Hatena::ブログ(Diary)

十年後の木兎 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-09-22

[]深夜逃亡 22:28

せっかく自転車が来ましたが、私の家から職場までは約2km。近すぎます。唯一まとめて走れるはずの土日は、子供の為の時間なので、一人で何時間も走るなんて無理です。そうなると、寄り道をしながら通勤するしかない。ただ、30分も乗ると汗だくになるので、行きは無理です。(タオルで拭いて終わり、というレベルの汗じゃない)つまり、仕事が終わった深夜に徘徊する不審者になるしかないのです。

まだちょっとサイクルコンピューターとかを買うほどの気分ではないので、スマホで記録をしています。9/11から始めているので、そろそろ2週間か。一回に走った距離と、その内容が記録されます。本当は、自転車に機械を付けてスマホ通信させると、タイヤがどれだけ回ったとか、自転車が停止したらちゃんと速度計測も止まってくれたりとかするのですが、まだそこまでしていません。

f:id:kotokane:20170922220923p:image

f:id:kotokane:20170922220928p:image

私のスマホ端末はandroidですが、runtastic Road Bikeというアプリを使っています。

全く、本当に全く運動していなかった自転車素人としては、2週間で100km。このペースなら、一ケ月で200km。おお、以外によく走っているじゃないかとホクホクしましたが、自転車趣味の人たちは、一ケ月500km〜1000kmとか走っているらしい。桁が違います。

上の画像で、1.86km、となっているのが家から事務所まで。約8kmなのが、事務所から寄り道して帰るコースです。仕事を終えて、事務所を出る21時〜23時開始。事務所〜我が家近辺はこの時間、交通量がかなり少ないので、これはこれで意外にいい感じです。夜、車と並走するなんて、ロードバイクなら早すぎて危ないでしょうが、クロスバイク&私の脚では必死に漕いでも時速30kmちょい。信号厳守で休みまくっていますし、運動としてはかなり微妙でしょう。ただ唯一の救いは我が家がそこそこ高い所にあり、どうやっても最後は上り坂になることです。いい感じにちょっとしんどい。

正直な処、冬になる→寒くてやってらんない→自転車をサボる 以外の未来は見えないのですが、本格的に寒くなる前にもっと自転車大好きになっていることを祈ります。

ああ、子供のころから自転車が好きだったわ。なにせ一人で出来る遊びです。いくら運動神経がなかろうが筋力がなかろうが、気力の続く限り、どこまでも連れて行ってくれる夢の機械です。

中学生の頃、欲しい北斗の拳の巻が近くの本屋になくて、隣町までママチャリで買いにに行った帰り、迷子になりました。いくら走っても走っても同じ道に出る。3回ほど回った結果、既に夜でしたが、ガソリンスタンドに〇〇市はどっちですが、と聞きに行き、スタンドにいた店員のお兄さんが驚いて車で家まで送ってくれたことがありました。正しい位置はもう覚えていませんが、google Mapを見ると15〜16kmだった様子。意外に近いな。我ながら馬鹿だ。あの時の店員さん、本当にありがとう。

2017-09-12

[]CENTURION SPEEDDRIVE DISC1000 22:41

今まで乗っていた自転車はかれこれ20年。折り畳み式のランドナー(的)な自転車なのですが、ろくにメンテしていなかったせいで、もうサビサビボロボロです。なにせ古いので、もう、自転車屋に持ち込んでも修理部品がないと言われます。そもそも自転車屋はその店で買った自転車以外に冷たい。ブレーキが見事に効かなくなってきたので流石に危機感を覚え、新しい自転車を買いました。

通勤でも使いたい、ちょっと遠乗りをしたい、早く走りたい、ということで、所謂ロードバイク、フラットバーロード(棒ハンドルのロードバイク)、グラベルロード(オフロードを意識したロードバイク)、もしくはクロスバイクと色々捜し歩いたのですが、スピード重視と、通勤の快適さはどうやっても両立出来ないと結論し、無難にクロスバイクを買いました。もっと走りたくなったら大人しくロードを買えばいい。

買ったのはCENTURIONというドイツメーカーのSPEEDDRIVE DISC1000というクロスバイクです。少しは良いクロスバイクの購入を検討すると(5万円以上10万円以下)、GIANTのエスケープという自転車コスパ的にも性能的にも最も無難に見えるのですが、色々悩んだ結果、ちょっとだけ贅沢をしてもう1ランク上げました。

クロスバイクですが、ちょっとロード寄り。前傾姿勢で、部品(コンポーネント)もロードのエントリーモデル(ティアグラ)が使われています。ただ、あくまでクロスバイクなので、ロードバイクのような、とんでもない速さ/軽さはありません。

今までの自転車は700 28Cというタイヤを付けていましたが、今度の自転車は32C。ママチャリよりちょっと細い?同じ?感じ。速度が出ないだろうなぁとは思っていましたが、本気で漕ぐと平坦な道ならすぐに30km/h超えるので、いくらクロスバイクとはいえ、ヘルメットがあった方がいいですね。20年前のサビサビマシンと比較すべきではなかった。ブレーキは油圧ディスクブレーキを使っていて、恐ろしいほど効きます。速度がある状態で強く握ったらおそらく、転びます。というか乗っている人間が吹っ飛んでいきそうです。

2017-09-11

[]HTC U11 HTV33 18:41

さよならHTC。買収ネタがまた出ていましたね。

HTCブランドはどうなるのか分かりませんが、もしかしたら最後になるかもしれませんし、HTL23からU11に機種変(というかMNP)しました。

初めてのスマホがEVO。次がHTL21、次がHTL23、そしてU11。スマホはひたすらHTCを信奉しておりました。至ってシンプル、そして高水準。auにGLEEとかの変なアプリを入れられたり、スパイウェア容疑なんて出た時もありましたが、基本的に好意的な視点でお付き合いさせていただきました。

今回は背面が全てガラスで、しかもアナログマイクのジャックがないという、正直、そこは冒険、というかiPhoneに追随しなくて良かったと思う仕様です。type Cの接続口でイヤホンが繋げるのですが、U11に対応する商品がほぼない。というか付属している、試供品という名目のイヤホン&アダプタくらいしかない。メインの売りはVRヘッドマウントの対応なんでしょうが、現状、欲しいシーンがない。見事に人にお勧めできないスマホです。

スマホ自体は非常に快適です。無駄なソフトもなくていい。デフォルトで画像ビューワすら入っていなくて驚きます。スマホベンチマークとして一部に有名な?デレステも実に快適です。リッチモードで音もズレずプレイできます。この機種ならではありませんが、指紋認証も実に便利。いい機種なんだけどなぁ、以外の言葉がない。

今回、久しぶりにSoftBankでも取り扱いがあったのでMNPしたのですが、あちこちのSoftBank代理店に行って「U11を見せてください」という度に「え?」という反応をされたのが印象的でした。「マモリーノの機種でしょうか?」と困った顔で対応されたことも。今年の夏の新商品なんだけどね、SoftBankでiPhone以外を買う人がそもそも少ないだろうから、そりゃ知らないよね。

次に機種変する時にはどこのメーカーになるかなぁ…

2017-07-25

[]お気をつけて 21:34

最近、子供が遅寝遅起きです。8:00位に起きてきて、〇〇ちゃん、早起きだよ、と自慢げに言ってきます。全然早くない。家を出る時には、「お気をつけて」と送ってくれます。朝ご飯で夢中になっているとガン無視だけど。

相変わらずのお父さん大好きで、週末はひたすら私にくっついています。一日に何回大好きと言われるか分かりません。私のこの40ウン年生き続けてきた中で「大好き」と言われた数は、この数ヶ月間、天文学レベルの加速倍率で記録更新されました。分かってる。こんなサービスタイムは今だけ。

日に日に成長していて、重いし煩いし実に面倒くさいし癇癪持ちで夜寝ないし片づけないし、乱暴者だし、うぬぼれのフィジカルポンコツだけど、我々夫婦には実に勿体ないほどのいい子です。

幼児期健忘というものがあり、子供は3歳以前の記憶をある短期間でスパッと無くすそうです。(個人差あり)今のこの子は忘却の彼方へ消えていくのかと思うと、ちょっとセンチメンタルな気分になります。

2017-06-06

[]アイドルマスターマリリン・モンロー 00:56

昔はSFCや初代PSなどの家庭用ゲーム機で遊んだり、PCでオンランゲームをしたりしていましたが、最近はもっぱらスマホです。ゲーム好きとしては正直、情けなくも思いますが、なにせスマホは手軽。もう、腰を据えて長時間ゲームをする気力も記憶力もありません。結局スマホでも、所謂ハムスター行為(同じイベント、タスクをひたすら繰り返す)を求められて、時間が掛かるのは皮肉な話ですが。

今やっているのは『アイドルマスター シンデレラガールズ』です。スマホソーシャルゲームでは実にメジャーなタイトルといえましょう。萌えゲー。かつ、リズムゲー。以前の自分なら真っ先に避けていたジャンルです。


子供のころから私は歌好きなので、自分の声域で歌える歌&ゲーム音楽以外はあまり興味がありませんでした。しかも、姉が買うCDをよく借りていたので、これがまた全部男性ボーカル。(TMネットワーク、B'z、大江千里etc)大学の先輩の影響を受けて渋谷系(!)のピチカート・ファイヴ好きになったのが唯一の女声で、あとは基本男性ボーカルばかり。ついでに大学では男声合唱。女声曲を、私の低く狭い音域で歌っても今一、面白くないのです。(そういえば、中島みゆきは好きでした。声が高くないから?)


そんな私でしたが、今やデレマスにめでたく洗脳されてアニメアイドル曲に抵抗感なし。これは進化なのか退化なのか。ササキトモコさん(セガのゲーム、ナイツの音楽担当だった人)の曲まであって最高です。コミュと呼ばれる、ゲーム内のアイドルの掛け合いはもう、どうしようもないくらい内容スカスカですが、面倒ならスキップできます。2011年から積み上げたそのアイドル総数、183名。こてこてのステレオタイプキャラはもちろん、他のゲーム、実在のタレント、アイドルアニメキャラのパクリネタ満載。9歳から31歳までいるし、区別する為であろうキャラ設定が極端すぎてもう何が何やらですが、その内洗脳されるので問題ありません。これに加えてさらに声優が絡んでくる非常にディープな世界です。


先ほど仕事から帰ってきてTVを付けるとCMをやっていて、マリリン・モンローのI Wanna Be Loved By Youが流れていたんですが、「マリリンの歌、可愛いな」という今までにない感想をふと抱いて、これはデレマス洗脳効果の余波か、とふと思った次第。というか、おっさんになっただけか。

"I Wanna Be Loved By You",Marilyn Monroe - YouTube