ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

鋼鉄的日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2014-10-23

山本おさむ『今日もいい天気 原発事故編』読了。ネットの情報では分からないリアルで確かな感情が伝わる。

 福島に実家があり、原発事故後、避難した漫画家の実体験漫画。台湾にいると、ネットでしか被災地の情報を知ることが出来ませんでした。実体験をリアルに描いた漫画は圧倒的で、漫画の表現力の凄さを思い知らされました。

 放射線の除染の大変さ、東京電力や政治家、専門家に対する怒りなど当事者にしか分からない感情が直接伝わってきます。特に被曝してしまった犬の声帯の調子がおかしくなり、声が出なくなってしまう場面は、犬を飼っている人には涙なしでは読めないでしょう。

 原発から70キロ離れた作者の体験のほか、原発から3キロ圏内から避難した人と同行して強制避難区域の様子をつづった体験、また放射線ゼロの米を作ろうと奮闘する農家の人の話も織り交ぜられ、読み応えのある漫画です。

今日もいい天気 原発事故編 (アクションコミックス)

山本 おさむ 双葉社 2013-02-12
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 同じ島国である台湾でも原子力発電所は数多くあり、今も建設予定中のものもあり、議論されています。反対派のほうが今のところ優勢なようですが、どうなるか分かりません。台湾政府は風光明媚な離島の蘭嶼に核廃棄物を無造作に捨てていたというとんでもないことをしていたので、もし大地震があれば、日本と同じような事故に繋がってしまうかもしれません。

 にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

2014-10-22

台湾で上海蟹の養殖が流行。養殖業者は297もあり、台湾の全ての地域に広がる。

 台湾では今、上海蟹の養殖が盛んだそうです。養殖業者は現在297もあり、台湾の全ての地域に広がっているとのこと。

 上海蟹は10年ほど前に中国で昔食べたことがありますが、かなりの美味です。しかし、今の中国の状況を見ていると、中国産の上海蟹を食べるのは躊躇します。台湾の業者のものなら安全かと思いましたが、台湾の今の状況を見ていると五十歩百歩な気がします。

D

【養殖大閘蟹 台灣農業經濟新亮點−民視新聞】

 現在、台湾の養殖上海蟹の生存率は1割ほどで、まだビジネスとして軌道に乗るには厳しいようです。業者は3割まで上げたいといっています。上海蟹は生存力が強く、日本でも外来種として問題となっていると聞いていたので、少し以外です。

 にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ