Hatena::ブログ(Diary)

kotaの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-05-07

バラ ムンステッドウッド 2017年の記録

 イングリッシュローズのムンステッドウッドの記録をここに残していきます。ムンステッドウッドはデビッドオースチン社のパンフレットに「香りの高い品種」として記されています。とても強い香りのバラです。

  昨年の記録は「バラ ムンステッドウッド 2016年の記録」に記しています。また、私は数種類のバラを育てており、それらに共通する作業、例えば殺菌剤の散布作業については「バラの手入れ 2017年」に記していきます。

 

2017年4月22日

f:id:kota2009:20170422092145j:image:w640

f:id:kota2009:20170422092203j:image:w640

 今年も元気な様子。

2017年5月7日

f:id:kota2009:20170507090439j:image:w640

 そろそろ咲きそうです。

2017年5月11日

f:id:kota2009:20170511064534j:image:w640

 ムンステッドウッドが咲きました。強い香りがします。

2017年5月14日

f:id:kota2009:20170514085931j:image:w640

 4輪まとめて咲きました。

f:id:kota2009:20170514090218j:image:w640

 ジュビリーセレブレーションと一緒にムンステッドウッドを活けました。部屋に置いていると、ムンステッドウッドの強い香りがします。ルームフレグランスのようです。

2017年7月8日

 一番花が咲いてからは、花のつぼみを摘み続けていました。

 そのせいか今の時期は枝がどんどん伸び、花芽もどんどんつきます。油断していたら、摘み忘れたつぼみが咲きそうになっていました。

f:id:kota2009:20170708074706j:image:w640


2017年7月9日

 夏の花は咲き切る前に摘んで部屋に飾っています。写真はみさきとムンステッドウッドです。

f:id:kota2009:20170708141244j:image:w640

2017年8月9日

 暑いですね。今日の気温は37度だとか。

 暑さの中でムンステッドウッドは何故か元気です。イギリス原産だから暑さには弱いのかなと思っていたのですが、暑さへっちゃらで枝を伸ばしています。花のつぼみもどんどんつきます。なるべく花のつぼみを摘むようにしているのですが見落としがあり、気づいたら咲いていました。虫に食われて花が穴だらけなのは、ご愛敬です。

f:id:kota2009:20170808063452j:image:w640

2017年9月2日

 夏剪定をしました。秋剪定の時期は難しく、残暑がどこまで続くかによって秋バラの花つきが変わってきます。もっとも天候の予想はできないので適当に切ってしまうのがいいと思っています。

 

 剪定前です。夏の暑さをものともせず伸び放題です。

f:id:kota2009:20170902143337j:image:w640

 

 剪定後です。花つきとかあまり気にせず、置き場所の都合で適当に切りました。元気が良いときはどう切っても咲きます。

f:id:kota2009:20170902143704j:image:w640

2017年11月11日

 寒くなってもイングリッシュローズは咲き続けています。

f:id:kota2009:20171111065806j:image:w640

2018年1月13日

 冬の土替えをしました。

 ムンステッドウッドは、鉢の底から根が出ていたので根詰まりしているだろうなと思っていましたが、株を鉢から抜いてみると鉢底に根がびっしりでした。根がびっしり詰まると土を崩すのも大変で、手では根鉢をほぐすことができず、はさみで根を切り落として土をほぐしました。

 落とした土はふるいにかけて、砕けて小さくなった土を取り除き、たい肥と赤玉土と肥料を混ぜて再利用しています。

 根の量が多いので、8号鉢に植えていたのですが、8号長鉢にサイズアップしました。

f:id:kota2009:20180113150456j:image:w640

根がびっしりのムンステッドウッド。

2016-03-24

バラ ムンステッドウッド 2016年の記録

 イングリッシュローズのムンステッドウッドの記録をここに残していきます。この株は、昨年裸苗を購入して育てているものです。

 昨年の記録は「ムンステッドウッドを購入」に記しています。私は、数種類のバラを育てており、それらに共通する作業、例えば殺菌剤の散布作業については「バラ作業 2016」に記していきます。

2016年3月21日

f:id:kota2009:20160321150645j:image:w640

随分と葉が開いてきました。昨年は根の調子が良かったため、株に力があるのでしょう。

2016年4月10日

 花のつぼみがあがってきました。咲くのは5月の始めころでしょうね。楽しみです。

f:id:kota2009:20160410174545j:image:w640

2016年4月16日

 花のつぼみが大きくなってきました。楽しみです。

f:id:kota2009:20160416142450j:image:w640

2016年4月16日

 花のガクが割れてきました。

f:id:kota2009:20160423174301j:image:w640

2016年5月3日

 ムンステッドウッドが咲きました。私の育てているバラの中で2番目の開花です。この株は昨年の秋には花が咲きませんでした。そのおかげで株に体力があるのでしょうね。

 イングリッシュローズらしい良い香りがします。

f:id:kota2009:20160503090626j:image:w640

この花の花もちを調べるため、毎日同じ花を撮影しました。6日間、花が保ちました(7日目に花はバサッと落ちました)。

こうやって撮っていると、色の変化も良く変わります。日にちが経過するごとに紫色が深まっていきます。

1日目f:id:kota2009:20160503090626j:image:w360
2日目f:id:kota2009:20160504082948j:image:w360
3日目f:id:kota2009:20160505054257j:image:w360
4日目f:id:kota2009:20160506063249j:image:w360
5日目f:id:kota2009:20160507073559j:image:w360
6日目f:id:kota2009:20160508100100j:image:w360

2016年5月6日

 上の花以外も、ムンステッドウッドは咲き始めました。香りの強いため、花がたくさん咲き始めると、水やりなどで株の近くにいるだけで強く香ってきます。

f:id:kota2009:20160506063407j:image:w640

2016年5月29日

 現在の様子です。枝が伸び、根元からのシュートも出てきて絶好調です。

f:id:kota2009:20160529105357j:image:w640

f:id:kota2009:20160529105448j:image:w640

2016年6月12日

 ムンステッドウッドの2番花が咲きました。ゾクゾクと他のつぼみが大きくなっています。

f:id:kota2009:20160612072700j:image:w640

おわりに

 最後まで読んでいただきありがとうございます。今年は病気をしてバラを育てるのをやめようかと思いましたが、なんとか体調も回復しバラも続けていけそうです。

 来年の記録は「バラ ムンステッドウッド 2017年の記録」に記していきます。こちらも読んでいただけると嬉しい。


2015-05-31

D90でバラを撮る

 デジタル一眼レフカメラ Nikon D90が好きだ。

 D90の発売日は2008年9月。7年前のカメラということになる。進化の速いデジタルカメラの世界で、7年前のカメラを使うというのはどうかと思う人がいるかもしれない。それでもD90が好きだ。

 ISO感度を上げたときのノイズは多く、古いカメラだと思う。一方で、明るい場所での撮影では、発色の良さ、操作性の良さ、ホールドしやすいボディの形状の良さ等、良い所が多い。特にバラを撮るとき、色飽和せずに撮れる特性の良さは素晴らしい。

 今日は、バラの写真をゆっくり撮ることができて楽しい。

f:id:kota2009:20150531105125j:image

ムンステッドウッドというバラ

 

f:id:kota2009:20150531104926j:image:w360

f:id:kota2009:20150531105008j:image:w360

上の2枚はシェエラザードというバラ。逆光でもきれいに撮れて嬉しい。

 

f:id:kota2009:20150506093625j:image:w640

ドンファンというバラ

2014-12-29

ムンステッドウッドを購入

 赤い色で、香りの強い薔薇が欲しくて、ムンステッドウッドを購入しました。

 購入に際して、いろいろ迷いました。ウィリアムシェークスピア2000、真夜、ムンステッドウッドのどれにしようかと。どれもが香りが素晴らしいと評判な薔薇です。それぞれ甲乙つけがたいのですが、最終的に病気になりにくい品種ということで、ムンステッドウッドを選びました。

 ムンステッドウッドは、裸苗で購入しました。

f:id:kota2009:20141220124439j:image:w640

根の長さ30センチメートルくらい。

 

 

 

f:id:kota2009:20141221115608j:image:w640

7号鉢に植えました。根は切り詰めていません。

2015年2月8日

 裸苗で購入して1か月ちょっと。ムンステッドウッドが芽吹いてきました。ちょっと早いんじゃないのかとも思いますが、嬉しい。

f:id:kota2009:20150208151150j:image:w640

2015年3月7日

ずいぶんと芽吹いてきました。これくらい芽吹くと裸苗も活着したんだと思います。一安心です。

f:id:kota2009:20150307095105j:image:w640


2015年3月21日

 すっかり葉が出てきて、これから大きくなりそうで楽しみです。

f:id:kota2009:20150321113229j:image:w640

2015年4月5日

 水やりは、2週間に1度のペースで行っていました。葉が黄色くなってきたところを見ると、水やりが足らないかな。1週間に1度のペースに変えてみました。

f:id:kota2009:20150405093753j:image:w640

f:id:kota2009:20150405093804j:image:w640


2015年5月6日

 ムンステッドウッドの様子です。花芽を一つだけ残して摘みました。残したつぼみはそろそろ咲きそうです。

f:id:kota2009:20150506084544j:image:w640

f:id:kota2009:20150506084626j:image:w640

2015年5月29日

 ムンステッドウッドの二つ目の花が咲きそうです。これは、5月の初めに花芽を摘んだ後に出た花芽が咲いたもの。順調に育っています。

f:id:kota2009:20150530063743j:image:w360

f:id:kota2009:20150530063736j:image:w360


2015年5月29日

 ムンステッドウッドが咲きました。香りが素晴らしい。

f:id:kota2009:20150531105125j:image:w640

2015年6月5日

 5月29日咲いたムンステッドウッドの花の様子を観察しました。5月29日に咲いて、6月4日に散りました。花もち6日間というところです。最高気温29度が続いたことを考えると、ずいぶん花もちが良いなぁっという印象です。

6月1日

f:id:kota2009:20150601063951j:image:w640

 

6月3日

f:id:kota2009:20150603064433j:image:w640

 

6月4日

f:id:kota2009:20150604053705j:image:w640


2015年7月12日

 ムンステッドウッドにシュートが出てきました。ちょっと嬉しい。

f:id:kota2009:20150712072837j:image:w640

2015年8月23日

 ムンステッドウッドは、暑さに負けず元気です。お盆を越して少し涼しくなった頃から枝を伸ばし、横に広がっています。

f:id:kota2009:20150823112349j:image:w640

2015年11月23日

 元気に枝を伸ばすムンステッドウッドですが、秋の花を咲かせるるそぶりを見せません。そこで、少し早いですが、冬の土替えをしました。

 鉢から株を抜いてみると、よく根が張っています。そこで、7号鉢に植えていたものを8号鉢に植え替えました。鉢を大きくすると、土の通気性が悪くなりますので、鉢底石をしっかり敷いています。

f:id:kota2009:20151123093409j:image:w640

つちかえ前の様子、7号鉢に植えています。

 

f:id:kota2009:20151123094403j:image:w640

よく根が張っています。

 

f:id:kota2009:20151123093943j:image:w640

新しい鉢には、鉢底石をしっかり敷いています。

 

f:id:kota2009:20151123095154j:image:w640

植え替え後の様子。8号鉢にサイズアップ。

2016年1月24日

 冬剪定を行いました。左が剪定前、右が剪定後です。剪定のコツは、もったいながらず思いっきりよく切ること、芽の位置をあまり気にしない(狙っても、どうせ思い通り芽が出ないので)、だと思っています。

f:id:kota2009:20160124131616j:image:w320f:id:kota2009:20160124131945j:image:w320
剪定前剪定後

最後に

 最後まで読んでいただきありがとうございます。この続きは「バラ ムンステッドウッド 2016年の記録」に記します。