ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

読書80年:名和小太郎

2018-04-27

【ブラウジング:114】 尾池和夫・他4氏「地震予測と「第4の科学」:データに駆動された新たなアプローチへ」『科学』v88,n5 (2018)

地震予知について、なるほど、と思う指摘がいくつかある対談。
その1:物理モデルから局所的変化を説明することは難しい。
その2:初期条件がわからないと応力蓄積の評価は難しい。
その3:少数の観測例や観測点、あるいは一つの物理量の観測だけで「地震予知」の可否を議論することは難しい。
その4:「起こらない」という情報のほうが大量にある。
その5:ノイズはありえない。すべてがデータである。
その6:(多くの研究者は)データが足りないのではなく、解析をしていない。
 対談の参加者は上記の指摘を、だから地震予知の方法論を「第4の科学」(データ駆動型アプローチ)のなかへ組み込めと論じる。その論はよしとしても、読者の私は、ここに研究費がほしいよ、という機会主義的な訴えを見てしまう。

2018-04-26

【ブラウジング:113】 「編集後記」『PATENT STUDIES』n.65, p86-87 (2018)より

法律の専門誌にマンガの分類が示されていた。意表をつかれた。マンガ通には自明のことかもしれないが、マンガに縁のない私には面白かった。以下、紹介する。
(1)対戦型(正統派)
(1A)人間同士の対戦(ライバル型):例「侍ジャイアンツ
(1B)人間以外との対戦(防衛型):例「マジンガーZ
(2)フロンティア型(フロンティア精神の継承):例「課長 島耕作」
(3)エッセイ型(四コママンガ的):例「あたしんち」
(4)課題解決型:例「恐怖新聞
(5)カテゴリー横断型:例「キン肉マン
じつは、このあとにマンガの未来論が続く。これも説得的。

2018-04-23

【読書80年:534】 西尾實(校注)『方丈記』岩波書店 (1957)

記述のほとんどが記録と記憶。未来論がまったくない。ボルヘスに似ている。それにしても、13世紀の日本語の端切れよさに唖然。

2018-04-08

【読書80年:533】 桑原武夫『論語』,筑摩書房 (1982)

フランス文学研究者による中国古典の評釈。目配りは、中国、日本の先人の文献のみならず、マクックス・ウェーバーやアナトール・フランスの主張にいたる。
 あらためて、私の学んだことは、孔子がヴェブレン流にいえば「有益な処世術」の大家であったこと、これが紀元前6世紀に出現していること、にある。
 この本の刊行時点、私は近所の中学生を数人集め、早朝、週1回、論語素読をしたことがあった。半年ほど続いたかな。

2018-04-06

【ブラウジング:111】 「2016年度定期演奏会 演奏ランキング」『日本オーケストラ連盟ニュース』, v.98 (2018)

1位、2位は自明。3位のショスタコーヴィッチは「まあ」納得。マーラー8位も「よし」か。ブルックナーの14位は「あれっ」という感じ。なぜか、シベリウスが落ちている。