ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

読書80年:名和小太郎

2018-05-08

【読書30年:536】 光野有次『バリアフリーをつくる』岩波新書 (1998) 

20年前に刊行されたものではあるが、示唆にとんだ指摘が多い。「ヒトは1日の半分以上は体軸を重力軸に添わせている」、あるいは「できるだけ抗重力姿勢をとれ」など。

2018-01-12 【読書80年:527】

松田道雄『私の読んだ本』岩波新書 (1971)

著者は実務家(医者)にして反体制派のシンパ。加えて読書家。このような人をかつては「インテリゲンチャ」と呼んだ。その人が、自分の読書遍歴を語る。読者の私は、本書の後半についてはそれなりに時代を知っている。だから、著者の読みの深さが分かる。
 チェルヌイシャフスキーの『哲学の人間学的原理』は若き日の私の愛読書であったが、その訳者が著者であったことを全く忘れていた。また、ゲルツェンの引用もある。この本にも若い私は励まされていた。
 もう一つ。この本を読みつつ、私は民芸の『火山灰地』の舞台を、その滝沢修の台詞を、思い出した。

2017-09-03 【読書80年:513】

今井むつみ『ことばと思考』岩波新書 (2010)

 ヒトは言葉を使って考えるのか。じつは、言葉のみではない。思考は、ヒトが進化の過程でとりこんだ無意識下のなにかによっても助けられている。これが本書の主張。
 本書は論理も明晰、文体も明晰であるにもかかわらず、難解である。この主題が難解なためだろう。

2017-04-26

【読書80年:500】 津野海太郎 『読書と日本人』 岩波新書  (2016)

著者が読者の私と同世代なので、著者の意には反するかもかも知れないが、私はこの本を自分史に重ねて読むことができた。私も河合栄治郎の『学生と読書』で育った世代。本不足の戦中には、岩波文庫の巻末にある既刊目録をブラウジングしつつ、どんな本だろうと思いをはせたものだ。戦争直後にはアテネ文庫(全紙版の新聞紙を8つに折り、裁断せずに32ページに仕立てた文庫版)の恩恵に預かった。
 この本の読みどころは、本自体の話にとどまらず、本がどんな社会的な機能をもっていたのか、また、読者はどんな空間で読書したのか、どんな姿勢で読書したのか、こんな話題がつぎつぎと現れること。これが、それぞれの時代ごとに、読者層、本の姿形、出版と流通の方法に関係づけられて示される。
 最後に著者は、電子書籍について、図書館について、熱く語る。私は意見をやや異にするが。

2017-04-22

【読書80年:499】 大塚恭男 『東洋医学』 岩波新書 (1996)

2000年以上、症状と生薬にかんして反証可能性のテストを繰り返し、反証のなかった経験的な知識が漢方になった。ここにいう反証とは、効用のないもの、副作用のあるもの、劇薬など。 これ誤読かな。