気まぐれ読書手帖

2017-11-07

ぼくたちのリメイク2 十年前に戻って本気になれるものを見つけよう!(★★★★☆)

僕、橋場恭也はある日、意識だけが十年前に戻って憧れの芸大生に!後の超有名クリエイター達と同回生になり今日も彼らと一緒に課題の制作や学園祭の準備に奔走中。河瀬川英子らも合流したチームきたやま・改の作品は上映会で高い評価だったが観客の反応は悪く、周囲には役者だったナナコが足を引っ張ったと言われてしまう。追い打ちをかけるように加納先生や英子に役者への志を問われ心を閉ざしてしまうナナコ。未来からやってきた恭也がナナコの才能を開花させるために考え付いた秘策とは―。「頑張るのはナナコだよ。でも…頑張るためのことなら僕は何だってする」いま何かを頑張っているあなたの為にある青春リメイクストーリー、飛躍の第2巻!
シリーズ2冊目。今回は将来人気歌手になるとされるナナコがメイン。音痴が原因で歌手の道を諦めていたけど、恭也の支えで自分の夢の方向性をきちんと決めることで一歩前へ進んだナナコを応援したい。しかし恋愛模様は前途多難、ナナコは自分の気持ちに気付き始めてるよな…。あの場面を目撃してしまうとはタイミングが悪すぎ。いくら雰囲気に流されたとはいえシノアキの行動はなんだかなぁと呆れてしまった。
次回は貫之メインなんですかね。恭也には何か作戦があるみたいですが、どんな展開になるか楽しみです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kouao/20171107/1510057885