Hatena::ブログ(Diary)

サウンド・アキュパンクチャ

2016-03-20

不眠症対策CDの販売


 まもなく不眠症解消のCDを販売します。

不眠症とは?

いまだ睡眠についても解明されていないのに、巷では様々な対策が紹介されています。

昨日も東大で発表があり、睡眠の遺伝子が見つかったそうです。

あと20年は眠れないということでしょう。

患者にとっては遺伝子の発見より、治す方法が分かってから発表してほしいですよね。

研究発表も世界レベルから考えると、競争で1分1秒の争うのが現状だから、研究者にとっては発表は最重要事項なのでしょうが。

東洋医学的なアプローチをしている私としては、もちろん現代医学的な分析結果を頂いて、それを鍼灸の治療に生かすことができて、日々感謝しているところです。

だが二千年の歴史ある鍼灸は今まさに、転換期というより崖っぷちに来ています。

私は研究と実践を通して、この鍼治療を行っています。

が二千年前の治療家の思考より、この間の治療家ははるかに劣っていました。

唯一耳鍼を創始されて、フランス人医師ポール・ノジェ博士だけが、その手がかりを私たちに与えてくれました。

その素晴らしさは発表後すぐ中国人が真似した耳鍼は、いまだに進歩のかけらすらありません。

なぜ私が評価するかというと、耳鍼は人間の進化を治療に取り込むものだからです。

古代中国大陸の治療家は、思考して治療体系を組み立てました。

しかし当時は進化論はなかったし、人間が進化してきたとは思いもよらなかったでしょう。

しかし治療経験からそのことは全く形にはなかったでしょうが、感じていたのでしょう。

だから私が別のところで「なぜ古代から心経の調整を禁忌としたのか」その謎を解き明かしたことでも、そのことは証明できたはずです。

さてそのことの研究の成果として出来たのが、今回発売する「不眠症対策CD」です。

古代の治療家がヒントを与えてくれた「音」を、治療に生かすことを世界で初めて形にしました。f:id:kouraiha:20160222142931j:image:small:left

2015-12-04

サウンド・アキュパンクチャ 第1号報告

 まず第一弾として「不眠症対策」CDを製作いたしました。

ここで急速に深化した、ディメンション理論から導き出された、脳神経の興奮を抑える音を入れました。

5名ほどの試聴結果です。

今のところ周りには不眠で悩む人がいないので、様々な伝手をたどって試聴を頼みました。

老人にありがちの不眠症には、よく効いています。

睡眠導入剤をいきなり中止するのも怖いので、まず薬を半分に減らしての試運転です。

睡眠導入剤で人工的に起こす睡眠状態は、4時間が限度ですがこのCDを聞くことで朝まで熟睡されたそうです。

不眠ではないが3名は試聴することで、睡眠の質が良くなって熟睡したり、夢を見なくなったりしたそうです。

あと私の体験です。

突然眠くなって一旦寝てしまい、また起きてから今度は眠れなくなったりして、不安定な状態でした。

「眠れないかな?」と思うだけでも、本当にすぐ眠りにつけなくなったりします。

これを聞き始めた最初はすぐ寝ました。

一旦起きて3時間後の0時がいつもの就寝時間ですが、この時に再度聞いてスムーズに睡眠に入り朝まで安眠できました。

昼寝の時はあまり聞かないほうが良いのですが、この時に試しましたが昨夜熟睡したため深い眠りには入りませんでした。

しかし不思議なことに何か桃源郷にいるような、快い時間が過ぎました。

1回30分で時間内に眠りに入らなくとも、2回目に聞いているうちに眠ってしまいます。

このところ血圧が上がり気味で、就寝時間に「眠れるかな?」と不安になることがありましたが、このCD試聴以来すぐ眠りに入るのでそのような感じもなくなっています。

睡眠とはというメカニズムはまだ解明されてはいません。

しかし脳全体を見て、3分割されるどこかが異常に興奮しているため、熟睡できないで不眠が起きるとされています。

そこを克服する音が入っているので、熟睡に入れるものだと考えています。

いま少し重症な不眠に効果が確認されれば、サウンド・アキュパンクチャとしては完成の第一歩を踏み出せると考えています。

以前お理論からははるかに進化したと考える、このディメンション理論の証明にもなるはずです。

2015-11-28

不眠が解消するメディカルCD 第1弾完成


 サウンドアキュパンクチャとして、ソナーX3で作成したCDの第1回目、不眠症対策が完成しました。

まず自分で試しましたが、爆睡でした。

しかし疑り深い性格のため、まず自分の感覚も疑り、夜早い時間で1回試して寝ました。

2時間ほど熟睡したのち、再度0時から聞いて翌朝まで寝ました。

昼寝にも聞きました。

熟睡ではないのですが、何か桃源郷に踏み込んだみたいに気持ちがよく、うとうとと1時間ほど寝ました。

さらに夜聞いて爆睡しましたので、これで他の人に試聴してもらいました。

まず妹が不眠症ではないのですが、パーキンソン病のためか夢をよく見ていました。

それがなくなって安眠したそうです。

次に妹の友人に試してもらいましたが、イヤホンで耳に音を入れ込む感じで聞かなければならないのですが、CDプレーヤーが見当たらなかったのでラジカセで試したそうです。

1回30分の演奏です。

1回目はあっという間に終了し、2回目再度聞いたそうです。

すると睡眠導入剤なしで朝まで熟睡したそうです。

あとは友人と昨日の患者さんが試聴していて、これが成功すれば完成というところまで来ました。

リラクゼーション音楽ではないため、興奮した脳の深部から抑制して睡眠に入らせるものです。

結局リラクゼーションとかモーツアルトの曲が効くとか、はたまたオルゴールの音が体に良いとか言われています。

しかしこれらは体験から導き出されたにすぎません。

私のですか?

これは東洋医学五臓に決められた音五音から発想して、体や脳神経の音まで発見したものをベースにしています。

不眠ぐらいなら単に神経の音探しでよいのですが、各疾患治療に生かすとなると東洋医学の根本原理、気の調整を行わなければなりません。

それは次の段階になります。

本日はその途中経過までの報告です。

2015-09-07

サウンド・アキュパンクチャ 9月7日


 昨日に講師をお招きして、DTMのCD作成を開始しました。

私はソナーというソフトを使ていますが、グレードアップしたらほとんど使いなくなりました。

たとえて言えば棒高跳びでこの棒を使えば、6メーターなんて簡単に飛び越えられますよ見たなもんでした。

5メーターも飛べないのにです。

そこで分からなくなり2年間も手付かずでした。

音符も読めず楽器も弾けなくても、簡単に作曲ができるというキャッチで、購入を決めるみたいですが。

初心者の9割は挫折するみたいです。

良い講師を見つけました。

と言っても最初からなので、一歩進むとソフトが止まり、一歩進むとまた分からなくなりという具合でした。

電話によるレクチャーを挟んで、昨日は3回目でした。

これで習いたいところはほぼ終了しました。

それと先生と共同で「不眠症対策CD」を作成することになりました。

私の研究から生まれた脳を休ませる音と、心地よい音楽とを合体したCDを作ろうというわけです。

今月末にはソナーを自在に動かせるようになりたいものです。

2015-08-03

サウンド・アキュパンクチャ 再始動です


 ソナーX3になってから、CD作りがさっぱり進みませんでした。

患者さんには2年も待たせてしまって、まことに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

1年前にそれを打開すべくネットで探していたら、「裏ソナーセミナー」のDVDがあり購入しました。

やっと3か月ほど掛けて見ましたが、レベルが高すぎて理解できません。

手つかずで放っておいたのが、やっとほかのことが片付いたことで心に余裕ができ、いま一度打開策をと作者の関秀樹先生に連絡を取りました。

数回メールのやり取りの後、出張治療に来ていただけることになりました。

これが正解の大当たりでした。

私が悩んでいたことがいとも簡単、やはりプロはプロ餅は餅屋です。

いとも簡単にブレークスルーですよ。

たまげますね。

私の発明品「ニードルキーパー」を、大田区の工場に相談に行った時もおなじ経験をしました。

手作りでは最も時間が係り厄介なところを、接着剤ではなくいとも簡単に両面テープを使うことを提案されました。

その時も驚いたとともに、自分の頭の柔軟性のなさを嘆いたものでした。

「負けたー」

ということで今日からまた製作に取り掛かります。

私の高麗手指鍼理論もツボも更なる進化をしました。

特にリウマチの治療理論やディメンションを考えたツボ、新たな脳神経に対応するツボの発見など、いかに組み合わせられるかが課題でしょう。

進化したサウンド・アキュパンクチャにしたいものです。