Hatena::ブログ(Diary)

リウマチの真の原因と治療法

 

2014-05-24

リウマチと血流改善再考 心臓と小腸の動きはやはり大事

 明治大正時代に活躍された澤田健というお灸の先生が、「リウマチは小腸の熱が原因」としてから、長らくこれが注目されました。

小腸は免疫の大事な中心であり、リウマチ免疫異常で起こることは疑いのない原因・真の原因であるとされてから、重要視されてきました。

現代医学ではひたすら炎症を抑えることに治療の中心をおいてきました。

今は免疫を調節することができないので、リウマチの治療の流れは免疫をゼロにする生物製剤と、やはり抑制する目的の抗リウマチ薬が処方されています。

ここで問題は果たして免疫を抑えてしまって良いのかと言うことです。

確かに諸症状は抑えられても、免疫システムが働かなくなるということはどうなるのか?その問題が大きく横たわります。

かつ生物製剤は劇的に症状を消す一方で、全身に副作用を起こしていしまい、多くの臓器に障害を発生させているとの報告も見られます。

さて今回はそのようなことの派生または根本に横たわる問題、血流障害について考えます。

以前心臓の調整方法を発見したことを書きました。

いまは患者さん全員にこの診断と調整を行っています。

1か所だけ強くて他の3か所の部屋が弱ってバランスを崩している。

その力関係を力価とするなら、1か所はマイナス1なのに他の3か所はプラス1の力価でした。

プラス2とかマイナス2とかがあれば、これは心臓が重く病んでいると分かりますが、上記のような場合でも心房細動を起こしたことがあるようです。

中々微妙な繊細な臓器であることが分かります。

この心臓のバランスをとることで、不整脈はおさまり他の疾患の改善度合いも格段に良くなっています。

さて自身の経験からリウマチではありませんが血流について考えると、心臓だけでは流れはスムーズにいきません。

やはり血液が環流するには腸の動きや筋肉の動きがないと、正常な状態とは言えません。

血流が悪いということは炎症を発生することになり、免疫システムも正常に働くことはできなくなります。

もちろん痛みを感じる物質も多く発生するので、患者は苦しむことになります。

さて腸の働きを正常に持っていくにはどうするか。

腸の動きは腸の神経と交感神経副交感神経によってコントロールされていると考えられます。

腸の動きが悪くなるのはこれらの神経をまず正常にしなければなりません。

西洋医学では交感副交感神経の調整はできません。

せいぜい腹式呼吸をし気持ちを楽に保つ程度のことしかありません。

そこに元新潟大学安保徹教授が爪もみ法によって、副交感神経を活性化し交感神経を抑制することを提唱しました。

これによってがんをはじめとして様々な病気が治るとして、ブームが起きたことがつい最近ありましたね。

腸を正常化するには臓器を活性化する副交感神経の働きを、高めることが重要であると考えられます。

手のひら先生の高麗手指鍼ではこの神経バランスをとることは、経絡調整の中ですでに解決されていることです。

古代中国人は神経は見落としたまたは無視したのだと長く信じられていました。

それは図に描かれていなかったからでした。

しかし私の最近の研究では、神経の調節は経絡調整をすることの中に込められているということが分かりました。

あえて西洋医学のように神経云々はいうことはなかったからなのです。

よって気の調整で副交感神経の調整は可能になります。

しかしまだそれでも不十分で、腸にはもう一つ腸神経が備わっています。

この神経が腸の蠕動運動をコントロールしているので、これを調整しなくてはなりません。

おそらく炎症を起こしている腸の組織の中で、この神経も何らかの影響を受けていてその働きを抑制されているはずです。

そこで澤田健は小腸湯と言うところにお灸をすえて、この障害を取り除こうとしたのかもしれませんね。

しかしそれだけでリウマチが治るはずもなく、師は本には残さなかったもっと重要な治療を施していたはずなのです。

さて鍼の治療では腸神経の調節を直接できるものはなく、経絡の調整に間接的に行うことになります。

高麗手指鍼では補寫だけではなく、寒熱風湿燥と言う邪の調整方法が計7つあるので、もちろん小腸の熱を取ることもできることになります。

このことで腸が正常な働きをし、心臓のバランスを整えれば、リウマチにおける最大の問題は解決するはずなのです。

2014-01-21

リウマチの真の原因と治療法 世の中には様々な治療法が


 人間は弱り目のときはあらゆるものに気をつけないと、ひどい目に遭ってしまいます。

私が脳溢血の後遺症治療中一番困っていたのが、原因となった血圧の不安定さでした。

しかし血圧を安定させることは、現代医学では出来ないことなのです。

血管を広げ昇圧物質の効果を阻害する薬を処方するだけで、根本的な治療は出来ません。

医者もよく分かっていない分野で本態性高血圧となずける本態性とは、原因は分からないということで治せませんという意味です。

これが80パーセントも占めているのです。

私の血圧も安定しなかったので次々に薬を増やされ、とうとう3種類になったところで医者を変えました。

今は1種類を検査しながら、4分の1ほどを服用しています。

やたらと薬を処方するのではなく、患者とよくコミュニケーションが取れる医師を見つけ出し、適切な方法をとったことが決め手でした。

人間弱っているときは判断が鈍ってしまうのです。

元気なときなら決して間違うこともないのに、つい騙されてしまったことなど日常茶飯事で目にします。

病気などになってたとえばリウマチなどを宣告されたとき、多くの人は不治の病と思いパニックになってしまうようです。

しかしリウマチは自然治癒もあるようなのです。

人間の身体には治癒能力があるので、1年以内には治ってしまうこともあるのです。

医師を神様の類と見る人は医師の判断に任せるでしょう。

しかし少数の人はネットなどで西洋医学以外に何かないかと探すかもしれません。

西洋医学で抗リウマチ薬やステロイド剤で効果がなかったりする場合、極端な治療法に走る人もいるようです。

いまは生物製剤が主流なようですが、それも万能な効果は期待できず副作用でかえって悪化した患者もいるようです。

ある程度知的でお金がありネットなどを使って、様々な治療法を試して来られた方もいるでしょう。

そんなお一人の患者さんにお話しを聞くと、ネットで騒がしいものから伝統的な民間療法、最近出た医師がだした自費出版本、出席したセミナーなどなど、次から次と興味のあるものが出てきました。

「お話しだけでした!」

あっけなかったそうで、日ごろ目にするものの底が見えたそうです。

温めるだけじゃ治らないよね。

カウンセリングや体験記を語る講演も参加したそうです。

体験記聞いて治るなら何でも治ってしまいますね。

前回書いた生物製剤を隠して治った治したの自費出版本もありましたね。

10年ほど前はテレビでもアトピー治療の名医が報道されていましたね。

私もすばらしいと見ましたが、あれも見る人が見ればステロイド使いの名医に過ぎなかったというわけでしたね。

ステロイドに苦しみすがった先がステロイドの大量処方であったなんて、患者にとっては詐欺みたいなもんでしょ。

意外と効果的だったのは昔から知られている、びわの葉やそのエキスによる民間療法のようです。

民間療法でも年月を経ても風化しないものは、それだけ根拠のあるものなのでしょう。

自身の経験からも安きに流れてはだめであること。

伝統的な治療法にねずいたもの、年月を経て効果を淘汰されてきたもの、などのフィルターを自分が持たないとならないと思えるのです。

テレビなんかでアフリカの祈祷師なんか見て、あれじゃ治らないと見ていませんか。

意外と自分がその患者である可能性があるかもしれないのですね。

リウマチの原因はかなり解明されているのです。

ですからあとは自分のインテリジェンスを発揮して、根拠のある治療法を探すのがベターでありそれで治ったらベストな治療法になるのです。

びわの葉の温灸 焼く伝統的なお灸、痛みの緩和に鍼、温め冷えをとることで温泉療法や生姜湯、これが決定打ではないが昔から信頼を得ている方法です。

身体を温めるのに私が最近始めたのが、バージンオリーブオイルをいれたココアを寝る前に飲むことです。

夜の血液循環は小腸が担当することと、小腸が活発になることで免疫も上がり便通も良くなります。

温まり朝までぐっすり眠れます。

リウマチの方に試してもらっていますが、まだ報告はないのですがきっと良い効果はでているはずです。

パーキンソン病には効果が少々出ています。

うろたえずしっかりとリウマチとはどのような原因で起こるのかを知り、痛いから苦しいからといって難にでも飛びつくのではなく、じっくりと考えて見ましょう。

以前NHKでも取り上げられた医師による、温水プール療法などどこか言っちゃいましたでしょ。

医師だからと言っても安易には信じられません。

2013-12-20

リウマチの真の原因と鍼治療 根本治療の選択


 患者さんからの情報によると、安部首相のクローン病に処方されているのは、生物製剤なんだそうです。

知らなかったなー。

確か安部さんは良い新薬がでたと言っていましたが、リウマチにも使われている生物製剤だということでした。

なーんだ根本治療じゃないじゃん。

結局クローン病も免疫疾患リウマチ免疫疾患なので、免疫異常からおこる炎症を抑えることは、生物物製剤以外の薬はありません。

それでもこの薬には副作用がともなうことが多いようで、首相の顔も浮腫んでいるように見えなんとなく頬が赤くなっているようにも見えますね。

免疫疾患は現代医療ではこれを治す方法、調整する方法はありません。

それは全身の疾患なので、免疫疾患と原因を特定しても、治療効果を出すことは出来ないのです。

ここが西洋医学東洋医学で言われている考え方の差であり、治療方法の差でもあります。

免疫の疾患は確定しされたものです。

それでもその免疫の異常はどこまでなのかと特定されたのはつい最近でした。

もと新潟大学安保教授によって、人間の発生から備わっていた免疫が発見されました。

よく癌などで取り上げられる胸腺由来T細胞免疫は、人間の進化にともない備わったものです。

上記の免疫システムでは人間を攻撃することはありません。

血液内にはマクロファージやリンパ球があり、進入したウィルスを呑食し身体を守ることをしています。

これらがリウマチに関係しているのかというと、どうもそうではなく安保免疫と読んでも良い免疫システムが異常になり、リウマチの様々な症状を起こしているようなのです。

安保免疫のT細胞は関節にとどまっているようなのです。

リウマチがアースレティスとして関節炎と呼ばれるのも、このことによってうなずけることです。

では今リウマチの根本治療に悩んでいる患者さんにとって、何をメインの治療にすえたらよいのかということになります。

根本治療を目指すなら免疫を正常に戻すことを考えなければなりません。

当面の激しい痛みに耐えなければならない時間も必要なときがあるはずです。

リウマチは初期には自然治癒する例も多いので、発症から何年か経過した患者が暗示療法や氣力で直そうとしても、それはもう手遅れになっている段階です。

患者さんの奥さんが血液検査でリウマチと診断されたのですが、「なにくそこんなものと思っていたら、血液検査は正常になった」話があります。

患者さんで薬も服用せずがんばって半年で鍼治療だけで治られた方がいました。

しかしそのほかの方は病歴も長かったので、治療もそれぞれ期間はかかりました。

気持ちのありように治るのは発症間もない間だけでしょう。

昔お灸の先生が「リウマチは腸に熱があるから起こる」と言ったので、いまだそれが尾をひいているようです。

小腸は無数のリンパ節があり食物とともに入り込んだウィルスによって炎症が引き起こされることは考えられます。

シェーグレン症候群という免疫疾患の患者さんが来られましたが、その方が最初に感じたのが片方のお腹の痛みで、徐々に上に上がってきて治まったと思ったらつばと涙がでなくなったそうです。

腸の免疫を守ることは大切でそのため何を食べるかということは重要になってきます。

しかしすでに免疫が異常になった状態で食事を見直しても、今ある症状をすぐ解決することには結びつかないはずです。

対策がないので生物製剤、少し前も今も免疫抑制剤、更に前はステロイド剤が、リウマチや炎症に使われてきたのです。

免疫を調整するには私が行っている「手のひら先生の高麗手指鍼リウマチ治療」しかないと考えています。

しかしこれらを調整しただけで患者さんの、いまある症状を取り除くことは出来ませんでした。

それがネックになっていたのは強い血流傷害でした。

それが自身の心臓の治療法を確立したものをリウマチ患者さんに援用しました。

すると症状が劇的に改善し始めたのです。

心臓の治療といってもこれはいままで誰も行ったことはなく、全く新しい観点からの治療法です。

伝統的な鍼でもし心臓の調整を行ったとすると、「心経」の気を強めたり弱めたりする方法が考えられますが、これでは返って心臓を傷めることにつながります。

心臓の調整は血流障害を目覚しく改善します。

それが免疫調整を促進するので効果が出てくるのです。

リウマチは全身に及ぶ疾患で痛みが強く患者には忍耐と負担がかかります。

また骨の変形なども起こり昔から不治の病と知られていることで、患者のこころの負担も大きいものがあります。

原因を理解したらできうる限りその克服に沿った治療法を選ぶことが完治につながります。

2013-11-27

リウマチの現代治療


 むかし女優の叶和貴子さんが自身のリウマチ治療歴を、テレビで涙ながらに披露した番組がありました。

そのとき勇ましい発言をした医師が本を出しました。

患者さんがそれを持ってきてくれました。

リウマチが「治ったと寛解」の文字が躍っている題名でした。

治ると寛解は全く別物です。

寛解は痛みなどからの解放であって治ることではありません。

新薬で治しているということが患者さんの写真と談話で構成されている本です。

その新薬は一般の病院でも処方されているとのことでしたので、検索するとそれを確定することが出来ました。

日本で開発された生物製剤と言われるものでした。

製薬会社の説明にも「寛解」の文字がありました。

生物製剤は薬であり所詮異物を身体に入れるので副作用の危険性はあります。

またそれを言わないでこのような本を書くと、今生物製剤を使用していてそれを止めたいという患者にとっては、もし受診してそれが同じような部類の薬と知ったらだまされた気がするのだと思います。

またこの本の体験記はすばらしい効果が書かれているのですが、その中の患者さんがリウマチが急激に悪化しました。

そこでブログや書籍で治ったという評判のところに電話をしたら、この医師を紹介したそうなのです。

「あれ〜っ」簡単に薬いらずでリウマチが治ると言っていたのに?

所詮食事療法やメンタルトレーニングなら、それらはいままで散々試されてきたはずです。

むかしは検索してベストテンに入っていたサイトも、今では下のほうに下がってしまいました。

リウマチのメカニズムは解明されたものの、それを正常に戻す治療法はまだ確立されていません。

そこに様々な治療法が存在する事情があるのでしょう。

このブログもそのようなひとつになるのでしょうが、早くそこから抜け出したいと研究努力をしているのですが。

免疫調整法はすでに確立しましたので、最大の問題であった血流の改善が図れるようになりました。

それは自身の心臓治療を行っている中で、この問題が解決しそれを他の疾患治療に応用したところ、目覚しい改善をみたのでした。

もちろんいま患者さんに試していますが、新しい患者さんでも治療中から身体が温かくなってきたと実感されるほどです。

リウマチにともなう血行障害が改善回復の一番の障害でしたが、どうやらこれでリウマチ治療の完成になるのではと期待しています。

一生注射をしなくてはならないなら、自身の身に置き換てそれは耐えられないものです。

2013-11-20

リウマチの治療法 新しいリウマチ患者に新しい治療を


 リウマチ患者さんがいらっしゃいました。

ニードルキーパーを使い、さらに最近の研究成果の臓器調整理論と免疫理論を元に治療を行いました。

治療中に体がぽかぽかとしてきたそうです。

リウマチは冷えを伴うので温かさを感じているのは、血流の改善を図れたということです。

顔も赤みが差しています。

考えてみればリウマチは膠原病に分類されます。

膠原病は全身の病気です。

リウマチ免疫疾患として免疫異常の病気として、原因が解明され治療がされています。

しかし治療をするとなると全身のケアをしないとならなりません。

免疫異常だからそれを抑えると言うのは本末転倒で、それゆえ免疫をゼロにする生物製剤は一生注射をしていかねばなりません。

なおかつ誰でも合うものではなく、副作用がきつく治療できない患者も多いようです。

リウマチは関節リウマチがもっとも知られている病名ですが、そのほかにも膠原病として全身性エリトマドーゼスや強皮症など様々な病気があります。

それらはすべて全身にわたる症状です。

したがって治療は全身にわたるものでなければなりません。

根本治療と患部の対症療法を合わせて治療することが必要です。

たとえば東洋医学でも治療に効果があったと言うのは、お灸のみでした。

しかしそれも関節リウマチなどであって、関節に灸をすることでその場所の改善のみに限定していました。

漢方薬は顕著な結果は出せていないはずです。

効果が目覚しければリウマチはなくなっているはずなので、リウマチが今も難病のひとつであることは効果はなかったといっても良いでしょう。

改善することはあるかもしれませんが、血流改善が漢方の目的ですからその効果が大きく働くのでしょう。

また漢方の問題として「瞑眩は副作用」があります。

瞑眩と言うのは良くなる時のサインとされてきたのが、実は副作用であったと証明されてしまいました。

むしろ漢方薬が効くのはわざと副作用を起こすことで自己治癒力を引き出すのだ、と言われていたことを証明することとなってしまいました。

聞いた話では大量に漢方薬を処方され、それを服用して寝込んでしまったと言うことです。

副作用で立ち上がれなくなってしまったと言うことでしょう。

とすると漢方が全身を対称にすると言っても、対処しようのないものなのかもしれません。

最近の私の治療法も試行錯誤ながら進化してきて、結果免疫調整だけでなく血流改善(気の調整の結果だけでなく)、関連臓器の調整、交感副交感神経の調整と全身にわたるところまで来ました。

あとは治療の結果成果が出るか否かまで来ました。

なるべく早く結果が出るとうれしいのですが。