Hatena::ブログ(Diary)

粗忽者草子

2014-12-21

軍師官兵衛最終回「乱世ここに終わる」

高柴です


大河ドラマ軍師官兵衛最終話「乱世ここに終わる」の感想です。

最後まで見られるか心配で、絶対見ようと思って感想の記事を書き始めたのですが、まさか最後まで書けるとは思わなかった。期待通りの面白さで、とても満足です。

   

天下分け目の戦い、関ヶ原の戦いは最初は五分五分の戦いだったが、小早川が家康側に寝返ったことで状況は一変。わずか一日で勝負はつき、家康が勝利する。

そのころ、家康と三成の大きな戦いは長引くと読んでいた官兵衛は兵を率いて次々と九州の三成派の武将たちを撃破。九州のほとんどの地を手に入れる。だが、そこへ大坂から関ヶ原ですでに戦いは終わったという知らせが届く。

初めて自ら天下をのぞみ、仕掛けた勝負だったがそれは夢に終わった。

長政は関ヶ原での武勲を家康から賞賛され、手を取って礼を言われたと父に報告するが、天下の夢が敗れた官兵衛はなぜ家康の首を取らなかったと息子に言う。

そして4年後、家康征夷大将軍となり、もはや天下は家康のものとなった。官兵衛は自らの死期を悟って長政と善助を呼び、長政にお前は正しかったのだと告げる。自分を超えたと初めて息子を誉め、善助にこれまでの礼と自らの兜を授ける。

官兵衛の死後、豊臣家は滅び、家康の築く太平の世がやってくる。それは官兵衛がなによりも望んだものだった。



大河ドラマが始まる前、ある週刊誌の記事で、官兵衛が長政に「お前の左手はなにをしていたのだ云々」というエピソードは本当にあったのかと疑問を投げかけているのを読みました。長政が本当に家康を殺していたら、長政の命は当然なかったはず。それなのに、官兵衛がそんなことを言うだろうか?と。長政はたった一人の嫡子。それもあの半兵衛が命がけで守ってくれた大切な我が子です。そんな長政が死んでもいいとあの官兵衛が思っただろうか?というのが、その記事を書いた方の意見で、私ももっともだと思いました。その方は、岡田くんにもその疑問をぶつけてみたそうで、岡田くんはそれは自分も考えている。そのシーンがあれば、自分なりに演じてみたいと答えたようで、私はものすごく期待して今日を迎えました。

官兵衛は、本気で天下をとるつもりだった。秀吉に遠ざけられ、一度は情熱を失っていた官兵衛が初めて望んで自分から仕掛けた大勝負。そしてあっけない幕切れ。きっと、まだ納得できていなかったんでしょうね。すべてが終わってしまったことを。だから、あのシーンであの言葉が出た。あれは、長政のことを犠牲にして天下を取りたかったという意味じゃなくて、(不可能だけど)長政と天下をとりたかったという口惜しさだったのかなと。私の勝手な解釈ですけど、そんな風に受け取りました。とにかく口惜しくて一度取り戻した情熱の持っていき場がない、そんな官兵衛になっていたのではないでしょうか。

そんなわけで、私は納得して岡田官兵衛の解釈を受け入れました。あの記事を書かれた方はどう受け取られたのか気になるところです。

長政が羽織を三成にかけるシーン。これも有名なエピソードで、長政の器の大きさがわかります。官兵衛の自慢の息子になれてよかったね、長政。

最期に光と言葉を交わすシーンは涙。本当に素敵な夫婦ですよね。いろんなことがあって、それをいつも乗り越えてきた。ドラマを見ていて、なんで官兵衛ばっかりこんなに茨の道を突っ切らなきゃいけないんだと何度も思いましたが、それを全部乗り越えられたのは、周りの人たちに恵まれていたからなんだろうなぁ。

あとは総集編を残すのみ。これは録画しておかないと。

最後まで感想が書けて本当に楽しかったです。とてもよい思い出になりました。

2014-12-07

軍師官兵衛第49回「如水最後の勝負」

高柴です


軍師官兵衛第49話「如水最後の勝負」の感想です。

家康率いる東軍と三成率いる西軍はそれぞれフラフラ定まらない小早川秀秋を味方につけようとやっきになっていた。調略を任されている長政は小早川家にスパイを送りこんで様子を把握し、秀秋の動向を気にしていた。吉川広家はもともと毛利家が三成に従うことをよしとしておらず、長政の説得に積極的に応じてすでに家康側についている。三成はそんな西軍をまとめ、東軍を動揺させるために幼い秀頼の出陣を淀殿に願い出るが、きつく却下される。

そのころ九州では官兵衛が豊後へ攻め入り、三成が送りこんできた西軍側の大友家を撃破。長政には、家康に味方して西軍側の九州勢を倒していると書状で報告していたが、家康をはじめ信じる者は少ない。

三成は大垣城家康を迎え撃つ準備をしていたが、野戦を得意とする家康は城攻めを嫌い、三成を関ヶ原へおびきよせる。家康の作戦通りに三成は動き、とうとう20万もの大群が関ヶ原でにらみあった。



九郎右衛門!!!!好き!!!!

という49話でした。うん。わかりやすい。

なぜか気になる九郎右衛門。なぜだ。キャラか?顔か?声か?全部?

官兵衛に命じられてかつて黒田家の食客であった吉弘統幸を九郎衛門が討つという話でしたが、二人の表情や言葉で彼らが良き友人同士だったのがうかがえてぐっときました。しかし、吉弘統一の殺陣がすごすぎて九郎右衛門負けるんじゃないかとハラハラしました。頑張ってたけどね!九郎右衛門はどっちかっていうと頭使う方が得意だもんね。

歴史に「もし」という想像は意味がないけど楽しいものです。

もし、秀頼が西軍の総大将として形だけでも出陣していたら?

もし、三成が大垣城から離れなかったら?

もし、小早川秀秋が義理がたい勇敢な武将だったら?

おそらくいろいろ変わっていたでしょうね。官兵衛が天下をとっていたかも?

官兵衛が楽しそうで、そんな官兵衛たちの無事を願う光もうれしそうで見ていて楽しかったです。あと最終話を残すのみ。楽しみです。

2014-11-30

軍師官兵衛第48回「天下動乱」

高柴です


大河ドラマ軍師官兵衛第48話「天下動乱」の感想です。

大坂城に入った石田三成は、上杉討伐に向かっている家康を豊臣家をないがしろにする逆賊として討つために味方をつのる。毛利、小早川、島津など西国はだいたい三成につくことになったが、家康とともに上杉討伐へ向かっている武将たちはわからない。そこで、大坂にいる武将たちの奥方を人質として大坂城へ入れようとするが、細川忠興の妻たまが自害し、屋敷も炎上して大騒ぎになったことでひとまず頓挫する。

官兵衛はこうなることを予想して善助と太兵衛を大坂に残しており、二人の機転で光と栄は無事に大坂を脱出して官兵衛のいる豊後へ到着する。

そのころ家康とともにいる長政は、福島正則を家康に味方するよう説得するなど、せっせと家康を天下人にするべく動いていた。三成を憎む武将は多く、上杉討伐のために家康とともにいる武将たちはみな家康に味方することを誓う。

官兵衛は九州をたいらげ、現在領主輝元が大坂にいるためガラ空きになっている中国を制圧し、播磨から天下を狙うという計画を練る。そのための準備は整た。いよいよ最後の勝負が始まった。



栄に扮した妻のおみちのことを「16歳にしては歳いきすぎじゃ?」って三成のよこした役人に指摘されて、

「は?」

って軽くキレる善助かわいすぎ。いや、善助が悪いって。いくらなんでも16歳には見えないよ。そしてお福で軽く納得された光は怒っていいよ。

今回は家臣3人が本当によかったですね。楽しかった昔を思い出しました。こうやってみんなで地図をにらみながらよく作戦を練ってたよなぁ。

さらっと流されましたが、細川家ではあの有名な忠興夫人ガラシャが亡くなってしまいました。彼女がああいう壮絶な最期を遂げたことで、三成はそれ以上無理やり他の奥方たちを集めることを躊躇するようになりましたし、彼女は歴史を変えた女性だと思います。彼女の辞世の句が本当に好きです。

長政が着実に男前になっていて惚れ惚れ。やっぱり官兵衛の息子だわ。福島正則の説得くらい簡単だっただろうな。どうでもいいけど、結局太兵衛はあの槍を返さなかったんですね。ちょっと笑ってしまいました。

2014-11-23

軍師官兵衛第47回「如水謀る」

高柴です


大河ドラマ軍師官兵衛第47話「如水謀る」の感想です。

三成は家康によって隠居させられたが、いずれこの二人の間で大きな戦が起こることは間違いない。官兵衛はそう睨んで準備を進める。

官兵衛は三成と家康のどちらにもつかずに自分の道を行くことを決めるが、家康に心酔する息子の長政は徳川につく。そして、それを示すために妻の糸を離縁して家康の養女栄姫を妻に迎える。

三成は親しい上杉家の直江兼続と手を組み、家康が上杉討伐のために兵を率いて関東へ向かうように仕向ける。そして三成は挙兵してガラ空きになった大坂へ。それを中津で聞いた官兵衛はいよいよ動き始める。


精力的に動き回り、決め台詞は「隠居の身だから(ニヤリ)」って誰が納得するのか。官兵衛がとっても楽しそうで見ていてウキウキ。九郎右衛門もイキイキ。

三成に会いにいって、直江兼続と組んで家康大坂から引っ張り出す案を披露してたけど、あれはすでに三成も考えていたってことなんでしょうかね?三成がすでに考えていることを承知で、でもこんな簡単な策はもう家康にバレてるよって挑発したってこと?三成が激怒していたところを見ると、

三成が密かに考えていた秘策を簡単に見抜いてしかもダメだし→激怒

の流れなのか、

官兵衛の超名案を聞いて一気にテンション上がっていたのにダメだし→激怒

の流れなのか、どっちかなんだろうと。まぁどっちにしろヒドイ。

官兵衛がすっごく嬉しそうに黒い笑みを浮かべるたびに視聴者もニヤニヤしていたに違いない。ホントかっこよくなったなー。

2014-11-16

軍師官兵衛第46回「家康動く」

高柴です


大河ドラマ軍師官兵衛第46話「家康動く」の感想です。

長政たち黒田家の面々は、さまざまな苦難の末朝鮮から戻る。しかし、三成と三成派の小西行長の讒言により、長政、福島正則、加藤清正の3人は朝鮮での行動を責められる。これでいよいよ三成に敵意をむき出しにした3人は家康に味方すると公言。前田利家を後ろ盾にした三成派と家康派で一時緊張状態に陥る。ここで争いになっては天下泰平がゆらぐと危惧した官兵衛は前田利家に直接会い、なんとか双方に鉾をおさめさせることに成功する。

しかし、ずっと具合が悪かった利家が死去したことで一気に三成は窮地に陥る。長政ら反三成派の武将たちに追いつめられた三成はなんと家康のもとに逃げ込み、難を逃れる。家康により三成は隠居させられるが、家康が三成を生かした意味を悟った官兵衛はいずれ三成と家康の二人は大きな戦が起こると確信を持つ。家臣たちにどう動くか問われた官兵衛は、自分が天下を狙うと告げる。


家康に使い捨てにされるぞと官兵衛に警告され、自分は使い捨てなどにはされないと言い切る長政がかっこよかった。大きくなったねぇ。結局黒田家は長政がいたから生き残ったわけですし、父親に似て聡明な人だったのでしょう。

三成、虎穴に入らずんば虎子を得ずとかちょっとかっこいいこと言ってたけど、窮鳥懐に入れば猟師も殺さずってとこじゃないのか。黒田家の教えをきっちり悪用する家康にニヤリ。三成の命を使って天下取りかー。

おねがサッパリ豊臣家は秀吉で終わりって言い切っていてさすが秀吉を支えて戦国時代を渡ってきただけのことはあると思いました。覚悟が違う。

先日おねが最後に暮らした高台寺に行ったのですが、おねが毎日見ていたであろう庭を見学して、彼女は幸せだったのかなぁと考えずにはいられませんでした。みんなから尊敬された女性でしたが、彼女自身は多くの身内を争いで亡くしたり少し寂しい晩年だったのかもしれません。

官兵衛がとうとう野望を口に!!播磨にいたころは毛利か織田につくしかなかったけど、今は違うというのがいいですね。着実に力をつけてきた黒田家。官兵衛の最後の勝負が楽しみです。

カテゴリー