Hatena::ブログ(Diary)

苫小牧福音教会 水草牧師のメモ帳

2018-05-23

元日大アメフト選手の会見を見て

 関学選手に反則行為を働いた元日アメフト部選手記者会見の一部始終を見て驚いた。事件に至る三日前から監督コーチとのやりとりを詳細に話し、あの反則行為監督コーチの指示があってなされたことを明らかにした。監督コーチは彼を練習から外し、もし使ってほしければ、全日本のメンバーを辞退したくなければ、関学QBにけがをさせろと命じたのである。こうした事実を明らかにしたうえで、しかし、たといそのように監督コーチの指示があったにしても、自分自身があの反則行為したこと事実なので、その責任は免れないとした。

 自分の顔と名前世間にさらして、事実の経緯を正確に、そして自分責任を明確に述べた勇気と知性に驚いた。そして、私自身、ひどい偏見をもってこの事件を見ていたことを反省させられた。それは、脳みそ筋肉みたいな運動選手が、勝利至上主義監督コーチの言いなりになって、ヤクザ鉄砲玉みたいにやったことなのだろうという偏見だった。後半については間違いないようだが、前半は間違いだった。元選手は、まれに見るほどに、健全精神をその肉体に宿らせている青年であると見えた。それだけに、もともとこういう健全な考え方ができる青年を、ああい行為に走らせた監督コーチ責任は非常に重い。

 創世記第三章のサタンの誘惑と人間堕落記事を思い出した。神に追及を受けた時、アダムと女は神の御顔を避けて木の陰に隠れ、「あなたが私のそばに置いたこの女が」と責任転嫁し、女は「蛇が・・・」と責任転嫁をした。蛇が誘惑したのは事実であるしかし、禁断の木の実を取って食べたという責任アダムと女にある。「もし」を言っても仕方ないことと知りつつあえて言ってみるが、もしあのときアダムが「はい。私が木の実を取って食べました。私に責任があります。」とあの選手のように答えていたら、神はアダムをどのように扱われたのだろう?と考えてしまった。

 それにしても、元選手のことばは、まるでアダムの子孫のことばではないかのようだった。過ちは犯したけれど、これから人生、彼には更生する力があると感じ、彼のために祈った。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/koumichristchurch/20180523/p1