そこがミソ。-ドラマ特撮感想などを思ったままに このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-12-25

[][][] 平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER

http://www.movie-taisen.com

監督:山口恭平 脚本:下山健人

f:id:korohiti:20181228162609j:image

 

平成仮面ライダーが共闘する劇場版「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」の第3弾。

2000年に放送を開始した平成仮面ライダーシリーズの1作目「仮面ライダークウガ」から、18年9月に放送開始し、平成最後のライダーとなる20作目「仮面ライダージオウ」まで、歴代の平成ライダーが結集する。

仮面ライダージオウこと常磐ソウゴと仮面ライダービルドこと桐生戦兎の世界で、それぞれ仲間たちが次々と記憶を失っていく異変が発生していた。そんな2人の前に、すべての歴史を消し去さろうと企むスーパータイムジャッカーのティードが現れる。ティードはアナザー電王とアナザーWという強力な手先を差し向け、シンゴという少年を追っていた。シンゴを守る戦いの中で、ソウゴは仮面ライダー好きの青年アタルに出会うが、一方の戦兎は、ティードに洗脳されて操られてしまい……。(「映画.com」より)

 

とりあえずツイッターの感想転載だけど、正直内容てんこ盛りで記憶が…!言いたいことも突っ込みたいこともありすぎる。

でもすごい、素晴らしすぎて泣けた!東映やっぱり本気だしたらすごい!!(最近毎回言ってる)

平成の最後がこれで良かったよ!平成ライダー最高!フォーエバー!本当に細かいことはいろいろあるんだけど、全体の感想として文句ないです。文句なく面白かった!

ジオウをベースにビルド、電王を絡めて虚構と現実、記憶と時間でまとめてるけど、いつもの力業じゃなくちゃんとお話としてまとまってた。

だから平成20作品目のお祭り作品であることがアイデンティティなジオウに、主人公が虚構の存在であるビルドと、覚えてることが現実、記憶が時間(歴史)を作るというテーマの電王を絡める意味もあるし、話はタイムパラドクスありでかなり複雑だけどわかりやすかった。

そもそものアレ(ネタバレ)がなければこの状況は発生しないのは仕方ないけどw

何より子供ゲスト入れて虚構と現実の区別がつかないという小さな子供目線を、平成ライダー(番組)というフィクションのメタ構造にうまく取り入れてるのがすごい。脚本がよく考えられて練られてたなあ。やはり下山さんはメインライターだとトンチキ展開だけどやれば出きる人だ!

あとはとにかく他のライダーもだけどビルドのビルド感が嬉しすぎる!戦兎と万丈は永遠にベストマッチ!

それとストーリーには関係ないけどTVでディケイド出たあとの流れでアナザーW出すのとかわかってていいw

そして笑ったというかクスッとしたのはグリスの音也ネタと、カズミンの変身の時の「ミータン」だよ。ビルドメンバーが本当にビルドそのままで良かった。(いや本当はもっと言いたいことはあるんだ)

とりあえずジカンギレードなので続きは2回目の感想に続く!

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/korohiti/20181225/p1