そこがミソ。-ドラマ特撮感想などを思ったままに このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-07-10

[] ゲゲゲの女房 14週目「旅立ちの青い空」

http://www.nhk.or.jp/gegege/

貴司は無事に結婚できてよかったなあ‥‥の週明け。

久々の太一くんですが、こないだからチラチラとTwitterのTL上に「同人誌」という言葉がオタク諸氏のつぶやきにより散見されてたんで、てっきり太一くんが鬼太郎同人誌でも作ったのかと思ってたら(あるわけねえ)、普通に詩や文学でしたか。しかも寺山修司とかずいぶんトンガッてんなあ、よく知らないけど。(当然「ウテナかよ」っていうよ!w *1

というか、村井家に浦木と競馬帰りの政志と太一がやってきたとこの並びがなんかおかしかった(むしろオカシイ?)んだけど、ホントに若い太一くん@ズッキーと、実際は同じ世代の茂@向井りーと浦木@杉浦太陽がいて、多分実年齢通りなのは太一くんと政志だよな。どう見ても太一と同年代にしか見えない茂と浦木が実は政志よりちょい下世代ってのが変だった(笑)見た目と実際のギャップというか、ホントにうっかり太一くんと同じくらいだと思っちゃうよ?w 演技見てる分にはそうでもないんだけど(笑)

それにしても、元からの気質はあるにしても死ぬような目にあったのは同じ、確かに辛さでは政志の方がちょっと厳しかったにしても腕を取られた茂と比べりゃ五体満足で帰ってきただけでも御の字だろうに、「仕方なく」と言っちゃう後ろ向きさはどうしたもんか。というより、そういうふうにネガティブに考えたことがないという茂はすげえなあ。スゴイというよりいろんな意味で幸せな人だ。

 

ゼタはずいぶん無茶だけど、深沢さんは大丈夫だろか。というか深沢さんも満州組か。ただ終戦前に上手いこと帰国できたってことはやっぱり相当切れる人だなあ。そこら辺さすが編集向きというか先を見る目があるというか、面白いもんだな。

まあそういう前フリはありつつ、今週の話はこみち書房移転というか、政志復活話で安心したよ。

というか、直接の原因の不良図書追放運動の良識派の人たちは、営業妨害って言葉知っとるんだろか?そっちの方は結局解決しないままなのはそれはそれでスッキリはしないけど、また出てくんのかなあ。

なんか茂たち貸本漫画家って完全に「裏」だよな。同時期に「表」であるトキワ荘の人たちがまさに雑誌漫画のこの世の春だったと思えば。(読売新聞の藤子Aのコラムはまだ続いてるんで読んでますが、このタイミングでゲゲゲを見てるといろいろ思うとこありですよ)

それはもう作家のカラーといえばそうなんだけど、同じものを目指す人たちが自然と集まってくるものだからそれはそういうもんだろうけどさ。実際手塚先生は水木しげるの漫画に非常な嫉妬をしてたなんて話も聞くけど、他のその下世代のトキワ荘漫画家はそんなどころじゃなかったろうな。だからといって当時の世間で人気、漫画といえばみたいな認識だったトキワ荘漫画家たちの漫画が明るいだけの漫画だってこともないのは、それが日本のトップクラスの漫画家たちだったからで、そもそも水木しげるもそうなんだよね。

だから茂が漫画を描くのが好きってだけでどんな逆境でも漫画を描き続けることができたのは、それが「水木しげる」だからであって、茂が漫画を描くのが好きだって言って説得力があるのは、どんな状況でも優れた漫画を描く事ができる才能があるという一点に尽きるんだよな。戌井さんや春子ちゃんと違うのは単にそれだけの話で、出来上がったもののクオリティが絵も話も飛び抜けてる上にいくらでも描ける多産性があるからだよ。漫画家の才能の第一は一定クオリティ以上のものがたくさん描けるってことなんだから。作品の傾向は問題じゃないんだよなあ。

話がそれたけど、だから電気工として腕の良かった政志が、いくら抑留中とはいえその技能を仲間に妬まれて嫌になったってことは飛んだ筋違いな思い込みで、それをその技能や才能に見合った当然の待遇だと思えるかどうかじゃないかなあ。そこら辺でまあ言ってしまえば政志は普通の人ってことなんだけど、それであんな暮らしされちゃ美智子さんだって気の毒ってもんだよ。

『死んだ者たちは無念だったろうと思います、みんな生きたかったんですから。死んだ人間が一番可哀想です。だけん自分は生きてる人間には同情せんのです。自分も貧乏はしとりますが、好きな漫画を描いて生きてとるんですから、少しも可哀想なことはありません。自分をかわいそがるのはつまらんことですよ』

政志が美智子さんに優しく出来なかったっていうのは政志が自分が一番可哀相だと思ってるからだったわけですが、生きて好きなことができるってだけで良かったって言える、まあ政志のようにダメになってる人間に対してもそれを批判しないのが水木先生の偉いところで、人に対して優しいところだと思う。人それぞれ事情はあるんだもんな。みんなが自分みたいではないってこともよく知ってるからではないかと。

だから漫画を辞めた人や諦めた人たち、誰に対してもスタンスがフラットなのかなあ。あんまこういう人いないよなあ(笑)ある意味達観しすぎw

まあ政志が立ち直って良かったよ。美智子さんに布美枝の作ったお手製金メダルを掛けてあげたとこは、あまりに不意打ちだったけど泣けた。これで立ち直ってちゃんと美智子さんとこがちゃんとやっていけると思えたよ。子供の墓がある深大寺を離れてもいいと思えたんだから。でも街のお母さんとしては黙って引越しはないよなあw 千葉なんて遠いじゃん。

それはともかく、春子ちゃんは気の毒なことになりそうだなあ。時間がないって実家から期限付きで出てきてたんじゃなかったっけ、確か。みんな覚えてあげててよ。

あ、どうせなら太一君は春子ちゃんと付き合えばいいのに。二人で同人誌作ればどうかなあ?ダメかw

*1:っていうか、いまwikiで確認して初めてJ.A.シーザーが外人じゃなかったことを知りました(笑)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/korohiti/20100710/p2