気まぐれ読書手帖

2017-10-09

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 5.可能性を繋ぐ者達(★★★★☆)

王国へ仕掛けられたテロは、レイたちルーキーの活躍によって鎮静化しつつあった。しかし、“勝つ”ためには手段をえらばないフランクリンによる最後の切り札が発動し、大量のモンスターが王国へと進撃を開始する。限られた人数、閉じ込められた上級マスターたち。再び王国が危機に陥ったその時―あの男がついに動き出す!!
第一部完結ということでフランクリン編終了。バレバレだったけどクマ兄さん強すぎる…!レイは最後まで熱血でさすがヒーロー!といった感じでした。兄弟でお互い信頼しあっている関係も素敵。そしてフランクリンユーゴーの関係も負けず劣らず好きです、フランクリンの数少ない弱点がユーゴーというのが良い。気になるのはフランクリン も言及していましたが、このゲームは本当にただのゲームなのか?ということ。いつか明かされるのか。
レイがゲームを始めてからリアルでは4日しか経っていないだと…!?フランクリンってまさかのヒロイン候補だったりして。レイのお姉さんがパワフル過ぎる。新たな伏線もはられているので次回も期待してます。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kouao/20171009/1507538279