中小企業、最後の相談所

2016-06-23 名古屋へ

今日から名古屋出張

ほぼ月に1回は名古屋出張している

出張終了後は、重粒子線治療を受けた重粒子科学病院で診察を受ける

重粒子治療後、1年と2カ月近くが経過した。再発や転移がないことを希望し続けているが、そろそろ発生する時期かもしれない。万が一、再発や転移があった場合は、最適な治療選択したい。


名古屋今日真夏のようだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kosakayuji/20160623

2016-06-11 梅雨

今年の梅雨は雨が少ないようだ。関東の水がめであるダム貯水率が減少している。節水必要性が高まりそうだ。

ISOの審査では、品質環境観点組織マネジメントシステムが、JIS等の規格要求事項に適合しているか組織目的整合しているか等の多様な観点で見させて頂く。

品質に関する審査では、プロセスに重点をおいた審査をしているが、環境場合は、効率化、負荷の軽減、その結果としてのコストダウン等を見させて頂く。

例えば、節水について、どの程度節水するのか、どのように節水するのか、節水がなぜ必要なのか、誰が節水管理するのか、どのような指標管理するか、いつ節水状況を確認するのか、等を事前に計画し、その計画の実現性を高めるために自覚を高める等の教育を行ったり様々な観点目標値の達成を実現しようとする。

その結果、節水が実現できれば、同時にコストダウンにもなろう。

コストダウン組織意図した活動の結果であれば、組織意図を実現する道具に節水活用出来たこととなる。

ISOは経営の道具であると言われていながら、道具を持つことが目的化しており、道具の活用ができない組織が多かったが、新たなISOはそのような組織朗報であろう。

その朗報を活かすか否かは、組織能力の問題だと思う。

新たなISOに基づくシステム見直しに関するコンサルティング契約を結び、定期的に訪問するケースが多くなっている。

新たなISOへの移行だけでなく、実質的に役立つシステム作りに貢献したいと思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kosakayuji/20160611

2016-05-09 学ぶ社会人

5月7日(土)〜8日(日)の二日間、千葉商科大学中小企業診断士養成課程の講義を受け持たせて頂いた。

今年で7期生だ。毎年、出会いがあり、様々な職業あるいは職歴の方々とのご縁を頂ける。

出身学歴職業等様々な背景を有する方々だが、共通する点がある。

それは、2年間に及び土日を中心とした中小企業診断士養成課程を受講されるという高い志だ。

その高い志を考えると、講師も事前準備に力が入る。

学ぶ社会人の方々の高い意欲を考えると、学ぶ人、学ばない人の益々の差の拡大を懸念する。


今日から名古屋出張名古屋でも高い志の方々との出会いがありそうだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kosakayuji/20160509

2016-04-14 つばめ

ツバメが飛来すると、初夏を感じさせる。

今年もツバメが飛来し、にぎやかにさえずっている。

周りが鎌ヶ谷市船橋市に住む我が家では、非常に稀ではあるが、夜中に「奉公、ぼろ着て奉公」というフクロウのさえずりが聞こえることがある。

遠くから聞こえるフクロウのさえずりは、何とも言えない風情がある。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kosakayuji/20160414

2016-04-12 入園式

今日は近くの幼稚園入園式があった。

昼過ぎには、入園したての子供と、家族が楽しそうに歩いていた。

そんな中、大きな声で「幼稚園に行きたくな〜い」と泣いている女の子がいた。

その幼稚園は、人気の幼稚園10月の願書配布日には、まだ暗い早朝からお父さんやお母さんが並んでいる。

子供にとって、新たな環境に慣れるまでは、少し戸惑うこともあるだろう。

あっと言う間に慣れて、幼稚園が楽しくなると思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kosakayuji/20160412