ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

読書80年:名和小太郎

2018-04-26

【ブラウジング:113】 「編集後記」『PATENT STUDIES』n.65, p86-87 (2018)より

法律の専門誌にマンガの分類が示されていた。意表をつかれた。マンガ通には自明のことかもしれないが、マンガに縁のない私には面白かった。以下、紹介する。
(1)対戦型(正統派)
(1A)人間同士の対戦(ライバル型):例「侍ジャイアンツ
(1B)人間以外との対戦(防衛型):例「マジンガーZ
(2)フロンティア型(フロンティア精神の継承):例「課長 島耕作
(3)エッセイ型(四コママンガ的):例「あたしんち」
(4)課題解決型:例「恐怖新聞
(5)カテゴリー横断型:例「キン肉マン
じつは、このあとにマンガの未来論が続く。これも説得的。