Hatena::ブログ(Diary)

kotaの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-05-07

バラ ホーラ 2017年の記録

 ホーラは、バラの家の木村卓巧さんが作出しました。日本の高温多湿な気候に合い、病気に強い、ロサオリエンティスシリーズのバラです。花色・花形に珍しさはありませんが、春と秋で花色が変化するという面白いバラです。

 昨年の記録は「バラ ホーラ 2016年の記録」に記しています。また、私は数種類のバラを育てており、それらに共通する作業、例えば殺菌剤の散布作業については「バラの手入れ 2017年」に記していきます。

 

2017年4月22日

f:id:kota2009:20170422092704j:image:w640

f:id:kota2009:20170422092726j:image:w640

ずいぶんと葉が出てきました。

2017年5月23日

f:id:kota2009:20170523060620j:image:w640

 ホーラが咲きました。マカロンみたいな花ですね。秋の花のように濃いピンクです。

2017年5月24日

f:id:kota2009:20170524054104j:image:w640

 最初に開いたつぼみ(右下)は濃いピンクですが、そのあとに開くつぼみ(左上)は薄いピンクです。

2017年5月28日

f:id:kota2009:20170528120000j:image:w640

 ホーラの花が開いた様子。花もちは良いです。花弁は繊細で雨に長く打たれると痛みます(まぁ、雨に打たれて痛まないのはドンファン、オプティミストなどの一部だけですが)。

2017年8月20日

 夏剪定をしました。少し早いのですがホーラならこの時期でも大丈夫でしょう。夏剪定の時期が早いと、暑い時期に花が育つため小さな花になります。ハイブリッドティーは花の大きさを気にしますが、フロリバンダは気にしなくても大丈夫です。また、秋バラは一斉に咲かせるのは難しいため、早めに夏剪定をして繰り返し咲かせるようにしています。

 

 剪定前です。ホーラは夏の暑さにも強いため、かなり枝を伸ばしています。

f:id:kota2009:20170820100947j:image:w360

 

 剪定後です。樹形優先で、樹形が綺麗に見える形で切っています。外芽・内芽とか、枝の太さとかはあまり気にしていません。

f:id:kota2009:20170820101439j:image:w360

 



2016-05-06

バラ ホーラ 2016年の記録

 先日、バラの家に遊びに行ってきました。その際、ホーラの中苗が安売りされており、つい買ってしまいました。

 そのホーラの育成記録を記していきます。

 ホーラは、バラの家の木村卓巧さんが作出しました。日本の高温多湿な気候に合い、病気に強い、ロサオリエンティスシリーズのバラです。バラの家の販売ページには次の説明があります。

 かなり前から気に入って見ていた子なのですが、シェエラザードのような、独特な個性が感じられず、「どうしようかな?」と発表をためらっていた子です。

 とあるに方に「個性が感じられないと、この色合いは厳しい」と言われたのですが…

 見れば見るほど、試験を重ねれば重ねるほど、魅力を感じ続けられるバラだな〜♪そして安心して育てられるバラだな〜!

 そう思ったので、発表することに決めました!

 確かによくありそうなピンクのロゼットなのですが、僕はよくありそうだけど、確かにガツン!とした個性は感じられないけど、素敵な安心感のあるバラなので、逆にそれが個性なか〜。そう思うんですよ^^

 「あきることのないおおらかな優しさ」それが個性。いつもあるからありがたみがわからないけど、

失った時に分かる、その存在感。 そんなバラ。 

 中輪の花を房に咲かせ、甘いダマスクに少しフルーツが香る、

 お気に入りのバラです♪

 晩秋には深いピンクへと色変わり。かわいらしい女の子が、突然妖艶な雰囲気になっていた。そんな感じで変身するのも魅力のひとつ。

 春は〜秋は可愛らしく、晩秋〜初冬は大人っぽく。

 ロサオリエンティスなので、真夏でも花弁の重ねが減りすぎないので、四季楽しめるバラなんです。もちろん耐病性もあり、樹勢も良いです!

 シュラブですので、深めの冬剪定で木立のように育てられますし、伸ばしてフェンス等にとめれば、四季咲きのつるバラとして最高です!株元の細枝にも咲きますので、その枝も残せば、フェンス全体を覆う花が楽しめます。

 命名は NewRoses 編集長 玉置さま。ホーラはギリシャ神話の時間をつかさどる女神たち。季節を正しく移り変わらせます。ホーラは晩秋になれば、いつも大人色に変身。そんなところからこの名前を頂きました。

 「ねえ見て、ほ〜ら、ホーラが大人色!」 間違いなく冬の訪れです。

最後のダジャレは置いといて、良くある花色・花形だけど、春と秋で花色が変化する。そんなバラです。

2016年5月5日

 鉢増しをしました。6号角鉢から8号鉢へ。

 植え替え前の株を、写真に撮りました。樹高は95センチメートル。

f:id:kota2009:20160505091342j:image:w360

 まずは、鉢から株を抜いて根張りのチェックをします。

 下は鉢から株を抜いたところ。根鉢が崩れず、しっかり根が張っています。

f:id:kota2009:20160505092127j:image

 

 次に、根鉢の底を見ます。根が集まってきており、鉢増しの良いタイミングです。

f:id:kota2009:20160505092220j:image:w640

 

 8号鉢に、鉢底石を入れ、株を植え替えました。

 今回花のつぼみがついているのに鉢増ししました。でも、これもうまく咲くと良いなと思います。

f:id:kota2009:20160506063630j:image:w640


2016年5月10日

f:id:kota2009:20160510053648j:image:w360

 ホーラが咲きました。

2016年5月29日

 現在の様子です。写真ではわかりませんが、新しい枝が伸びてきています。

f:id:kota2009:20160529103944j:image:w640

2016年6月4日

こういうの2番花っていうのかな? 伸びた枝についたつぼみが咲き始めました。

f:id:kota2009:20160604165320j:image:w640

f:id:kota2009:20160605092941j:image:w640


2016年7月24日

 今日は暑い。昨日まで涼しかったのに、急に暑くなりました。こういう日は、バラも萎れてきます。でも、水をやると根が傷むので、放置。バラが暑さについていけないのか、土に水が不足しているのか見極めが難しいのですが、今日は土が乾いていないため、放置。

f:id:kota2009:20160724135439j:image:w640


おわりに

 最後まで読んでいただきありがとうございます。今年は病気をしてバラを育てるのをやめようかと思いましたが、なんとか体調も回復しバラも続けていけそうです。

 来年の記録は「バラ ホーラ 2017年の記録」に記していきます。こちらも読んでいただけると嬉しい。


[rakuten:baranoie:10016429:detail]