Hatena::ブログ(Diary)

言霊の力<<あなたへのコトバ>> 2010.3

その他の日記・ブログランキング
Google
WWW を検索 d.hatena.ne.jp/korto-darma/ を検索

2013-09-29 <コントロール>

A:「貴方は現状を詳しく知らないのに、コントロールされているなんてよく言えますね?」

B:「専門家が全力を挙げて最善をつくしてますから。」

A:「被爆防止対策はどうするつもなんですか?」

B:「我が国は被爆国ですから、これまで原子力の平和利用に取り組んできました。

   これからもそうです。」

A:「それはどうかと思いますよ。

   貴方は本当に悪魔をコントロールできるとでも思っているんですか?」

B:「方法はあると考えています。」

A:「どんな方法ですか?」

B:「それをこれから考えるんです。」

A:「逆でしょ。方法を十分に考えてから対策が始まるんだから。」

B:「そういう方法もありますね。」

A:「話にならない。」

2013-09-28 <訓練>

A:「この中から好きなカードを選んで。」

B:「これ。」

A:「この山に入れて。」

B:「これでいい?」

A:「そしたら、すきなだっけ切ってから僕に渡して。」

B:「はい、どうぞ。」

A:「では、見てて。2つに分けるから。」

B:「・・・。」

A:「どっちか選んで。」

B:「こっち。」

A:「また2つに分けるよ。どっち?」

B:「こっち。」

(時間経過)

A:「2枚になったね。どっち?」

B:「これ!」

A:「どう?当たった。」

B:「それが、最初のカードを思い出せないんだ。」

A:「分かってるよ。だらか、こうやって訓練してるんだから。」

B:「思い出せないのは、それだけじゃないんだ。」

A:「何?」

B:「君が誰なのか思い出せないんだ。」

A:「じゃ、ここに予備のカードがあるから、僕の名前を書くよ。」

B:「覚えたよ。」

A:「この山に戻して。さっきと同じようにやるからね。」

(時間経過)

A:「2枚になったね。どっち?」

B:「これ!」

A:「どう? それは誰の名前?」

B:「自分の名前じゃないことは分かるんだけど、思い出せないんだ。」

A:「何が?」

B:「自分の名前が。」

2013-09-26

<疑問>

12:13

・この星に知的生物が出現したときから、

 貴方の抱く疑問が幾たびも発せられてきましたが、

 誰も貴方が納得のいく答えを出した者はいません。

 おそらく、その答えは貴方自身が見つけるものだからでしょう。

2013-09-21 <脚>

A:「このブログの記事は短いのが多いね。」

B:「長文だと、すぐに馬脚を現すからでしょ。」

A:「馬の脚ってのも、そう悪くはないね。君はどう思う?」

B:「馬の脚自体は、むしろカッコいいんじゃないの。」

A:「じゃ、どうして馬脚なのかな?」

B:「ヒトの胴体には似合わないからだよ。」

2013-09-19

<らくだ>

12:31

・あなたは、富める者が神の国に入るより、らくだが針の穴を通る方が易しいと、教えてくれました。

 らくだを針の穴に通すのはそれほど楽だと思えません。わたしには、らくだを買うおカネはありません。

 富める者は、おカネではどうにもできないことをよく知っており、

 貧しき者は、おカネがなくてもなんとかなることを知っているのです。

2013-09-18 <無題>

・あんさんが関西人でないんとおんなじくらい、

 わては関東人ではおまへん。

・闇ん中で生きとんのは、おみゃーさんだけではないだがや。

・おめーも、せつねーことに、生き抜かねばならねー。

・A:「ウンジュヤ チャーガンジュー ヤミセーミ?」

B:「それが、セミは元気がないんです。」

2013-09-16 <方から>

A:「どうして台風って書くのか、君は知ってる?」

B:「さぁね。大風の方がいいと思うけど。

   台湾の方からやってくるからじゃないの。」

A:「フィリピンの方からくる場合もあるよ。」

B:「それはフィリピン風だな。」

A:「なんかインフルエンザみたい。」

B:「そもそも台風ってのは外来語なんだから、タイフーンと書くべきものだよ。」

2013-09-15 <親>

・貴方が親の有り難味を知る頃には年老いている。

・あなたの信念は、肉親の情に勝るものであろうか。

・おカネしか出さない○○○が、いまさら

 あなたの親と名のることもできないでしょう。

2013-09-14 <許せ>

・貴方がその人をどうしても許せないとしたら、

 その人を買いかぶり過ぎているか、それとも、

 ただの貴方の思い上がりかも知れません。

2013-09-11 <漏れ>

・あなたの涙は漏れてくるのではなく、染み出してくるのでした。

・木漏れ日は、風が貴方に贈るメッセージのように○○を告げている。

・あなたにも、漏れなくホコリが付いてくる。

・貴方の喜びはココロから溢れ、

 鬱積はココロの穴から漏れ出してゆく。

2013-09-10 <続け>

・続けることだけが、君にとって力となる。

・○に続けば、そなたの進むべき道は開かれる。

・貴方は、ココロも張り裂けんばかりに、

 何かを待ち続け、ただ風を見つめていた。

2013-09-08 <簡単>

・あなたの全てを信じることは、そう簡単ではありません。

 でも、あなたのくもりなきその思いを、信じたいのです。

2013-09-07 <風力>

A:「君は知らないかもしれないけど、ここら辺は風が非常に強い地域なんだ。」

B:「それじゃ、風力発電所を設置すればいい。」

A:「そんなことは無理だよ。」

B:「どうして?」

A:「竜巻が多いんだからね。あんな大きな羽根が回転しながらアチコチ飛び回る姿を想像するとゾッとするよ。」

B:「羽根を使わない風力発電所もあるさ。」

A:「どんな?」

B:「パラボラアンテナみたいな形をしてるよ。」

A:「竜巻が起こると、その円盤が回転して人に襲いかかることなる。」

B:「そんなこといってたら、何んだって人に襲いかかるさ。」

A:「だから、この辺には何も造らない方がいいんだ。」

B:「広くて見通しのいい場所ほど、竜巻が発生しやすいのに。」

2013-09-04 <隠し子>

A:「どうして、隠し子などというコトバがいまだに残ってるのかな。

 結婚していようがいまいが、自分の子であることに違いはないのに。」

B:「君は隠し子、いないの?」

A:「残念ながらいないけど、そもそも隠す必要がないよ。」

B:「その昔、子は宝ものだから、隠す必要があったんだ。」

2013-09-03 <大統領>

A:「50年前の演説から、この国は変わったんだ。」

B:「黒人の大統領が出た。」

A:「次は女性大統領さ。」

B:「その次は?」

A:「そーだな。子供の大統領かな。」

B:「それは、あまりにも変わり過ぎじゃないの?」

A:「君は、まだこの国のことを分かっちゃいないようだ。」

B:「何が?」

A:「この国でみる夢に、不可能はないってことさ。」

2013-09-02 <賽>

・神が賽子を振るとしても、出目をご存じなのであろうか。

 それとも貴方の気まぐれが全てを決定するのだろうか。