苦笑)圭ちゃん虫歯なかったんか。年齢とか骨から判んないのかよ。警察は何してたのよ?w

死んだ人間が生き返った(死んでなかった)にはそもそも二通りあって、肉体的に死んだか否か社会的に死んだか否かってことで、一見して幽霊話かトンデモかってところが、実は身代わりだった。しかもその理由は愛ゆえに‥‥という、まあ微妙にゆる〜く見ますが、そういう話ってことで。死んだ人間は実は死んでいなかったのだ。

大体、圭ちゃんを殺しに来た河野(松尾くんですよ、無駄にイケメンですよw)の使い込みとかって、今調べて判ることなら3ヶ月前だって判らなくはないだろう、それを事故で済ませた警察の怠慢じゃねー?(苦笑)捜査上の思い込みって怖いねえ。気をつけないとね。(そういう問題かよ)

でもこれ結局、河野は日雇いの人を殺した罪で逮捕。どうせ圭ちゃんを殺そうとしてたんだから罪としては同じだけど、圭ちゃんは放火か。放火も結構重いよな?でも本来ならやる必要のなかった放火だし、何とか情状酌量して欲しいものですが。愛ゆえに。保険金は支払われないんだけどな。

キイナの特殊能力は今回は監視ビデオチェックで発揮。だったら最初からキイナがやればいいのに(笑)これは記憶力というよりはそれプラス違和感による間違い探し的な能力かなー。

尊くんもちょっとは成長の兆しがあるし、雅係長の過去も気になるなあ。雅係長ネタはやってくれんもんかな。別班があるせいでここの捜査一課はちょっと変な気がする。何だかんだ言いながらみんなキイナの能力は認めてるってのは安心して見られていいですね。

[] ケータイ捜査官7#39「逃げられない恋」

http://ani.tv/k-tai7/http://www.tv-tokyo.co.jp/k-tai7/

笑ったー(笑)監督は初めて見る名前だと思ったけど、調べてみたら脚本の福嶋さんの話は今までそんなに面白いと思わなかったんでやっぱりこれも監督の問題かなぁ。(脚本>瞳子の「逃げる恋」と盲目少女の話←こっちはまあイイ話でしたが)

ゼロワンも偽ゼロワンも出たんで文句ないデス(笑)

それにしても、窪田くんが以外とイイ体してるのにビックリ。最近の若い子はホント鍛えてるねー。イヤでもこの子、胸もちゃんとあるし筋肉のつき方も程よいですが、体形自体逆三っぽくてかなり見栄えしますよ?もっと脱げばいいのに。というかTBSの「レスキュー」やるべきだったよw

それはさておいてもカズの寒いギャグはともかく、ストーカーはマジで迷惑じゃん?どうするのかと思ってたらそのあとの展開はおかしかったー!ちゃんとしたギャグ話だったよ。(ちゃんとしてないギャグってなんだよ)

あのワサビ握りのくだりで笑ってしまって(なんだあの演出w)、おだてに乗る桐原‥‥と思いきや自己防衛本能で瞳子を押し付けて逃げるとか(桐原は真面目にやればやるほどギャグに〜路線か?)、ゼロワンの瞳子限定着信拒否とか(どこで見てたんだーw)、揚げ句マジックでいい加減に塗りたくられて黒くされた偽ゼロワンなセブン!ルルル〜の鼻歌、微妙に音程違う〜(笑)ニセモノ!ニセモノ!(爆笑)

ゼロワン、着信拒否したくせに様子だけ見に来て、しかも結局成り行きに呆れて公園の子供の像に腰掛けて尻撫でるとか、カワイ過ぎですよ!いやー雑塗りセブンといい、ケータイどもだけでかなり満足でしたが、まあ瞳子さんも満更でもなさそうだからいいんじゃないかなぁ。瞳子さんは追いかけるから逃げられるんであって、ああいうタイプの方が幸せかもよ?メデタシメデタシ。

 

今更ですがキャプ画像付きの感想ブログ見つけました。こういうのって大変そう‥‥だけどありがたいこってす。こないだのケイタの初夢の回の詳細比較とか、頭が下がります。ポチッとな>拍手

2009-02-04

昨日のテレ朝50周年ロンドンハーツ狩野英孝ドッキリ、オカシ過ぎる〜〜!!3時間丸々見ちゃったよ。爆笑!

[] 神の雫#4

http://www.ntv.co.jp/shizuku/

雫と一青の勝負でありながら、勝ち負けだけでワインを判断してはいけない‥‥ってまた難しいことを。確かにテイスティングもしないで「コレ」っていわれても、ワインに失礼だよな。ワインは天地人なんでしょ?ラベルだけ見て判断、その才能(運)と努力を真に認めてないってことだからねえ。

しかし引き分けというか再試合はありなのね。

モナリザ」というキーワードダ・ヴィンチに成りきる一青がまたあまりにもオカシ過ぎるんですけど!(笑)というかあれ、判りにくいけど要するに一青って自分の飲んだワインの記憶だけで脳内検索してるってことだよね?そのために成りきる必要があるってことなんだよね?爆笑、なんだけどある意味イッちゃっててスゲーよ!(笑)そのプロセス含めて!

それと比べたら今回の雫のワイン探しはイマイチ説得力に欠けるというか、一青と張り合うだけの凄みがなかったのが残念。つか、このドラマって「そういう問題」なんだよね、たぶんw

その分今回はワインのウンチクが多くてそれはそれで判りやすくてためになったからOK。相変わらず仲里依紗はバカかわいいし!so cute!

話の主眼は、雫と一青が腹違いの兄弟かもってこと?まあ確かにそれくらいでないと、20億相当の遺産だから、納得出来んわな。それが何が悲しい「非情なこと」なのか、ロベール。

先週くらい鮮やかな話が見たいなぁ‥‥と一度それを見せられると期待せずにはいられないです。ドラマとしてはよく出来てるよな。

[][] メイちゃんの執事#4

http://wwwz.fujitv.co.jp/mei-chan/index.html

あーアタイもうこのドラマ堪えられない〜〜〜!!!!

何もかも!!!!!

Q.E.D.が十分楽しめてるんだから、ティーン向けのドラマがってことじゃないよ、このクソみたいな志しか持たないドラマの内容に堪えられないんだよ!

このドラマって何が見せたいドラマなの〜?お嬢様に対する執事の献身じゃないの?なのに恋愛でもない、献身でもない、そんなアヤフヤなというかむしろ執事をお嬢様の所有物にしか見せられないようなドラマ、子供に見せていいと思ってんのか?もー世も末。でも設定自体じゃなく脚本レベルで間違ってると思う。この脚本家が糞です。演出も気がつけよって、気がついてもこのレベルじゃ直しようがないか。演出段階でどうにかなる話じゃないよなあ。助けて!

しかも他の執事ってまったく活躍してないんですけど?いる意味あるの?視聴率が高いのって、みんな期待値?いつか後ろの方でモブになってる執事とお嬢様たちの単独ドラマがあるかもっていう。そんなものない気がするよ?そもそもやる気がないもん。

とにかく今回の内容、前半の宝探し。丸々宝探し話かと思ったら前半だけだったけど、その20数分ですら退屈。そしてメイは一体いつの間に泉様&木場とそんなに仲良くなってたの?なんかすっ飛ばした?先週見てなかったのかな、オレ?(たぶん見てなかった)メイが当たり前のように泉様よりも木場のことよく知ってるけど。どうでもいいけど移動にヘリを使うような学園の敷地(東京都の3分の一ですよ)で、GPS片手に歩きで宝探しって‥‥遭難すんじゃね?一人で探すことの意味も判らない。執事使えよ。(つか木場が隠すって、ゲームのルールとしてねーだろよ)

そしてメイと泉様は友達じゃないよね?友達じゃないのに(しかも泉様はメイと友達になりたいとも思ってないよね?)下の名前呼んだら仲良しなの?オレ判んねえ。

理人もよそんちのこと、首突っ込むなよ。というかあの学園、月謝1億払う価値あるの?何もしてくれないじゃん。しかも夕食はいつも個人持ちって、なんのための寮?

それ以上にオレが堪えられないのは、理人ってカッコよくないよねえ。ドラマの役割としては理人ってカッコいいはずなのに、現状、ヒロたんのやってる理人って、2話のデュエロシーン以外、まったくカッコよく見えない。カッコよく見えないってのはスーパー執事に見えないってことだけど。

主役なんだからもうちょっと何とか、自分で提案出来るんじゃないのかなあ、柴田理人っていうスーパーランクの執事としての見せ方を。今のは完全に間違ってると思う。もっとトータルでドラマ内のポジションと役割、キャラを考えてよ、ヒロたん。このドラマに於いて理人ってどんな人なのか、ヒロたんの演技ではまったく判りません。もう4話なのに。

つかこのドラマの制作側がそういうキャラ立てを何も考えてないで役者に丸投げだってのはよくわかった。イケパラがそれでも堀北以外まともに見えたのって、完全にオグリンと斗真の役者力のお陰とその他学生たちの目立たんがための頑張りゆえってことがよーくわかった。

だってさ、今メインで前に出てる役どころで、キャラとして成り立ってるのって剣人と泉&木場と多美&神田だけなんだもん。忍とルチアは4話目にしてもキャラ自体がよく判んないから成り立ってるのかどうかも判らないし、リカと不二子とそれぞれの執事は今回まったく出番ないからこのドラマ内でのポジションもアヤフヤ。剣人ってリカ様の第2執事じゃないのかよw 単独行動してるその展開がオカシイだろ。リカがメイのために気を利かしてやってんならともかくさー。それならリカ様のキャラも立つだろうに。

あーホント、無駄にキャストを無駄遣いしてんなぁ!いても使ってもらえてない状態は人のやる気をそぐよ?それがドラマ自体の熱を下げてるって、それくらいのことも判んないのかよ。これじゃまだイケパラの方が マ シ で す

あ、キャラとか役どころとか考える以前に、芝居がヘタクソな榮倉は問題外。本当にここまで下手だとは思わなかった。あの演技をマトモに見せてる演出はそれはそれですごいなぁ。それでも追っついてないけど。ぼーっと立ってんじゃないよー。でもヒロたんもこのドラマでの立ち姿って、あんまキレイじゃないよなあ。なんで真っ直ぐスラッと立てないんだろう?アップやバストショット以外ではSランク執事には見えない。立つ時は背筋を伸ばして脇を締めろ。(ヒロたんの立ち姿っていつも腕が広がってるよね?)

ところで学園の規則としてお嬢と執事の恋愛禁止っての、外に出ればOKってことじゃん。結局そういうことかよ。だってルチア様にしたってお気に入りの執事なしで一人の人間として成り立たないって、どんなだ。レディというか人間としていいのかそれで。そもそもそんなの心の問題にされても‥‥(苦笑)だったら忍が埋めればいいんじゃないか、なんで忍が理人を当てがってやらなきゃいけないんだよ。失礼な女だなー。そのうち忍に寝首かかれればいいよ。

 

なんかこのドラマの人間関係って、根本的なところで心無いよ。執事を「物」扱いしてて、番組レベルの心積もりとして本当の意味で気持ちなんか描くつもりないんだよな。

男(執事)はみんな女にとって都合のいい「何か」でしかなくて、それをいかにも「世の女性の夢」のように描かれるって、なんか考え方としてとても胸クソ悪いです。

ヒロたんがカッコよかった〜v‥‥って程度の感想も持てなくて、文句しか出てこないのも辛いからホント見るの考えようかなあ‥‥でもヒロたんが出てる以上は‥‥(;´Д`) ああ悩ましい。

 

ところで今視聴率見てきたら、先週までよりいきなり2ポイントちょっと下がってるんだけど(14%後半から12%に)先週のあのいかにもこれから対決ですって引きで落ちてるってことは、この先もっと落ちるってことじゃないかなあ。まあこのドラマの視聴率がいいことにオレは相当ムカつくんで10%割りの一桁くらいでいいと思うんだけど。それで心を入れ替えて最後ちょっと面白くなって持ち直してくれれば‥‥いいんだけどなぁ!いろんな意味で無理かなあ!(投げやり)

[] 男おばさん 燃えろ!デジタル部:吉高由里子

もー激カワイイんですけど〜〜!!

あーバカバカ、どうして出ると判ってて録画しなかったんだ、オレ!バカ!悔やむ!

「腹黒いぞぉ〜〜!」ってカワイ過ぎ!「銀歯見えた〜?」って、ワケわかんないテンション、ヤバカワ!

カワイイ、超カワイイ!

そういや見てるけど感想は書いてないですが、先週のラブシャのEDの吉高がカワイ過ぎました!本編よりもEDのメイキング!ジェットコースターではしゃぎ過ぎ!

吉高、カワイイイイなぁぁぁぁああ〜〜(≧▽≦)

2009-02-03

えーっ、椿ってばまたフリーなのー!?一体どうしたいのさ、何があったのさ???(もう公式から名前無くなってるし)

[] Q.E.D.〜証明終了#3「学園祭狂騒曲」(アンコール)

http://www.nhk.or.jp/drama8/qed/

「インターバル刑事ササヅカ!」って何? ( ゚_゚) ?

それはともかく、1〜2話に比べると何だかチープだったけど面白かった!チープなところ含めて何だかNHK的というか、おかしかったよ。というか正しい子供向けドラマだなあ。

推理物だからっていって必ずしも殺人事件が起らなきゃいけないってワケじゃないよね。4話は燈馬くんの過去絡みの話にしても。(それともこれはファーストガンダムで言うところの「ククルスドアンの島」かエヴァで言うところの「人の造りしもの」か?w)

オレは推理頭じゃないしあんまりこの手の物を論理的に考えられるほど頭良くないから可奈の説明を聞いててもよく判りませんでしたが、燈馬くんは判ったようです。論理的に考えて動機と時系列で嘘を見抜き、ありえそうな状況を元に並べたところ真相はこうだった‥‥というまあ、いかにも推理ありきな話ではあったけど、それを補ってあまりある生徒たちのイロモノっぷり(笑)

川原一馬くんはバッテリーの瑞垣ですが、渋谷謙人くん、名前に見覚えが‥‥(相変わらず顔は覚えられませんw)と思ったらそういや響鬼で鬼をリタイヤした努くん。それにしても鈴之助のシルキー、爆笑(笑)

結局前夜祭だけで終ってるんだけど、まあいろいろあったってことで。上方落語(さすがちりとて脚本家?)にも精通してる燈馬くんはスゴイなぁ!

なんか些細な事件だっただけに、真相が判った時の燈馬くんの微妙にほほ笑ましいものを見る感じ、なんかこういうどうでもいいくだらないことが普通の学生生活なんだなぁ‥‥ってのが、幸太郎パパと笹塚刑事の「いろいろ」のやりとりと相まって、何となくほのぼのした気分。

 

しかしさ、停電なのになんで落研のコンポは動いてたんだろう‥‥と思ってたんですが、アンコール3話が終ったあとのインターバル刑事ササヅカ!で「ドラマですから〜」って!ギャッフン!これ、本放送時になかったんでしょー?おいおい だ ぜ 。それに鎌田先生、出てないじゃん!冒頭で笹塚刑事にどうして自分の出演番組を見てないのかって問い詰められてたのに!(笑)あ、学祭限定バンドのナルシスツは本番までに3回しか練習出来てなかったらしいです。つかぶっちゃけすぎです、インターバル刑事(笑)全部録っとけばよかったー。

それに4話で燈馬くんが楽しかった学園祭の思い出を語ってるところ、てっきり使い回しかと思ってたのに、そんな学園祭本番のシーンなんかなかったよ !? わざわざ撮ったのか、そのために‥‥( ゚Д゚)

なんかちゃんとしてるのかいい加減なのかよく判んないけど、思ったよりやっぱり面白いですこのドラマ。チープなんだけどねw

[] タントの男

コメントで教えて頂いたんでさっそく紹介です!だってこのCM、すごくカッコいいですよ!

アルゼンチンタンゴでバンドネオンを演奏する男、ヒロたん!タンゴのメロディといい微妙な色味の街といい、セクシー5割り増し!ヒロたん、いつもこうならいいのに!ワイルドでセクシーカッコいい〜くらくら〜⊂⌒~⊃。Д。)⊃ バタッ

いやまあラテン系というにはちょっと線細すぎですが、ラテンとヒロたん、ヒロたんの好きなガエル・ガルシア・ベルナルもラテン系だし、ラテン系はいいと思いますよ!ダイハツさんありがとう!タントカスタム、売れればいいね!

CMコメント見るとシリーズ化するみたいだから次のも楽しみです。

どこかで確保したいよ、いつやってるかなあ。何でもない時はよく見るのになあ、タントのCM。カクカクシカジカとか、最近ダイハツのCMいいよね。

追記。

確かに「トライアングル」内でやってました!来週もやるかなあ、今日のはLPモードだったからせめて標準で録りたい!というかこれ、30秒バージョンはないんですかー?もっとヒロたんを‥‥!

[] RESCUE〜特別高度救助隊#2

http://www.tbs.co.jp/rescue2009/

某さんにコピってもらったんですが(ちなみに銭ゲバも録りそびれてコピってもらた)、もー笑った!ゲラゲラ!これ大映ドラマだよね?

もうとにかくオレに言えることは「さっさと古賀を切れ」くらいです。ワケが判らないよ!古賀を残しとく意味がさー!ヒー苦しー!これツッコミながら見るドラマでしょ!なんで古賀をかばわなきゃいけないんですかー?(笑)なんで古賀の代わりに大地が不動と対決?なんで不動は勝手にハンデ?謎過ぎー(笑)

要救助者がことごとく身内だったり、判りやすいといえば判りやすいけど、どうなのそれは。だって要と石黒賢がこの段階で死ぬわけないじゃん。緊張感もクソもないですよ。

で、予告でいかにも古賀が死んだように思わせといて、亡くなるのはたぶん教官だよね?

あとはもう役立たずの救急の前園をどうにかしてくれ。つか市川由衣、何がどうってことはないけど魅力ないなぁ。どちらかというとだから西原亜希をさー。

んで今回はお風呂シーンもなかったよ?早く照英を脱がして下さい!

いや思ったけど、訓練だけを延々と見せられても困るというか、これって何を見せたいドラマなのかなー?もっと大きな大筋はないの?候補生レスキューになるのを見せるドラマってのは判るんだけど、このドラマで半人前とみなされてるレスキュー候補生たちって、本当に半人前なんじゃなくて実際の消防士としては一人前の人たちなんだからさ、「スチュワーデス物語」だとすれば根本的に考え方が間違ってると思うんだよな(笑)

一応消防士物の名作「バックドラフト」には兄弟の確執とミステリー展開という味付けがありますよ?

TBSのこのドラマの明日はどっちだ?一応見るけどさ(笑)

あー、もっくんはカッコいいでしたよ!もっくんはホントカッコいいなぁ〜

2009-02-02

それにしてもオレが言うのもなんですが、ライダーやってる人は今年からコミケの申し込み、大変じゃね?

夏の申し込み(2月前半)はともかく冬の申し込みって8月後半だから、まだ新ライダーの内容もタイトルも判ってなくね?それともギリギリ?秋に始まってオモシレーと思ってコミケに行っても本が探せないよねえ。いっそのこと「新ライダー」って申し込みジャンル作ればいいのに(笑)

[] ヴォイス〜命なき者の声〜#4

http://www.fujitv.co.jp/voice/index.html

亮介の死んだ友達はこないだオークションで500万だった時計を船上パーティで無くした人じゃないよね?(それは銭ゲバ

田中圭もだけど細田よしひこもあんだけの出番かー。贅沢だなあ。

大己の推理は推理として、死に至ることが判ってるアナフィラキシーショックを、友情やプライドで秤にかけて自殺の道具に使ってしまうこのドラマに果てしなく憤りを感じるんですけど。

亮介が親友の死にあまりに淡々としてるのもちょっとよく判んないんだけどさ。なんでそんなに終った話みたいに達観してんの?原因不明で死んだばっかりなのよ?しかも大麻疑惑かけられてんのよ?

これ、亮介が富士夫の潔白を信じて率先して死因の謎を解明して行く方がスッキリしたんだけどなぁ。いや、無理やりでもなんでも大麻をやらされたのは事実なんだけど、なんでこんな話?死んだ理由が判って大己と亮介のいい話風に締められても困るというかさー‥‥

しかも最後のオチのアレ、なんでいい話みたいにみんな微笑んで見守ってんの?オレが亮介なら号泣するけど。他のゼミ生でも泣くけど。富士男、可哀想すぎる‥‥!!!

いやもうキャストの責任じゃなく、(斗真がもったいないよ!)作り手側の見識の問題なんだけどさー。何とかして。

[] 炎神戦隊ゴーオンジャー#49「最終ケッセン」

http://www.toei.co.jp/tv/goonger/http://www.tv-asahi.co.jp/go-on/

『仲間を踏みにじるお前に、そんな世界は作れないでおじゃる!』『作れないゾヨ!』


今回冒頭の走輔たちを見ててやっぱり先週のは間違いだと思いました、ヨ?

「今この世界を守れるのは自分たちだけ」と、消えた仲間のことはひとまず置いといてガイアークと戦う決意を固めるってのが走輔たちらしいと思うよ、ボンボン!

それにしてもまさかキタネイダスとケガレシアまで‥‥!もーヨゴシマクリシュタイン閣下、ヒドスギル!この政権は一体どういう政権なの?傀儡傀儡政権って?(ついでに定額給付弾ってどうなのよ?バラ撒き?w)

キタ&ケガにヨゴ様加えた3大臣の目的は当初からヒューマンワールドを汚しまくって、ガイアークのみんなが住みやすい世界に変えてしまうこと。つまりそこに住み着くってのが前程の侵略行為だったワケですね。まあこれは人間からしたら明らかに自分たちの世界を破壊されてるからガイアークは敵で、だからゴーオンジャーは人間世界を守るために戦ってるわけですね。

ところでガイアークの3人の美意識の概念や価値観ってどうかというと、ベクトルが違うだけで人間たちとそんなに違ってるわけではない‥‥ってのはこれまでの描写で何度も描かれてる通りで、意外と仲間思いでそんなに小狡いことも卑怯なこともせず、ケガちゃんの見た目は人間的な美意識で言っても美しいし、ヨゴ様とヒラメキの上下関係や絆って美談だよね。あの3人だって仲良いし、ウガッツたちの待遇もまあ良いみたいだし。

ってことでガイアークの人たちにおいても、仲間を楯にして踏みにじる独裁政権は悪いことって認識みたいですが、ヨゴシマクリタイン閣下はガイアークのスタンダードなんでしょうか、異端なんでしょうか。独裁政権にしたって部下は必要なハズなのにその部下から恐れられ、あまつさえ一人でも成り立つってのは意味が判りません。それ政治じゃないし。今まで3つのワールドを破壊してきたって言うけど、ひょっとしてそれってガイアークにとっての住みやすい世界を作ってきたってことじゃなくて文字通り「破壊しただけ」ってこと?閣下は正義解散のエネルギー源は破壊したワールドのゴミエネルギーって言ってたけど、そういうことなの?ワールド自体無くなったってこと?こんな総裏大臣でいいの?いいわきゃないよね。この人こそが「悪」だよね?

結局楯にされたキタ&ケガちゃんが反旗を翻しお亡くなりになってしまったわけですが、この人たちは戻ってこないのかなあ‥‥それこそ総裏大臣の最終兵器「デウス・ハグル・マギア」で("歯車"は"ギア"ですねw)デウス・エクス・マキナよろしく大どんでん返し、みんな甦ってバンバンザイ‥‥ってことにならんかな?そのためのハグル・マギアじゃないかなぁ(笑)だってこの期に及んであれって、そういうこと‥‥だよな?(期待)

それにしてもボンパーのガイアーク探知能力で今までガイアークの本拠地を探知しようと思わなかったのーっていう疑問を一瞬で解消されたよw バンドーマが大量出撃することがわかってなきゃ使えない程度の能力だったのね(^_^;)

あと今まで彼らが戦ってた理由ってそんなに触れられてなかったけど、まさか死んだつもりで正義の味方として戦っていた、だとは思っても見なかったよ。確かに言われて見ればあの回想シーンの描写って、ウルトラマン的な‥‥

そういう意味じゃ彼らも「彼岸のヒーロー」だったってことか。意外と奥深くてビックリ。最後まで盛り込むなあ。

とうとう来週で最終回。ああ終っちゃう〜(;´Д`)

最後の最後でそんなに大上段に世界を守るためとかやんないで、何となくバランスとしてはちょうどイイ感じの最終決戦な気が。そのわりに内輪で戦ってるだけって感じがしないのも、今まで何度となく彼らが世間では正義戦隊として認知されてるって描写はあったからだし。

やっぱり基本、地球環境を考えつつもエコは身近なところから‥‥ってことなんでしょうか。


予告。

ああ良かった、みんな戻ってきたよ!素面で決めポーズかぁー。このままハグル・マギアで3大臣も復活を‥‥

そういや「ギンジロー」号の名前の由来って語られてなかったというか今更w しかも実家の愛犬‥‥(笑)

[] 機動戦士ガンダム00 2nd#17「散りゆく光の中で」

http://www.gundam00.net/

あああ〜大佐が〜〜(;´Д`) 退場早くね?しかも親殺しかよー‥‥

というかセルゲイ息子、父を殺したいほど憎いってほど恨んでたのか?そんな風には見えなかったけど。ルイスには恨みは良くないって言ってたじゃん。あの場のやり取りって、反乱軍に加担してたって誤解したからってわけでもなかったように思うし、そもそも母親の悲劇は大佐が軍規に従ってのこと‥‥って理解してるんならどうして軍にいたの?お父さんを恨むのは筋違いだよなあ?ちょっとキャラクター的に判りませんよ。

セルゲイ大佐、この後の悲劇の幕開けのためとかいって無理やり退場させられた感じ。納得出来ん。「親殺し」の重さのわりに展開的にもあまり意味があるとも思えんし‥‥(ガンダムで親殺しといえば キシリア閣下だけど、あれは最後にシャアに無駄に大義名分を与えるための布石だったから上手いなぁと思ったんですが 戦局を握るために父親を謀殺したギレンですね)※訂正しました。デギン公をやったのはギレンで、そのギレンを父殺しの罪と言う大義名分で撃って指揮権を奪ったのがキシリアでした。なんか抜けてると思った>そういう問題ではないw

それにしても元超兵さんもなし崩しにMSに乗ってしまい親殺しの現場を目撃、セルゲイ息子との関係ってどうなるのか。

沙慈もとうとうなし崩し的に参戦。良いのか悪いのかって気はするけど、普通の状況下では沙慈の言うことは正しいけど、戦争中でそのまっただ中に巻き込まれている状況で不戦を言っても仕方ないことなのかなあ。ホントはもうちょっと自分で考えて欲しかったんですが。

まあ結局余程の覚悟と能力がないと「戦わない・殺さない」を貫くってのは無理な話か。それでOKなのはヴァッシュ・ザ・スタンピートくらい‥‥と何気にヒューマノイドタイフーンの名前が出てきたんですが、よく考えたら00もトライガン黒田洋介かw

あとイノベイターが人類の革新のために存在するってのは確かみたいだけど、どうもリボンズ個人が暴走中ってことかな。監視者といいながら支配者になろうとして自滅したアレハンドロ・コーナーと同じく、イノベイターでも「欲」から無縁じゃないのね。またこの辺に裏切りの胞子が隠れてるような気がするよ?人類の真の革新はどこに?

そんな間違ってる人たちとは別に、軌道エレベーター崩壊の被害を食い止めようと、ある意味一つになる世界ってのはちょっと感動した。あの画面もカッコよかった。今回はVFXを上手いこと多用してるなあ。見てるだけで気分的にハイテンションになるとこだったけど、これがメインじゃなくていろいろゴチャゴチャ別の話が入っててこれだけで盛り上がれなかったのは大変に残念。親殺しは次回に回して、一つになる世界とその裏で別の構想を持って暗躍するリボンズを見せる話で良かったのに。というかこうなったらアロウズの非道っぷりを是非とも白日の下にさらして欲しいんですけど。

スメラギさんは大したことやらなかったけど、マネキン大佐はやっぱカッコいいなぁ!姐さんと呼びたい。これが本来世界のあるべき姿なら、ここに参戦してないミスター・ブシドー傭兵野郎と中華っ娘は私事で動いてる人たちとみなしていいのかな?どうでもいいけど世界より愛だと言いきるブシドーのメットにはどうせなら「愛」って飾りでも付ければいいのに。今的に大いにアリかと(笑)

そういやそこにいたのにマネキン大佐の指示に一瞬異を唱え、崩落阻止の共同戦線に興味なかったルイスは人としてちょっとマズイんじゃないか?ますますカテジナさん的な‥‥沙慈がかわいそう。

2009-02-01

やっぱり「753」タオルは買えなかった‥‥というか名護さんグッズ完売(笑)

[][] 仮面ライダーキバ ファイナルステージ&トークショー:2日目

f:id:korohiti:20090131221341p:image

中野サンプラザ・17:30〜の回

 瀬戸康史(仮面ライダーキバ/紅 渡 役)

 武田航平(紅 音也 役)

 加藤慶祐仮面ライダーイクサ/名護 啓介 役)

 柳沢なな麻生 恵 役)

 高橋優(麻生 ゆり 役)

 熊井幸平(襟立 健吾 役)

 小池里奈(野村 静香 役)

 杉田智和キバットの声)

 

今回のライダーショーは、脚本誰か知らないけど(知ってる人がいたら教えて下さい)、結構ちゃんとした話なんだよね。ファンガイアが襲ってきて〜ってだけじゃなくて、一応渡と太牙の兄弟が反目して和解する話になってんだよ。まあ渡くんの言うこともちょっとなーとは思うけどさ。えーと、名護さんが洗脳されて渡と太牙を襲ってきたんだけど渡が攻撃出来なくてそのせいで二人とも捕まっちゃったのね。それを太牙が渡は甘い、判断が間違ってたって責めるんだけど、渡はその太牙を冷血非道って言うんだよ。(実兄にそれ酷くないかい?)

タッちゃんのお陰で一度は逃げるんだけど、追っ手に襲われ、太牙くんは狙われてるのは自分だからって言って渡一人を逃がして自分が犠牲になるのね。渡は太牙が死んだと思ってキバるんだけど実は太牙は渡の力を引き出すために死んだふりをしてただけで、生きててメデタシメデタシ。渡も謝るが太牙くんも謝るぞ。いいやつだなあ!そういう筋書きなんだけど、これ映画とか普通に映像作品で見たかったくらいだよ。これ見るとやっぱりキバの作品世界自体は面白かったんじゃないかって気がするよ?

ってことで一応小ネタ拾い。

  • キバットが買ったモディリアニの絵がニセモノだと聞かされて言った「嘘だ‥‥嘘だそんなこと‥‥(ファンガイア襲撃)」って、あのセリフだよね?オンドゥル的には「ウソダドンドコドーン」の(笑)
  • 迷いの森でウルフェン族の俺に任せろっていって迷ったのは次狼。役立たずの子犬ちゃん。
  • ネオビショップに洗脳された名護イクサ、勝手に新しいキング直属の守護神(ウロ)になってるし!しかも名護さんに楯突くのは1万年早いらしいし!(ファンガイアのみなさんに)
  • 思わずイクササイズをやってしまったネオルークはイメージが崩れることを心配。ネオビショップは体力的についていけないらしい。逃げようとする二人に「待ちなさーい、待ちなさい、一緒に特訓やりなさーい」が今回バージョンw
  • 名護さんが正気を取り戻したのは恵イクサのパンチじゃなくて、愛の言葉w
  • つか、恵のことを覚えてないって言った名護さんに有無を言わせずパンチを食らわすめぐみんw
  • 名護さんとめぐみんは世界最強の夫婦らしい。
  • 音也イクサと次狼の宇宙最強の友情パワー‥‥はいいけど子犬ちゃんはどこにいるのかと思ってたら、そういやガルルソードだった‥‥ことにあとで気がついたオレ。
  • 次狼は「子犬」って呼び捨ては気に入らないので「ちゃん」をつけろとツッコミ。子犬ちゃんでいいのか‥‥(^_^;)

そんなとこで。

 

トークショーは、昨日ほどフリーダムじゃなかったけど、やっぱりこの人たちは仲良さそうだった。

今日は昨日より平均年齢若いせいか、今日の中心は武田くん。仕切ってるわけじゃないのに、このメンツを何となくまとめてるのは武田くんみたいね。

最初の挨拶で瀬戸・武田が前にちょっとでて挨拶したら急に山匠の話になって、「匠馬だと一番前に出るよね」だの「客いじり倒すからね」だのいってマネをして、「あんなにカッコいのに"おいっす!"とか言っちゃうからあいつズルイ」といない山匠の話で盛り上がりw あとなぜか会場の野太い声のファンを武田くんと杉田さんがいじって「お前」呼ばわりして、「俺と杉田さんが"お前"とか言ってるけどただのファンだからね(笑)」とセルフツッコミ。

で、フリートークコーナー(笑)では昨日と違って一応裏話など。

簡単に説明すると最終回のキスシーンは脚本になかったけど、当日いきなり石田監督が「名護と恵はラァヴで行くから」(「ラァヴ」強調w)ってことになった。名護さんはほっぺ、恵はほっぺと口の間辺りって聞いてたから、本番で名護さんはものすごく驚いたそうな。

教会シーンで外に出るところ、名護さんは映ってないけど本番で"だけ"恵のドレスにつまずいてコケたらしい(笑)

武田くんの音也としてのオールアップは渡とのシーンだったのに、その2日後に教会シーンで正夫だったせいで、正夫を思いっきりやり遂げた!って気分でのキバオールアップだったらしい。

その最後のネオファンガイアを見上げるシーンで、渡はただでさえ正夫がおかしかったのに、正夫が「伯父さん?」っていった時の匠馬くんのてリアクションがおかしすぎて、ホントは正面向かなきゃいけないはずの瀬戸くんが横を向いているのはその笑いをこらえるためで、そのあとのセリフもマトモに言えなかったらしい。山匠は相当場を持っていくらしいねー(笑)

あとはシーン再現。40話のマルダムールで恵を慰める名護さんのシーンで、放送では「野獣の勘だ」で切られたけどそのあとめぐみんの「野獣の勘‥‥信じてみようかな」ってセリフが入ってるシーン。ちなみにその場で渡された台本メモにはなかったのに名護さんは最後に「イイとも!」って思いっきり言いました(笑)(いいとも、だったよね?)

もう一つは湖で渡と音也の別れと真夜の「やせ我慢して」を。真夜の役は静香ちゃん。微妙に悩みながら消えるマネをした瀬戸くんに「消えるのって難しいよね」と武田くんのフォローw

そしてせっかくだから歌をってことで渡の歌(曲名わかんね)。瀬戸くんが歌ってたはずなのに途中からなぜか中心にいる武田くん(笑)アンコールと言われ急遽(ホントに予定外だったらしい)もう一曲みんなで歌う歌をペアで歌い始めたり。えーと、同じ歌をもう一回ってことになりかけたのを武田くんが別の歌にしようといい、客席に向かって「アンコールしたんだからみんな立って盛り上げて!」となぜか仕切ってるしw

渡の歌の時にゆり役の優ちゃんが急に泣き出してななちゃんがフォローにいって抱きあってたんだけど、なんかすごく百合っぽかった‥‥とオレですらドキドキしたよw この二人はスゲーカワイかった!

あとは最後の挨拶なんだけど、泣いてたのは健吾の熊井とななちゃん。オレがちょっと意外だったのは、健吾って劇中の扱いいいとは思えなくて健吾キライなオレですら気の毒だなーって思ってたんだけど、熊井くんはキバに参加出来たことがものすごく大きかったというかすごい嬉しかったみたいで、挨拶の時に他のメンバーに順番に握手とハグをしてって途中で泣いちゃって、特に武田くんとの出会いが大きかったみたいなこといってたのが印象的だったなぁ。他の人が挨拶してる間もずっと上見て涙こらえてたし。

あとななちゃんもやっぱりすごくこの仕事は入れ込んでたみたいで、みんなに対してのメッセージとかちょっと泣きそうになりながら話してたんだけど見ててオレももらい泣きしそうになった。それなのに挨拶の最後の締めは杉田さんの方に向いて「銀魂好きです」って!(笑)当然みんなに突っ込まれるわなw

でもこの二人は挨拶でお辞儀する時もすごく丁寧に深々としてたのが印象に残ったなぁ。キバット杉田も今日は真面目に感謝してたし。

あとはわりとケースケも瀬戸くんも感極まってはいるんだけどなんか言ってること自体は淡々としてるし、武田くんも今日の挨拶は普通にソツなくキャストとスタッフへの謝辞って感じだったんで、まあそんなもんかなーって感じかなあ。とにかくななちゃんと熊井くんはちょっと良かった。

最後の幕が下りる時に今日は武田くんが瀬戸くんを引っ張って外に出てて、二人して音也の決めゼリフを会場に向けて言って終りって感じかな。

 

今日のは昨日のより詳しく書いちゃったけど、これで全部じゃないからー。

今回のイベントDVDは5/21に発売決定してるらしいから、調味がある人は見て損はないと思いますよ。

なんか今までの中野のイベントで一番満足感があったかなぁ。やっぱりキャストがみんな喋るからだろうか?バランスよかったのか仲良かったのか、出演者の雰囲気は一番良かった作品かも。

[] 仮面ライダーディケイド#2「クウガの世界」

東映http://www.toei.co.jp/tv/decade/ テレ朝http://www.tv-asahi.co.jp/decade/

巡査・門矢士‥‥どうやらこの世界で俺に与えられた役割らしい』


そういやディケイドに文句言ってる人も多いみたいだけど、それって大人だからだよねえ。本来この枠って5歳前後のお子さんが対象なんだから、1年前くらいならともかく2年前以上昔の作品って覚えてないと思うけど、どうでしょ。だからお気に入りのライダーがやられて悲しいって気持ちなんかないよなぁ。まあオレもそうなんですが。出てくるだけで祭り!素性の知れない新ライダーにやられてようがなんだろうが、そんなの関係ねぇ!精神ですヨ。いやー、ディケイド、楽しすぎる!

いや「笑いのツボ」とか「夏みかん、皮むくぞ」とかしょーもないギャグも好きですよw

 

士だよ士。もう士が好みすぎる!(笑)

記憶はないけどクウガの世界にやって来たら途端に状況に馴染み、おまけに出会ったライダーの解説までしてくれちゃって(なんてユーザーフレンドリーな脚本!w)、グロンギ語を操り、グロンギのゲームの目的まで知ることができるって何者なんだよ。

しかも巡査のくせに偉そうというか、周りがそれに異を唱えないってオカシイだろよ。天道かよ。天道と俺様対決してくれんの?(笑)だからといって俺様ってワケでもなく自分を中心に周囲を巻き込むタイプか?ラーメン屋だったりカレー屋の常連だったりした諏訪太朗刑事、なんで門矢巡査にお茶なんか入れてんだよw 

グロンギのこと「グギグギうるせえな」と悪態ついたり、ユウスケがいるの知ってて「未確認4号のお世話で大変そうだから」とか当てつけ言ったり、八代刑事を勝手に囮に使ったり警察に嘘ついたり、ふてぶてしいと言うか、状況に動じないどころか、なんでそんなに偉そうなんだ〜(笑)しかもお前の敬礼はギャルアイドルのインチキ敬礼みたいだぞ!ふざけてやがんなぁ(笑)

この世界のユウスケはまたずいぶん違うというか、2000の技を持つ冒険野郎ってワケじゃないのね。

直情型の単細胞というか、あねさん刑事のために戦えるのが嬉しくって浮かれてて、誰かのためじゃなく自分のために戦ってる、これってある意味昔のヒーロー像だよね。クウガがそもそもそういう既存のヒーローとちょっと違うところで悩んで答えを出すヒーロー像を作ろうとしたことを考えると、今回の「クウガの世界」は判りやすいヒーロー物の世界ってことかしら。『戦わなきゃ俺は‥‥!』って、戦わないとただのダメ人間、ってことなのかなぁ?それとも自分探し中のニート?あねさんのために戦ってんのかいー?最終的に「自分のため」から「誰かのため」になるのが真のヒーローかなーとも思うけど、こういとこはなんせ「剣」の會川さんだからなあと思っちゃうな。(もちろんあれはPの意向ですが)

そしてユウスケはディケイドのことを知ってる、けど見たことはない‥‥って誰から聞いたのか。「悪魔」ってどういう話で聞いてるんだ?ってことは1話のライダー大戦は別の世界の出来事か未来の出来事なのか、謎がイイ感じに謎を呼んでますよ。

そしてあの光写真館はパラレルワールドでも写真館ってワケじゃなく、もともとのクウガの世界ではついこの間まで喫茶店だったってことで、写真館自体がパラレルトリップしてるってことでいいのかなぁ。というかどう考えても栄次郎じいさんはアヤシイし、別の世界に来ると置いてあった新聞までその世界の物になるって、謎すぎですよ。ワクワク。

そしてディケイドとクウガの戦ってるところにパンチとキックを呼び出す桜井さんモドキ‥‥が鳴滝?この人、意外と栄次郎の息子、つまり夏海のお父さん‥‥ってこたないかな。空間の歪みを操ってるように見えるってどっちの側の人間なんだろね。

そしてパンチとキック、内山&徳山キター!(笑)これ見ると声だけかなー?

 

ところでディケイドのあの卵スライサーみたいな顔、カードが刺さってるんだって初めて理解しました。なるほどね。必殺技の演出とかは555っぽいというか、田崎監督はこういうのの見せ方はやっぱ上手いなぁ。意味不明の演出とかもあったけど(夏海とユウスケが話してるところとかさー)そして姐さんはiPhoneですか(笑)クウガ世界も2009年なんですね。

夏海がディケイドとアルティメットクウガが戦うところを思い出すとこのBGMがボウケンジャーかよと思ったけどそういや中川幸太郎だっけな。なんだか微妙にボウケンシフト?


予告。

人間がグロンギに‥‥って、グロンギのゲームが成功して究極の闇が復活しちゃったの?それってオリジナルで言うとクウガが負けた場合っていうIFの世界だよね。展開上手いなぁ(笑)

仮面ライダーG(東映公式)。やっぱりあれ、ワームだったんだーw