Hatena::ブログ(Diary)

苫小牧福音教会 水草牧師のメモ帳

2012-09-15

福一原発4号機 燃料プール・・・燃料棒の火は水では消せない

 おととい北関東震度4地震があり、ひやりとさせられました。村田光平(元駐スイス大使)が、福島第一原発四号機使用済み核燃料プールの水が抜け、使用済み核燃料が露出したばあいの対策について、東電はまったく無知・無策であるという驚くべき事実が判明した件について、レポートしています

 日本人は、みな知るべき事実だと思います

 

去る8月31日、「福島原発4号機の核燃料問題を考える議員市民院内集会」が衆議院第一議員会館で行われました。私も特別スピーカーとして出席しましたが、この集会で驚くべきことが判明しましたので、急ぎご報告したいと思います

 一言で言うと、ここで明らかになったのは、呆れ果てるしかない原発事故処理体制の実態です。事態は放置できないレベルに達しており、世界的な一大事になりつつあります。少なくとも、今の事故処理体制の信じがたい杜撰さが、国内外から根本的に厳しく問われることは必至です。

 こういうと、多くの人は「福島第一原発事故処理は一段落したんじゃないのか?」といぶかしく思うかもしれません。しかし、実態はまったく違います。一段落どころか、これまでの量をはるかに上回る放射性物質による汚染が、明日にでも起こる可能性があるのです。まずはこのことから説明しましょう。

福島4号機」の崩壊が招くメルトダウン世界破局

 今、世界を脅かしている大問題があります。それは福島第一原発の「4号機問題」です。4号機には使用済み核燃料プールがあり、そこに残っている1535本の核燃料棒がさらなる惨事を引き起こす可能性があるのです。

 昨年3月11日東日本大震災福島第一原発大事故を起こしたのは周知の通りですが、4号機の建屋は、このとき水素爆発で大変傷んでいますしか地盤に不等沈下があって、倒壊する危険もあります

 現在4号機プールにある1535本の核燃料棒はかろうじて冷却されていますが、もし4号機が倒壊すれば、冷やす術はありません。そうなると、最悪の事態---核燃料棒が溶け、メルトダウンが起き、膨大な放射性物質が撒き散らされるという、いまだ人類経験したことがない悲劇が起こります

 そうなれば、これまで放出された分の数倍、数十倍放射性物質拡散し、福島第一原発の一帯には誰も近寄ることができなくなります。すべての人員が原発から撤退しなければならなくなるのは言うまでもありません。その結果、4号機のみならず、1号機から6号機までの事故後処置も難しくなり、全機がメルトダウンを起こす可能性もあります

 今、4号機も含めて、福島第一原発に残されている核燃料棒の総数は1万4225本にのぼります米国の核科学者ロバートアルバレス氏によれば、チェルノブイリの85倍のセシウム137福島第一原発存在するそうです。4号機に限っても、セシウム137の量はチェルノブイリ10倍になるのだとか。

 したがって4号機崩壊は、日本のみならず、世界的な広範囲の汚染を招くでしょう。「究極の破局に繋がることは確実」と多くの科学者は見ています

 政府東電は「4号機震度6強地震に耐えられる」としていますが、逆に見ると、この震度を超える地震が発生したらきわめて危険ということです。しかも、傷んでいる建屋が本当に震度6強までの地震に耐えられるかについては、何の保証もありません。

 今年3月、私は参議院予算委員会公聴会に公述人として出席し、この4号機問題には世界安全保障問題として最大限の対応必要であることを訴えました。8月24日から3日間、広島市で開催された核戦争防止世界大会でも、世界に向けて4号機危機への注意を喚起するスピーチを行いました。

 私たちの訴えは各国で少しずつ聞き入れられていき、今や4号機問題は世界安全保障上、最も重大な関心事になっているのです。

「水では消火できない」ことを知らなかった国と東電

 冒頭に述べた「福島原発4号機の核燃料問題を考える議員市民院内集会」は、このような背景で開催されるに至りました。13人の国会議員が呼びかけ人となり、脱原発政策実現全国ネットワークの主催で行われました。

 第1部では、アメリカ原子力技術者アーニー・ガンダーセンさんが講演を行い、私は特別スピーカーとしてコメントを述べました。第2部では、経産省から資源エネルギー庁課長と、東電から課長クラス7名が出席し、彼らに対するヒヤリングが行われました。

 あらかじめ、東電に対しては、飛散防止剤の影響や鉄筋の腐食燃料棒取り出しの計画などについて、質問書を提出してありました。また原子力安全保安院(資源エネルギー庁の特別機関)に対しては、企業任せの事故処理を改めて国が前面に出て迅速に対応する必要があることや、国際技術協力チームが必要であることなどにつき、やはり質問書を提出していました。

 第1部でガンダーセンさんは、以下のような重要な指摘をしました。これが後に、処理体制の驚くべき実態が明らかになることにつながります

4号機の燃料プールの水が地震で抜け、燃料棒がむき出しになると、1535本の燃料棒に火がつく。このことはアメリカで、すでに実験によって確認されている。

△修硫个ついたとき破壊力は、核兵器程度ではすまない。東北関東圏は壊滅し、放射能で人がいなくなれば、福島第一原発の1、2、3、5、6号機も管理不能となり 核の暴走が勃発する。

燃料棒に一度火がつくと、燃料棒を包むジルコニウムが水を分解し、そのときに生じる酸素で発火が起こり、水素爆発に至る危険がある。したがって、消火に水を使用することは許されない。

ぞ嘆个里燭瓩化学製品アメリカで開発されているので、これを用意しておくことが望まれる。

集会が第2部に入ると、ガンダーセン氏は東電の7名に対し、

「最悪の事態に備えて、(第1部で説明した)化学製品の活用を考えていますか」

 と質問しました。これに対し、東電からの答えは以下のような趣旨のものでした。

4号機は十分に補強しているので崩壊はあり得ない」

燃えるようなものはなく、消防体制も強化している」

 これを聞いて、会場に集まった人々は一様に愕然としました。東電の面々は、水による消火が問題外であることなど、まったく理解していない様子だったのです。世界中が固唾を呑んで見守っている4号機問題という重大問題について、当事者である東電認識があまりにもお寒いものであることが暴露された瞬間でした。


続きはこちら

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33518?page=3

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/koumichristchurch/20120915/p2