Hatena::ブログ(Diary)

高坂研究室な生活

2008-01-29

上田研究室/高坂研究室 with 辻先生 合同発表会@別府職員会館

11:01

私たち高坂研究室は1月26〜27日の間,

高坂先生のお師匠さんである上田先生と上田研究室の皆様

東京大学で研究をしていらっしゃる高坂先生の弟弟子さんである辻先生をお招きして

大分大学別府職員会館にて合同発表会をしてきました.

=26日(一日目)=

別府職員会館(以下会場)につくとまずは会場セッティング.

いろいろな部屋から座布団やら机やらを持ってきて

プレゼンのしやすい環境を作成.

会場の準備が終了したところで,上田研究室の皆さんが到着.

そして

PM1:30

プレゼンが始まりました.

高坂研究室のトップバッターはシンゴさん.

僕たち学部生の為にいい勢いを作ってくれることを信じて・・・・

しかし,上田先生・辻先生からのの鋭いツッコミ

シンゴさんはなんとか乗り切るものの

私たち一同は一気にビビリモードへ突入.

そして初発表のオザサさん

初めての発表とは感じられないほどの発表でした.

次は場数になれている学部生隊長タクミ

先生方も学部4年生なのにこのできはスバラシイ!!

とおっしゃってくれました.

そして最後はヤスオ.

実機での同期がうまくいかない等のアクシデントが発生

高坂研究室のトリだったのにふがいない結果になってしまいました.

小休憩を挟みまして,上田研究室の皆様のプレゼンが始まりました.

上田研のトップバッターは学部4年のニシオカ君

発表になれていない人にとって

他の人のプレゼンを見るのは新鮮な感じがしました.

続いて学部4年のナガオ君

彩色法といった聞いたことのない方法で周期点の計算をするとのこと

結構複雑でした.

次は院1年のタムラさん

プログラムを動かしてくれましたが,

根本的な内容が同じ雰囲気に感じ取れました.

そして院2年のミズモトさん

僕たちのとは違うスライドだったので魅入りました.

発表のしかたがとても好きでした.

大トリを飾るのがD1のQuentin・Brandon

フランスの方なのですが,日本語ペラペラでした.

欲をいえばもう少し時間をかけて聞いてみたかったですね.

そんなこんなで合同発表会も終了し,全員で記念撮影を行いました.

さて,ピシっとするのはここまで.

これからは徳島大学の皆さんとの親睦会が始まります.

飲み会の場である「もぐ庵いっぱ」へと向かいます.

道中時間があったので道ばたにある足蒸し湯,ひょうたん温泉等に寄り道をしました.

そして飲み会が

開催されました.

(以下こちらから)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kousakalab/20080129/1201572105