そこがミソ。-ドラマ特撮感想などを思ったままに このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-12-02

[] ベッカムのこと。

f:id:korohiti:20141204035347j:image

 

16歳のオババ猫ベッカムが死んじゃってちょうどひと月です。

退院したあとの報告以降、日々の日記的にメモ書きで残しといた程度ですがなんかバタバタしてちゃんとまとめてなかったんで、今更ながらベッカムのことを。

いや死んだ直後も去年のジオの時ほどの喪失感もなく、そんなに寂しいって感じもないので大丈夫。

ジオの時は急だったけど、ベッカムは1ヶ月半くらいかけてもうダメかも…って感じだったんで覚悟は出来てたし。

以下、死にネタ?なので一応たたんどくです。

 

f:id:korohiti:20141202233425j:image

拾ったばかりの時のベッカム。たぶん生後ひと月くらいか。昔はこんなにちっこかった ( *´∀ `* )

ちょうど1998年6月のフランスW杯の日本の初戦の翌日に拾って、薄茶色かったし、その時はオスだと思ってたんで当時活躍はじめたばかりのデビット・ベッカム選手っぽいからという理由で「ベッカム」という名前に。

オレが飼うと決めるまでひと月、そのあいだはただの「猫」呼ばわりしてたんで、正確には名付けたのはひと月後なんだけど。(そして病院に連れて行ってメスだと知る)

 

途中ジオという新入りの若造に脅かされながらも、大した病気とかもせずあっという間に16年半。

実は9月に入院した時初めて今の病院にかかったんだけど、16歳過ぎてるということで区から長生き猫として表彰してもらえるということで申請してくれたそうな。

まあその連絡をもらった時にはもう長くなさそうってことだったんですけどね。(病院事務に罪はない)

ざっくり経過を。

 

ジオの命日が9月22日ってことで、その前の20日の土曜日にお墓参りに行ってました。

しかもその週はソラが下痢気味で、去年以来久しぶりに病院に行ったんだよね。

ベッカムはそれまで元気だったんだけど、翌日の日曜日から急に餌を食べなくなって、心配だったんで23日に病院に連れて行ってそのまま検査入院。

そういやその前からちょっと餌の量が減ってたんで、もしかしたらソラが来たことのストレス説もあり(あと普段から吐く猫だったんで元々胃腸に問題があったのかもしれん)

検査結果は腸付近にリンパ腫瘍があってそれが腫れてるということ。(かなりざっくりした説明)たぶんほぼ癌。なので体に負担がかかる生検はもうやらなかった。

その時は下痢もしてたんでそのまま10日間の入院に。(検査とか諸々込みで15万円!)

詳しく検査結果聞いてどうしようって話になったけど、もう年だし、癌であっても抗癌剤は使わずステロイドのみで様子見ということに。

その時点でこれ以上は良くならないから、あとはどれくらい生きるか…という話に。でもこの時、退院直後くらいは自力で餌が食べられるようになってたし状態は多少良かった。

退院後は自宅で療養。かなり脱水症状が出てたんで毎日の皮下点滴と、腫瘍を抑えるためにステロイドその他の薬を投与ってことだったけど、だんだん弱っていくばかり。退院後一週間でかなり目つきも顔つきも険悪に (∋_∈)

f:id:korohiti:20141203033124j:image 日向ぼっこして気持ちいいらしんだけど顔が…マフィア親分みたいな表情に(^_^;)

 

その後、自力で食べられなくなってきたんで療養食のカリカリとかペースト状の缶詰を給餌用シリンダで強制給餌してた。

f:id:korohiti:20141203034047j:image ←参考までに、こういうのね

量が食べられないんだけどカロリーのことがあるから、最終的には缶詰よりカロリーが高い療養食のカリカリをすりつぶして水で溶いてあげてました。缶詰のペーストもシリンダ通らないからすり潰してたし、結構手間かかってた(バーミックスがあればと心底思ったw)

でも結局経口薬を腸で吸収できないせいかまた体調が悪くなってきたんで、病院で注射を打ってもらうことに。しばらくこの繰り返し。

この時は注射が効いたのか、その後一週間は急に調子よくなったんですね。10月半ばくらい。

自分で餌食べるようになったし下痢も止まったし、持ち直したかと思ったくらい。それも一瞬だったんですが。

10月下旬、また調子悪くなり、このとき体重は数カ月前のベスト体重3.4〜6キロから1キロ近く減ってたかな。入院してからは5〜600gくらい減。

この頃まではまだ自分でトイレに行けてたけど、急に歩けなくなりちょっと介護状態に。餌はまだ食べてたけど必要カロリーの3割くらいがやっと。そして毎日通院して注射を打ってもらい、なんとかもたせてる感じに。

餌が食べられなくなったのは死ぬ5日くらい前。それまでは食べる気はあるけど受け付けない状態だったのが、もう明らかに口に物を入れるのも嫌がってきたんで餌を上げるのはやめることに。

 

治療方針として抗癌剤で延命はしない、カテーテルで(鼻から)栄養も入れない、ある程度期限決めて安楽死もありということは決めてたのですよ。

でもここで食事が取れなくなったんで、どのみちあと一週間くらいだろうし、合併症が出ない限りは安楽死もしないってことに。

途中ちょっと黄疸症状が出始めてやばかったけど、最後は一瞬元気そうになってたんですよねぇ。つくづく丈夫な猫だった、ベッカムは。機嫌もちょっと良くなってた。それが死ぬ3日前くらい。たぶんもう死期がわかってたのかなあと (>_<)

年取ってからは布団に入ってこない猫になってたのに、なぜか久しぶりに布団に入ってきたり。(ベッカムのベッドは看病のためにオレのベッドの横に置いてあった)

数日寝たきりになってたのに、いきなり数歩だけど歩けたし。(そしてベッカムが具合悪い時は遠巻きにしてたソラが、ちょっと元気になるといきなり絡んでくるという…←ストレスの元?)

そして11月になった土曜は小康状態で寝てるだけ。お天気も悪かった。

もうそろそろダメかも…と思ってた日曜日、朝いつもより早いニチアサが終わるくらいの時間に目が覚めたらベッカムが痙攣し始めて…

マジで「オレが起きるまで待ってたのか!?」と思ったんですが、時々呼吸が荒くはなるけど意外と小康状態が続き、そのまま昼までずるずると付き添うことに。でもお昼まではちゃんと反応してたし意識があったよ…

午後、もう反応しなくなって意識飛んでるっぽくて、でも呼吸だけはしてて。土曜日は通院して注射打ってもらったけど、今日はもう行かなくてもいいかって感じになって、そのまま死ぬのかなーって思ってた。

写真見たら半年くらいまえはいつも使ってた楕円のベッドいっぱいに満ち満ちだったのが、死ぬ間際は体重は1キロ減った程度なのに見た目半分くらいになってスカスカというか、そのサイズ感の違いもなんというか… (´Д⊂ヽ

んで、ちょっと目を離した隙に死んじゃったら…と思ってオレずっと付き添ってたんですよ。相方と時々交代しながら。

でも意外と死なないというか、さすがに10時間近く付き添っててこっちも疲れてきたしどうしようかなあと思ってたら、夕方また急に痙攣するんでさすがにもう無理かと思い、病院に連絡入れてそのまま安楽死してもらうことに (´;д;`)ウッ…

病院は年中無休24時間やってるとこなんで、その点も最後まで苦しまなくてすんでありがたかったというか、すぐ対処してもらえたんで。

そしてうちに連れ帰り、とりあえず去年もお願いしたペットの火葬業者さんに連絡。翌日火葬が出来るってことに。

 

翌日、業者さんが迎えに来てくれたんで立ち会いでお寺に行って、火葬してもらって。

死に目と火葬がちょうど連休中だったということで、そういう意味では最後まで家族で見送ることが出来て良かったというか。・゚・(ノД`)・゚・。 そういやジオも連休中だった。あっちは本当に急だったんだけど。

タイミングとして新入り猫が影響あったのかどうかはわからないけど、いやベッカムからしたらそこまでストレスかけられなかったらもっと長生きしたかも知れないけど、まあそれはわかんないしこれも運命だったのかと。

それにしてもうちの猫はみんな6月に来て9月10月に逝ってしまうのか。ソラはまだわかんないけどね。

 

f:id:korohiti:20141203025814j:image

なんかいなくなってもあんまり気にならなかったこのひと月くらいだけど(^_^;)、写真見たり日記の確認してたら悲しくなってきたよ(´;д;`)ウッ…

とりあえず、うちに来てくれてありがとう。さよならベッカム (>_<)

2014-10-03

[] ベッカム退院

f:id:korohiti:20141004025424j:image

オババ猫ベッカム(16歳)は無事10日間の入院から帰ってきましたーヽ(・∀・)

まさかこんなに長引くとは思ってなかったですよ。思ったより悪かった。

結局どうやらリンパの腫瘍で胃腸が腫れたんで(たぶん一週間くらいの間に急激に)、下痢して脱水症状で食欲なくして死にそうになってたっぽい。ひと月で体重が700g〜1kgは減ってたし。(ソラがきてから徐々に減ってはいたけどストレスだと思ってた)

はっきりしなかったけど悪けりゃ癌ってことでしたが、年も年なんで抗癌剤は使わずステロイド治療のみでやってもらったら何とか持ち直したっぽい。

でもま、先々転移等で悪くなったらその時はそのときってことで。それまではイキロ。今は元気。

それはともかく留守の新入りコニャンコ・ソラは、ベッカムが入院して一週間過ぎた辺りからベッカムの猫トイレをそっと使い始め、猫ベッドでのびのびとくつろぐぎ、もういないものとして一人天下に浸ってたけど、その状態がいきなり終わった(笑)

ベッカム帰ってきてあちこち家の中のパトロールはじめたらなんかすごい怒って後つけて縄張りを主張してたけど、同時にビビりまくってたw(そりゃそーか)

f:id:korohiti:20141003213314j:imagef:id:korohiti:20141003213359j:image

天下を取ったと思ってたコニャンコ、まさに3日天下!w お前も強くイキロ!

そんなソラたんの、今日、ベッカムが戻って来るまでの最後の一人天下時代w

f:id:korohiti:20141004030652j:image

2014-06-19

[] うちに子猫がやってきたよ!

f:id:korohiti:20140619202801j:image

写真が撮れたのでご紹介(きたばっかの時は動きが激しくてなかなか写真撮れなかった)

今度もアメリカンカールのオスですよ。ペットショップで購入。だってアメカのオスが良かったから。

アメカは「こういうネコ」という定形がないので(耳がカールしてれば全部アメカ)見た目がバラエティに富みすぎててもうペットショップに頼るしか…

f:id:korohiti:20140619234736j:image

ジオが死んでまだ1年も経ってないしなあとは思ってたけど(それで見送ったやつもいた)、ペットショップのサイトで見た時は全然ピンと来なかったけどたまたま別の猫を見に行ったら他店にいるはずのこいつがいて、見せてもらったらなんか懐こくてて可愛かったんで、1週間考えて引き取った。

見た目だけならもっと好みのやつもいたけど、かなり遠い地方の店にいたんで移動してもらうのも可哀想だったし、こういうのも縁かなあと思ってな。

まあ見た目は重要だけど要は性格だしーってことでうちの子になりました ( ´ω `*) 性格良ければいいなあ。まだわかんないけど。

写真だとジオに似てるように見えるけど、実物は意外と似てないです。体は黄色だし、ジオより目が小さくてもっとシュッとしてる。あと鳴き声も普通。体もそんなん衣柔らかくないっぽい。普通に硬いよ(グニャグニャにゃんこが好きなのでちょっと残念)

あ、名前はまだないです。これから考える。

あと気がついたけど、うちの猫はみんなどうも6月に来るっぽい。

狙ってるわけじゃなく最初のベッカムを拾ったのはちょうど16年前のフランスW杯、日本が初めて本戦出場した日本戦翌日。

ジオもたまたま餌を買いに行った時に見つけて、1週間様子見て家に連れてきたのが6月16日。

そして今回もたまたま6月、しかもまたW杯。契約してすぐ連れ帰ってたらジオと同じ日に来たことになってたけどw

 

あとまだワクチンが終わってないので、先住猫(ベッカム)もいることだしひと月は別の部屋で隔離。

ちょっとだけご対面したらシャーって言われてスゲエびびってた(苦笑)

f:id:korohiti:20140620005651j:image

ネコの玩具の初期装備はこれ。

f:id:korohiti:20140620001617j:image

この釣り竿はなかなか使いやすいです。オレ的に釣り竿超重要。

子猫は十何年ぶりなのでいろいろ進化してる昨今のペット事情に驚きつつ、無事に元気に育てばいいなあと思うのであった。

2013-09-22

[][] ネコ野郎逝く。

うちのネコ野郎ことジオが今日お星様になりました…(´;ω;`)

f:id:korohiti:20130922233855j:image

↑手術後2週間くらいのとき。傷が良くなくてカラーだと蒸れるので代わりに保護用にスカーフ巻いてた。

 

2000年12月12日生まれのアメリカンカール。うちに来たのは翌年の6月だから生後半年以上たった子猫じゃない猫でした。すでにデカかったよ。クニャクニャ癒し系ニャンコ。

なのでうちにいたのは12年ちょっとくらいか。結構な人から早死するかも(美人薄命的な意味とあまりにアホっぽいから)と言われてたけど、まああんまり長生きしそうな感じもしなかったけど、今回のこれはちょっと急すぎました (>_<)

その辺の話に興味ある人だけどぞ。ちょっと目まぐるしかったんで自分メモも兼ねとく。

 

7月にガンの手術をしたのはここでもちょこっとだけ書いたけど、その後無事に退院して、手術の傷の予後が悪かったのも何とか持ち直してたんでその後は特に記事にもしてなかったんですが、再発して急変です。転移してるのはわかってたんで、正確には再発じゃないけど。

最終的には肺に転移した癌が広範囲に広がって腹水が出たりして、とにかく進行がすごく早くて抗癌剤の治療が間に合わなかったのです。

 

細かくいうとアポクリン腺癌というやつで、わりと珍しいガンらしい。ジオの場合それが顎に出来て急に活性化して…という感じ。

最初は昨年12月に5ミリくらいの傷っぽい感じに腫瘍(いま思うと腫瘍なんだけど)ができてて、いつまでも治らないのでおかしいなあと思いつつそのうち病院に行こうかなと思いながら特に変化もなく数ヶ月。

5月すぎて急にそれが大きくなって明らかに傷じゃなくなったんで、いい加減おかしいと思って6月末にやっと病院に行ったら悪性腫瘍、つまり癌だと言われて検査。結果が出るまでに10日くらいかかり、手術したのが7月半ば。

今にして思えばもうちょっと早く気がついてれば…ということは途中何度かあったのに…(>_<)

手術自体は耳に出来てるポリープ群も一緒に取ろうという計画だったけど(アメリカンカールなので耳にいろいろ持病持ち)、前日に見えてる顎だけじゃなく首のリンパにも腫瘍があることに気がついたんで、思ったより大掛かりな手術に。

手術自体は無事に終わったけど顎の切除範囲が思ったより大きく、そのせいで傷自体がちょっと治りにくくなって腐りかけたりもしたけど、それはなんとかケアして大丈夫だったのですよ。一時期元気になってたし。

ただ癌自体はリンパ経由ですでに全身に転移はしてるだろうということで、状態が良くなり次第抗癌剤の治療をするつもりでした。その予定が10月くらいだった。ただしこの癌には抗癌剤は効くかもしれないけど効かないかもしれないという話で、やってみないとわからないけど多少はましになるかもという程度の可能性で。

 

ただジオの方は8月末くらいから元気がなくなってきて、ちょうど先々週くらいから食欲はあるけど食べられない状態になってきたんで、ちょっと早めに再診に…と思ってた先週の連休頃、切除したはずの喉の部分に腫瘍らしき瘤が急に増えてきて、病院で検査をしたらやはり癌腫瘍だったのです。細胞レベルで残ったがん細胞が再び急に活性化して喉が腫れて食事ができなくなったんだそうな。

それが先週の水曜日で、病院に検査にいってそのまま抗癌剤治療をするということで預けて(この時肺は無事だった)、翌日(木曜日)様子見に行った時にとりあえず今苦しいのは喉だから、喉の癌腫瘍を優先ってことで放射線治療をすることにしたのですよ。

当面の苦しさは喉の腫瘍とそこからくる腫れなので放射線で緩和、その後、喉を含んだ全体のガン細胞に対しての抗癌剤ということで治療計画を立てて、一週間後に放射線治療するためにこの日の抗癌剤投与は中止。(どのみちここで抗癌剤を投与してても、ガンの進行が早くて抗癌剤の効果が出るまえに様態が悪くなってたとは思われる)←もっと早く病院に行ってれば…とは思ったけどどうしようもない (>_<)

先生が近くの獣医大に無理やり予約をねじ込んでくれて、それまでは自宅療養ということで喉の炎症の腫れ止めの薬をもらって金曜日に退院。

でも家に戻ってきても一日中寝たきりで食事も食べられない上に息が荒くてしんどそうだったんで、土曜日(昨日だよ)の朝に再び点滴入院。そのまま様子を見ながら放射線の予約日を待つことにして、日曜日、つまり今日の夕方また様子を見に行くはずだった。

そして今日、予定してたより早くに体調が悪そうなので来てくれと連絡があったんで急いで病院へ。この時点でちょっとやばいかもと言われた。ちなみに病院はうちから車で10分くらい。

朝からちょっとだけ元気で機嫌も良さそうで持ち直してたという話だったけど、どうやら肺に転移が急速に広がって腹水もかなり溜まって危なかったらしい。(入院させといてよかった…)でもこの時はまだ、高酸素ケースで動けてたんだよ。なので先生と話し合って、すぐ効くわけじゃないけど抗癌剤を打つことにして帰ったその1時間もしないうちに容態急変。

肺の状態が酷くなって、もっても1日程度だと言われ、抗癌剤は打っても無駄だということになった。もともと悪性の癌なので効くなら打つけど効かない確率のほうが高いんだと。一応言うけど、2日前まで肺はまだなんともなかったのだ。

そして寝たきり状態になってもう回復は見込めない、今は単に苦痛を緩和してるだけの状況だというので、遅れて病院にきた相方と話し合って結局安楽死をさせることにしたのです。この間ほんの1時間‥‥(´;ω;`)

昨日から入院してたお陰というか、この進行度合いだとおそらく急変してから連れてきても間に合わなかったんじゃないかということで、悪化してから3時間くらい、ちゃんと看取ることが出来て、ジオも最小限のの苦しみですんだのは不幸中の幸いだったのかも…と思うことにした。担当の先生は本当に良い治療をしてくれたし、ジオも懐いていたんでそれは救いだったかも。

自分ら的には本当に唐突過ぎて、何の心の準備もなかったんで、それだけが‥‥ だって来週、放射線治療するって予定だったのに‥‥

たらればをいうなら、冬〜春のまだ腫瘍が小さいうちに診てもらってれば‥‥かなあ。手術した時点で、もしかしてあと数ヶ月くらいかなあとは漠然と感じてたけど、それにしても早かった。展開が早すぎたよ。

猫は苦しいのを我慢するらしいんで、この数週間ほんとはずいぶんしんどかったのかもしれん。ここしばらく寝るときベッドにも来なかったし。オレももっと猫モフモフしたかったよ(´;ω;`) まさかこんなに早く、家に帰ることもなくとは思わなかったのがショック。

まあとりあえず泣きそうなので、中途半端な気がするけど今日はこんなとこで。

 

これはつい先週。元気いっぱいではないけど普通に元気だったのに‥‥

f:id:korohiti:20130917160914j:image

在りし日のネコ野郎。去年の秋か。いつもこんなんだった(´;ω;`)

f:id:korohiti:20111112192914j:image

基本おマヌケ顔かおマヌケポーズばかり写真に撮ってるんでカッコイイ写真があんまりないんだけどわりと美猫でした。友達にははくち王子とか呼ばれてたし。ううう‥‥(´;ω;`)ブワッ

f:id:korohiti:20130923021540j:image f:id:korohiti:20130923021806j:image

2009-08-18

[] ネコブログ更新

フォルダに放り込んどいて更新してなかったんで、だいぶまとめてです。5月の実家ネコと、去年くらいの古いヤツは8月の最近の日付にまとめて更新しました。

普段はサイドバーのプロフィール欄のリンクからどうぞ。

コメント欄は凍結中なので、なんかあればとりあえずここによろしくです。