そこがミソ。-ドラマ特撮感想などを思ったままに このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-02-11

[] 鎧武/ガイム外伝2

http://www.gaim-gaiden.com

今回もしばらく借りっぱなしでなかなか見る暇がなく…やっと見たけど、途中からあまりのベタさに笑いが込み上げてきた(いい意味で?)

 

仮面ライダーデューク

監督:金田治 脚本:鋼屋ジン

 

カルト集団「黒の菩提樹」ってなんだよ!(笑)沢芽市はどんな無法地帯なんだ(苦笑)

「斬月」同様ユグドラシル側の脚本はニトロプラス勢ってことで、なんとなく思い描く中2的世界観はわからんでもないけど、いろいろ無茶。というかこれ仮面ライダーじゃなくてもいい話だし。そういう意味では一貫してると思わんでもない…が、ストーリーとしてはなんか稚拙だよなあ。たった30分もないのに話が整理されて無くガチャガチャして解りにくいし、金田監督が演出やっててもこれとはねえ。面白いか面白くないかで言っても面白くなくて、まあユグ勢の過去チラ見せとかその辺のファンサービス的な話としての価値しか。それにしっても公式見解じゃなきゃどんな二次創作かと。(しつこいけど下手だからそう思うって話)

そもそもの発端もよくわかんないんだけど、何をどうしたらドライバーの事故で狗道供界(くどう くがい)さんがああいう量子的な状態になってしまうのか、なんでそんな実験したんだとしか。

呉島天城社長は一体何をどうしたかったのかしら、本編にもろくに出てきてないからさっぱりわかんないんだけど。あとヘルヘイムの植物を栽培って、なんで思いつかなかったんだ貴虎さん?

結局「神」ってなんだったの?戦極凌馬は何をどうして「神」を作り出したかったの?貴虎さんが神の器じゃないと思ったにしてもじゃあ最初から自分がなればよかったのにとしか。

突っ込みどころとしていうなら、貴虎を切った時点で凌馬はマッドサイエンティストです。いろいろ普通の発想じゃないし、もうだいぶイカれてる。沢芽市のユグドラシルタワー崩壊とその後の凌馬の暴走は彼の精神的裏切りに気が付かなかった貴虎さんに落ち度がある気はする。

あとデュークのデザインは胸にレモンでも別にいいような気はするよ?w

真面目な話はともかく、凌馬って本編では殆ど研究室にいたせいか普通に貴虎と街を歩いてるとものすごい違和感が…w あ、それと凌馬が着てるコート、今だからわかるけどあれニンニンジャーでキンジがこの冬着てたコートだよ!そんなところで衣装の使い回しw

メイキングをぼんやり見てたら貴虎さんのクランクアップコメントがいつの間にかサッカーヒーローインタビューに。ピッチってどこのピッチやwサポーターもいねえしw

 

仮面ライダーナックル

監督:金田治 脚本:毛利亘宏

 

本当にザック良かったなあ、単体のお話をやってもらって。松田岳くんも本当に報われたよね…(´Д⊂)よかった、よかったなあ…

本編でまさかナックル=ザックがそんなに重要キャラになるとは思ってなかったってのがそもそも信じられんって話だったんだけど。本編の感想で言ったっけ?

まあそんなにライダーとしてのナックルには興味なかったんだけど(だってオレ紘汰が好きだから)、バロン=戒斗の持ち上げっぷりとザックのスルーっぷりってすごくバランス悪いと思ってはいたよ。まさか最後、あそこまで活躍するとは…ってこと含めて、なんでもっと早くからライダーとしてのザックを格上げしとかなかったのかなあと。(それは感想でも言ってた気がする)

そういうのって番組的に大枠が決まってるのは知ってるけど、虚淵玄があまりにも最終展開を決め打ちしすぎてた弊害じゃねって気がしなくもなく。(オレはよく知らないので詳しい人の知見を待つよ?)キャラの活躍ってキャスティングされた俳優次第ってあるじゃんよ、特にライダーってさ。

それはともかく、あまりのベタさに笑いがこみ上げてきたのはこっちです(笑)

何度もいうようだけど、オレ本編の戒斗さんの扱いって本当によくわからなくて、それは彼のいう力を求めるってこと=弱者が一方的に虐げられる世界に反発するってことが、彼の行動を見てて全然繋がらなかったってことなんだけど。いや別に小林豊が悪いわけじゃないと思う。そもそものキャラ設定が煮詰めきれてなかったんだと思うけど。

だからチームバロンのありようがそもそも何を目指してたのかってのもさっぱりで。もちろんこれが下層の低能チンピラ同士の抗争をダンスで置き換えた話だってのはわかったうえで言うけど、この街一番のダンスチームを乗っ取るのにいきなり暴力に訴える戒斗さんは激しくどうかと思うよ?みんな警察呼べよ。バカなの?沢芽市ってそこまで無法地帯なの?70年代のブロンクスかよ。

チーム乗っ取りにきた戒斗さんよりどう見てもザックの方がダンスが上手いってのは突っ込みどころなのかどうか分かんないけど(笑)、そういうこと以前にダンスチームなのになんでいきなり腕力に訴えてるのさ。そこで何を選別するの?意味がわからない、マジで。

そんな戒斗がいきなりリーダー名乗ってるチームバロンにどうしてみんなついていくのか。ペコやザックも暴力に搾取されるのが嫌だから自己表現としてダンスを選んだんじゃないの?そこら辺、本編がそうだったからというより、そもそもダンスバトルにインベスゲームを組み込んでダンスの上手さよりも腕力でのし上がろうっていうこと自体がさっぱり理解できないんだけどさ。(戒斗がそれを利用したってのも含めて)

今回の話も戒斗がいなくなったバロンがいつの間にかネオバロンて名乗って地下格闘技バトルやってるって、まったく、全っっっ然意味がわからないんですがどうしたら(笑)

百歩譲ってこれはこれだと割り切ることはできるし、この方が逆にアーマードライダー(一般的な意味での「仮面ライダー」ではない)に変身する意義があるんだとは思うけど…ってことはやっぱ鎧武って「仮面ライダー」じゃなくていいよね?紘汰さんが神になるくだりの悩みや苦しみは別にして。

あとシュラって戒斗が乗り込んできた時の力試しで卑怯者呼ばわりされて排除されたっていうけど、たしかチーム鎧武の邪魔をするために陰からスリングショットで妨害攻撃するという卑怯なことをやってたのはペコとザックじゃなかったっけー?パチンコでの妨害は卑怯者じゃないんだ?

まあ話はだからザック主役の話としては見ててちょっと恥ずかしくなるくらいベタなので、もう途中から松田くん良かったねえ…としか思えなくなってて(笑)

本編での活躍が予定外だったとはいえ普通に考えてもキャスティングされた時点で使えそうってわかんなかったのかなあ。まあ役者としての華と言うかオーラは確かに小林豊のほうがあるんだけど、脇役にしてはスタイルもビジュアルもよすぎるし演技だって最初からそこそこ上手いって早めに気がつけよとしか。

というか本当に戒斗よりザックやペコのほうが断然ダンス上手いんで、何をどうして戒斗さんがチームバロンを仕切っていたのかと。

いや通りすがりの戒斗さんが圧力かけてくる大人たち(警察とか)から大暴れでダンスチームを守った救世主だからっていうならまだわかるんだけど、みんなが楽しく公園で踊ってるとこに勝手に乗り込んで腕力で支配、同じく楽しく踊ってる別のチームに腕力でケンカをふっかけて場所横取りって、どう考えても弱者を一方的に虐げてるよね?戒斗さん的には横取りされるような弱者こそが許せねえってことなんだろうけど、その考え方がもうわからねえ。本編では意味がわからなくてあまり突っ込まなかったから、大体のところがわかった今突っ込んどくけど。

なんでそんな戒斗さんをみんなが慕っていたのかまったくわからないよ。あとあのたまり場って結局誰の持ち物だったんだろう。てっきりペコとかザックの家が金持ちで…ってのかと思ってたけど、それをまんま使ってた戒斗さんもわからんよ。それとも戒斗さんが何かしらで稼いだ金で借りてたのかしら?まあいいけど。

あと「YOUは何しに日本へ」で名を知らしめた(そしてこれに出るってことも紹介されてた)はんこYOUことロマくんも出てましたね。オーディションの時にザックと話してた美形くんですね。良かったよかったw

 

wiki見たけど松田岳くんてジャズモダンのダンスどころかクラシックバレエ日舞狂言までやってるってどゆこと。体つきもだけどやっぱ動きがキレイなわけだなあ。体のキレもいいけどダンスなのに指の先まで美しく優雅だもん。もちろん体つきも細マッチョで、格闘とか脱ぐシーンいっぱいあって良かったね。本当にマジでよかったね、ファンの人達も(笑)オレはもうとにかくメインキャラじゃないってことでこぼれていく若い子たちが活躍してくれればそれでいいのです。そういうとこ拾ってくれる東映さんって本当に良い人たちだw

メイキング、途中までしか見てないからあとで全部見るし、まあもう一回くらい見返してから返却するよ。

こういう形式の外伝は鎧武ならではだと思うけど、映画もいいけどこういうスピンオフがちゃんとソフト化される流れはいいね。オレがザック好きなら家宝にすっぺ〜ってレベルだよw

2015-06-13

[] 鎧武/ガイム外伝

http://www.gaim-gaiden.com

 

やっと見ましたよ(見る暇なくてひと月くらい借りっぱだった…)

これってどの辺の話だっけと思ってたけどTVシリーズ20話直後かー。

てことは3月くらいの、新世代ライダーがでてきてヘルヘイムとユグドラシルの真実が明らかになるちょい前ってことね。なんかいろいろ記憶の彼方よ?w(当然wikiで確認しました)

なんか鎧武ってオレが見てる限りでは男性ファンがやたら支持してる印象なんだけど、確かにカブト555っぽい雰囲気はあるよな。そういうとこ嫌いじゃないよ。だから本当にどうして本編はああだったのかなあとしか。(神様展開がどうこうという話ではない。むしろもっと中盤に紘汰をクローズアップして欲しかった的な意味で)もったいないよなー。

 

仮面ライダー斬月

監督:金田治 脚本:鋼屋ジン

 

うーん、ミステリー仕立てってこと?にしても脚本が微妙に素人臭くて演出もなんかまどろっこしい中途半端さ…と思ったら演出は金田監督なのかよ。えー? ('A`)

父の教えって言うけど相変わらず貴虎さんは「ノブレス・オブリージュ」を勘違いしてるし、呉島パパはどういう教え方をしたんだ。てか劇中人物が勘違いしてるならともかく脚本が勘違いしてるっぽい話に見えるのはどうかと思うよ。ノブレス・オブリージュってそういうことじゃないから!(本編の感想でも言ったけど)

つーか、初めて出てきた呉島家のパパが寺田農って、いやそりゃないだろよ。園咲家かよ。そして名前が「呉島天樹」はユグドラシル=世界樹だからわからんでもないけど、こういうキャラで「あまぎ」といわれたらZETMANを思い出すわけで ('A`) いやまあそこはいい。

ともかく、貴虎さんのキャラDVDと思えばおいしい話だった。メロン繋がりでスイカ(小玉)で変身したし、スイカアームズは赤が入ってるせいか結構カッコよかった。スイカなのにw

あと貴虎の子供時代が竜跳くんだったよ。「コドモ警察」の頃から比べるとずいぶん大きくなってて気が付かなんだ。貴虎さんになんか似てるしー。

あと戦極凌馬の過去もとてもおいしかった。定番設定だとは思うけどw

で、話のほうだけど、Vシネなんだしもうちょっと突っ込んでも良かったんじゃないかなあ。

だってこの孤児院から引っ張ってきてメイドやってた朱月藤果(岩田さゆり)って、貴虎さんの元カノって話じゃないの?メイドと坊っちゃんの密かな恋的な。だって最後に会ったのが6年前って、それまでは呉島邸にいたんだよね?当然そういうお年頃の同世代的には意識するよねえ。

呉島邸を離れるまではどうせ家の中でパパの面倒見てたってことじゃないかと思うんだけど、詰めるならそこんとこの設定もきっちり詰めた上でそれを匂わすような話にしていいのに。Vシネなんだし。

そもそもさあ、藤果さんが貴虎を家に招いてアップルパイをごちそうしたってとこ、どうみてもあのあとヤッたよね?元カノだっていうならそれで納得だけど。

だってさ、貴虎さんは車なのにどうしてアップルパイにワインを出す?ワイン飲んだら家に帰れないだろ。コーヒーでいいようなシチュなのにあえてワインを合わせる理由って、それしかなあ(笑)てかくつろぎ過ぎだし、マジで家に帰らないつもりだったのかよ。家で使用人が夕食用意して待ってんじゃないのかよ(^_^;)

おまけに「おいたわしい…」って後ろから抱きつかれてんじゃん。もうそういう話だよね?オレはそういう話でいいけど。

そして新世代ライダーを襲う謎のライダーは…って、話の展開はそんなことだろうと思ったんでいいんだけど、結局とどめを刺したのはキチガイ凌馬さん。そりゃ戦極ドライバーが必要な以上凌馬が知らないわけないよね。

あと孤児院って時点でもう予想ついてたけど彼もそこの出身でしたーっと。そうそう、むしろそういうキャラであって欲しかったw

それをなんで藤果さんが知らないのかわかんないけど、藤果さんが呉島家に出向いたあとに凌馬が孤児院に来たってことかな。

ただこれ最後、貴虎さんは藤果さんにとどめを刺さなかったんだから、彼は藤果さんが生きながらえてると思ったままだってのはもっとはっきり見せても良かったんでは?どうせユグドラシルに侵されてるってのは知らなかったろうし、そのほうが凌馬の酷さも際立つし、インベスじゃなく人間のまま死なせたほうが良かった的な、貴虎の甘さとそれが招いた結末って意味で苦い話になったのにー。というかそういう結末のほうが好みなのにー。定番展開でやるならそっちでしょ。なんか詰めが甘いよ。

藤果さんの仮面ライダーイドゥンは色違い仮面ライダーマルスだったけど、話の意味としてもリンゴだし(あ、だからアップルパイなのか)むしろリンゴアームズよりこっちのペイントのほうが好きかも。あと藤果さんがアップルパイだけ苦手だってのは人体実験のせいなんだろか?そこんとこはっきりしてくれ。それともリンゴ腐ってたの?

そういう意味で話としてはいろいろおいしかったけど詰めの甘さが気になる感じでした。オレがもっと鎧武に夢中ならだいぶ (;´Д`)ハァハァしたと思うw 悪くはないんだけどねー。残念。

 

仮面ライダーバロン

監督:金田治 脚本:毛利亘宏

 

やはり毛利脚本は一味違う!(笑)

おかしいなあ、同じ30分なのに素人な鋼屋脚本とどこがどう違うのか検証したいくらいだぜ。(酷え暴言)

というか、前情報まったく入れてなかったせいで初っ端からポカーン。こばゆたの一人二役にポカーン。シャプールは、あれはただの素の小林豊だろ?(笑)

こばゆたの素はもちろん知ってたけど、なんか久しぶりに「役者さんってスゴい」と思わされたわー。別にこばゆたの演技が上手いとかそういうことじゃないけど、あそこまでまったく違うキャラに見えるならそりゃあこういう企画やりたくなるよなw なんという愛されキャラ、こばゆた!(笑)

てかどう見ても日本人でしかない河相我聞とこばゆたをアルフレッド、シャプールと呼んで南アジアの国の人というその無茶さが東映(笑)(ところで我聞さんの役作りがとても杉下右京さんに見えるのは気のせい?「相棒」見てないけど)

まあこの企画自体がとても二次創作的だけど、某国の王子がライバルキャラに見た目そっくりで性格真逆ってどんな同人誌だ?面白かったからいいんだけどさ。これ戒斗がチームバロンを離れたあとってことで明るすぎる偽戒斗に余計になんじゃこりゃ感がw

そしてシャルモンでどうしてケーキ作るwwww本当にただのこばゆたwwwwwピエールもあのケーキ食べてあげればよかったのに。あと何気に城ヶ崎が「グリドン」て名前気に入ってるって、何故か涙が… (´Д⊂ヽ

まあいろんな意味でオモシロ展開。

そういやシャプールが変身できなかったのはちゃんと説明したほうがいいんじゃね?鎧武ファンしか見ないから別のいいのか。まあそこははっきり描写されたわけじゃなかったと思ったけどさ。最初にベルトをつけた人間しか変身できないって個人識別されてるってことでいいんだよね?

あと思うんだけどさ、シャプールが父である国王に疎まれてたって、そりゃ国の跡継ぎとして引き取って育てたのにあんな弱っちい乙女男子になったんじゃあ、そりゃいやんなるよね。父王に同情(^_^;)国に帰ったら味方になってくれる人がいるはずって言ってたけど、いなくはないだろうけどなんかどう考えてもややこしいことになりそうよねえ。執事に命狙われるくらいなんだからさっさとどっかに亡命したほうがいいと思うぞ?

あと国を乗っ取る野望を戒斗につまらないと言われてしまったアルフレッドさんにも同情。そういう力を求めちゃいかんのかよ。戒斗さんは厳しいな!

その戒斗の両親の話も初めて出てきたよね?(外伝小説は読んでないんで)

えーとなんというか、保証金もらって立ち退いたのに詐欺で騙し取られてって、その体たらくは一家の主としても工場経営者としてもないだろ。どんだけメンタル弱いんだ。というか場所的に立ち退きを迫られただけで工場の債権込みで仕事が出来なかったわけじゃないよね?なんで他の場所で事業を起こすなりしなかったんだろ?そりゃ戒斗からしたら納得いかんよなあ。オレも大人としてお父さんのこと理解できんよ。家族守れよ。

どっちにしても戒斗がいう弱さと彼の求める強さってのも、本編同様よく分かんなかったけど。目指すべきは家族を守れるような強さじゃないのか?結局戒斗って何がしたかったの?ちゃんと大人になるのか、大人になりきれないで反抗するのかどっちかにしろよって感じ。あいつブレないようだけど根っこが間違ってると思うんだよな。てか、キャラの性格としての根本がなんか間違ってた気がしてしようがないです。そりゃ紘汰に負けるだろよ。オーバーロードにもなっちゃうだろよ。そういうのを「本当の強さ」とは、オレは思わないけどなあ。

まあ話は面白かったので特に何も言うことはありません。

アクションバトルも多めだし、バイクアクションガッツリめの金田監督やりたい放題。

てかあのバイクアクションまったくやる意味ないよね?すでにもうサクラでもバラでもタンポポでもないよあのバイク、どっから出てきた?(笑)

オレの鎧武本編への情熱としてこの時期にはもうだいぶ投げてたんで細かいライダーの仕様とか時系列があやふやなのはスマン、が、リンゴアームズのせいで戒斗はオーバーロード化を予言されてたの?はっきり描いてなかったけどwiki見るにリンゴアームズはヨモツヘグリと同じとか言ってるし(ヨモツヘグリってそういうのだっけ)、アルフレッドや斬月編の藤果さん見るに使うとインベスになっちゃうんだよね?あれ、極ロックシードもそうだっけ?

アルフレッドのドラゴンフルーツロックシードは本編でも出てきたような気がしたけど、藤果さんのイドゥンといいリンゴ単体ドラゴンフルーツ単体で変身するとこうなるってことか。

それと湊耀子が戒斗に惹かれるのもここからってことか。後出しだといろいろできるなw

まあとにかく一番の悪人は戦極凌馬でした。あいつ本当に酷え悪人だよ(^_^;)滅びろ!(でも次のVシネの主役)

次回のVシネも楽しみにしてますw

2014-12-15

[][][] 仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル

http://www.movie-taisen.com

監督:柴崎貴行 脚本:三条陸(ドライブ&MOVIE大戦)、鋼屋ジン(鎧武)

f:id:korohiti:20141216030135j:image

 

今週のMOVIE大戦は〜

『仮面ライダー鎧武 進撃のラストステージ』

『仮面ライダードライブ ルパンからの挑戦状』

『MOVIE大戦フルスロットル』

の3本でーす!んがっぐっぐ

 

ネタバレするほどの話じゃないと思うんでそのまんまね。気になる人は見たあとで読んでちょ。

あと最初にいっとく、オレちょっとうとうとしちゃった。MOVIE大戦になってからはちゃんと起きてたけど鎧武はあんまり頭入ってないとこあるかも。ドライブもちょっと怪しいかも。寝不足やったんや(;´Д`)

とにかく、話はサッパリだけどだいたいわかった。あいつら頭悪すぎる!!!www特に鎧武の奴ら(主に戒斗さん)マイルドヤンキーすぎ!チームヤンキーw

そしてビックリ、東映警察の一番えらい人が白倉さんだったのだwwwwwまさかの内トラwww

いやまあでも正直いって、今までで一番つまらないMOVIE大戦だったよ!特に鎧武パートは内容なんにもねえし。初っ端からドカンボカンで最後までドカンボカンだった。というかあとでふと思い出して気がついたけど、あの機械生命体メガヘクスってスタートレックのボーグだろ?違う?←(追記)もしかしなくてもスタトレのボーグがわかんない人のほうが多いのか…(;´Д`)ググって…メガヘクスってそのまんまだから

なんかもう何やってるのかさっぱりわかんないし、いきなり戦国陵馬とか出されても本物じゃないやん?いかにもオリジナルみたいに振る舞ってるけど、その個性はどこから?

そんで沢芽市は貧乏くじ引きすぎじゃね?もうあんなとこ誰も住めねえよ。せっかく復興したとこにまたメガヘクス襲来。ダメじゃん!

更に機械化生命体として呼び出された戒斗さんはメガヘクスのいうこと聞かないし!なんでや!?(笑)

メカ陵馬のドラゴンフルーツアームズはカッコよかったと思う。派手でいいね。でも最後まで何なのかさっぱりわかんなかった。そもそも神様紘汰がなんで負けたのかもさっぱりわかんないけどな。舞ちゃんが攫われた理由もさっぱりだったけど。

ただまあ本編でほとんどなかった呉島兄弟の共闘が見られたのがサービスってことか。

 

でも同じくらい話はサッパリなドライブパートはなんとか持ちこたえたかな。主に柴崎監督の演出がカッコよかったからだよ!(゚Д゚)まだテレビシリーズでは見たことないカッコイイシーンがたくさんあったよ!脚本もギャグがちょこちょこツボに入るんで大丈夫w

仮面ライダールパンはちょっとウィザードライダーっぽくてこっちもカッコよかった。けど、設定が何が何やら。いや皆まで言うな、話はわかってる。てかあの城はベルトさんの城ってこと?なぜあんなとこに、なぜあんな洋風のお城〜?

こっちも微妙によくわかんなかったのはベルトさんが使えなかったロイミュードボディを年老いた怪盗ルパン=ゾルーク東郷(ピース綾部)が盗みだして使ってる…ってのはわかる。わかるんだけど、そのルパンって誰よ?いや何なのよ? (゚Д゚)

ロイミュードのサイバロイドにしても、そもそも未だにロイミュード自体を本編でも説明してないんですけど。サイバネボディとコアの関係とか、それを作ったのはやっとベルトさんだって明言されたけど、それがどういうものかってのは全然説明されてないよ?置いてきぼり感ハンパねえ。

そんで結局仮面ライダールパンって消滅してないし。引っ張るの?春とか夏に引っ張るの?

マッハ何しに出てきたんや…ってのもあり。顔見せにしても何もしてないしデザインビミョー?マッハゴーゴー?

ただまあMOVIE大戦パートは神様紘汰と進ノ介の掛け合いがバカっぽくておかしかった(笑)あいつらなんなのの?同じくらいにバカなんだけど。細かいとこでギャグというか、話の流れのテンポを乱してまでもやるギャグがツボった(笑)挨拶とかちょっとしたツッコミとか、変身したまま車に入れないはお約束だしシートベルト締めてよ神様とかやたら浮かれる神様紘汰とかなんなの(笑)

しかもお互いの力を交換って、ドライブアームズはともかく和風オレンジのタイプフルーツが編み笠浪人風?何もかもがおかしすぎる。このデザイン、頭オカシイレベル(笑)

どこに突っ込んでいいのかわかんないけど、機械化惑星へぶっ飛んでいってのアクションシーンがもうまるっきりネプリーグ見てるようで…(苦笑)いやー笑ったわ。話はさっぱりわかんないけどおかしかったw

オレ的には神様になったというのにオマヌケでお馬鹿な紘汰が見られて良かったです(笑)最後みんなともお別れできたしな。良かった良かった。

 

しかし今回は流石にちょっと苦しかったなあ。もうこんななら冬映画作んなくてもいいんだけどそうもいかないんだろうなーという素朴な感想に尽きる映画であったよ。

とにかく柴崎さんの演出と、MOVIE大戦パートのあの神とドライバーコンビのおバカっぷりに救われたって感じ (^_^;)

 

入場者特典。

『仮面ライダードライブ シークレット・ミッション typeZERO 第0話 カウントダウン to グローバルフリーズ』

監督:鈴村展弘 脚本:長谷川圭一

 

これ、犯罪者役で野間口徹さん出てるけど、本編に浜野謙太が出ててテレ朝だし、それってどんな「BORDER」繋がりなんだよ?(笑)ガーファンクルとサイモンだよwww

話はそんな大した話じゃなかったかな。あれ、ベルトさんが殺されたのってグローバルフリーズの前だっけ?ちょっとよくわかんなかった。プロトタイプももう少し出番があれば…と思うんだけど、てれびくんのDVDとも絡んでるのかなあ。やたらしっかり作っててモブのエキストラさんも多いから何かのついでに撮ったんだろうけど。

あとプロトタイプの声って上遠野くんに聞こえるんだけどなあ〜 と思ってたんだけどwikiには上遠野くんって書いてあるな。そこはキャストの都合でってわけあるはずないから普通に考えてやっぱりチェイスの前身はプロトタイプなのか…ってことになるんだけど?

2014-10-12

[][] 仮面ライダー鎧武/ガイム ファイナルステージ &番組キャストトークショー(2日目)

http://eplus.jp/sys/web/s/gaim-final/index.html

場所:中野サンプラザホール

日時:10月12日 1回目・10:30〜 休憩挟んで2時間くらい

f:id:korohiti:20151012193304j:image f:id:korohiti:20151012193303j:image

 

今回は日曜の最後がスペシャル公演で、しかもLV配信までするという新しい試み!しかもLV発表、結構直前だったw

オレ、チケット取ったの遅くて(ネットで探した)結構LV発表のタイミングと被ってたんだけど、LVちょっと苦手だしそれなら生のほうがいいかなってことで。今回もそんなに入れ込んでないからだけどさ。(見られりゃいいのよ)

でも日曜日公演、大人ユグドラシル組にはこだわりましたYO!

 

第1部 『仮面ライダー鎧武 ファイナルステージ』

脚本・演出:毛利恒宏

 

後日談としてはまあまあかな。いつもこんなもんだっけ?

なんか2週前の大阪公演組のハイテンションな感想がTwitterに結構上がってたんでものスゴい面白いのかと思ってたけど、脚本が毛利さんの割には普通だと思っちゃった。ウン、これ普通よ?あとやたらセリフ多くて話が頭に入りませんw

話は完全に後日談、死んだ初瀬ちゃんやシド、凌馬たちライダーオーバーロードが集う死者の世界に現れた魔蛇(マージャ)が彼らを使って世界を支配しようとし、鎧武=紘汰のその記憶と能力を奪った〜ってのはありがちなんだけど、いなくなったはずの紘汰の現ポジションと残された人たちの立ち位置のせいでちょっとゴチャゴチャしてるって印象。

キャラ萌えで見る分には本当にザ・後日談なのでファンにとっては嬉しいんだろうけど、どうも本編の中途半端な後始末にしか見えないなあという感想。

とりあえず三途の川では死んだライダーは頭に△付けるって知ったw 死んだフェムシンムも△ついてるw

そしていつもは変身後のライダーの姿で出てくるのが普通に当たり前だったけど(もしくは初っ端に生身で出てきて変身する)、今年は初めて「何かの力でなぜか変身してる」っていうエクスキューズがあった(笑)まあ鳳蓮とかさすがに生身で出て来られないよなw

ということでこれ、仮面ライダー栗団ことザック=ナックルが主人公で、鳳蓮と城之内がサブの仮面ライダーナックルとかやればいいのにと(笑)あの人たちやたら活躍してたしw

まあ話はよくわかんなかったんでもう記憶の彼方にいってるんだけど、とりあえずみんなで魔蛇から鎧武の記憶と能力を取り戻してゆくというどろろ方式。

本編では叶わなかった城之内と初瀬ちゃんのやり取りとか、ミッチと貴虎さんが共に戦ったりとか、まあできれば本編で見たかったなあ〜みたいなフォローがあって、最後は生身の紘汰と戒斗で締めて終わりと。とりあえずキャラ萌えファンには見応えあったと思う。

でも本編最終回も意外な敵が復活して…って話だったからちょっと印象としてカブるかもな。

なんかほんと今回あまり内容覚えてないんだけど、そんなもんかも。

それと今回はアクションの見せ方がイマイチだった。1体1、多対1で戦うのはわかってるんだから、その展開をもう少し上手く捌けなかったのかなあ。

そもそも魔蛇が操る人間たちに味方と敵が入ってるし、その味方も一筋縄じゃいかない人いるし、大体一致団結する理由が薄いしで、対魔蛇ってことでちょっと面倒くさい展開になってるうえに、流れも途中止まってたとこもあったような。

だからもう「仮面ライダーナックル」でいいじゃんw(思い出す努力の放棄)

 

そういえば今回わかったけど、ショーはサングラスかけて見た方がいいよ。今日たまたまサングラスだったけど、途中でそのほうが見やすいって気づいたよ。そんな濃い色のサングラスじゃなければ舞台中心にはスポットライトが当たるから、眩しい光はカットされつつメインはちゃんと見える。オススメ。

第2部 『仮面ライダー鎧武/ガイム 番組キャストトークショー』

【出演者】

佐野岳(葛葉紘汰/仮面ライダー鎧武 役)、小林豊(駆紋戒斗/仮面ライダーバロン 役)、高杉真宙(呉島光実/仮面ライダー龍玄役)、志田友美(高司 舞 役)、久保田悠来(呉島貴虎/仮面ライダー斬月・真 役)、青木玄徳(戦極凌馬/仮面ライダーデューク 役)、佃井皆美(湊耀子/仮面ライダーマリカ 役)、波岡一喜(シド/仮面ライダーシグルド 役)

 

レポはあとで埋めるつもり(だった)

2014-09-28

[] 仮面ライダー鎧武 #47「変身!そして未来へ」(終)

東映 http://www.toei.co.jp/tv/gaimu/ テレ朝 http://www.tv-asahi.co.jp/gaimu/

脚本:虚淵玄 監督:石田秀範

『確かにあの人はヒーローだった。でも紘汰さんはもういない…だから、僕たちがヒーローにならなきゃいけないんだ!』

 

初っ端のアバンからパラレルというかソウルジェムの中の世界かと思ったぜw

うーん、最終回。最終回…なんだけどー、つーかこの後日談まるまる30分も必要?先週分も合わせると40分くらい後日談に使ってるけどそれ必要?CMのあとに10分くらいで短くまとめていいのに。コウガネとかいらんからさ。

とういうかマジでコウガネなんで出てきたん?映画でやられたんじゃなかったっけ?(うろ)ポカーンですよ。まさに「コウガネ…?誰だ !?」状態ですよ。だってデザインも違うじゃんよ。ミッチじゃなくても「誰?」ですよ。てか鎧武のもじりネーミングで邪武なのはいいけど「ジャム」って言われたら黒くなったリンゴのジャム?としか思えんですよ。色味はいちごジャムだけど。

オレ、紘汰好きだから鎧武のテイスト自体は嫌いじゃないし、ネタ自体もやりようによってはもっと食いついたと思うけど、どうも結果としてなんでこうなった感のほうが強すぎて (∋_∈)

まじめにいうと巷でネタになってるほど金髪紘汰はちょっと…とも思わんしな。あの格好、何が問題?そこまでの過程はともかくアルティメット紘汰さんてなんか威厳に満ちてていいじゃないですかー。オレ好きよ。この最終回の紘汰エンドは好きよ。アルティメット舞ちゃんと幸せになってほしいわー。そして冬映画では戻ってきてほしいわ、大大大大大将軍で。

街の様子もあれから7ヶ月ってのは微妙だけど、なんとなく復興してる気がするしダンスも必要よね。ダンス、劇中で上手く使われた気はまったくしないけど、この終わり方なら本来もっと復興の象徴として使えたと思うんだよね。もっといい見せ方が出来たはずよね。なんかいろいろ下手だった。本当に下手だったよ、構成が。

シャルモンも違う店舗で営業とは羽振りがいいし、貴虎兄さんは弟とは上手くいってなくても紘汰のねーちゃんとはなんかいい感じじゃね?それにしてもねーちゃんは紘汰のことはいいのか?納得なのか?その辺まどかのお母さんポジションだけど、紘汰はどうなったと思ってんだ?

というかいつの間にか鳳蓮さんメロンの中身知ってるし。知っててあの反応はちょっと反応薄すぎね?結構「メロンの君」は引っ張ってただろよー。もっとベタベタするべきじゃね?

あと城之内は初瀬ちゃんのこと知らなかったのか、それとも確認したかっただけなのか。7ヶ月も経ってること考えると(てかそれよりずっと前からいねーよ)薄々感じてはいたんだろうけどお前その時何してたって本当に問いただしたい。いや一番問いただしたいのはその辺の感情も出来事もスルーしてた脚本だけど。

ザックやペコの態度もわからんでもないけど、なんか、うーん、納得できんのだよ。ザックは成長したと思うけど、なんだろう、なんでザックは戒斗もいないのに踊ってんの?

コウガネ復活で良かったのは、なんか鎧武暗殺のイメージが付いてたブドウ龍玄の出番があったことか。

そうそう、兄さんはベルト全部処分したって言ってたけど、そういやミッチのベルトは無事じゃんって思ってた。まさに「奇跡も魔法もあるんだよ」状態w なんだミッチがさやかちゃんかよw(さやかちゃんでいいんだよな?)

てかさ、ミッチは紘汰さんのあのアルティメット姿知らないよね?だから先週も言ったけどどうしてあの紘汰VS戒斗の対決の場にミッチいなかったん。

いろいろと盛り上がる要素はあったのにそれをことごとく外されてる気分。虚淵さんの脚本とかプロットもだけど、今回の鋼屋さんの脚本のディテールもとにかくキャラの感情スルーしすぎなのよ。大枠も大事だけど一番大事なのはキャラがそれぞれどう思ったのかだし、見てて共感するのはそこなのに大枠もダメ、キャラも雰囲気で流すって、これでもハマれる人はいるだろうけどオレは無理。魂揺さぶられねえ。設定ありきな物語の舞台をうまく使い切れなかろうがコントロールできなかろうが、キャラだけはもっとちゃんと描いて欲しかった。物語のギミック部分は割とどうでもいいのよライダーは。

全体のテイストと意外な組み合わせは好きだっただけに自分的にこの結果は残念すぎる。

 

一応貶す前にちょっとだけ考えてみたんだよね、こんな最終回が必要だったかと。

オレが見たかったのは紘汰と舞が神になってどっかに飛んでいったあとの、戒斗さんもないこの世界のその後、他のみんな、特にミッチがどう立ち直っていけるのかってことなのよ。他の人たちのその後はそもそもこれまでも大して描かれてないんだからみんな踊ってます、街は復興してます、ケーキ屋もやってますというちょっとした情報程度でいいと思うのよね。肝心なのはミッチや貴虎、あと紘汰のねーちゃんだから。(ところで舞の両親って最後まで出てこなかったけどどうなってんの?娘が神になって知らん男と結婚したというのに)

もちろんそれ以前の話として紘汰が神様になるに至る決意はもっとちゃんとやって欲しかったけどね。

終わってみれば紘汰とミッチの話じゃね?なんで最後紘汰と戒斗が戦うんだってのはあったけど、紘汰と戒斗の対決、戒斗の言ってることが訳が分かんないのも結局紘汰の行動とちゃんと対比になってないからじゃんよ。

その上でこの最終回が微妙なのは、ミッチが立ち直ってみんなを守るヒーローになる展開のために面白くもなんともないのにあえてコウガネなんか引っ張ってきたからだと思うの。

やっとインベスも森の脅威も去ってベルトも要らなくなったこの平和になった世界で「戦って」ヒーローになることが必要なのかなあ。紘汰が望んだことってそういうこと?(だから紘汰の決意をちゃんと描いてないからそこがそもそもあやふや)まあこの世は戦国だからって言われたら最初からそういう話なんだから仕方ないけど。

ミッチが立ち直るならもっと違う形でみんなに認めてもらう、何か別の形で彼は救われてみんなのためのヒーローとして生きる道を探したほうが良かったんじゃないかなあ?それがあって初めてみんなはあのミッチを赦して、ミッチも元の仲間たちと笑い合うことが出来るんじゃないかしら。

だからミッチにはできれば戦い以外で禊を済ませて欲しかったんだけど、何も考えずに敵(しかも悪のライダー)と戦うという安易な選択をしたこの脚本が「ねーよ」って話なんだよ。

力を求めて弱いものを憎んだ(しかもそれを踏みつぶそうとしてた)戒斗さんもなんか憑き物落ちたみたいになってるし、一体何だったんだという。

なんか雰囲気だけは良さげに終わってるけどよく考えたらなんじゃこりゃだよ。もうそのまま戒斗さんはご神木の妖精になる勢いだしw もうあそこにユグドラシル神社でも作ればいいよw

これでまだ話が面白かったらそれはそれでって思うけど、ストーリー自体は何の捻りもないし面白くもないしだから何って話だし、これにこんなに時間使うなら本編もうちょっと何とかして欲しかったなあ。

先週今週アクションが多いのは嬉しいけど、それも裏を返せば時間余ってるってことだしさ。もう少し描くべきことはあったような気がするんだよ。

オレは基本的にミッチよりももっと紘汰のことを描いて欲しかったっと思うけどな。

「貴虎と仲良くな。あと姉ちゃんに俺は元気だって伝えといてくれ」ってなんとなくアルジャーノンみたい。紘汰がこのセリフを吐くのは納得できるけど、周囲の人間は誰一人として納得出来ないでしょーよ。仲間たちですら。そもそもどうして紘汰がそんな存在にならなきゃいけないんだっていう。

舞ちゃんはこの世界について「間違ったら正しながらやり直す」とか言ってるしそれはいいけど、それってどんなスクラップアンドビルド?破壊と再生しながらこの世界を作り変えていくってこと?戒斗みたいな考え方でもいいんだーと思うとやっぱりこの番組がやりたかったことがよくわかんないです。1年かけて何を見せたかったのか。「この世はさながら戦国」ってことなのか?結局「運命」なのか「ヒーロー」なのか「強さ」なのか「正義」なのか、求めたのは何なのかはっきりしてくれよーって気分。スッキリしねー (∋_∈)

なんか言いたいこと言い切ってない感じはあるけどあんまり突っ込む気力なし。番組から受け取ったものだけじゃ脳内で再構築も出来ません。

ファイナルステージの鎧武ショーが脚本毛利さんで正統派最終回みたいなので、そっちに期待するしかないのか?一応2日目に見に行く予定。まあファイナルのショーはこの何年も絶対はずさないしな。むしろ本当の真の最終回がそこにあるって勢いよね(笑)

 

とりあえずキャストとスタッフの皆さんはお疲れ様&ありがとう!みんな仲良く楽しげなだけでちょっとは救われるよ (´Д⊂ヽ

 

予告。

ドライブ、え、ちょっと思ってもなかったような世界観?どれくらい広がりがあるのか期待する。

車で刑事で、どうなるんだ?