気まぐれ読書手帖

2017-05-17

薔薇十字叢書 風蜘蛛の棘(★★★★☆)

東京ローズを捜して欲しい」東京ローズ=日本軍連合国側向けに行った反戦放送のアナウンサーの愛称。名探偵・榎木津が元GHQ職員から依頼されたのは、声を頼りに女性を辿る「声」捜しだった。捜査はやがて刑事・木場らが追うバラバラ殺人と交錯。さらに“薔薇屋敷の人喰い蜘蛛から逃げてきた”と話す少女が保護されて―。「風蜘蛛に囁かれた者はみんな自死してしまうんだ」小説家・関口が自著に生み出した妖怪『風蜘蛛』が、捜査を幻惑する。風にたゆたう薔薇のひそみに存するのは誰か。薔薇十字叢書待望の第二弾!
声を頼りに「東京ローズ」と呼ばれたアナウンサーを捜してほしいという依頼を榎木津が受け、事件に巻き込まれていく。本家の雰囲気に近いような気がする。関口は相変わらず卑屈な奴だなと思いつつ嫌いになれない不思議なキャラです。榎木津が違う方向にぶっ飛んだキャラなので調度いいのかもしれない。
黒幕かと思われた奴が実は操られていただけだったというパターン。真犯人が歪み過ぎていて後味の悪い終わり方でした。ずっと外に出れずに閉じ込められた側からすれば外の世界を知りたいと思うのは当然のこと、でも犠牲になった人達のことを考えると悪女だなと思ってしまう。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kouao/20170517/1495023861