Hatena::ブログ(Diary)

苫小牧福音教会 水草牧師のメモ帳

2017-03-18

若者の犯罪件数は激減している

 戦前世代教育勅語でしっかり道徳教育されていたから立派だったが、戦後世代は、そのたがが外され、現代ますます少年犯罪がふえているという幻想を抱いている人たちがいるようです。それは単なる作り話です。戦前少年犯罪は、実は、すさまじいものがあります戦後よりもっとおぞましい事件もたくさんあります。下のリンク先には、「戦前少年犯罪」が紹介されています

http://kangaeru.s59.xrea.com/senzen.htm

 当時は、日本国民全体、学校先生までが、中国人朝鮮人ヘイトスピーチを投げつけ、米国人英国人鬼畜とまで呼んで良心に呵責を感じる人がほとんどいないような時代だったのです。戦地では人を殺し、殺され、破壊活動をし、婦女暴行も横行していたような時代です。戦地から帰ってきたお父さんたちが、正常な精神価値観でいることは難しかったのです。私の知り合いにも戦地から帰って来て人が変わってしまった父親が、母親暴行を加えるので、それを毎日止めるために自分毎日殴られていたと話していた人がいます。彼自身、ひどく心を病んでしまっていました。そうしたお父さんに殴られていた子どもたちが、穏やかな青年に育つ道理もありません。戦前が「美しい国」だったなどと言えるのは、他人戦争に行かせることはあっても自分は行く必要もなく、むしろ戦争で金儲けをしていたごく一部の特権階級に属する人々だけです。


 また、最近日本会議とかに属するオッサンやジイサンたちが「近頃の若い者はなっちょらん」というわけで、教育勅語を教えて愛国心を叩き込めば社会は良くなると言っていますが、こんなセリフは古代エジプト以来、オッサンたちがずっと言ってきた言葉です。今、そんな「近頃の若い者は・・・。」などと言っている戦後ベビーブーム世代少年であったころが、実は少年犯罪件数が多かった時代なのです。むしろ、現在若者たちの犯罪件数は激減しています。逆に、そういうオッサンというかジイサンたちの世代犯罪が増えているのです。筆者自身は、1958年生まれで、そういう世代最後の端っこで臭いだけ知っているあたりのオッサンです。オッサン・ジイサンたちこそ、反省せんといかんわけです。でないと、「まったく近頃のオッサンやジイサンたちは!」と若者に呆れられてしまいます

f:id:koumichristchurch:20170318125529g:image

f:id:koumichristchurch:20170318125530g:image

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/koumichristchurch/20170318/p3