Hatena::ブログ(Diary)

苫小牧福音教会 水草牧師のメモ帳

2016-08-27

NHK解説委員6名が本音で原発政策批判

解説スタジアム 2016年8月26日

「どこに向かう 日本原子力政策

https://www.youtube.com/watch?v=5ug3DoShsjI

 

 NHKの6名の解説委員たちが、政府原子力政策に対する批判を率直に行いました。どの意見も、ごくまっとうな意見ですが、こういう当たり前なこと言えなくされているのが、現政権下のNHKです。6名の解説委員たちは、公共放送解説委員としての誇りにかけ、首をかけて発言なさったのでしょう。国民は、島田敏男氏・板垣信幸氏・関口博之氏・竹田忠氏・水野倫之氏・盒桐寛雹瓩魘く支持すべきです。きっと官邸は今頃激怒してNHK恫喝しているんでしょう。

追記>このyoutube記録、今しがた消されてしまいました。

追記2>別のところで、まだ見られます

https://www.dailymotion.com/video/x4ql7be_%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%AB%E5%90%91%E3%81%8B%E3%81%86%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%94%BF%E7%AD%96_tv

以下、北川高嗣さんのまとめです。

規制委員会現在基準実施形態は、

住民避難保証しない。

ハードウェアが「基準」を満たしているか確認しているだけ。

社会的リスク担保していない。

・10キロから30キロ圏は、事故時の避難先が決まっていない。

・はっきり、原子力を続けるのはムリ。

避難計画を作ってまで、原発を動かす必要はない。

・裏側のコストを加味していない。作るまでに現在価値

 45兆円相当を国庫をつぎ込んでいる。

福島賠償金除染に9兆円、税金をかけているがそれは、

 国民電気代として負担するのとなんら変わらない。

常識的に40年ルール採用すれば、2030年エネルギーポート

 フォリオは実現できない。

・40年寿命から20年延長は、現実にはザル法になっている。(40年超えの原発事故を起こしても、どのみち、保険もなく、誰も責任を取らない(取ることはできない)。)

現実には、新設(リプレース)しない限り、安全性を確保しつつ

今言われているエネルギーミックス(2030年時点での原子力割合20−22%)を実現できない。

・核のゴミの処理については、手付かず。処分場はどこに?処分場公募したが、候補地はなかった。強制的に設置することができるのか。これからでは、20年30年かかるだろう。

アメリカ最終処分地は、ヤッカマウンテンは、30年かけたが、白紙に戻った。

・誰かが、犠牲にならなければならないものをなぜ拡大するのか?

信頼が土台だがその信頼は全くない。

・核燃サイクル?

 どうしようもない。実質的破綻している。

現実もんじゅ破綻している。運営主体がない。運営主体が変わるというが現実には存在していない。

・やめるべき。(単純明快)潔くやめるべき。

矛盾大爆発。

原発10年でやめるべき。(これが世界のペース)

などなど・・・

 原発のこと、もうあきれ果ててずっと書いて来なかったのですが、ひさしぶりに書きます。つくづく思わされるのは、電力を得るために、なんでわざわざこんなに危険方法を取らなければならないのか?!ということです。地震をはじめとする自然災害によってであれ、テロによってであれ、原発は非常に危険ものであり、一旦事故になってしまえば、国土を失い、多くの国民生命も失われるのです。

 原発にしがみつき続けるのは、技術的に不合理です。石炭火力発電にしても、天然ガスにしても、技術革新によって環境負荷の小さなもの現実に稼動していて、さらに世界では太陽エネルギーの利用、風力、海流その他の発電技術日進月歩しています技術的に言えば、日本必要とする電力量をまかなうために、実際のところ原発必要ないのです。

 ウランの埋蔵量はエネルギーベースでいえば、石油の数分の一しかありませんから、将来性もないのです。原発を将来性あることにするはずだったのが、高速増殖炉の開発(いわゆる核燃料サイクル)でしたが、これはもんじゅ問題にあきらかなように、すでに不可能なことはあきらかになっているのです。

 また、廃炉コストを考えるならば、また、事故が起きた場合賠償も加味するならば、原発経済的にもペイしません。もっとも高価なエネルギーです。

 技術的にも、経済的にも、完全に破綻しているのが原発です。

 

 では、いったいなぜ自民政府と官界は原発にしがみつきつづけているか

 第一は、彼らが電力会社関連企業つまり原子力ムラから莫大な利益を得ているからです。公益でなく私欲のためです。

 第二に、電力会社原発にしがみつづける理由は、電力料金を総括原価方式で算定するという法律でやってきたために、原発をやめると、原発施設・核燃料・使用済み核燃料が資産でなくごみになってしまい、会社破綻するからです。

 第三に政府官界の過去発言をみれば、あきらかなように、核兵器技術のためです。いつでも核兵器を作る技術があるという状態にしておきたいのです。

2016-06-12

電気代ゼロの自作エコクーラー

 あの摂氏40度を毎日超えている暑いバングラデシュ活用されている、エコクーラーを紹介します。電気代ゼロで、安価簡単自作できます

 原理はいともかんたんです。口を半ば開いて、手の平にむかってハーッと息を吹きかけると、手のひらが熱く感じるのに、口をすぼめて手のひらにフーッと吹きかけると、手の平が涼しくなります。なぜでしょうね?自分で考えてください。とにかく、これを応用するのです。

 苫小牧はほとんど夏らしい夏がないということですが、暑い地域に住む読者は作ってみてください。屋内外で温度差5度ほどにもなるそうです。

 YOUTUBEの動画をごらんください。

https://www.youtube.com/watch?v=jPuh8IFbIzQ


 こちらの説明も、どうぞ。

http://matome.naver.jp/odai/2146535674386581701

 

2015-12-31

ポール型風力発電機・・・低コスト、騒音少なく、鳥も落ちずに大量発電

http://tabi-labo.com/143621/vortex-wind-generator/?ref=fbpage

プロペラ型に対して、はるかにメリットが多いようです。

場所を取らない、鳥が迷惑しない、騒音がわずか、低周波音なし、ストロボみたいな陰が生じない、発電量が多い、故障が少ない、コストも少ない。日本人は電柱に慣れていますから、景観的にも抵抗が少ないでしょうね。

風車型を作っている東芝と経済産業省の癒着がなければ、普及するでしょう。

f:id:koumichristchurch:20151231092231j:image

2015-03-24

波力発電

エネルギー問題】高効率ジャイロ式波力発電


D


http://www.nicovideo.jp/watch/sm14552262

上記ふたつのビデオによれば、波力は法律で再生可能エネルギーに指定されていないから補助金などがもらえないので開発が進みにくいのだという。「水力」に入れると解釈できると思うのだが、原発利権と癒着している経済産業省のせいだろうか。

電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法

(平成二十三年八月三十日法律第百八号)

第二条  この法律において「電気事業者」とは、電気事業法 (昭和三十九年法律第百七十号)第二条第一項第二号 に規定する一般電気事業者(以下単に「一般電気事業者」という。)、同項第六号 に規定する特定電気事業者及び同項第八号 に規定する特定規模電気事業者(第五条第一項において単に「特定規模電気事業者」という。)をいう。

2  この法律において「再生可能エネルギー電気」とは、再生可能エネルギー発電設備を用いて再生可能エネルギー源を変換して得られる電気をいう。

3  この法律において「再生可能エネルギー発電設備」とは、再生可能エネルギー源を電気に変換する設備及びその附属設備をいう。

4  この法律において「再生可能エネルギー源」とは、次に掲げるエネルギー源をいう。

一  太陽

二  風力

三  水力

四  地熱

五  バイオマス(動植物に由来する有機物であってエネルギー源として利用することができるもの(原油、石油ガス、可燃性天然ガス及び石炭並びにこれらから製造される製品を除く。)をいう。第六条第三項及び第八項において同じ。)

六  前各号に掲げるもののほか、原油、石油ガス、可燃性天然ガス及び石炭並びにこれらから製造される製品以外のエネルギー源のうち、電気エネルギー源として永続的に利用することができると認められるものとして政令で定めるもの

2015-03-20

環境省試算 再生エネ25兆円効果

 2010年から30年まで太陽光や風力の再生エネルギーによる発電を推進することによっての累計25兆円の費用削減ができるとの試算が出たことを環境省がやっと公表。原子力ムラは隠しておきたかったみたいですが。

http://mizuhofukushima.blog83.fc2.com/blog-entry-2726.html

pdf

http://satta158.web.fc2.com/docs/Estimates-of-effect-of-renewable-energy.pdf