Hatena::ブログ(Diary)

弧舟さんの四季 ー明治時代 旧制中学校の学生生活ー RSSフィード

2015-06-14

バラと酒の日々

なんていう映画の名作もありますが、あまりに身につまされるのでみたことがありません。ジャック・レモンという俳優さんとても好きなので残念。ご本人も酒精中毒症の経歴があったというお話でありました。

閑話休題

初めて花回廊というのにお出かけしてみました。米子駅から無料シャトルバスで20分あまり。なるほど広大。まずは園内を一周するフラワートレインというのに乗ってあたりをつけてからみたい場所を周ったほうがよさそうです。というのはひとしきり歩き回ってからの反省です。2時間くらいは歩いたのですが、結局全部は歩けませんでした。一周1キロという屋根付き空中回廊があるので雨天でも大丈夫。車椅子の方でもエレベーターがあるので回れます。普通に山の中につくってあるので高低差もあちこちかなりあり、その補完のための空中回廊とみえました。

充実しているのは百合ですが、多種多様なお花があるのでたっぷり楽しめます。巨大温室には蘭の花、ハイビスカス、などなど満開でした。

今回はバラの写真ばかりですけれど。紫というか青っぽかったブルームーンとやらは例の青いバラだったかな。ダイアナモナコ妃、美智子、マリア・カラスなどなど、名前を見るだけで豪奢。

その一片をお楽しみください。紫陽花が一枚あるのはご愛嬌。

f:id:kosyu_05:20150614141701j:image

f:id:kosyu_05:20150614141351j:image

f:id:kosyu_05:20150614141330j:image

f:id:kosyu_05:20150614141021j:image

f:id:kosyu_05:20150614140906j:image

2015-06-04

イングリッシュガーデンのバラ

バラの花盛り。半分散りかけておりましたが、その分香りは申し分なく。最近はベルサイユのバラとかオスカルとかアンドレとかいう品種もあるとやら。学生時代ベルバラにぞっこんはまりこんでいた同級生がいたことを思い出します。その縁で自分もレ・ミゼラブルの完全版を読むという偉業?に挑戦した覚えがあります。あの時代の小説=ロマンス教養小説という面もあったのだとどこかで読んだ覚えがありますが。ゆえにれ・ミゼラブルではジャンバルジャン(どこで名前切るんだっけか)の逃げ込んだパリ下水道の話が延々と続くというのも有名なお話。うん、それはマリウスの話だったか。ともかく、完読したはず。覚えてないけど。

f:id:kosyu_05:20150531143307j:image

f:id:kosyu_05:20150531142757j:image

f:id:kosyu_05:20150531141753j:image

f:id:kosyu_05:20150531141639j:image

2015-05-06

石見銀山

世界遺産登録をして数年、ようやく訪れる人々の狂乱振りが治ったかしらんと石見銀山へ。前回訪れたのはもうはるか記憶の中にあるやなしやの昔。車でちょい行きだったのでちゃんと歩いてみるのは今回がはじめて(だと思う)

以下写真です。

f:id:kosyu_05:20150418143631j:image

f:id:kosyu_05:20150418135730j:image

f:id:kosyu_05:20150418135658j:image

2015-04-02

枝垂れ桜の老木

椿の花の方はタイミングずれましたが、今年は枝垂れ桜の開花に間に合いました。咲いているよ!と話を聞いたら即行かないと出会えない枝垂れ桜の老木です。松江城から歩いて5分足らず「石橋町」の小高いところにある「千手院(せんじゅいん)」というお寺の有名な桜です。一時樹勢が衰えて養生していたのが見事に復活した様子。

ここからは松江城天守閣も望めます。景色のよいお寺さんです。

f:id:kosyu_05:20150330185853j:image

f:id:kosyu_05:20150330185821j:image

2015-03-07

春の兆し

ご近所さんの梅の花が咲いて、我が家の小さな鉢植えの椿の花も開き、春の兆しという季節。黄砂はありがたくないことではありますが。

椿の花見は何月だったけかと思い出せぬまま松江城の椿谷におはなを探しに行きました。

数は少なかったけれども綺麗に咲いていたのを選んで撮影してみました。

甘い桃色の花びらって素敵です。深紅の大輪はあでやか。

梅園の梅はまだ開き始めというところで、そのせいか花見の人の姿は少なかった。ちょっと得した気分

先月黄砂がなかった日におぼろに見えていた伯耆大山を。島根半島の先っちょの美保関灯台から見るとこんなふう。

あまり雪が広範囲だと非常に見ていて寒々しいというか脅されている気分になるので、これくらいが穏当です。

雪は五月の連休前くらいまで山頂に残っています。

明日はアイリッシュフェステイバルとかいうものがあるそうで。

昼間から酔っ払いに出かけてみるか?

f:id:kosyu_05:20150307145709j:image

f:id:kosyu_05:20150307144636j:image

f:id:kosyu_05:20150307144350j:image

f:id:kosyu_05:20150221173041j:image

f:id:kosyu_05:20150221172547j:image