Hatena::ブログ(Diary)

漉餡大福日記

  

2017/09/18

[]NHK交響楽団 第1864回定期公演 Aプログラム

f:id:koshian_daifuku:20170917140933j:image:w180:right

2017年9月17日(日) 開場 2:00pm 開演 3:00pm

NHKホール*1

ショスタコーヴィチ/交響曲 第7番 ハ長調 作品60「レニングラード」

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ

※本公演は休憩がございません。開演後はお席にお着きいただけませんので、あらかじめご了承ください。

南の台風と北のミサイル?が迫る中、満を持してのタコ7。前座なし、休憩なし、アンコールなしのガチな演奏会。

舞台上には座り切れないほどの楽員がずらり。ふだんTVで観ている日本を代表する音楽家を間近に見られる幸せ。金管は所謂「別動隊」を含めてフルキャストの豪華メンバー*2

そして我らがマエストロ、パーヴォ・ヤルヴィ*3氏登場。「人間の主題」「戦争の主題」*4を軸に展開するこの重厚長大な曲を何の迷いもなく振り切った。これに応えるオケも完璧な演奏。これだけの数の楽器が同時に鳴る荘厳な響きはまさに神秘的。ピッコロ、バスクラリネット、コントラファゴットなど、普段は脇役的な楽器が大活躍。CDでは聞こえてこない倍音も十分に響き渡らせた。

今まで数えきれないほど聴いたこの曲のライブは初体験。生きてるうちにもう一回聴けるかどうか。コンサートは一期一会。

*1:椅子にガタがきて時々軋む音が気になる。ぼちぼち更新してほしい。

*2:トランペット3+3=6、ホルン4+4=8、トロンボーン3+3=6、チューバ1

*3:先日のEテレで「交響曲はシリアスなジョークだ」と若い指揮者を指導していたのが面白かった

*4:「戦争の主題」は、かのシュワちゃんがアリナミンAのCMで歌った「ちちんVVの唄」に使われていることでも有名。

2017/09/09

[] 東京都受動喫煙防止条例(仮称)についての意見を提出

東京都受動喫煙防止条例(仮称)についてご意見を募集に以下の意見を提出。


1.目的

「都民の健康の確保を図ること」について、東京都には近隣県等から多数の通勤者・通学者等が集まるほか、近年は外国人観光客も多く来訪する。これら都民以外の人々を受動喫煙被害から守ることも目的に追加すべきである。


2.条例において定めること

「望まない受動喫煙の防止」について「望まない」という限定を付すべきでない。たとえ同意の上であっても受動喫煙による健康への悪影響は同じであり、全ての受動喫煙の防止を明確にすべきである。


3.定義

パイプたばこや、違法に製造・販売されたたばこ相当品も含め、もれなく本条例の対象に含めるべきである。


4.関係者に求めること

「都民等」には都民のほか、都内に存在(移動・通過する者を含む)する全ての人間が含まれることを明確にすべきである。


5. 多数の人が利用する施設

「多数の人が利用する施設」なる概念はわかりにくく、運用が混乱する懸念がある。次項の「喫煙禁止場所としない」場所を除き屋内禁煙とするべきである。


6. 以下の場所は、喫煙禁止場所としない

旅館・ホテルは、喫煙室と禁煙室を分けている施設が多いが、禁煙室で喫煙する宿泊者が多い。喫煙した宿泊者が部屋に残留させた毒物を除去することは不可能であり、完全禁煙とすべきである。

「演劇等の用に供する舞台の場所」についてなぜ禁煙としないのか理解に苦しむ。演劇における喫煙表現は疑似的な小道具を工夫すれば問題ないと考える。


7. 敷地内禁煙

敷地内には喫煙専用室の設置を認めない旨を明記すべきである。

敷地内禁煙とした場合、例えば学校周辺の路上・公園等屋外で喫煙し近隣住民等への迷惑となる可能性がある。従い、当該敷地の周囲(例えば300メートル四方)の路上喫煙も禁止すべきである。


8. 屋内禁煙

長距離路線バスや観光バスの中には喫煙専用室を設置しているものがあるが、完全禁煙を義務付けるべきである。

官公庁には、国会および国会議員が利用する施設が含まれることを明確にすべきである。


9. 原則屋内禁煙(喫煙専用室設置可)

都内を走行する鉄道については、東海道新幹線(JR東海)のみ喫煙席または喫煙専用室が設置されており、その他の新幹線(JR東日本)、在来線・私鉄は完全禁煙化されている。即ち原案では現状と何も変わらないことになる。本条例の目的に照らせば、東海道新幹線についても完全禁煙化すべきである。

喫煙専用室の設置を認める場合は、天井・壁・床を完全に密閉するとともに、扉の開閉・人の出入りに伴い煙が外に漏れないような設備とし、要件を満たさない喫煙室の設置者には罰則を科すべきである。


10. 施設等の利用者に求めること

禁止される行為は喫煙に限定せず、例えばたばこに火をつける、電子たばこのスイッチを入れるなどの準備行為や喫煙後の吸い殻を投棄したり、消火させないまま灰皿に放置して立ち去る行為なども含めるべきである。


11. 施設等の管理者に求めること

灰皿の設置は、喫煙禁止場所内だけでなく、人の出入り口付近など、その周囲(当該施設敷地内全域)も禁止すべきである。


12. 実効性の担保

個人である喫煙者本人と法人を含む施設管理者の罰金額の上限が同額の5万円としている点は不合理である。施設管理者に対する罰金額の上限は少なくとも個人の10倍以上とすべきである。

個人に対する措置としては、罰金の納付に替えて禁煙外来の受診を義務付けることで、喫煙率を引き下げることを通じ受動喫煙防止の実効性を高めることができると考える。


13. 条例の施行時期

人の生命・健康を守るための条例の施行が2019年というのはあまりにも遅すぎる。また、条例の可及的速やかな施行こそが最も有効な周知であり、そのための合理的な期間を設定した上で罰則の適用を開始するのが相当である。


99. その他

近隣県から都内に通勤する者として、本条例案の趣旨に賛同する。東京都が世界に恥じない受動喫煙対策を率先して実行することで、他府県や国の受動喫煙政策も大きく前進することを期待する。

本条例案に対して、日本たばこ産業や政治家の一部(自民党たばこ議連等)およびこれらの者と連携する業界団体等が、組織的に反対意見を表明する等して条例の制定を妨害またはその内容を骨抜きする活動を展開することが強く懸念される。東京都におかれては、小池知事のリーダーシップの下、都民および都外からの来訪者の健康確保を最優先に、これらの妨害工作を断固として排除するとともに、その反社会性を都民・国民に広く周知していくべきである。

2017/01/21 トランプ新大統領の就任演説全文(英語)

[]トランプ新大統領の就任演説全文(英語)

Chief Justice Roberts, President Carter, President Clinton, President Bush, President Obama, fellow Americans, and people of the world: thank you.

We, the citizens of America, are now joined in a great national effort to rebuild our country and to restore its promise for all of our people.

Together, we will determine the course of America and the world for years to come.

We will face challenges. We will confront hardships. But we will get the job done.

Every four years, we gather on these steps to carry out the orderly and peaceful transfer of power, and we are grateful to President Obama and First Lady Michelle Obama for their gracious aid throughout this transition. They have been magnificent.

Today’s ceremony, however, has very special meaning. Because today we are not merely transferring power from one Administration to another, or from one party to another – but we are transferring power from Washington, D.C. and giving it back to you, the American People.

For too long, a small group in our nation’s Capital has reaped the rewards of government while the people have borne the cost.

Washington flourished – but the people did not share in its wealth.

Politicians prospered – but the jobs left, and the factories closed.

The establishment protected itself, but not the citizens of our country.

Their victories have not been your victories; their triumphs have not been your triumphs; and while they celebrated in our nation’s Capital, there was little to celebrate for struggling families all across our land.

That all changes – starting right here, and right now, because this moment is your moment: it belongs to you.

It belongs to everyone gathered here today and everyone watching all across America.

This is your day. This is your celebration.

And this, the United States of America, is your country.

What truly matters is not which party controls our government, but whether our government is controlled by the people.

January 20th 2017, will be remembered as the day the people became the rulers of this nation again.

The forgotten men and women of our country will be forgotten no longer.

Everyone is listening to you now.

You came by the tens of millions to become part of a historic movement the likes of which the world has never seen before.

At the center of this movement is a crucial conviction: that a nation exists to serve its citizens.

Americans want great schools for their children, safe neighborhoods for their families, and good jobs for themselves.

These are the just and reasonable demands of a righteous public.

But for too many of our citizens, a different reality exists: Mothers and children trapped in poverty in our inner cities; rusted-out factories scattered like tombstones across the landscape of our nation; an education system, flush with cash, but which leaves our young and beautiful students deprived of knowledge; and the crime and gangs and drugs that have stolen too many lives and robbed our country of so much unrealized potential.

This American carnage stops right here and stops right now.

We are one nation – and their pain is our pain. Their dreams are our dreams; and their success will be our success. We share one heart, one home, and one glorious destiny.

The oath of office I take today is an oath of allegiance to all Americans.

For many decades, we’ve enriched foreign industry at the expense of American industry;

Subsidized the armies of other countries while allowing for the very sad depletion of our military;

We've defended other nation’s borders while refusing to defend our own;

And spent trillions of dollars overseas while America's infrastructure has fallen into disrepair and decay.

We’ve made other countries rich while the wealth, strength, and confidence of our country has disappeared over the horizon.

One by one, the factories shuttered and left our shores, with not even a thought about the millions upon millions of American workers left behind.

The wealth of our middle class has been ripped from their homes and then redistributed across the entire world.

But that is the past. And now we are looking only to the future.

We assembled here today are issuing a new decree to be heard in every city, in every foreign capital, and in every hall of power.

From this day forward, a new vision will govern our land.

From this moment on, it’s going to be America First.

Every decision on trade, on taxes, on immigration, on foreign affairs, will be made to benefit American workers and American families.

We must protect our borders from the ravages of other countries making our products, stealing our companies, and destroying our jobs. Protection will lead to great prosperity and strength.

I will fight for you with every breath in my body – and I will never, ever let you down.

America will start winning again, winning like never before.

We will bring back our jobs. We will bring back our borders. We will bring back our wealth. And we will bring back our dreams.

We will build new roads, and highways, and bridges, and airports, and tunnels, and railways all across our wonderful nation.

We will get our people off of welfare and back to work – rebuilding our country with American hands and American labor.

We will follow two simple rules: Buy American and Hire American.

We will seek friendship and goodwill with the nations of the world – but we do so with the understanding that it is the right of all nations to put their own interests first.

We do not seek to impose our way of life on anyone, but rather to let it shine as an example for everyone to follow.

We will reinforce old alliances and form new ones – and unite the civilized world against Radical Islamic Terrorism, which we will eradicate completely from the face of the Earth.

At the bedrock of our politics will be a total allegiance to the United States of America, and through our loyalty to our country, we will rediscover our loyalty to each other.

When you open your heart to patriotism, there is no room for prejudice.

The Bible tells us, “how good and pleasant it is when God’s people live together in unity.”

We must speak our minds openly, debate our disagreements honestly, but always pursue solidarity.

When America is united, America is totally unstoppable.

There should be no fear – we are protected, and we will always be protected.

We will be protected by the great men and women of our military and law enforcement and, most importantly, we are protected by God.



Finally, we must think big and dream even bigger.

In America, we understand that a nation is only living as long as it is striving.

We will no longer accept politicians who are all talk and no action – constantly complaining but never doing anything about it.

The time for empty talk is over.

Now arrives the hour of action.

Do not let anyone tell you it cannot be done. No challenge can match the heart and fight and spirit of America.

We will not fail. Our country will thrive and prosper again.

We stand at the birth of a new millennium, ready to unlock the mysteries of space, to free the Earth from the miseries of disease, and to harness the energies, industries and technologies of tomorrow.

A new national pride will stir our souls, lift our sights, and heal our divisions.

It is time to remember that old wisdom our soldiers will never forget: that whether we are black or brown or white, we all bleed the same red blood of patriots, we all enjoy the same glorious freedoms, and we all salute the same great American Flag.

And whether a child is born in the urban sprawl of Detroit or the windswept plains of Nebraska, they look up at the same night sky, they fill their heart with the same dreams, and they are infused with the breath of life by the same almighty Creator.

So to all Americans, in every city near and far, small and large, from mountain to mountain, and from ocean to ocean, hear these words:

You will never be ignored again.

Your voice, your hopes, and your dreams, will define our American destiny. And your courage and goodness and love will forever guide us along the way.

Together, We Will Make America Strong Again.

We Will Make America Wealthy Again.

We Will Make America Proud Again.

We Will Make America Safe Again.

And, Yes, Together, We Will Make America Great Again. Thank you, God Bless You, And God Bless America.

http://jp.reuters.com/article/usa-trump-speech-fulltext-idJPKBN1542QJ

2016/11/10 ヒラリークリントン敗北宣言

[]ヒラリークリントン敗北宣言

Thank you. Thank you all.

Thank you. Thank you all have much.

[Applause]

Thank you. Thank you all very much. Thank you so much. A very rowdy group. Thank you, my friends. Thank you. Thank you.

Thank you so very much for being here. I love you all, too. Last night I congratulated Donald Trump and offered to work with him on behalf of our country.

I hope that he will be a successful president for all Americans. This is not the outcome we wanted or we worked so hard for, and I'm sorry we did not win this election for the values we share and the vision we hold for our country.

But I feel pride and gratitude for this wonderful campaign that we built together. This vast, diverse, creative, unruly, energized campaign. You represent the best of America, and being your candidate has been one of the greatest honors of my life.

I know how disappointed you feel, because I feel it too. And so do tens of millions of Americans who invested their hopes and dreams in this effort. This is painful, and it will be for a long time. But I want you to remember this.

Our campaign was never about one person, or even one election. It was about the country we love and building an America that is hopeful, inclusive, and big-hearted. We have seen that our nation is more deeply divided than we thought. But I still believe in America, and I always will. And if you do, then we must accept this result and then look to the future. Donald Trump is going to be our president. We owe him an open mind and the chance to lead. Our constitutional democracy enshrines the peaceful transfer of power.

We don't just respect that. We cherish it. It also enshrines the rule of law; the principle we are all equal in rights and dignity; freedom of worship and expression. We respect and cherish these values, too, and we must defend them.

[Applause]

Let me add: Our constitutional democracy demands our participation, not just every four years, but all the time. So let's do all we can to keep advancing the causes and values we all hold dear. Making our economy work for everyone, not just those at the top, protecting our country and protecting our planet.

And breaking down all the barriers that hold any American back from achieving their dreams. We spent a year and a half bringing together millions of people from every corner of our country to say with one voice that we believe that the American dream is big enough for everyone.

For people of all races, and religions, for men and women, for immigrants, for LGBT people, and people with disabilities. For everyone.

I am so grateful to stand with all of you. I want to thank Tim Kaine and Anne Holton for being our partners on this journey. [Cheers and applause]

It has been a joy get to go know them better and gives me great hope and comfort to know that Tim will remain on the front lines of our democracy representing Virginia in the Senate. [Cheers and applause]

To Barack and Michelle Obama, our country owes you an enormous debt of gratitude.

We thank you for your graceful, determined leadership that has meant so much to so many Americans and people across the world. And to Bill and Chelsea, Mark, Charlotte, Aidan, our brothers and our entire family, my love for you means more than I can ever express.

You crisscrossed this country, even 4-month-old Aidan, who traveled with his mom. I will always be grateful to the talented, dedicated men and women at our headquarters in Brooklyn and across our country.

You poured your hearts into this campaign. To some of you who are veterans, it was a campaign after you had done other campaigns. Some of you, it was your first campaign. I want each of you to know that you were the best campaign anybody could have ever expected or wanted.

And to the millions of volunteers, community leaders, activists and union organizers who knocked on doors, talked to their neighbors, posted on Facebook — even in secret private Facebook sites.

I want everybody coming out from behind that and make sure your voices are heard going forward. [Cheers and applause]

To anyone that sent contributions, even as small as $5, that kept us going, thank you. To all of us, and to the young people in particular, I hope you will hear this — I have, as Tim said, I have spent my entire life fighting for what I believe in.

I've had successes and setbacks and sometimes painful ones. Many of you are at the beginning of your professional, public, and political careers — you will have successes and setbacks too.

This loss hurts, but please never stop believing that fighting for what's right is worth it.

It is, it is worth it. [Cheers and applause]

And so we need — we need you to keep up these fights now and for the rest of your lives. And to all the women, and especially the young women, who put their faith in this campaign and in me: I want you to know that nothing has made me prouder than to be your champion.

Now, I know we have still not shattered that highest and hardest glass ceiling, but someday someone will — and hopefully sooner than we might think right now. [Cheers and applause]

And to all of the little girls who are watching this, never doubt that you are valuable and powerful and deserving of every chance and opportunity in the world to pursue and achieve your own dreams. [Cheers and applause]

Finally, finally, I am so grateful for our country and for all it has given to me. I count my blessings every single day that I am an American, and I still believe, as deeply as I ever have, that if we stand together and work together with respect for our differences, strengthen our convictions, and love for this nation, our best days are still ahead of us.

Because, you know, I believe we are stronger together and we will go forward together. And you should never, ever regret fighting for that. You know, scripture tells us, let us not grow weary of doing good, for in good season we shall reap. My friends, let us have faith in each other, let us not grow weary and lose heart, for there are more seasons to come and there is more work to do.

I am incredibly honored and grateful to have had this chance to represent all of you in this consequential election. May God bless you and may God bless the United States of America.

http://ameblo.jp/benjuku/entry-12218021116.html

2016/07/09 *[飲食]商談の窓口への提案「ロッテ爽マルチ バニラ」

ご担当者殿

以前、マルエツ新都賀店で売っていた「ロッテ爽マルチバニラ」がこのところ見当たりません。販売を再開していただけないでしょうか。

「爽」は、ほかのアイスよりも口当たりが軽く爽やかな味が気にいっています。食後ベタつかないのもよいと思います。

しかし、単品の「爽」は量が多く食べきれません。その点「爽マルチ」は1個の量がちょうどよく、また一箱に4個入っているので、お買い得です。

この地域は小中学校や駅に近く、単身者よりは子どものいる一般家庭が多いと思いますので、「爽マルチ」の需要は相当あるのではないでしょうか。

季節はこれから夏に向かいます。ぜひ前向きにご検討いただければ幸いです。

2016年6月4日

千葉市若葉区 ○○

平素よりマルエツ新都賀店をご利用いただきありがとうございます。また、メールをいただきありがとうございました。

このたびは、「ロッテアイス 爽マルチ バニラ」のご要望を頂戴し、ありがとうございました。

新都賀店では6月10日(金)より販売を開始させていただく予定で、商品を手配いたしました。

ご利用いただければ幸いでございます。

なお、商品供給の都合で販売再開が遅れる場合、または一時品切れの際は、ご容赦いただきますようお願いします。

今後ともマルエツ新都賀店をご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

2016年6月8日

マルエツお客さまサービス

2016/05/29 オバマ米大統領・広島訪問 スピーチ全文(英語)

71 years ago, on a bright cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed. A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.

Why do we come to this place, to Hiroshima? We come to ponder a terrible force unleashed in the not so distant past. We come to mourn the dead, including over 100,000 Japanese men, women and children, thousands of Koreans and a dozen Americans held prisoner.

Their souls speak to us. They ask us to look inward to take stock of who we are and what we might become.

It is not the fact of war that sets Hiroshima apart. Artifacts tell us that violent conflict appeared with the very first men. Our early ancestors, having learned to make blades from flint and spears from wood, used these tools not just for hunting but against their own kind.

On every continent the history of civilization is filled with war, whether driven by scarcity of grain or hunger for gold, compelled by nationalist fervor or religious zeal. Empires have risen and fallen, peoples have been subjugated and liberated, and at each juncture innocents have suffered -- a countless toll, their names forgotten by time.

The World War that reached its brutal end in Hiroshima and Nagasaki was fought among the wealthiest and most powerful of nations. Their civilizations had given the world great cities and magnificent art. Their thinkers had advanced ideas of justice and harmony and truth, and yet the war grew out of the same base instinct for domination or conquest that had caused conflicts among the simplest tribes, an old pattern amplified by new capabilities and without new constraints.

In the span of a few years some 60 million people would die; men, women, children -- no different than us, shot, beaten, marched, bombed, jailed starved, gassed to death.

There are many sites around the world that chronicle this war -- memorials that tell stories of courage and heroism, graves and empty camps, the echo of unspeakable depravity.

Yet in the image of a mushroom cloud that rose into these skies, we are most starkly reminded of humanity's core contradiction -- how the very spark that marks us as a species, our thoughts, our imagination, our language, our tool making, our ability to set ourselves apart from nature and bend it to our will -- those very things also give us the capacity for unmatched destruction.

How often does material advancement or social innovation blind us to this truth? How easily do we learn to justify violence in the name of some higher cause?

Every great religion promises a path to love and peace and righteousness. And yet no religion has been spared from believers who have claimed their faith has a license to kill.

Nations arise telling a story that binds people together in sacrifice and cooperation, allowing for remarkable feats, but those same stories have so often been used to oppress and dehumanize those who are different. Science allows us to communicate across the seas, fly above the clouds, to cure disease and understand the cosmos. But those same discoveries can be turned into ever more efficient killing machines.

The wars of the modern age teach us this truth. Hiroshima teaches this truth. Technological progress without an equivalent progress in human institutions can doom us. The scientific revolution that led to the splitting of an atom requires a moral revolution as well.

That is why we come to this place. We stand here in the middle of this city and force ourselves to imagine the moment the bomb fell. We force ourselves to feel the dread of children confused by what they see.

We listen to a silent cry. We remember all the innocents killed across the arc of that terrible war, and the wars that came before, and the wars that would follow.

Mere words cannot give voice to such suffering. But we have a shared responsibility to look directly into the eye of history and ask what we must do differently to curb such suffering again.

Some day the voices of the Hibakusha will no longer be with us to bear witness. But the memory of the morning of August 6, 1945 must never fade. That memory allows us to fight complacency. It fuels our moral imagination, it allows us to change.

And since that fateful day we have made choices that give us hope. The United States and Japan forged not only an alliance, but a friendship that has won far more for our people that we can ever claim through war.

The nations of Europe built a union that replaced battlefields with bonds of commerce and democracy. Oppressed peoples and nations won liberation. An international community established institutions and treaties that worked to avoid war and aspired to restrict and roll

back and ultimately eliminate the existence of nuclear weapons.

Still, every act of aggression between nations, every act of terror and corruption and cruelty and oppression that we see around the world shows our work is never done. We may not be able to eliminate man's capacity to do evil, so nations and the alliances that we formed must possess the means to protect ourselves.

Among those nations like my own that hold nuclear stockpiles, we must have the courage to escape the logic of fear and pursue a world without them. We may not realize this goal in my lifetime, but persistent effort can roll back the possibility of catastrophe.

We can chart a course that leads to the destruction of these stockpiles, we can stop the spread to new nations, and secure deadly materials from fanatics. And yet that is not enough, for we see around the world today how even the crudest rifles and barrel bombs can serve up violence on a terrible scale.

We must change our mindset about war itself -- to prevent conflicts through diplomacy and strive to end conflicts after they've begun; to see our growing interdependence as a cause for peaceful cooperation and not violent competition; to define our nations not by our capacity to destroy but by what we build; and perhaps above all reimagine our connection to one another as members of one human race -- for this too, is what makes our species unique.

We're not bound by genetic codes to repeat the mistakes of the past. We can learn. We can choose. We can tell our children a different story, one that describes a common humanity, one that makes war less likely and cruelty less easily accepted.

We see these stories in the Hibakusha: the woman who forgave the pilot who flew the plane that dropped the atomic bomb because she recognized what she really hated was war itself; the man who sought out families of Americans killed here because he believed their loss was equal to his own.

My own nation's story began with simple words. All men are created equal and endowed with certain inalienable rights, including life, liberty and the pursuit of happiness.

Realizing that ideal has never been easy, even within our own borders, even among our own citizens. But staying true to that story is worth the effort. It is an ideal to be strived for, an ideal that extends across continents and across oceans.

The irreducible worth of every person, the insistence that every life is precious, the radical and necessary notion that we are part of a single human family: that is the story that we all must tell.

That is why we come to Hiroshima, so that we might think of people we love, the first smile from our children in the morning, the gentle touch from a spouse over the kitchen table, the comforting embrace of a parent.

We can think of those things and know that those same precious moments took place here 71 years ago. Those who died, they are like us.

Ordinary people understand this, I think. They do not want more war. They would rather that the wonders of science be focused on improving life and not eliminating it.

When the choices made by nations, when the choices made by leaders reflect this simple wisdom, then the lesson of Hiroshima is done.

The world was forever changed here, but today the children of this city will go through their day in peace. What a precious thing that is. It is worth protecting and then extending to every child.

That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening.

出典:沖縄タイムス

https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=170323

2015/04/12 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団第288回定期演奏会

[]東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団第288回定期演奏会(高関健常任指揮者就任披露演奏会)

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 第288回定期演奏会(高関健常任指揮者就任披露演奏会)

[出演]高関 健(Cond)、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

[曲目]スメタナ:連作交響詩「わが祖国」全曲

高い城〜ヴァルタヴァ(モルダウ)〜シャルカ〜ボヘミアの森と草原から〜ターボル〜ブラニーク

<プレ・コンサート>

宮沢賢治作詞作曲「星めぐりの歌」による変奏二重奏曲より

第3楽章「サラバンド」、第2楽章「ブーレ」

作曲:田崎瑞博、ヴァイオリン:吉田巧、チェロ:香月圭佑

「わが祖国」全曲をライブで聴くのは人生2回目、かれこれ18年ぶり*1。高関氏の指揮は、右手でタメをつくって左手の合図で一気に爆発させるなど、メリハリの効いたわかりやすい演奏。オケも指揮者の要求によく応え、華々しい東京デビューを飾った*2

全6曲の連作交響詩を休憩を挟んで前後半に3曲ずつ分けての演奏。この場合、拍手をどこで入れるかという問題がある。A:一曲ずつ拍手する*3、B:6曲全部終わってから拍手する、C:前半と後半の最後に拍手する。連作と言えどそれぞれが独立した楽曲と考えればA*4、6曲全部で一つの作品と考えればBだが、正解はAとBの間をとって?C。現実解といったところか。

それにしても、スメタナの音楽は、西洋のものをありがたく拝聴するというより、日本人にはどこか懐かしさを覚える。私にとって「高い城」とはすなわち姫路城であり、ヴァルタヴァ(モルダウ)は淀川である。

*1:初回は1997年1月25日(土)新交響楽団第156回演奏会 指揮:小林研一郎 東京芸術劇場

*2:アンコールがなかったのは残念だがプレ・コンサートがあり、詩の朗読も含めて面白かったのでよしとする。

*3:Aの例として、ヴァーツラフ・タリフ指揮/チェコフィル(1939)

*4:実際、6つの曲は1874年から1879年まで順次作曲されており、特に第4曲と第5曲の間には3年間のブランクがある。第5曲と第6曲は連続性があることも考慮すれば、第4曲のあとに休憩を入れ、後半は残りの2曲+アンコールとしたほうがよかったのではないか。

2015/04/05 千葉県少年少女オーケストラ第19回定期演奏会

[][]千葉県少年少女オーケストラ第19回定期演奏会

千葉県少年少女オーケストラ 第19回定期演奏会

開催月日 平成27年3月29日(日)

開演時間 14:00開演

会場 千葉県文化会館 大ホール

入場料 全席自由  1,000円

出演 指揮:チョン・ミン

管弦楽:千葉県少年少女オーケストラ

音楽監督:佐治薫子

曲目

ベートーヴェン/交響曲第6番「田園」

ストラヴィンスキー/バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)

お問い合わせ

千葉県文化会館

TEL 043-222-0201

http://www.cbs.or.jp/zaidan/perfomance_info/events/150329cl/

千葉県が世界に誇る少年少女オーケストラの年に一度だけの定期演奏会。全員が10代の若者とは思えないプロ級の演奏、そして10代の若者らしいさわやかな演奏。なにより正確な音程が心地よい。特に開演前に入念にチューニングしていたティンパニは準備の甲斐あってかバッチリ決まっていた。これでチケットがたったの1000円とは超おトク。*1

指揮はかのチョン・ミュンフン氏の三男、チョン・ミン氏。その指揮はよく言えばエネルギッシュ、悪く言えばねちっこい。よい面が出たのは「火の鳥」。場面が目まぐるしく変わる曲で聞かせどころの一つ一つを十分に鳴らせてくれた。一方、繰り返しの多い「田園」は、ねちっこさが重く、くどい。なぜか開演直前に曲順が入れ替わった不幸?も重なり、高齢者の多い客席からは寝息も。*2

*1:全席自由だが、受付時に先着順で座席を選択するシステム。しかし肝心の受付開始時刻がアナウンスされてなく、開場時刻13:00の30分前にはよい席はほとんどなくなっていた。運営面の改善を求めたい。

*2:本日2015/4/5(日)「題名のない演奏会」でミン氏が振った「運命の力」も、遅い部分は極端に重くなり、バランスの悪さを露呈した。ちなみに、どうでもいいことだが、筆者の高校時代、この曲は「うんめいりき」と呼ばれていた。

2012/11/06 参 - 厚生労働委員会 - 2号 平成22年10月21日

[][]参 - 厚生労働委員会 - 2号 平成22年10月21日

http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_dispdoc.cgi?SESSION=24495&SAVED_RID=1&PAGE=0&POS=0&TOTAL=0&SRV_ID=9&DOC_ID=7318&DPAGE=1&DTOTAL=1&DPOS=1&SORT_DIR=1&SORT_TYPE=0&MODE=1&DMY=24718

[001/001] 176 -

○梅村聡君 おはようございます。民主党の梅村聡です。

 まずは細川大臣、遅ればせながら、御就任おめでとうございます。また、大臣始め政務三役の皆様方にも、改めてこれからもどうぞよろしくお願いをいたします。

 本日は、まず前半は、たばこ事業法についての話題を取り上げたいと思っております。

 たばこ事業法あるいはたばこ税に関しまして、民主党政策インデックス二〇〇九では、たばこ税については財源確保の目的で規定されている現行のたばこ事業法を廃止して、健康増進目的の法律を新たに創設しますと、こういう記述があるわけでございます。

 このたばこ事業法というのはそもそもどういうものなのかということで、この目的、第一条でありますけれども、ここを読んでみますとこういう文言がございます。後半部分ですが、「我が国たばこ産業の健全な発展を図り、もつて財政収入の安定的確保及び国民経済の健全な発展に資することを目的とする。」と、こういう文言がございます。この記述からは残念ながら国民の健康という観点は読み取れないわけでありますが、そもそも、我が国は葉たばこたばこ製品の世界的な広がりを制限する法的拘束力のあるFCTC、これを批准しているわけでありますが、この目的とたばこ事業法の目的というのがそもそも相入れるのかと、その関係を財務省としてはどうお考えになるのか、まずはお答えいただきたいと思います。

大臣政務官吉田泉君) 条約とこの事業法の整合性といいますか、そういう問いだと思います。

 おっしゃるようにこのたばこ規制枠組条約、内容は、たばこの包装への健康に関する警告の表示、それからたばこ広告の規制、さらには受動喫煙の防止、未成年者に対するたばこ製品の販売を禁止するための措置等を通じてたばこの健康に対する悪影響を減らそう、人々の健康を改善しようと、こういうところが条約の目的でございます。

 一方、このたばこ事業法、確かに今おっしゃるような目的の書きぶりでございますが、その傍ら、たばこの消費と健康との関係に関する注意表示の義務付け、さらには広告規制、これについても事業法でありながら規定しているところでございます。そういう意味ではたばこと健康との観点にも配慮している法律であると、このように言えると思います。

 したがって、この条約と事業法、両者は矛盾するものではないと考えているわけでございますが、今後、インデックスそれから大綱をベースに、この条約が目指している健康の改善について、財務省とか事業法だけじゃなくて、よその関係省庁、よその法律たばこに関する法体系全体で見直すと、そういうつもりでやってまいりたいと思います。

○梅村聡君 ありがとうございます。

 法体系という形からいえば、条約、これは法の、法律の上に当たるわけでありますから、そういう意味でいえばこの第一条というところを考えていかないといけない、改正も考慮していかないといけないと、私はそのように考えております。

 では、もう一問、財務省にお伺いをいたします。

 昨年の十二月二十二日に当時の鳩山内閣閣議決定をされました平成二十二年度税制改正大綱、この中にはこういう文章もございます。たばこ税については、これまで安易な財源確保策として用いられてきたという問題があります。これはたばこ税酒税が財源確保を目的に創設されたことに由来するものですが、前記の基本的な考え方に照らして、このようなあり方は望ましいものではありませんと、こういう閣議決定をされた大綱があります。

 ここには財源確保策としては望ましくないとはっきり明記をされているわけでありますが、ここについても、このたばこ事業法の目的とはやはり相入れないのではないかなと考えておりますが、その関係についても御答弁いただきたいと思います。

大臣政務官吉田泉君) おっしゃるように、インデックスを踏まえて、去年、税制改正大綱、今おっしゃったような記述が載ってきたところでございます。それに従って、この十月一日、たばこ増税が行われたというところであります。

 我々も今後たばこに関する法制の見直しという大きな課題に取り組んでまいりますが、まずは今回のこの増税の影響、大変大きなものが予想されておりますので、その辺をよく見極めた上で、我々が所管する事業法、そしてたばこの法制全体の見直しに取り組んでいきたいと、こう思っております。

○梅村聡君 今たばこ税のお話がありましたけど、私はこの基本的な考え方を整理した先に価格政策があると思っておりますから、ですから、そういう意味でいえば、まずはこの目的ということをはっきりさせるということが大事なのではないかなと考えております。

 それでは、今度は厚生労働省の皆さんにお伺いしますが、ここまでの議論を聞かれてどうお考えになるかということなんですね。

 今二点質問をしました。一つは、法律よりも上位にあるFCTCという条約との関係、ここがやはり目的としては二つ矛盾するのではないかと、それからもう一点は、現政権税制改正に対する基本思想である税制改正大綱、こことの目的、思想にも矛盾があるということから考えますと、少なくともたばこ事業法を、先ほども吉田政務官からお答えがありましたけど、このままの形で全く手を入れずに残すということは少し考えにくいんじゃないかなと思っております。

 ですから、インデックスに書かれてあることは、実はこれは、たばこ事業法を廃止した上でやはり新たな法律を作るべきではないか、百歩譲って、それがすぐに作業に取りかかれないとしても、たばこ事業法は確かに中に、吉田政務官お答えになられたように必要な規制の部分というのはございます。しかし、百歩譲っても、この第一条の条文は早急に私は改正をすべきだと考えておりますが、厚生労働省の見解をお願いいたします。

副大臣藤村修君) 梅村委員にお答えいたします。

 今御説明いただきましたように、民主党インデックス二〇〇九ですか、ここでは、財源確保の目的で規定されている現行のたばこ事業法を廃止してと、そのように割にはっきりと書いてあります。また、先ほど御説明のあった税制改正大綱においても、たばこ法制について、現行のたばこ事業法を改廃しという書き方であります。そういう意味では、大きな方向はそのように当然流れが出てくるだろうと思っております。

 厚生労働省の立場でいいますと、たばこの健康に及ぼす影響というのは明らか、悪影響は明らかでありますし、またがんや循環器疾患などの生活習慣病を予防する上でもたばこ対策が重要な柱の一つであります。

 我々は、たばこ事業の在り方、これは所管が財務省ではあります、この法律は。ですが、たばこ事業法を所管する財務省において検討が進められる、それを後押しするための、国民の健康増進の観点からの関係省庁に働きかけを今後してまいりたいと思っております。

○梅村聡君 厚生労働省としては後押しをしていただけるということだと思いますが。

 現時点においては、たばこを管轄、管理する法律というのは、これはたばこ事業法になるわけであります。では、改廃ということでありますけれども、改正なのか廃止なのかということも含めて、じゃ、次、たばこを管理、管轄する法律というのはどういうものであるべきなのかなと。ちょっとそこを考えてみたいと思います。

 今、医療機関とかそれから薬局に行きますとニコチン製剤というものが売られております。これは、例えば張る薬であったりとか口からのものであったりとかいろいろありますが、このニコチン製剤は、これは薬事法で管理、管轄ということをされているわけなんです。

 そうしますと、たばこはこれは吸うわけなんですけれども、このニコチン製剤に比べて頻回に、しかも急速に体内にニコチンが入ってくるわけなんです。ということは、本来、たばこというものを管理、管轄する法律薬事法と同等若しくはそれ以上に強い規制力を持った法律で管理をしなければ話の整合性としては合わなくなってくると思うんですが、このことについて厚生労働省の見解をお願いしたいと思います。

政府参考人(間杉純君) たばこ薬事法上の取扱いについてお話を申し上げたいと思いますけれども、薬事法には御案内のとおり医薬品の定義がございまして、人の病気の診断、治療あるいは予防を目的として使用されるもの、すなわち治療目的のものなどにつきまして医薬品として規制を行っているわけでございます。

 したがいまして、今先生から御指摘がありましたニコチン製剤、パッチとかガムなどでございますけれども、これは言ってみますれば禁煙補助剤ということで禁煙治療の補助を目的としておりまして、薬事法上の医薬品に該当すると、こういう取扱いでございます。

 一方、たばこでございますけれども、これは治療といった目的ではございませんで、むしろ嗜好品という用途に供されるものでございますので、薬事法医薬品には該当しないというふうなことで薬事法の規制の対象とはしていない、そういうふうな取扱いとなってございます。

○梅村聡君 従来の見解であれば、私もそのお答えかと思います。ただ私は、今日はたばこがそもそも嗜好品なのかどうかということをちょっと議論したいと思うんですね。

 今まさに医薬食品局長がお答えいただいた答弁になるんですが、今年の八月十八日に、まさにその医薬食品局の方から一枚の各都道府県衛生主管部薬務主管課長殿ということでこの依頼文が出されているんですね。これは何かというと、電子たばこニコチンが含まれる電子たばこについてという、そういう依頼文が出ているんですね。

 ここにどういう記載があるかというと、まず、ニコチンが含まれる電子たばこがあります、使用には御注意くださいと。この文書にはどう書いてあるかというと、この四行目ですけれども、ニコチン医薬品成分で、長期間、繰り返し使用すると吐き気や嘔吐、けいれん、頭痛、目まいなどの副作用依存症が現れたりと、こういう文章があるわけなんですね。それから、九行目のところには、ニコチンを含む電子たばこは基本的に薬事法に基づく承認が必要ですと、こう書かれてあるわけですね。あるいは、その文書の中にも、ニコチンを含むカートリッジ薬事法第二条第一項に規定される医薬品に相当しますと、こういう文章があるわけなんですね。

 つまり、この八月十八日の文書には、ニコチンイコール医薬品と。これは治療目的どうこうではなくて、電子たばこというのは普通のたばこに比べるとニコチンは明らかに少ないんですけれども、既にそういう文書が公式に出されているわけですね。これはホームページなんかでも入手すること可能ですけれども。

 電子たばこより多量のニコチンを含んでいる普通のたばこ嗜好品であると。じゃ、どうしてそういうお答えをせざるを得ないのかというと、これはもう私がお答えしますが、たばこ事業法をいじらないという前提だからです。そこをいじらないという前提だったら、そこを擦り抜けて答えようと思ったらどう答えないといけないかというと、嗜好品と答えざるを得ないわけですよね。それは本末転倒だと思います。

 これはとても不幸なことでして、本来からいえば、物の解釈が法律に合わせないといけないというのはこれは逆でありまして、本来からいいますと、先ほどから私が申し上げているように、たばこ事業法に代わる新たな管轄する法律ということが必要なわけなんです。ですから、それを作らないから、嗜好品だという矛盾した答えを言い続けなければいけないと。その矛盾がまさに八月十八日に噴出をしたと。もう裸の王様なわけです。今日やっと裸やと言えたんですけれども、裸の王様なわけなんですね。

 ですから、このたばこ事業法の改正、あるいは改廃なのか、廃止なのか新たな法律を作るということなのか、民主党インデックス二〇〇九に戻ってくるという、そういう論理が私はあるんだと思っています。

 ですから、これまでたばこ政策に取り組んでこられた小宮山副大臣、ちょっと答弁予定していなかったんですけれども、今のお伝えしたいことは、昨今、たばこ税が高いとか安いとか、幾ら上げるのか云々という技術論に入ってきてしまっているところがそもそも不幸なことだと思っています。今申し上げたように、たばこ規制枠組条約、FCTCとの関係はどうなのか、あるいは今の内閣税制改正大綱との整合性はどうなのか、あるいは今申し上げたような嗜好品というのをこれまだ言い続けるんですかと。言い続けることは、もう今回の通知でも言い続けることができないということが分かってきましたし、そのためには、薬事法あるいは薬事法と同等の規制力を有する法律を作らなければいけない。

 こういう議論をきちっとした上で価格政策ということを決められれば、これは、今はもう本当に不幸で、上げ過ぎだとか二年連続上げるのかとか、そんな話ばっかりになってきていると。この議論をきちっとした上で、本来の価格政策どうなのか、あるいは広告をどうするか、青少年に対する規制を、喚起をどうしていくのかということを考えなければいけないと思いますが、その骨太の政策作りを私はお願いしたいわけですが、小宮山副大臣の見解をお願いしたいと思います。

副大臣小宮山洋子君) 御質問ありがとうございます。

 梅村委員とは共にいろいろとこの禁煙対策、たばこ対策をやってきたので御指名をいただいたんだと思います。

 厚生労働省としては、役所としての立場というのもあると思いますけれども、せっかく政権交代をいたしまして、私どもは民主党の政策として先ほどからおっしゃったような形でたばこ政策に取り組みたいと思っておりますので、是非そうしたおっしゃることが実現しますように、私もこちらの政務の方の一員としてできる限りの努力はしていきたいと。おっしゃるとおりだと思っております。

○梅村聡君 また財務省にも是非お力添えをいただいて、良い政策作り、法律作りをお願いしたいと思います。

 それでは、吉田政務官、こちらで御退席いただいて結構でございます。

2011/08/11 A Lingering Scent of KOBE 2011.8

2011/07/10

[]機内食の作法(ANAエコノミー編)

機内食をエコノミーの狭い座席で要領よく美味しくいただくのは意外に難しい。周りを見るとかなり苦労して食べている乗客もおられるようだし、こういった情報はあまり世の中に出ていないと思われるため、一例として私の作法を紹介する。

 

1.飲み物の選択

f:id:koshian_daifuku:20110701191451j:image:w360

料理が配られると、まず飲み物を選択する。ANAでは最初の飲み物は全て冷たいものばかりである。熱い緑茶、紅茶、コーヒーは食後まで提供されない。従って最初に熱いお茶などを頼むと客室乗務員の手を煩わせることになり、他の乗客を待たせるなどマナーに反することにもなる*1。ちなみに真偽のほどは定かでないが、上空の機内では、気圧の関係かワインの味がよくなるという説がある。確かに、エコノミーの安ワインでもそんな感じがしないでもない。逆にビールコーラは泡が立ちすぎたりして難儀する場合がある。ここではワインの例とする。メインのお皿にはフタがついていて、料理の名前が書かれている(書いてないこともある)。できれば中身を素早く確認して、赤か白かを決めておけばスムーズにオーダーできる。ワインは、プラスチック製の細いミニボトルと逆台形のプラカップで提供される。即ち、少しずつ飲むには、大変不安定になる。そこで、カップホルダーの穴*2にカップを差し込み、ワインを全部注ぎ込んでしまうのがよい。こうすればワインの残量を確認しながら食べる量とタイミングを調整することもできる。ワインを注いだら、ボトルにフタをして、前のポケットに置いておく。

 

2.フタの処理

f:id:koshian_daifuku:20110701191608j:image:w360

料理はオードブル、メイン、麺類*3で構成される。オードブルと麺類またはケーキのフタは、裏返して容器の底に格納できるが、メインの容器は少し深みのある陶器の中に置かれていて、構造上フタを格納することができない。さりとてこのフタを前のポケットに入れたりすると雑誌や持ち物を濡らしたり汚す可能性があり、オススメできない。ここでは、カップホルダーの手前に裏向きに置くのがよい。そして、使用済みの調味料の袋などのゴミの仮置き場とするのである。塩やコショーは、全部使ってしまうには多すぎるし、使い残してトレイに置いておくと粉が散乱することもあり、注意が必要である。

 

3.片付け

f:id:koshian_daifuku:20110701193710j:image:w360

食べ終わったら*4、全てのゴミをメインのお皿に収納しフタをする。ナプキンプリンの容器を拭いてから収納するときれいになる。また、このフタは不透明であるので、ゴミが見えなくなり、とてもスッキリした外観になる。ワインのボトルは、前のポケットから取り出し、トレイの隙間に横向きに置くと乗務員が回収しやすい。ナイフ、フォーク、スプーンは容器に入れてしまうと、あとでゴミと分離するためにまたフタを開けて取り出さないといけなくなるので、トレイ*5の上に見えるように置くべきである。

 

以上、ご参考まで。

*1:しかし夏でも熱い飲み物を好む中国人が多い中国線などでは熱い緑茶だけでも用意すべきではないか

*2:ANAは穴あきタイプ、JALは穴なしタイプ。当然、安定性はANAのほうがよい。但し、ホルダーから取り出すときの力加減に注意が必要

*3:またはケーキ。ケーキのない場合、メグミルクの「とろけるカスタードプリン」がつく「とろけるプリン」はティーカップの中に収納されている

*4:肝心の食べ方の作法を書いていないが、各自ご随意に。

*5:このトレイは熱のためか時々変形しているものが散見される。トレイが回転したり滑ったりして料理をひっくり返す危険があり、不良品はきちんと取り除いていただきたい。

2010/09/12 日本フィル第623回定期演奏会

[]日本フィル第623回定期演奏会

2010年9月11日(土)午後4時開演

サントリーホール

指揮:アレクサンドル・ラザレフ【日本フィル首席指揮者

ピアノ上原彩子

プロコフィエフ交響曲全曲演奏プロジェクト Vol.5】

チャイコフスキーバレエ音楽白鳥の湖》より

プロコフィエフピアノ協奏曲第3番

プロコフィエフ交響曲第5番

第623回定期土曜限定プレトーク「オーケストラ・ガイド」

11日土曜日定期演奏会開演前の午後3時10分から15分程度 大ホール舞台上にて

一柳富美子氏(ロシア音楽学者)

http://www.japanphil.or.jp/cgi-bin/concert.cgi?action1=preview_details&seq=574

プロコフィエフ交響曲第5番を初めて聴いた時の奇妙な感覚は衝撃的だった。メロディーはきれいだし、形式的にも特に奇をてらったところはないにも関わらず。その後も何十・何百回と繰り返し聴いたがその感覚は変わらない。プロコフィエフはいったい何を考えてこの奇妙な音楽を書いたのか。長年の謎を解消すべく、サントリーホールに向かった。

土曜日恒例のプレトークによれば、やはりというべきかプロコフィエフの作品は「美しくてヘンテコな音楽」。プロコ氏自身、自分の音楽の特徴を、古典性と革新性、トッカータ性と叙情性、そして諧謔性という相矛盾する5つであるとしていた。革命を逃れて日本経由で南米に渡ろうとしたが結局アメリカ亡命フランスを経由して、最後はロシアに帰国した経歴も波乱万丈に満ちている。国内外で自らの才能が認められないまま帰国したプロコフィエフは、すでに15歳も年下のショスタコーヴィチが第5交響曲で成功を収めていたことを意識してか、同じ番号の交響曲に特に力を注いだ。その傍らなぜかSF風の小説を書くなど、奇才ぶりを示すエピソードには事欠かない。*1 以上はプレトークの受け売り。なんとなく謎が解けた気分でコンサートに臨むことができた。

この日の指揮者マエストロ・ラザレフは大企業の重役のような堂々たる風貌。指揮棒を使わず、大きな身振り手振りでエネルギッシュにオケをリードしていた。特にメインの交響曲第5番は、音量やリズムの変化にメリハリを効かせた怪演でプロコ節を余すところなく演じ切り、聴衆を飽きさせなかった。

演奏後のお立ちはなぜかフルートクラリネットの2名のみ。ホルントランペットもよかったが、今回は、打楽器と低音群(特にテューババスクラリネットコントラファゴット)を指名してほしかった。

日フィル定演では珍しいアンコールは、オペラ戦争と平和」から「ワルツ」。交響曲第5番との関連性も指摘されるこの曲をアンコールに選んだ意図はわかるが、なんとも鈍重なロシアワルツに聴衆の反応は微妙..せっかく交響曲で盛り上がった会場の熱気に水を差した感は否めなかった。どうせアンコールをやるなら、ピアノ協奏曲第3番のあとで上原彩子ピアノを聴きたかったところ。もしくは「白鳥の湖」のワルツをアンコール用に取っておく手もあったか。*2

*1:日本語では唯一「プロコフィエフ短編集」が読めると聞き、さっそくアマゾンで発注。

*2:この日、この曲の後、盛り上がった聴衆の一部が間違って拍手してしまう一幕があった。

2010/08/09 「坂の上の雲」

[][][]「坂の上の雲

 

(1)作品について

坂の上の雲」といえば、長編小説(単行本で6巻、文庫本で8巻)、歴史小説にして経営者愛読書という3つの心理的ハードルからこれまで「読まず嫌い」してきた。

しかし、実際に読んでみると、まず文章が極めて平易で、まるで清水義範のようにわかりやすい。表現が具体的・写実的で、まさに現場へ行って直接見聞きしてきたかのようなリアリティがある。これは、執筆にあたって膨大な資料に自ら当たり、事実に立脚した創作に徹した作者の偉業である。

新聞の連載小説であることから、必ず連載の単位で空白行によりブロック分けされているので、区切りをつけて読んでいきやすい。反面、説明済みの内容を繰り返したり、話の時間軸が前後したりといった短所もあり、一気に読み進めようとすると煩雑・冗長な印象を受けることも否めない。

また、特に意味のない改行を加えたり、軍艦軍隊の名前を一行ずつ列記した部分も散見される。これは勘ぐるようで悪いが、筆の進みが遅いときの苦肉の策なのではないだろうか。

筒井康隆の「あなたも流行作家になれる」に、原稿の枚数を稼ぎたいときは、兵隊を登場させて点呼させるとよいというくだりがあった。即ち、

 「番号!」

 「1!」

 「2!」

 「3!」

 「4!」

 「5!」

 「6!」

 「7!」

 「8!」

 ...

という具合に。)

時代小説とはいえ、幕末から明治という近世・近代が対象で資料も豊富にあり、現代とのつながりも明確であるため、昔話という辛気臭さは微塵もない。個人的にも、港、造船業吹奏楽、鉄鋼業と、いずれも明治時代にルーツをもち、現在の自分と切っても切れない関係にある。そのようにこの作品を読む時、時代小説というジャンルにあてはめるのは適切でないだろう。

経営者愛読書の筆頭に挙げられる本書は、確かに随所に経営者の心構えに通じるくだりも多く、ビジネス書としての「利用価値」も高い。ただし、実際に本書で得た教訓や知見を活かしている経営者はさほど多くないように思われる。

(「入門ビジネス英語」の例文でいえば、I don't see much of that happening here.といったところか)

 

(2)戦争について

坂の上の雲」の大半のページは、戦闘場面および戦争前後の状況に割かれており、戦争小説としての色彩も濃い。作者は、戦争を善でも悪でもなく、歴史的事実として描写しようとはしている。しかし、作者は、言葉の端々で(この時代における)戦争一般を肯定し、特に日本の戦争を肯定し、美化している。

例えば日清戦争列強との食うか食われるかの植民地獲得競争における日本のやむを得ざる選択の結果として捉えている。また、日露戦争は、ロシアの南下政策に対抗するための祖国防衛戦争であるとして、より積極的に支持している。しかし、ただでさえ乏しい戦力の中で、防衛戦争のために、なぜ大陸に進出する必要があったのか。また、これらの戦争に巻き込まれた中国朝鮮の悲惨な状況はほとんど触れられていない。

それにつけても、この時代の人の命のいかに軽いことか。国家に対する忠誠心とか、民族としての団結とか、いかなる正当化論理によっても理解しがたい。「無益の殺生」をくり返した旅順攻撃等で失われた夥しい人命は、軍事戦略の拙劣さとか、兵士の勇敢さとか、そういうありきたりの言語ではとうてい了解できるものではない。

弾雨の中、整然たる縦隊で突撃を繰り返した日本陸軍に対し、戦力を温存させるべく、時に消極的な戦法を採ったクロパトキンやロジェストウェンスキーのほうがむしろ人間的とさえ言えよう。但し、両名とも、部下を戦場に放置して自らの救命を図った卑劣さは許し難いが。

二〇三高地で多数の部下を犬死にさせた乃木希典には、「爾ノ霊ノ山」などというふざけた漢詩を創って悦に入っている場合ではないぞ!と思わずツッコミを入れたいところである..

この頃から、マスメディアが世論を煽動し、国を戦争に駆り立てるということがあったようである。今でこそ平和主義を掲げている朝日新聞第二次大戦までは好戦的メディアの急先鋒であった。マスメディアの使命は、客観的事実を正確に伝えること。しかし百年を経た現代でも、あるべき姿からはほど遠い。昔も今もマスメディアの罪は重い。

 

  正義なる戦争ならばさりならばなべて人の子に爆弾よ降れと

 

イラク戦争の頃につくった反戦短歌である。

 

(3)三人のシスアド

本作品の主人公は、愛媛県出身の軍人秋山好古・真之兄弟と俳人歌人正岡子規の三人であるが、それぞれ強烈な個性を持ち、時に奇抜な言動に走るなど、読者として今ひとつ感情移入できないきらいがある。しかも巻を追うに連れて登場場面も少なくなってしまう。

正岡子規は文庫版三巻の冒頭でいきなり死去。秋山好古は、兵力不足と司令部の無理解から騎兵本来の戦法が採れず、馬を下りて火砲に頼る防戦に終始。真之も日本海海戦の現場では参謀としてただ立っていただけの感が強い。

むしろ、作中において圧倒的な存在感を示したのは児玉源太郎である。彼は、軍と政府の、また軍の内部にあっては司令部と最前線との結節点となり、全体が有効に機能するよう調整に奔走し、八面六臂の活躍を見せる。目的達成のためには、上位者を説得して職務権限を乗り越え、「専門家」の頑迷固陋な意見を切り捨て、そして自ら現場の最前線に立って指揮を執る。このような人材を、ビジネスの世界では「シスアド」と呼ぶことはあまり知られていないが、児玉こそは真のシスアドである。

この作品には、ほかに二人のシスアドが登場する。一人は、バルチック艦隊の乗員で造船技師のポリトゥスキーである。彼は、船舶技術に精通していただけでなく、現場の要請によく応え、問題解決者として模範的な行動を貫いた。また、妻への書簡を通じ、世紀の大航海の克明な記録を残したことも、地味ながら大きな功績といえよう。現代においても、頼まれもしないのに、打ち合わせがあれば議事録をつくり、まめにメモをとっている者がいたら、その人はシスアドである。

いま一人のシスアドは、明石元二郎である。彼は軍人でありながら戦地に赴く機会を与えられず、ロシア革命の機運を醸成するため、裏方としてヨーロッパ各地で暗躍した。特に専門知識もなく、語学力と国から預かった金だけを頼りに、見ず知らずの人々を組織化していく。ポリトゥスキーが技術系シスアドとすれば、明石は総務系シスアドである。学業成績が劣等で、運動神経にも欠け、学生の頃からポケットが破れていた点なども含め、個人的には最も共鳴できるキャラクターである。

 

(4)煙草について

本作品では触れられていないが、煙草日露戦争以降の戦費調達の手段として用いられたことはよく知られている。*1戦争の財源不足に常に悩まされていた政府は、煙草事業を専売化し、依存性の強い薬物であるニコチンを合法的麻薬として活用した。作中人物も盛んに喫煙し、他人にも煙草をすすめているが、中でも児玉源太郎秋山好古ヘビースモーカーで、戦場でさえも煙草を欠かさなかった様子が繰り返し描かれている。

児玉源太郎は、日露戦争後まもなく55歳という若さで急逝する。作者は、日露戦争での心労が原因と分析しているが、史実によれば、児玉の直接の死因は脳溢血である。喫煙者の脳溢血リスク非喫煙者の4倍。ならば、その原因はまず喫煙を疑わなければならないであろう。

秋山好古は児玉よりは長生きし、71歳で没したが、死因は糖尿病と脱疽であったという。糖尿病も、喫煙がリスクを高めることはよく知られている。一方、脱疽は、あまり知られていないが、手足の先が壊死していく「バージャー病」という奇病である。患者のほぼ100%が喫煙者であり、「タバコ病」との異名もある。病状の進行を食い止めるには腐敗した手足を切断する以外になく、禁煙以外に予防法はない。

日露戦争を「勝利」に導いた煙草の毒牙は、戦争の英雄たちをも容赦なく蝕み、病死の苦しみを与えた。「坂の上の雲」に隠された歴史の皮肉というべきである。

 

(5)まとめ

坂の上の雲」については、古き良き明治という時代への憧憬として見る向きが強い。かのホリエモンも「明治時代には官僚も民間も若さあふれる才能が国全体を動かしているんですよね。素晴らしいことです。」と、自身のブログで本作品を絶賛している。*2そして、昭和の暗さや現代の閉塞感といったものがこれに対比される。

しかし、明治とは、個人の人権が意識面でも法律面でも未発達であった時代でもある。日本人はいきなり目の前に現れた近代国家のなすがままに翻弄され、戦争の狂気に巻き込まれていったのではないか。そして日露戦争の「勝利」に勘違いした国は、さらなる戦争へと突き進んでいく。

大正・昭和にかけてようやく盛り上がった自由民権の機運は、国の戦争遂行の障害となり、教育やマスメディア、そして法律による思想統制言論統制が強化される。明治時代にはこのような国の施策が必要なかっただけのことであり、それがために、明治は明るく、昭和は暗いなどと対比することは無意味である。

坂の上の雲」は、歴史に学ぶことの大切さ、学ばないことの悲惨さを我々に教えてくれているのではないだろうか。

2010/08/01 たねや サイコロ寒天

[]たねや サイコロ寒天

コロコロと

転がり出るさまも楽しい、

サイコロ寒天

 

きりりと角たつ寒天

あんこを添えれば、

新しい夏のおいしさが

ひろがります。

http://taneya.jp/okashi/kisetsu_saikoro.html

 

寄ればほのかに甘く、追えばさらりと消える。

 

遠き夏、淡き恋の味か。

2010/07/31 コンフォートホテル堺

[][]コンフォートホテル堺

楽天トラベルで一泊朝食付き5000円ちょっととスーパーホテル並みのリーズナブルな値段。リーガロイヤル(楽天トラベルで朝食付き8500円前後)は禁煙部屋指定ができないためコンフォートを選択*1

部屋は広すぎず^^);、狭すぎず、ちょうどよいサイズの14平米。あまり広いと荷物が散乱して片付けが大変だったり忘れ物の原因になることもある。

一般的なホテルの照明はオフィスや自宅と比べて暗めのことが多い(欧米人の青い目に蛍光灯はまぶし過ぎるためとの説があるが真偽のほどは不明)が、ここは普通の白昼色の蛍光灯。さらにデスクに蛍光灯の電気スタンドもあり、ビジネスユースには最適の環境。

ベッドは(和室で寝ている私には好みの)硬めで、枕は頭の向きに対応した「チョイスピロー」と足枕が標準装備。さらに(宿泊プランによるが)ネットで予約すると足指スポンジ、蒸気アイマスク、入浴剤などのアメニティーグッズもタダでもらえる。(私は貧乏性なので持ち帰ったが..^^);

バスタブは、リーガロイヤルにあるような純西洋式の浅く細長い寝そべるタイプのではなく、やや小ぶりながら家庭用に近い形状のため、肩まで浸かることができる。

朝食は、数年前に泊まったときはおにぎりとパン一種とコーヒー・ジュースぐらいだったと記憶しているが、今回は、品数が大幅に増えていた。個人的には、あんぱん、コーンフレークエスプレッソコーヒーがあるのがうれしい。

リーガロイヤルの朝食はあまりに品数が多く食べすぎてしまうのが難点といえば難点。ふだんの朝食はせいぜいパンとコーヒーと果物ぐらいなので、泊まりの時だけたくさん食べる必要はまったくない。

最寄りの南海電鉄堺駅からのアクセスは、リーガロイヤルのように改札口からアーケードで直結徒歩0分とはいかないものの、南口から高架下の商店街の軒先づたいに歩けば雨にも(ほとんど)濡れずに3分も歩けば到着。ロビーの狭さと建物の小ささ^^);を考慮すれば、部屋にたどり着くまでの時間はあまり変わらないかも。

そのほか、朝刊やコーヒーの無料サービス、チェックイン時に前金精算のためチェックアウトが手短かに済ませられるなどのメリットも。

なお、コンフォートホテルは全国各地にあり、ほぼ同様のサービスが提供されている。

http://www.choice-hotels.jp/

*1:ちなみにリーガロイヤルホテルは「 禁煙ルームは室数に限りがございます。ご用意できない場合は消臭にて対応しておりますので、ご了承ください。」としている。しかし、消臭しても発ガン物質を含む毒物・危険物は除去できない。

2010/06/27 日本フィル第621回定期演奏会

[]日本フィル第621回定期演奏会

2010年6月26日(土)午後2時開演 サントリーホール

音が原始に還るとき-魂で聴く日露の音楽

井上道義プログラミングには常に歯ごたえがあります。今回は日本フィルにゆかりの深い伊福部昭ストラヴィンスキーの対比を魅せてくれます。賛美と祈りの歌との協奏では、1979年の初演から30年余、この作品の第一人者である安倍圭子の手(とマレット)は見逃せません。魂の根幹を揺さぶる伊福部作品に受けてたつのは、ストラヴィンスキーの2作品。原始主義によるバレエ音楽火の鳥)から、簡素な編成の「交響曲」の時代へと辿ったストラヴィンスキーの「変化」をお聴き逃しなく。

 

指揮:井上道義

マリンバ:安倍圭子

伊福部 昭:マリンバと管弦楽のためのラウダ・コンチェルタータ

ストラヴィンスキー:ハ調の交響曲

ストラヴィンスキーバレエ組曲火の鳥》(1919年版)

http://www.japanphil.or.jp/cgi-bin/concert.cgi?action1=preview_details&seq=499

開演1時間前、吹奏楽コンクールの課題曲も手がける作曲家和田薫氏による土曜限定プレトーク「オーケストラ・ガイド」を拝聴する。「音楽は音楽以外なにものも表現しない」とはストラヴィンスキーの言葉。標題音楽は、絶対音楽から喚起される二次的な意味を持つに過ぎないとの解説に頷く。席替えして14時に開演。

 

○伊福部 昭:マリンバと管弦楽のためのラウダ・コンチェルタータ

魔法使いサリーちゃんのママのようないでたちで現れた安倍圭子氏は、マリンバ界の大御所、というより現代マリンバ奏法の創始者にして世界でただ一人の超絶技巧マリンバ奏者というべき存在。両手に2本づつ4本、硬さの異なる3種類のマレットを持ち替えつつ、縦横無尽、自由自在、天衣無縫、人馬一体?に繰り出す演奏はまさしく魔法使いのごとし。*1

使用するマリンバはうれしいMade in Japanヤマハ製YM-6100*2 下についている共鳴パイプは、低音側の数本が床までの長さでは足りず、工場配管のようにぐにゃりと折れ曲がっている。

このマリンバと対等に張り合うオーケストラは、コントラファゴットバスクラリネットコントラバスチューバの低音群による地底から湧き上がるような音の塊に乗って、ティンバレスがリードする土俗的なリズムの反復がマリンバに応える。単一楽章ながらカデンツァ的なマリンバ独奏をはさんで主題が再現されるわかりやすい構成。

木片を叩くというシンプルな動作から、かくも幻想的で、豊かな音楽が生まれることに素直に感動した。アンコールは、日本人なら誰でも知っている「ドナドナ」と、曲も猫の手のような形をしたマレットも自作という「祭りの太鼓」。満場の聴衆はもちろん、オーケストラ指揮者からも惜しみない拍手喝采が続き、前半でコンサートは最高潮に達してしまったかの様相を呈した。

 

ストラヴィンスキー:ハ調の交響曲

作曲者の言葉をそのまま曲にしたような純粋な純粋音楽。ある意味身もふたもないタイトル、ハ調といいながら調性もメロディもあいまい、ともすれば無味乾燥になりがちなこの曲に、井上道義のヴィジュアルな指揮が躍動感を与える。

しかし、いかんせん15分の休憩を挟んでもなおマリンバの余韻覚めやらず、どこか印象の薄い演奏になったきらいは否めなかった。

 

ストラヴィンスキーバレエ組曲火の鳥》(1919年版)

ここからようやくオケも目覚めたかのように咆哮し、組曲ながら全編アタッカの演奏で一気にコンサートのフィナーレを飾った。とりわけ、客演主席トランペット奏者のクリストーフォリ氏はキレキレ、ノリノリの快演。ソリストとしてコンチェルトもこなす主席ホルン奏者の福川氏も安定感、透明感ある好演。

この曲の終結部は、どうしても「フェリスタス」(1979年吹奏楽コンクール課題曲)を連想してしまう。それはともかく、カーテンコールで主席ホルン氏が2回も指名されたのと、最後に井上氏が指揮台の上でサッカーのシュートの真似をしたのが印象に残った。

*1:この日は披露されなかったが片手に4本ずつの8本マレットもこなす由。もはや神の領域か?

*2:メーカー希望小売価格2,572,500円(税込)

2010/06/23 「玩具銀行」の1万円札でたばこ購入、高2逮捕

[][]「玩具銀行」の1万円札でたばこ購入、高2逮捕

「玩具銀行」の1万円札でたばこ購入、高2逮捕

 おもちゃの1万円札でたばこを買ったとして、高知県警中村署は9日、高知県土佐清水市に住む公立高校2年男子生徒(16)を詐欺容疑で逮捕した。

 発表によると、生徒は3日午後5時40分頃、同県四万十市たばこ店で、経営者の男性(85)におもちゃの1万円札を手渡し、たばこ1箱(320円相当)と釣り銭9680円をだまし取った疑い。男子生徒は容疑を否認しているという。

 使用されたおもちゃの1万円札は市販されており、福沢諭吉の肖像画など本物とデザインは似ているが、大きさは一回り小さい。片面の中央には「玩具銀行」と横書きされ、反対の面には「GANGU GINKO」と印字されている。

 生徒は札を縦半分に折り、「玩具銀行」の文字が見えない細長い状態で手渡したため、経営者の男性はすぐには気付かなかったが、生徒が立ち去った後におもちゃと気付き、110番した。

(2010年6月10日12時23分 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100610-OYT1T00282.htm

経営者の男性(85)、玩具の1万円札を見抜けなかった上に、タバコを買った客が未成年者であることも見抜けなかったのだろうか..

2010/06/21 ソニー デジタルハイビジョンチューナー内蔵HDD搭載ブルーレイディス

[]ソニー デジタルハイビジョンチューナー内蔵HDD搭載ブルーレイディスクレコーダー BDZ-RX55

SONY 500GB 2チューナー ブルーレイレコーダー BDZ-RX55

SONY 500GB 2チューナー ブルーレイレコーダー BDZ-RX55

さまざまな機器とつながって、映像生活をさらに楽しめる多機能モデル

デジタルハイビジョンチューナー内蔵HDD搭載ブルーレイディスク/DVDレコーダー

BDZ-RX55

 

付属:アンテナケーブル、映像/音声コード、電源コード、おまかせリモコン(RMT-B006)、単3形乾電池2個、B-CASカード

○録画

いつも観る番組を番組名で録画予約しておくと、週によって日時が変わったりしても自動的にその番組を録画してくれる。

サブタイトルは無視してくれるようだが、番組名自体が変更になった場合の挙動は未確認。再放送がある番組の場合、同じ内容が別々に録画されてしまうのが玉にキズ。

ジャンルやキーワードを登録しておくと、番組表から勝手に録画してくれる「おまかせ録画」が便利。例えば、「ジャンル:クラシックキーワードレスピーギ or ショスタコ or 金管 or ホルン」など。

ショスタコーヴィチは、ショスタコービチ、ショスタコヴィッチなど日本語表記のゆれがあるので短縮形?で登録しておくと、部分一致でヒット率が上がる。逆に、人名で「アインホルン」などが番組データにあれば部分一致で「ホルン」がヒットし、希望しない番組が録画されてしまう。

 

○画質

標準画質(SP)でも、劣化をまったく感じさせない。一つ下(LSR)でも、さらに一つ下(LR)でもほとんど違いはわからない。画像圧縮技術の進歩といえばそれまでだが、そもそも人間の目には、そこまで精緻な画質の違いを見分ける能力が備わっていないのではないか。つまりは家庭用としてはオーバースペックな製品を買わされているのかもしれない。

2番組同時録画(時間帯の重複する2つの番組を録画)の場合、録画2の画質はDR(地デジ画質)に固定となる。ついでに録っておく番組のほうが高画質というのはやや違和感あり。

なお、デジタルレコーダに必須のアイテム、HDMIケーブルは付属しないので、要注意。

 

○容量(HDD、DVD)

上記の低い画質で満足なら、500GBものHDDは要らなかったかも。

1週間に10〜20時間程度の番組を録って消し、お気に入りをディスクに残す程度の使い方であれば300GBでも多いぐらい。でも、HDDに余裕があると精神衛生上はよい。

ブルーレイ・ディスクはまだ高価だし、高画質へのニーズもないが、大容量メディアとしては利用価値があると思う。

とりあえず、お試しで25GBのBD−RE(書き換え可能)を1枚だけ購入。

圧縮した画質でのDVDダビングは1倍速しかできないので、夜寝る前にダビングを開始しても、朝起きたときまだ半分も終わっていない..

 

○操作性

テレビもソニーなので、レコーダとリモコンが共通化でき、また、画面デザインが似ているというメリットがある。

しかし、リモコン共通・画面がよく似ているということは、今操作しているのがテレビなのか、レコーダなのかわからなくなることもあり、かえって不便なことも。

2010/06/20 ぴちょんくん

[][]ぴちょんくん

f:id:koshian_daifuku:20100620101616j:image f:id:koshian_daifuku:20100620101607j:image

f:id:koshian_daifuku:20100620101554j:image f:id:koshian_daifuku:20100620101956j:image

ダイキン工業エアコンのゆるキャラ。地元のケーズデンキで目撃。

着ぐるみタイプのは初めて見た。貴重な後姿の撮影に成功(首?のあたりに空気栓、いやホクロあり^^);。

販促用のうちわをもらったが、当面買い替え予定なし。

残念ながら、ぴちょんくん号、おユぴちょんくん号は来店していなかった模様。

http://www.eco-tabi.jp/about/index.html

2010/06/06 勝手に「まぐまぐVOW」その7

[]勝手に「まぐまぐVOW」その7

この、チキン野郎! さん江

f:id:koshian_daifuku:20100601081226j:image

 

いわゆるひとつの公園アニマルムカデの小さいバージョン

f:id:koshian_daifuku:20100601075846j:image

 

予科練、まだあったのか..

f:id:koshian_daifuku:20100601080351j:image

 

ジョン・レノン、じゃなくてメロン..

f:id:koshian_daifuku:20100522153806j:image

 

命を大切にする薬局、バカにつけるクスリは売っていません..

f:id:koshian_daifuku:20100603074630j:image

koshian_daifukukoshian_daifuku 2010/06/07 05:03 「空から日本を見てみよう」気持ちのいい番組ですね。
上の3つは小倉で採取しました。何度も歩いていますが、VOWネタの尽きない一帯です。

2010/05/24 ツマガリ/一番坂よりクッキー詰合せ

[]ツマガリ/一番坂よりクッキー詰合せ

創業以来ロングセラーのオリジナルギフト

詩情あふれる坂の街、甲陽園。目神山へ通じる一番坂にはゆったりとした時間が流れています。こちらはクッキーの詰め合わせ。

https://shop.tsumagari.co.jp/page/shop/item.php?gid=tsumeawase&iid=TBA

見た目はかちっとした焼き菓子。

歯に触れた瞬間ほろりと崩れ、口の中で濃厚なクリームとなるも甘すぎず、のど越しはすっきり爽やか。

一枚一枚の外見、食感、そして味に個性があり、小編成オーケストラのハーモニーを想わせる。

小腹の空いた残業時のおやつとして食せば特に美味。

独り占めしたい逸品。

2010/05/03 Tokyo 1-Day Trip

2010/04/19 TSUDANUMA INSTITUTE OF SMOKING TECHNOLOGY

2010/04/18 JR東日本よりの回答

[][]JR東日本よりの回答

JR東日本より回答いたします◆

 

いつも JR東日本ならびにJR東日本ホームページをご利用いただきましてありがとうございます。

はじめに、頂戴いたしましたご意見への回答が遅くなりましたことにつきましてお詫び申し上げます。

このたびは、東京駅をご利用の際にご不快な思いをおかけいたしまして申し訳ございませんでした。

ご指摘の箇所*1を調査した結果、煙草の煙が漏れていたことが判明いたしました。大変申し訳ございませんでした。

ご指摘いただいた部屋*2において、喫煙など行うことのないように措置を行いました。お客さまに駅構内、ホーム上など喫煙ルーム以外での禁煙をお願いしている中で、このようなことが発生し誠に申し訳ございません。

今後も駅構内を気持ち良くご利用いただけるように努めてまいりますので、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

 

このたびは、貴重なご意見ありがとうございました。

今後も、みなさまに愛され、親しまれるJR東日本をめざしてまいりますので、引き続きご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

東日本旅客鉄道株式会社

 

なお、再度メールでのご意見・ご要望をいただく場合、こちらのEメールアドレスでの受付は致しておりませんので、誠に申し訳ございませんが、弊社ホームページの「ご意見・ご要望の受付」

https://voice2.jreast.co.jp/user_input.aspx

の入力画面をご使用いただき、ご送信くださいますようお願い申し上げます。

このメールアドレスは、送信専用です。

指摘すれば、きちんと調査して改善し、回答する。JR東日本、GJ。

*1東京駅地下1F、丸の内地下南口から京葉線につながる通路。いつもタバコの悪臭が漂っていた

*2:当該通路に面して換気扇がついた「南部1号」なるナゾの部屋

2010/04/17 たばこの警告文

[][][]たばこの警告文

喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなり、心筋梗塞脳卒中の危険性や肺気腫を悪化させる危険性を高めます。

未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます。

周りの人から勧められても決して吸ってはいけません。

人により程度は異なりますが、ニコチンにより喫煙への依存が生じます。

「周りの人から勧められても決して吸ってはいけません。」

こんなことまで言って売られている商品は、ほかにない。また、このように警告することで、喫煙の害は喫煙者自己責任であることを仄めかしている。

 

ほかにも、この警告文には、次のような欺瞞的な表現がある。

 

「あなたにとって」

肺がん等のリスクを「あなた」=喫煙者に限定することで、非喫煙者受動喫煙を強いられることにより被害を受ける事実を隠蔽している。

 

肺気腫を悪化させる危険性を高めます。」

すでに肺気腫を発症している人だけが危険であるように印象付けている。しかし、健康な人が喫煙によって肺気腫COPD)を発症させるリスクが高まることは証明されている。また、発症したら喫煙を止めればよいとの誤解も招く表現だが、肺気腫は発症すれば決して治癒することはなく、その時点で禁煙しても単に病状の進行を遅らせるだけである。

 

「未成年者の喫煙は、」

未成年者の喫煙に言及することで、未成年者が喫煙してもよいかの誤解を与える。そもそも、未成年者の喫煙は法律で禁止されている。未成年者にたばこを販売することは犯罪である。また、成人に対し、成人であればたばこの害が少ないとの楽観を与える。

 

「人により程度は異なりますが、ニコチンにより喫煙への依存が生じます。」

何故に、「人により程度が異なる」ことをわざわざ断る必要があるのだろうか。強調すべきは、喫煙すれば必ずニコチン依存(=中毒症)が生じることではないのか。

 

以下のように修正してみた。

喫煙は、喫煙者および周囲の非喫煙者を肺がん、心筋梗塞脳卒中肺気腫等に罹患させ、悪化させます。

喫煙すれば、必ずニコチン依存症になります。

未成年者はもちろん、成人も絶対に吸ってはいけません。

これでもまだ手ぬるい。海外のタバコには「タバコは人を殺す(Smoking kills)」と書かれているのだから。

2010/04/16 中国三都・小心冷气

2010/03/22 動物園の春 2010

2010/03/18 高齢者交通事故防止ポスター

[][]高齢者交通事故防止ポスター

f:id:koshian_daifuku:20100318233232j:image

警視庁高齢者交通事故防止ポスター。

子ども店長」の加藤清史郎を使い、交通弱者であるお年寄りに向かって、交通ルールを守れ、信号を守れ、左右をよく見ろなどと「注意」させている。

注意喚起すべき相手は、(潜在的加害者である)運転者ではないのか、けいしちょう。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/kourei/kourei_model.htm

2010/03/15 ハトミミ

[]ハトミミ

ハトミミ「国民の声」 受付窓口

ハトミミ「国民の声」には、身近な国のムダやおかしなルールの見直しなどについての提案等を広く募集する『一般受付窓口』と、あらかじめ設けたテーマについての提案等を募集する『テーマ別受付窓口』がございます。いずれかの窓口を選択してご投稿ください。

■ テーマ別受付窓口

国民の皆様から、個別に設定したテーマについてのご意見を募集する受付窓口です。

現在募集中のテーマ 独立行政法人及び政府関連公益法人

募集期間 平成22年2月23日(火)〜3月23日(火)正午まで(締切必着)

http://www.cao.go.jp/sasshin/hatomimi/re_hato/uketsuke.html

○提案事項名(タイトル)

エコカー補助金事業について

○提案の分類

その他行政政府関連公益法人の関係の見直し

政府関連公益法人の名称

一般社団法人次世代自動車振興センター

○対象となる事務・事業名

環境対応車普及促進対策補助金

○提案の具体的内容

経済産業省からの委託により、この団体が行っている補助金審査・交付業務について、

・この団体にどれだけの税金が投入されたのか。

・この団体の役職員は何人で、人件費は何円か。(うち天下りは何人、何円か)

・当該業務の発注プロセスや契約内容は妥当か。

これらを解明していただき、税金の無駄遣いや利権の温床があれば、メスを入れていただきたい。

○提案理由

この団体のホームページを見ても、所在地や代表者の氏名以外、組織・運営の実態が国民に開示されていません。

株主に対し全てがガラス張りとなる民間企業ならありえないことです。

http://www.cev-pc.or.jp/index.html

○「提案の具体的内容・提案理由」の公表の可否

公表可

2010/03/10 勝手に「まぐまぐVOW」その6

[]勝手に「まぐまぐVOW」その6

金壱万円とタイヤをいただきます。

f:id:koshian_daifuku:20100305081654j:image

多恋人

f:id:koshian_daifuku:20100305075237j:image

酔族館と幼稚園

f:id:koshian_daifuku:20100305075308j:image

暴力をなくして住みよい諭吉の里

f:id:koshian_daifuku:20100305075332j:image

日本一長い鱧の椅子

f:id:koshian_daifuku:20100305165955j:image

2010/03/09 諭吉の里・中津