Hatena::ブログ(Diary)

kotaの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-06-07

働き方改革の目的を深読みする

 働き方改革について、まともな新聞記事を見た。

(私見卓見)働き方改革と生産性向上の方程式 レイヤーズ・コンサルティングCEO・公認会計士 杉野尚志

 働き方改革の議論も活発だが、時間外労働の上限規制導入など長時間労働の是正が中心となっている。企業の残業規制ばかり強めて労働時間だけが減ると全体の生産額も減ってしまい、付加価値が生まれなくなってしまう。

 もちろん無駄な残業は減らすべきだが、短時間でいかに付加価値を上げるかという具体的な検討はほとんど行われていないのが現状だ。いまの「働き方改革」は上っ面だけの体裁を整えているように見えてならない。

 多くの企業で働き方改革は人事主導、生産性向上は各職場に任されている。このままでは企業が達成すべき自己資本利益率(ROE)などの中期経営目標の実現は容易ではない。生産性向上と働き方改革の連立方程式を解き、具体的活動につなげるべきだ。

(日経新聞朝刊 2017/06/07)

 この記事の優れている点は、みんなが黙している働き方改革の目的について言及している点だ。

 

 政府の働き方改革って、目標は何だっけ?

 改革の目指すところは、働く方一人ひとりが、より良い将来の展望を持ち 得るようにすることである。多様な働き方が可能な中において、自分の未来 を自ら創っていくことができる社会を創る。意欲ある方々に多様なチャンス を生み出す

(働き方改革実行計画 http://www.kantei.go.jp/jp/headline/pdf/20170328/01.pdf

これでは、全然分からない。

 

 シンプルに考えよう。会社で働いているとしよう。生産性とは何か? 会社の利益を従業員の労働時間で割ったものだ。労働時間が減って、利益が変わらないとすると、生産性は高まる。でも、そんなこと可能なんだろうか?

 ライバルの会社がいることを忘れてはいけない。労働時間を減らしても利益が変わらないのであれば、労働時間を変えなければ利益は増える(可能性がある)。ライバル会社が利益を増やす戦略に出たときに、自分の会社は利益を増やさない戦略に出る余地はあるのだろうか? 規模の経済からいって、そんな余地はない。

 

 働き方改革とは何を目指しているのだろう?

2017-04-06

こども「保険」って、いやらしいと思わないか?

 こども保険って知ってる?

 僕には、これがいやらしく思えてる。下心が見え見えだ。

 

 国が、僕たち国民からお金を召し上げて、それを子供のために使おうとするのが、こども保険だ。

 これって、「保険」じゃなくて「税金」だよね。

 なぜ「保険」って名付けたのかな? 「税金」だと悪いイメージがあるからだ。結局、増税ってことだからね。

 昔、国民福祉税ってのがあったよね。「国民福祉」のために使うお金を集めるための税金だった。あの時はすごかった。国が国民福祉税を取り入れようとしたときはすごかったね。物凄い反対があって、瞬殺されたんだ。

 

 こども「保険」が、こども「税金」と名乗らないのは、このトラウマなんだろうね。「税金」と名付けるとイメージが悪くて、瞬殺されかねない。

 でも名前がどうであれこども「保険」は税金だ。名前だけいじって胡麻化そうとする下心がいやらしい。増税だって言えばいいのに。

おまけ

 政治家(自民党 木原誠二)が『「こども保険」、いいんじゃないの!!」』『「こども保険」、いいんじゃないの!!2』というブログを書いています。

 こども保険に賛成という立場をはっきりさせた点は、立派。でもね、税金ではなく保険という主張は甘い。「税」と「消費税」を混ぜて使うことで、もっともらしく書いている。税は消費税だけじゃなく目的税っていうのもあるからね。

もちろん、税、それもご指摘いただいたように消費税で行うことも可能ですが、税の場合は、歳入と歳出が必ずしも1対1対応するものではなく、確実に子育て支援に使われていることを明確にし、社会全体で「少子化・人口減少に備えている」ことを明確にするため、保険料で対応することには、意義があるのではないでしょうか。

2017-04-01

築地ブランドの衰退! 豊洲問題のゴタゴタで、築地の魚が美味しそうに思えない。築地ブランドの失墜を防げるか?

 「築地直送!」と言われれば、なんとなく新鮮な魚、おいしい魚のイメージがありますよね。それが「築地」ブランド。appleとかシャネルとか今治タオルとか、ブランドの大切さはビジネスの世界では当たり前。

 一方、築地市場を豊洲に移転するかどうか政治が決められないでいる。安全・安心とかもあるんだけど、もたもたしてると「築地」ブランドの価値がなくなっていって、もったいないんだよね。

 例え、築地に市場を残したとしても、長々ともめていると「築地」=もめたところ、というイメージがついちゃう。

 築地市場を豊洲に移す計画がとん挫している。豊洲の土壌が汚染されているためだと東京都小池知事は言う。

 旧知事の進めた豊洲計画に待ったをかけた正義の味方、新都知事の登場だ。

 ところが、築地市場の土壌も汚染されていることが分かった。

【産経ニュース】「築地も土壌汚染の恐れ 8工事で義務付け履歴調査怠る…他8市場20件前後の工事でも

 正義の味方の新都知事の言動が怪しくなる。

小池氏は代表質問終了後、報道陣に「築地はコンクリートなどでカバーされ、基本的に汚染の問題は無いという認識。

(同【産経ニュース】)

 いやいや、コンクリートでカバーされているのは築地だけじゃなくて豊洲も同じでしょ!

【togetter】「豊洲移転問題で小池都知事のダブルスタンダードに各所から突っ込みが

【大日建設の社長日記】「豊洲と築地のコンクリートの違い?

 

 こんな変こなことになるのは何故か? 

 小池都知事も、土壌が汚染されているところではたとえコンクリートでカバーしていても安全・安心ではない、と言えば良いのに。言いたくても言えないのは、現在築地で働いている人の反感を買うから。正義の味方の新都知事も、苦しい訳だ。

 

 それで、今後どうするの? 豊洲市場の維持費は1日500万円かかってる!月に一億五千万円!、年間18億円! すげー金がかかってるんだ。早く決めてよ、と東京都民は思ってるんじゃないかな。東京都民以外はどうでもいいけど。

【毎日新聞】「豊洲移転判断先送り 膨れる補償 維持費1日500万円

 

 それなのに、どうも豊洲問題はすぐには決着しそうにもない。

 東京都議会は27日、2017年度予算案を審議する予算特別委員会の締めくくり総括質疑を行い、各会派が築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転延期について質問した。公明党は小池百合子知事が昨年11月に公表した移転への行程表(ロードマップ)の推進を要望。小池知事は「総合的に判断することが変わらぬロードマップだ」と答弁した。

(日経新聞 2017年4月1日、太字は私が記す。)

 築地市場を豊洲に移転するかどうかは、「総合的に判断」だって? 要するに、判断基準無しで、いま考え中ってこと。

 

 とうやってモタモタしているうちに、築地市場の暗黒面もばれてきちゃってる。

【悲報】築地市場がネズミが大量発生する不衛生な市場であることが発覚 小池も歯切れが悪くなってきたよな

 あー、あー、「築地」ブランドが汚されていく。。。もったいない。


まとめ

 豊洲市場問題を、「築地」ブランドという視点で考えた。

 豊洲と築地という比較がされていく中で、築地市場の暗黒面が露わにされてきている。「築地直送」の魚と言われて、消費者は美味しそうに思わなくなってきている。

 都知事は「総合的に判断」と言っている。その「総合」の中にブランドも入っていることを願う。

 

追記 2017年6月21日

 小池知事が方針を決めたようですね。

 【日経Web版】「築地守り豊洲生かす」 小池知事会見 具体案「情報公開し検討」

 

 要するに、築地か豊洲か一つに決められず、二つともやるってことですね。

 恋人が二人いる人が、どっちも捨てがたいといって両方ズルズルというのと同じです。誰か「二兎追うものは一兎も得ず」と言ってあげないのかな。。。

 

 冗談はさておき、築地ブランドとしては二つ懸念があります。

  • 築地が再開されるまで(5年後?)に築地ブランドが廃れること
  • 築地と豊洲の二つに市場が分かれるため、ブランディングのための資金が分散され築地に集中できないこと

 ブランディングというのは広告費がかかりますので、後者は特に心配ですね。

追記 2017年7月11日

【NHKニュースWEB】豊洲に予定の観光施設 運営会社が撤退の意向

東京都の市場の移転問題で、豊洲市場の敷地内に整備される予定の観光施設の運営会社が、小池知事が示した基本方針によって築地市場も観光拠点として再開発されれば採算が取れなくなるとして、このままでは豊洲から撤退せざるをえないとする意向を東京都に伝えていたことがわかりました。

(中略)

運営会社と東京都は、現在、協議を進めていますが、東京都によりますと、仮に会社の撤退が決まった場合は、前提条件を変更した都側に違約金の支払いが発生する可能性があるということです。

また、観光施設の整備は、地元の江東区が市場の移転を受け入れる際に地域の活性化策として都に求めてきたいきさつがあり、豊洲から撤退することになれば地元の反発は避けられず、移転問題の新たな課題となることも予想されます。

この記事のポイントは3つ。

  • 東京都は豊洲開発を推進するため、豊洲に観光施設(「千客万来施設」という食文化を発信する観光施設)を神奈川の会社にオープンさせようとしていた。ところが、先月、小池知事が築地を食のテーマパークとして再開発する基本方針を示した。これが豊洲観光施設とモロかぶりであった。
  • 東京都は、この神奈川の会社に違約金を払う可能性がある
  • この神奈川の会社が撤退は、東京都と江東区民との約束に反する。

つまり築地を食のテーマパークとして活かすという方針は、違約金支払いと江東区民との約束反故を伴うということですね。グダグダ感がありますね。

追記 2017年7月31日

 そうこうしているうちに、築地市場の空気中から基準を超えるベンゼンが検出されましたね。さすがに空気中はまずいでしょう。地中からのベンゼンはコンクリで固めてしまえば隔離できますが、空気中からベンゼンが出るのはまずいです。

【日本経済新聞】築地市場 空気中から基準上回るベンゼン

追記 2017年8月3日

どうしたのでしょう?今度は築地市場で火事です。

【日経新聞】築地場外市場で店舗火災 5棟燃える、けが人なし

2017-02-04

正規社員ってなんだ?

 欧米の正規社員と日本の正規社員は違う、というお話です。

 最近、正規社員と非正規社員の賃金格差が問題視されています。なぜ問題視されるようになったか?というと、

  • 以前は、非正規社員と言えばパートの主婦がほとんどでした。また、その夫は正規社員として働いていました。そのため、非正規社員の収入は、世帯の補助的なものでした。それが段々と独身一人暮らしなのに非正規社員という世帯が増えてきており、生活の苦しい世帯が増えているため。
  • 欧米の正規社員と非正規社員の賃金格差は、日本のそれよりも差が小さいことが知られるようになったため。

 ここで、後者について考えましょう。そもそも、正規社員ってなんでしょう?

 日経新聞 1/30日の朝刊「経済教室 「同一賃金」指針案どうみる 非正規の技能向上を阻害も 」によると、日本では(1)1直接雇用され、(2)無期契約で、(3)フルタイム労働している社員を、正規社員と呼んでいます。一方、欧米ではこの3条件を満たさない人も正規社員と呼ばれます。例えば、フルタイム労働していない人も正規社員です。働き方の自由度が高い分だけ、3条件を満たす社員よりも、彼らは正規社員でも賃金は低いのです。

 つまり、日本の正規社員と欧米の正規社員は、定義が異なるのです。異なるものを同じように比較すると間違えます。

 

2017-01-29

同一労働同一賃金を実現すると、若者の新卒採用が減少する

 広告代理店 電通の過労死事件で、政府の長時間労働規制が加速しました。どうやら、残業”年720時間”を上限とすることになりそうです。2ヶ月平均では80時間残業を超えてもいけない(「残業上限、月平均60時間=繁忙期は100時間−政府調整」(jiji.com))。今後、細かい修正(80時間を70時間にする等)を別にすれば、あとはインターバル規制(退社してから翌日出社するまでの最短時間の規制)を入れいるか、入れないかくらいが議論点でしょう。

 安倍首相の推進する”働き方改革”は、二つの柱があります。(1)長時間労働規制と(2)同一労働同一賃金の実現。前者はほぼ決まったため、残りは”同一労働同一賃金の実現”になります。

 ”同一労働同一賃金の実現”の議論は、ニュース等を見ていて分かりづらいものがあります。非正規労働の賃金が上がらないという問題を議論していたり、働く女性の賃金が男性と比べて低いと議論していたりします。

 ”同一労働同一賃金”の必要性を訴えるために、まず賃金の異なる事例を挙げるわけですが、そういった事例が多いのだと思います。これらの事例は、3つに大きく分類できると思います。

  • 雇用形態の違いに基づく賃金差(正規社員 vs 非正規社員)
  • 性差に基づく賃金差(男性 vs 女性)
  • 年齢に基づく賃金差(若者 vs 中高年者)

これらのどの賃金差に対して、制度設計をしていくのでしょう?

 非正規社員の多くが、若者や女性であることを考えると、正規社員と非正規社員の賃金差の解消を狙うことが成果を作り易そうです(この場合、男性正規社員と女性正規社員の賃金差は解消されないし、年功序列的な賃金差も解消されませんが。)。そうした形で”同一労働同一賃金”の制度ができると、正規社員と非正規社員が同一労働をしなくなる可能性もあります。つまり、正規社員の職務内容と、非正規社員の職務内容を明確に決めるということです。これが極端に進むと、正規社員のしない仕事を非正規社員がするといった、仕事のカーストが出来そうです。

 日本の企業が社員を採用するときは、学生の新卒採用が中心です。中途採用や、非正規社員から正規社員への転向は、少ないです。そして、この中途採用等を急に増やすことは、なかなか難しいでしょう。新卒採用を減らすことになりますので。徐々に、新卒採用を減らすような社会システムに変わっていくのかな。

まとめ

 ”同一労働同一賃金の実現”を進めると、正規社員と非正規社員のカーストが出来上がる。カーストを壊す過程で、徐々に、新卒採用の数が減っていく、かもね。